僕 の 心 の ヤバ いや つ。 僕の心のヤバイやつ(1) (少年チャンピオン・コミックス)

僕のヤバイ妻

僕 の 心 の ヤバ いや つ

突然家に押しかけられ、「寄付してください」と言われた かれこれ10年以上前、当時大学3年生。 僕はアパートで一人暮らしをしていました。 その時、僕の部屋にいたのは遠距離恋愛中の彼女、そして僕の同じ学校の女の子。 若干、それだけで重苦しい空気は流れていたのですが・・・。 その時「ピンポーン」とチャイムが鳴り、モニターを見ると若い女性が立っていました。 僕は警戒心ゼロなので、そのまま玄関の扉をオープン! (ん?見たことないぞ?) 女性:こんにちは。 あの~、私 茨城県から来たんですけど、お忙しいですか? 僕:いや、まぁ、はい・・・。 女性:少しだけお時間いいですか? 僕:もうすぐ出かけないといけないんですけどね、ははは・・ 女性:〇〇教ってご存知ですか?・・・(略)・・・。 それでこうやって修行の一環で訪問させていただいているわけです 僕:はぁ 女性:もしよろしければ、お寺への寄付ということで1口1000円からいただけませんでしょうか 僕:すみません、1000円ないんです。 僕、貧乏なので 女性:500円でもいいんです。 てか、お友達ですか?もしよろしければ、あちらの方たちともお話できないでしょうか 僕:いや、どうかな?でも、僕もうバイト行かないといけないんで この時、リアルにバイトの予定が入っていた僕。 もう行かないといけません。 でも一向に帰ってくれない女性を前に、僕はとっさに言いました。 まぁ、どうぞ!僕、出かけてきます。 じゃあ! 僕という人間、本当に最低ですね。。。 そして女性3名を僕のアパートに置き去りにして、僕はバイトに出かけました。 さすがに本命彼女には申し訳なかったので、「お世話を頼みます」と言って去ったわけです。 3時間シフトが終了。 のんきな僕は「みんなで鍋でも食べようかな」とスーパーで4人分の食材を買い帰宅。 彼女には事前に鍋をすることを伝えていたので、台所に立って下準備しててくれましたが・・・異様な光景です。 僕の部屋に女性が3人。 しかもみんな見ず知らずです。 でも僕は持ち前の能天気さで、何事もなく料理をし、みんなにお手製の鍋を振舞いました! 時より笑い声も飛び交って、なんだかんだで仲良い雰囲気です。 茨城県から来た女性は、僕たちと同じ年であること、高校卒業してその世界に入ったこと、教祖様をすごく尊敬していることを話してくれました。 食事も終わり、まったりモードになった時、女性が口を開きました。 女性:あの、お話できますか? 僕:(心の声「そうだった。 寄付の話だな、きっと」) さすがに、女の子2人を巻き込むわけにもいきません。 2人も露骨に嫌な顔をしています。 僕:じゃあ、僕だけでいいですか? 本命の彼女:じゃあ、私たちはちょっとコンビニ行ってくるね~ 2人は家を出ていきました。 それはそれでビビるんですけど・・・。 少し沈黙の後・・・ 女性:それで、寄付の方はどうでしょうか・・・? 僕;ごめんなさい。 鍋の材料買ったらスッカラカンになってしまいました! 女性:あの女性たちもダメですかね? 僕:うん、たぶんダメですね。 女性:そうですか・・・(うつむく) 僕:大丈夫ですか?帰れますか? 女性:はい、大丈夫です 僕::でも、ありがとうございました!頑張ってください。 女性:こちらこそ、ごちそうさまでした。 お二人によろしくお伝えください 僕:はい、おやすみなさい そして、その10分後、コンビニへ行っていた2人が戻ってきました。 2人は戻ってくるなり、僕に 説教 説教 説教!!! 憔悴しきった僕でしたが、最後に一言。 「みんなで仲良くごはん食べれたんだしいいじゃん??」 ・・・一同呆れ顔、無言・・・。 寄付すべきだったのか? 1,000円も持っていなかったのか?というと、そんなことはありません。 ちゃんとお金はありました。 ただ、僕も学生で余裕があるわけではないので、見ず知らずの人にいきなり1000円も差し出すような勇気もありません。 しかも無理矢理とはいえ、茨城から来た女の子は僕の家だけで約5時間も拘束されているんですよ。 そのうえ収穫は0円。 彼女からしたら、かなりイケてない活動ですよね。 良い子はマネしないでね。 いい人そうだったし、女性だしということで僕は簡単に家に入れてしまいました。 これはすごくすごく反省。 しかも残っていた女の子たちに預けていたわけですから、本当に最低。 往復100往復ビンタものです。 茨城県から来た彼女が、強盗だったらどうする?ってわけですよね。 嫁ちゃんの言う通りです。 そもそも、遠距離恋愛中の彼女以外の女の子が家にいたってこと自体が、僕のダメなところなんです。 あくまでも「大学の友達で一緒にレポートを書いていた」で通しましたが、遠距離恋愛中の彼女からしたら家に来たら女の人がいたって状況はナシですよね。 でも本当に一緒にレポートをやっていたのだから、健全です。 結果的には、2人はなんだか意気投合していましたし・・・。 僕は20代で弱い自分から無事卒業です! 寄付の話から遠ざかってしまいましたが、寄付すること自体はいいことだと思います。 日本人の寄付額は、アメリカやイギリス・ドイツなどの先進国と比べるとかなり少ないですが、それでも災害が起きればお金は集まるし、皆さんの善意がいい形で動いています。 でも、訪問販売的な寄付はナシですよね?? 「今日食べるものがありません。 どうかお恵みを・・・」ということであれば、もちろん僕は500円くらいは差し出します。 でも「お寺の建物を修理します」と言われても、どこのお寺なのかも分かりませんし、そんなこと言ってくるコイツ誰だよって思います。 当然、そんなものにはお金は払えません。 「檀家さんでお願いします」と思います。 同じことがブログでもいえるのかなぁと。 相手に信用してもらえなければ、どんなにオススメを言ったところで振り向いてもらえません。 特にお金が絡むと、人はたちまち警戒します。 いかに信用を作るかが本当に大事なんだなぁと、今改めて思った次第です。。。 年齢を重ねると、寄付とかにも興味がわいてきますね。 自分の稼いだお金が困っている人の役に立つのであれば、嬉しいですよね。 寄付する人の心理とかに興味が沸いてきたので、勉強します(笑) その時は、このブログで紹介できればと思います! 駄文にお付き合いいただきありがとうございました。

次の

『僕の心のヤバイやつ』市川と山田の関係性に急展開か? 考察系ラブコメの面白さ|Real Sound|リアルサウンド ブック

僕 の 心 の ヤバ いや つ

突然家に押しかけられ、「寄付してください」と言われた かれこれ10年以上前、当時大学3年生。 僕はアパートで一人暮らしをしていました。 その時、僕の部屋にいたのは遠距離恋愛中の彼女、そして僕の同じ学校の女の子。 若干、それだけで重苦しい空気は流れていたのですが・・・。 その時「ピンポーン」とチャイムが鳴り、モニターを見ると若い女性が立っていました。 僕は警戒心ゼロなので、そのまま玄関の扉をオープン! (ん?見たことないぞ?) 女性:こんにちは。 あの~、私 茨城県から来たんですけど、お忙しいですか? 僕:いや、まぁ、はい・・・。 女性:少しだけお時間いいですか? 僕:もうすぐ出かけないといけないんですけどね、ははは・・ 女性:〇〇教ってご存知ですか?・・・(略)・・・。 それでこうやって修行の一環で訪問させていただいているわけです 僕:はぁ 女性:もしよろしければ、お寺への寄付ということで1口1000円からいただけませんでしょうか 僕:すみません、1000円ないんです。 僕、貧乏なので 女性:500円でもいいんです。 てか、お友達ですか?もしよろしければ、あちらの方たちともお話できないでしょうか 僕:いや、どうかな?でも、僕もうバイト行かないといけないんで この時、リアルにバイトの予定が入っていた僕。 もう行かないといけません。 でも一向に帰ってくれない女性を前に、僕はとっさに言いました。 まぁ、どうぞ!僕、出かけてきます。 じゃあ! 僕という人間、本当に最低ですね。。。 そして女性3名を僕のアパートに置き去りにして、僕はバイトに出かけました。 さすがに本命彼女には申し訳なかったので、「お世話を頼みます」と言って去ったわけです。 3時間シフトが終了。 のんきな僕は「みんなで鍋でも食べようかな」とスーパーで4人分の食材を買い帰宅。 彼女には事前に鍋をすることを伝えていたので、台所に立って下準備しててくれましたが・・・異様な光景です。 僕の部屋に女性が3人。 しかもみんな見ず知らずです。 でも僕は持ち前の能天気さで、何事もなく料理をし、みんなにお手製の鍋を振舞いました! 時より笑い声も飛び交って、なんだかんだで仲良い雰囲気です。 茨城県から来た女性は、僕たちと同じ年であること、高校卒業してその世界に入ったこと、教祖様をすごく尊敬していることを話してくれました。 食事も終わり、まったりモードになった時、女性が口を開きました。 女性:あの、お話できますか? 僕:(心の声「そうだった。 寄付の話だな、きっと」) さすがに、女の子2人を巻き込むわけにもいきません。 2人も露骨に嫌な顔をしています。 僕:じゃあ、僕だけでいいですか? 本命の彼女:じゃあ、私たちはちょっとコンビニ行ってくるね~ 2人は家を出ていきました。 それはそれでビビるんですけど・・・。 少し沈黙の後・・・ 女性:それで、寄付の方はどうでしょうか・・・? 僕;ごめんなさい。 鍋の材料買ったらスッカラカンになってしまいました! 女性:あの女性たちもダメですかね? 僕:うん、たぶんダメですね。 女性:そうですか・・・(うつむく) 僕:大丈夫ですか?帰れますか? 女性:はい、大丈夫です 僕::でも、ありがとうございました!頑張ってください。 女性:こちらこそ、ごちそうさまでした。 お二人によろしくお伝えください 僕:はい、おやすみなさい そして、その10分後、コンビニへ行っていた2人が戻ってきました。 2人は戻ってくるなり、僕に 説教 説教 説教!!! 憔悴しきった僕でしたが、最後に一言。 「みんなで仲良くごはん食べれたんだしいいじゃん??」 ・・・一同呆れ顔、無言・・・。 寄付すべきだったのか? 1,000円も持っていなかったのか?というと、そんなことはありません。 ちゃんとお金はありました。 ただ、僕も学生で余裕があるわけではないので、見ず知らずの人にいきなり1000円も差し出すような勇気もありません。 しかも無理矢理とはいえ、茨城から来た女の子は僕の家だけで約5時間も拘束されているんですよ。 そのうえ収穫は0円。 彼女からしたら、かなりイケてない活動ですよね。 良い子はマネしないでね。 いい人そうだったし、女性だしということで僕は簡単に家に入れてしまいました。 これはすごくすごく反省。 しかも残っていた女の子たちに預けていたわけですから、本当に最低。 往復100往復ビンタものです。 茨城県から来た彼女が、強盗だったらどうする?ってわけですよね。 嫁ちゃんの言う通りです。 そもそも、遠距離恋愛中の彼女以外の女の子が家にいたってこと自体が、僕のダメなところなんです。 あくまでも「大学の友達で一緒にレポートを書いていた」で通しましたが、遠距離恋愛中の彼女からしたら家に来たら女の人がいたって状況はナシですよね。 でも本当に一緒にレポートをやっていたのだから、健全です。 結果的には、2人はなんだか意気投合していましたし・・・。 僕は20代で弱い自分から無事卒業です! 寄付の話から遠ざかってしまいましたが、寄付すること自体はいいことだと思います。 日本人の寄付額は、アメリカやイギリス・ドイツなどの先進国と比べるとかなり少ないですが、それでも災害が起きればお金は集まるし、皆さんの善意がいい形で動いています。 でも、訪問販売的な寄付はナシですよね?? 「今日食べるものがありません。 どうかお恵みを・・・」ということであれば、もちろん僕は500円くらいは差し出します。 でも「お寺の建物を修理します」と言われても、どこのお寺なのかも分かりませんし、そんなこと言ってくるコイツ誰だよって思います。 当然、そんなものにはお金は払えません。 「檀家さんでお願いします」と思います。 同じことがブログでもいえるのかなぁと。 相手に信用してもらえなければ、どんなにオススメを言ったところで振り向いてもらえません。 特にお金が絡むと、人はたちまち警戒します。 いかに信用を作るかが本当に大事なんだなぁと、今改めて思った次第です。。。 年齢を重ねると、寄付とかにも興味がわいてきますね。 自分の稼いだお金が困っている人の役に立つのであれば、嬉しいですよね。 寄付する人の心理とかに興味が沸いてきたので、勉強します(笑) その時は、このブログで紹介できればと思います! 駄文にお付き合いいただきありがとうございました。

次の

僕の心のヤバイやつ 3(特装版)

僕 の 心 の ヤバ いや つ

僕のヤバイ妻 ジャンル 脚本 演出 出演者 オープニング 「EMERGENCY」 エンディング 「」 製作 プロデューサー 豊福陽子 宮川晶 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 火曜 22:00 - 22:54 放送枠 関西テレビ制作・火曜夜10時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 9 特記事項: 初回は2時間スペシャル(21:00 - 22:48)とした上、20:59 - 21:00に事前枠『僕のヤバイ妻カウントダウンステブレ』も別途放送。 第5話はバレーボール中継のため、40分遅れ(22:40 - 23:34)で放送。 『 僕のヤバイ妻』(ぼくのヤバイつま)は、からまで毎週火曜日22時 - 22時54分に、制作・系列の「」で放送された日本のである。 全9回。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2016年6月)() 望月幸平は、妻・真理亜の両親の遺産でカフェを経営しているが、真理亜との夫婦生活に嫌気がさしていた。 ある仕事帰りに、幸平が経営するカフェの料理長で愛人の北里杏南と共に真理亜を殺害することを企てる。 帰宅後、真理亜を殺害しようと実行するが、幸平は真理亜が何者かに誘拐されていることを知る。 キャスト [ ] 〈〉内はドラマ設定年齢。 主要人物 [ ] 望月 幸平〈38〉 演 - カフェ「マスターピース」オーナー。 一人称は俺。 妻・真理亜との夫婦生活に嫌気がさしているが、真理亜の両親の遺産でカフェを経営している事もあり、別れようにも別れられない状況にある。 ある日、愛人関係の杏南と共に真理亜の殺害を企む。 望月 真理亜〈37〉 演 - 幸平の妻。。 両親は数年前にで他界。 だが、「マスターピース」を手伝うこともある。 料理が得意で、貞淑かつ優しい理想の妻だが、後に幸平と杏南が愛人関係であることに気付き、また二人が自身を殺害しようとしていることを知ると、自ら狂言誘拐を実行し、あたかも幸平が自身を殺したかのように見せかけて、幸平に制裁を加えようとする。 また、この自身の誘拐事件を機に、徐々に恐ろしい本性が現れていく。 「マスターピース」が主にコーヒーを扱う店にも関わらず、実はコーヒーが苦手で、紅茶を好む。 に留学していた経験がある。 両親は箱入り娘を一人で海外暮らしをさせることに猛反対であり、留学の際に多額の誘拐保険を掛けていた。 北里 杏南〈29〉 演 -。 幸平とは愛人関係。 真理亜との結婚生活に息苦しさを募らせる幸平に、猛毒「アドキシン」を使った真理亜の殺害を持ちかける。 相馬 誠一郎〈37〉 演 - の。 真理亜の誘拐事件を担当する。 矢吹 豊〈25〉 演 - 相馬の部下。 鯨井 有希〈50〉 演 - 望月家の向かいの住人である大年増の中年女。 かなり年齢差のある年下の夫・和樹とは「和くん」「有希ちゃん」と呼び合い、和樹の出勤時には必ずキスをして見送る程の「ラブラブ夫婦」だが、実は独身であることを隠すための見栄で雇っている偽の夫婦。 追加徴税を受けたため、和樹に支払うレンタル料すら滞るほど金に困っていた。 鯨井 和樹〈35〉 演 - 有希の夫。 一人称は僕。 周囲には経営コンサルタントと言っているが、実はで有希に雇われたレンタル夫。 本名は村本和樹。 横路 正道〈44〉 演 - 幸平の元義兄で姉・香織の元夫。 楓の実父。 元刑事で、現在は興信所を経営している。 幸平の良き理解者だが金に困っている。 カフェ「マスターピース」 [ ] 藤原 龍太 演 - 松本 穂香 演 - 熊谷 司 演 - 以上3名は従業員。 望月家 [ ] 望月 香織 演 - 幸平の姉。 横路とは元夫婦。 望月 楓 演 - 香織の娘。 幸平の姪にあたる。 望月 久米子 演 - 幸平の母。 捜査一課 [ ] 加藤 了治 演 - 柴崎 修 演 - 政宗 絵里子 演 - その他 [ ] 緒方 彰吾〈34〉 演 - 真理亜の大学時代の後輩。 学生時代から真理亜に片思いをしていた。 最初の誘拐の実行犯の1人。 当初は真理亜に口封じをされたかと思われていたが、有希に後をつけられて自宅に押しかけられ、身代金を奪おうとする有希と口論の末に投げ落とされて死亡した。 木暮 久雄〈46〉 演 - バー「Quiet Woman」のマスター。 真理亜とは過去に何らかの繋がりがあり、一連の真理亜誘拐事件にも関与している様子。 真理亜の学生時代の家庭教師。 真理亜と恋愛関係にあると思われるほど仲がよかったが、彼女の両親の反対を押し切って彼女を留学させたのが決定打となり解雇された。 米田 博 演 - 長谷川 演 - 真理亜が雇った弁護士。 スタッフ [ ]• 脚本 -• 演出 - (関西テレビ)、(ケイファクトリー)• 音楽 -• 主題歌 - 「」()• オープニングテーマ - 「EMERGENCY」()• 技術統括 - 横山和明• 撮影 - 中山秀一、岡崎真一• 照明 - 金子宗央• 音声 - 矢川祐介• 編集 - 矢野数馬• 美術プロデューサー - 津留啓亮• 美術デザイン - 根本研二• 衣装 - 川本誠子• スタイリスト - 根岸豪、中井綾子• オープニングタイトル - 熊本直樹• 宣伝 - 前田香久、佐藤英明(関西テレビ)• 広告 - 宮内覚(関西テレビ)• 制作協力 -• 制作著作 - 関西テレビ放送 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 Episode 1 4月19日 僕の殺したい妻 三宅喜重 8. 2% (視聴率は調べ、・世帯) 受賞 [ ]• 第4回 助演女優賞()• 助演女優賞(木村佳乃) 中国ドラマ版 [ ] 2017年にで、リメイクドラマ版が制作され放送される予定である。 中国映画版 [ ] 同じ、リメイク映画版が制作され放送される予定である。 全6回。 キャスト [ ] 役名 俳優 吹替 説明 アルペル・ボズテペ () デリンの夫。 カフェレストランの経営者 デリン・ボズテペ () アルペルの妻。 裕福な社長令嬢 セダ・チェリク () アルペルの不倫相手。 カフェの共同経営者 フラット・エンギン () 主任刑事。 デリン誘拐事件を担当 ヤマン・チャルシュカン () ハンデの元夫。 アルコール依存症で警察をクビになり離婚。 屋台の売りで生計を立てる フェルダ・アイドゥン () ボズテペ家の隣人の中年女性 クバンチ・ユルマス () フェルダのパートナー イペッキ・ユルドゥルム () 刑事。 上司のフラットとは婚約関係 ハンデ・ボズテペ () アルペルの姉。 ヤマンの元妻。 実家で母と娘との3人暮らし シャヒン・エゲ () バー「無口な女」の経営者。 デリンの友人。 チュナル・カヤ () 絵描き。 大学時代の友人デリンに首っ丈。 デリンに頼まれ偽装誘拐を実行 リュトフィエ・ボズテペ () アルペルとハンデの母。 死別した夫の残したドライクリーニング店で娘と働く イブラヒム・アスラン () 新人刑事。 フラット、イペッキらと捜査活動 トゥリン・タシジ () カフェ女性店員 ドウ・バルカン () カフェ男性店員 カディル・シェケルジ () カフェ男性店員 ヤーセミン・カヤ () チュナルの妹。 花屋 アイシェ・チャルシュカン () ヤマンとハンデの一人娘。 小学生 () 本部長。 フラットの上司 日本語版スタッフ• 演出:工藤美樹• 翻訳:植村久美子、小尾恵理• 調整:小出善司• 制作:• 担当:堀内かりん、松本英樹 放送局 [ ] 放送対象地域 放送局 系列 放送時間 放送期間 備考 日曜 12:00 - 17:30( 1-6) 日曜 12:00 - 17:40( 7-12) 2019年7月21日・28日 日本初放送。 再放送あり (同年12月、20年4月など) 土曜 0:50 - 1:50 2020年1月25日 - 4月18日 地上波初放送 脚注 [ ]• スポニチアネックス 2016年3月5日. 2016年3月26日閲覧。 スポーツ報知 2018年1月19日、2019年11月8日閲覧• ORICON STYLE 2016年3月24日. 2016年3月26日閲覧。 フジテレビ. ORICON STYLE. 2016年4月20日. 2016年4月20日閲覧。 スポーツ報知. 2016年4月27日. 2016年4月27日閲覧。 日刊スポーツ. 2016年5月6日. 2016年5月6日閲覧。 日刊スポーツ. 2016年5月11日. 2016年5月11日閲覧。 日刊スポーツ. 2016年5月25日. 2016年5月25日閲覧。 スポーツ報知. 2016年5月18日. 2016年5月18日閲覧。 日刊スポーツ. 2016年6月8日. 2016年6月8日閲覧。 日刊スポーツ. 2016年6月15日. ORICON STYLE. 2016年11月7日. 2016年11月7日閲覧。 人民網日本語版. 2017年3月22日. 2017年3月27日閲覧。 人民網日本語版. 2017年3月22日. 2017年3月27日閲覧。 チャンネルNECO 2019年7月19日. 2019年7月19日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語) 制作・系列 前番組 番組名 次番組.

次の