どんでん 返し 洋画。 [B! 映画] 【映画】どんでん返しがすごい!おすすめ名作洋画10選《ネタバレなし》

【ネタバレ注意】どんでん返しが凄すぎると話題の映画まとめランキング【もう うんざり】

どんでん 返し 洋画

どんでん返しがすごい洋画10選 それではさっそく、おすすめ洋画作品のなかからどんでん返しがすごい映画を10作品ご紹介していきます。 シックス・センス 幽霊が見える少年が精神科医に見せた真実の運命とは!? 小児精神科医のマルコムは、ある日突然1人の男に銃を向けられます。 彼は、10年前にマルコムが担当した少年患者でした。 男は泣きながら「自分を助けてくれなかった」と訴え、マルコムの制止も虚しく発砲。 そして直後、彼自身も自殺してしまうのです。 その事件をきっかけに、マルコムの妻は人が変わったようになってしまいます。 1年が過ぎても妻の様子は変わらず、理由も分からないまま、マルコムは1人の少年と出会います。 「どんでん返しと言えばこれ!」という方も多いのではないでしょうか。 ミステリー性にあふれていて、かつホラー要素もたっぷりなストーリーです。 ホラー描写が苦手な方には少し厳しいかもしれませんが、ストーリーが進むに連れて「恐ろしい」とは感じなくなるでしょう。 ラストは意外な感動に涙すること間違いなしです。 大まかな伏線は作中でも再現シーンとして観ることができますが、1度観たことのある方は、真実を紐づける細かい伏線にもぜひ注目してみてください。 1度目は衝撃的な事実に驚かされるばかりですが、続けて観ると随所に伏線が張られていることに気付くでしょう。 その後すぐに離婚協議へと発展し、あとは妻の押印を待つのみ。 夫婦生活が失われつつあるモートは、執筆活動にも熱が入りません。 完全なるスランプに陥ってしまったのです。 そんなある日、シューターと名乗る謎の男がモートを尋ねてきます。 そして「私の作品が君に奪われた」と話しはじめるのです。 ゆっくりと、しかし確実に伏線を残しながらストーリーが展開していきます。 作中実際に発言するモートと、ナレーションとして語るモートのふたつが、ラストにつながる重要な演出になっているのもポイントです。 全体としては、突然現れたシューターによってモートの生活が振り回されてしまう…というストーリーですが、核となる男の正体は、モートよりも観客が先に気付くことになるでしょう。 これが本作の大きな特徴で、じわじわと核心に近づいていく感覚を味わうことができます。 さらに、どんでん返しが終わってからもストーリーは意外な展開を見せてくれます。 静かな家で執筆活動にふける1人の作家、小説を盗作したと言う謎の男…ミステリー好きにはとくにおすすめの、小説を読むように進んでいく映画です。 彼は天才ハッカー集団「CLAY」の一員で、ハッキングに関する犯罪を何度も犯してきました。 そのなか、ベンヤミンの不注意で殺人事件へと発展させてしまい、それが原因で自らの身が危険に晒されているというのです。 しかし、ベンヤミンが語る過去の供述には矛盾点がたくさんあります。 果たして彼が語る物語は、どこからどこまでが真実なのか…? この作品は、題名や「106分間、あなたが目にしたものは、果たして真実か?」というキャッチコピーの期待感を裏切らない映画です。 はじめから最後まで観客を騙し続け、最後の最後に「本当のどんでん返し」が待っています。 1度は観客を納得させ、裏切る。 もう1度納得させたと思ったらまた裏切って…という非常に裏表の激しいストーリーだといえるでしょう。 観客の心を大きく揺さぶり、思う存分欺いたあとに結末を見せます。 まさにピエロが観客を嘲笑っているかのようなストーリー展開で、次々に明かされていくタネにパニックになること間違いなしです。 原因は1年前、妻を襲った殺人事件。 妻が殺されてからの1年間、レナードは短期間の記憶を駆使して犯人への復讐を試みています。 手がかりは「ジョン・G」の名前のみ。 残りはレナード自身が探し、見つけた情報はすべて写真とメモ、さらに体にタトゥーとして刻んでいくのです。 見えなかった犯人の情報が少しずつ明確になり、復讐すべきジョン・Gに近づいていくのですが…。 この映画は、結末をはじめに見せるという斬新な構成になっています。 10分しか記憶を保持できないレナードの記憶を、10分単位でさかのぼっていくのです。 どんでん返し映画のなかでも「何度観ても分からない」と言われる難解映画。 そのように言われるだけあって、時系列が整理できないままラストを迎えると「どんでん返し」にすら気付くことができないかもしれません。 1度で理解するのは至難の業でしょう。 時間に余裕があるときに、時系列を整理しながら繰り返し観るのがおすすめです。 ひとつずつ整理すると、レナードがどのように10分間を積み上げていったのかが見えてくるのです。 地球は現代の姿を消し、荒野と化していました。 60年前に突如現れた異星人の侵略によって、地球は月を失い、世界中に嵐や津波を巻き起こしたのです。 ジャックとヴィクトリア、2人の男女をを除く人類は全員土星へ送られ、移住生活を送っていました。 残されたジャックとヴィクトリアの任務は「撃退した異星人機の回収」。 2人は土星への移住を目標に、地球での任務を遂行するため孤独な生活を続けていたのですが…。 ジャンルはSF・スリラーですが、ストーリーはどんでん返しそのもの。 「よくあるSF映画」ではなく、SF映画をさらに濃密なストーリーを組み立てた作品になっています。 もちろん架空世界での描写も見ごたえありで、トム・クルーズ演じるジャックが操縦する乗り物をはじめ、ゲームのような世界観には心を奪われるでしょう。 そして、後半からラストにかかるどんでん返しでは、驚くとともに寂しいような感情にも襲われます。 ストーリー・描写・どんでん返しのすべてにおいて見どころ満載。 濃密なSF映画を楽しみたい方におすすめの作品になっています。 子どもは2人とも深刻な病気を患っており、日光に当たることができません。 窓はすべてカーテンで覆い、ロウソクの明かりで生活しているのです。 夫は戦争に行ったきり姿を見せず、広大な屋敷に使用人の1人もいません。 たった3人で不安な日々を送っていたある日、新しい使用人が3人訪ねてきます。 一見普通の使用人ですが、この日を境に不可解な現象が母と子どもたちを襲いはじめ…。 不気味な屋敷で、使用人3人がもたらす不可解な出来事。 本作はアメリカ・フランス・スペインの合作映画ですが、どこか日本的なホラー描写も含まれています。 怪奇現象の正体が具体的な姿として現れないのも、恐怖心をかき立てる大きなポイントです。 とくに、子どもたちと幽霊の接触シーンにはドキリとさせられます。 屋敷に訪れた使用人はいったい何者なのか?怪奇現象の正体は?何が子どもたちを闇に陥れようとしているのか?気付くべき真実に気付かないまま、ぞわっと鳥肌が立つような恐怖の数々…そんなホラー要素がたっぷりのどんでん返し映画です。 医師に訴えるも、薬を処方してもらうことすらできません。 そんなとき、医師から「睾丸ガン患者の会に行ってみろ」と促されて参加してみると、当事者が涙を流す姿につられてエドワードも泣いてしまうのです。 その夜、嘘のようにぐっすりと眠れたことをきっかけに、いろいろな病状の会に参加するようになります。 しかし、エドワードと同じように「どこにでも参加する」女が現れたことで、彼は不眠症を再発させてしまうのです。 憔悴したエドワードは、以前飛行機でたまたま連絡先を交換した不思議な男・タイラーに連絡を取ります。 エドワードとは何もかもが正反対なタイラー。 突発的でハチャメチャな彼に影響されながら、殴り合うだけの「ファイト・クラブ」を2人で立ち上げるのですが…。 どんでん返しと知らずに観ると、中盤までは何の違和感もなく観れてしまう映画です。 しかし結末を知ってから観ると、あらゆるシーンで視覚的な伏線が散りばめられています。 1999年に制作された比較的古い映画ですが、今日でも定番とされる、ある意味で「ありがち」なトリックだといえるでしょう。 ストーリーよりもシーンの描写に伏線が多いので、1度目に衝撃を受けて、2度、3度観ても新たな発見がある作品です。 どんでん返しは当然注目すべきポイントですが、現実的なようで非現実的なシーンの数々も楽しめる要素のひとつです。 ありそうでない、どこかで起こっていそうな世界の一部を覗いたような…そして完全に非現実的になるラストも必見です。 部屋の中、両角に拘束された2人のほかには、なんと見知らぬ男の死体があるのです。 足の拘束器具を外すことはできず、もがいていると部屋のどこかから何者かの声が…。 謎の声によると、2人はもうすぐ死ぬのだと言います。 さらに、生き残るためには「相手を殺す」という選択肢しかありません。 初対面の2人は、次々に見つかる手がかりをヒントに、なんとか2人で脱出しようと試みるのですが…。 スプラッター映画としても有名なソウシリーズの第1作目ですが、残虐描写が苦手でなければどんでん返しも楽しめる映画になっています。 ソウシリーズすべてがどんでん返しのあるストーリーですが、やはり1作目が純粋に楽しめるでしょう。 きっかけは理不尽で、残酷極まりないジグソウのゲーム。 ラスト数分で一気に畳み掛けるシーンの連続には驚かされること間違いなしです。 ボーデンは、マジシャンとして唯一のライバルであるアンジャーの舞台裏に忍び込み、瞬間移動マジックのタネを探ろうとしていました。 ところが潜入には成功したものの、ボーデンの目の前でアンジャーが溺死してしまうのです。 そのままボーデンは殺人容疑で逮捕されます。 殺人事件から数年前、ボーデンとアンジャーは親しき仲であり、互いにプロのマジシャンを目指す戦友でした。 ある日、修行のために仕掛け人として出演した舞台で、助手として出演していたアンジャーの妻がトリックに失敗、そのまま溺死してしまうのです。 そして、そのきっかけを作ったのはボーデンでした。 アンジャーは妻を殺された怒りを抑えきれず、ボーデンが1人で披露するマジックに忍び込みタネを見破って失敗させます。 妻を殺した復讐です。 幸いボーデンは死に至りませんでしたが、その日から2人の溝はますます深くなっていき…。 本作は「メメント」と同じ、クリストファー・ノーラン監督の映画です。 メメントほど複雑ではないものの、時間のトリックを用いて観客を混乱させます。 暴くべきは「アンジャーの殺害方法」ですが、テーマがマジックということもあり随所で巧妙なトリックを垣間見ることができます。 また、実在した科学者ニコラ・テスラの重要な役どころにも要注目です。 非現実的な科学技術ありきのストーリーですが、友情や愛情、そこから芽生える憎悪や復讐心は、現実の世界にも起こりえるものです。 どんでん返しはもちろん、マジシャン2人の現実感たっぷりな心の動きには共感すら芽生えるでしょう。 しかし彼らには、3人目に産まれてくるはずだった子どもの流産という経験があったのです。 拭えない喪失感を埋めるため、養子の引き取りを考えはじめた2人。 意を決して訪れた孤児院で出会ったのが9歳の少女・エスターでした。 すぐに引き取りを決めたケイトとジョンでしたが、妻のケイトはエスターの異様な振る舞いに違和感を感じはじめ…。 まさに「スリラー・パニック」な映画で、予想を遥かに上回るどんでん返しが待っています。 エスターは冒頭から観客に「ぜったいに何かおかしい」と感じさせますが、肝心の正体は分からないまま家族を恐怖に陥れていくのです。 しかも、エスターに対する違和感は、登場人物全員がはじめから感じるわけではありません。 妻のケイトが「おかしい」と訴えるにも関わらず、夫のジョンはまんざらでもないのです。 この不気味さが絶妙で、全員が気付くころには…という恐怖心にあおられます。 その行動や思考を9歳がやり遂げていると思うと、さらに恐ろしいです。 親や兄弟だけでなく、学校の友人までもを巻き込んでいくエスター。 小学生の女の子が遂げる変貌は、実際に観るまで想像できるものではありません。

次の

【ネタバレ注意】どんでん返しが凄すぎると話題の映画まとめランキング【もう うんざり】

どんでん 返し 洋画

全て郵送で受け取りを行い 切手代不要 で新作旧作問わず延滞料金なし,全国どこでも利用可能でPCとインターネットのみで入会手続き&退会手続き可能です。 いちいちお店に借りたものを返しに行く煩わしさ,延滞料金を気にせず映画を見まくれます。 下記HPをご覧ください。 「オンラインDVDレンタル徹底比較 R」 下記映画サイトは既にレンタルリリース作品の映画検索には非常に役立ちます。 「キネマの見地」 映画ではありませんが下記海外ドラマは日本で大ブームを起こしているサスペンス・アクションです。 関東圏内で毎日3話ずつ2週間放送して深夜の平均視聴率を大幅にあげた大人気作品です。 既にSeason2もレンタルを開始しており超お奨めします。 Season2はつい先日にフジTVで9日間連続放送され,Season3も11月3日からレンタル開始,またSeason4が政策決定し来年1月からアメリカで放送される予定です。 恐らく次が気になって寝ないで見てしまうかもしれません。 この監督の作品 ツイン・ピークス,マルホランド・ドライブなど は本当に【見る人間によって解釈の違う】作品ばかりで,映画なれしている人には何度も見たくなる作品ではないでしょうか? 最低2回以上は見ないと骨格すら見えないでしょう。 『スコア』でも名優ロバート・デニーロやマーロン・ブランド相手に互角の演技を見せてるだけあって、この人『真実の行方』でもその実力を遺憾なく発揮しています。 この演技の凄さはこの映画を最後まで見ればわかります。 ちなみにエドワード・ノートンはこの映画がハイウッドの初陣という事がとても信じられません。 やはり舞台俳優としての下積みがここまでの演技を可能にしているのでしょう。 現実と空想の世界が入り混じりこれは果たして文字通り『ゲーム』なのか? フィンチャーワールドは独特の映像美にも注目です。 不思議な空間に閉じ込められた6人が閉鎖空間の中どうなっていくかの人間描写,そのCUBEの謎,など結論が導き出せないかもしれません。 ただ出演者はこの限定された空間で上手く人間描写を演じていたと思われます。 現実でおそらくこの手の内容はあったであろうと思わざるを得ない作品です。 もしこの映画が2001年以降であれば公開中止は間違いないですね。 100人見たら100通りの見解があり、最低5回くらい見ないとまず全貌が見えません。 私が最もはまった作品です。 個人的にこの映画の根幹にあるのは名作タイタニックを超える『 屈折した 愛』ではないかと思います。 まず1回では何が何で誰が誰なのかがさっぱりわからない事でしょう。 もしDVDデッキなどをお持ちでしたらDVD版にある時系列を正確につないだもので見ると理解が深まります。 DVDをお持ちでない方はこの映画を理解するのにかなり苦労されるか,あるいは諦めますね。 ユージュアル・サスペクツを楽しめた人にはかなりの確率でこの映画も楽しめるのではないでしょうか? 一つ一つの脈絡の無いシーンを見ていると最後に【んん?】,【え???】といった感覚が何度と無く疑問符が頭の中を駆け巡り突き詰めると非常に考えさせられる作品で,まず1回見ただけではわけがわからないでしょう。 構成的に『メメント』に作り方が近からず,遠からずといった作品ですね。 ナオミ・ワッツがスターダムに駆け上がった作品で1人2役で明朗快活さと非常に妖艶な演技使い分けており,ローラ・エレナ・ハリング共にすごい女優だ,と思わされます。 香港映画でここまでのものを作り出せるとなると日本映画は益々立場ないですね。 黒澤明亡き後北野たけしくらいでしょうか,日本映画で世界的に有名なのは? 2004年2月18日にレンタルが開始されました。 ちなみに2004年9月18日から第2作目が公開予定で香港では既に第3作までDVD化されて発売しています。 1興行収入を記録 累計約560万人 し,またもや日本で韓国映画のすごさを見せ付けてくれました。 実際に1986年からソウル近郊で連続して起きたレイプ殺人事件を題材に2人の刑事が犯人の掴めぬ実態を追い詰めるサイコスリラー。 サイコサスペンスと思いきや根幹にあるのは2人の相反する刑事の苦悩,そして協調という人間ドラマを描いています。 ハリウッドにあるような巨額な制作費&CGてんこ盛りのイケイケドンドン映画とは一線を隔し,いかに中身と役者の演技が映画で軸をしめるのかがわかると思います。 それではより良い映画環境である事をm. 私も「情婦」(1957)一押しです。 私は原作の方を先に読んでいましたがそれでもよかったです。 原作と同タイトルのリメイク版もありますが、絶対デートリッヒ版がお勧めです。 他に・・・ ・「第三の男」(1952):オースン・ウェルズ扮するハリーの鳩時計のセリフが有名ですね。 ・「サイコ」(1960):ヒッチコックの名作。 後にシリーズ化されたりリメイク版もありますが第1作がやっぱりいいですね。 ・ナバロンの要塞(1961):驚愕とまではいかないけど、悲しいシーンでした。 ・変わったところでは「カプリコン1(ワン)」(1977):アポロは本当に月に着陸したのでしょうか? そんなことより、O. シンプソンのその後の人生の方がが驚愕でした・・・。 ・「ファイナル・カウントダウン」(1980):この中では唯一劇場で見た映画です。 「猿の惑星」には到底及びませんが、タイムトラベル・パラドックス物として観れば、まあそこそこいかなと。 実はキャサリン・ロス目当てでみました・・。 卒業の彼女よりこっちの方が好きです。 ・最近レンタルした中から「フォーン・ブース」:あるシリーズのファンには心憎いキャスティングでしたね。 アメリのオドレイ・トトゥが主演、 「愛してる、愛してない」 は、前半と後半では見方が180度変わる映画でした。 決して、普通のラブコメではないです。 同じくラブコメだけど、期待を外しながら進む 「ワンダーランド駅にて」 今では有名なので、ドンデン返しというのもなんですが、 「猿の惑星」 は、衝撃のラストシーンだと思います。 同じくチャールトン・ヘストンの 「ソイレント・グリーン」 もラストは、ドンデン返しというか価値観逆転しています。 (ある意味想像通りの気もしますが) 反則気味ですが、TV版の「トワイライトゾーン」は、ドンデン返しの話がものすごく多いです。 (ある映画に似た話が多いと思われるかもしれないけど、こちらが30年以上前の製作ですんで) 「生と死の世界」 「遠来からの訪問者」 「そこには誰もいなかった」 「墓」 「醜い顔」 「過去に流された男」 あたりは個人的に好きなところ。 (見た目はチープだけどね).

次の

「ドンデン返し」はこうあるべき!

どんでん 返し 洋画

どんでん返しガー 衝撃的なラストガー 先の読めない展開にドキドキー... なんか定期的にそういう映画まとめが目に入ってホント辟易する。 そこでこの手の「どんでん返しがあって衝撃的映画まとめ」の頻出映画は何か数えてみた。 つまり上位の方が衝撃は比例して強いって事だし、これ以上まとめも必要ない。 つまりシャマランとフィンチャー観とけばいいんじゃね 笑 ユージュアル、シックスセンスの頻出度はさすが。 とはいえ複数得票で観てないのって2作品しかない。 これじゃ役にたたない。 まとめ主が映画観てないのがよく判る。 「」説明は旧版、画像は新版なのに判ってない。 とかまで入ってる 笑 で一番衝撃なのはクリントの歌。 いやはや。 を混ぜるな。 ホント、もう勘弁してください。 これで3,000ブクマ越え 笑 以下は得票1のもの。 それは、どいひーな(リメイク)。 そーいえばどれにもCUBEが入ってなかった。 三池崇&&のデッドオアアライブ観とけばいいと思うけどなー。 小沢仁志, 売り上げランキング : 78557 paradisecircus69.

次の