年金 免除 妊婦。 産休中の社会保険料の(健康保険・厚生年金)免除申請、免除額を確認

妊娠中に国民年金の産前産後免除制度を申請してみた!

年金 免除 妊婦

2019年4月から、国民年金保険に加入している(国民年金第1号被保険者)妊婦さんは、産前産後期間の4カ月間、国民年金保険料が免除されるようになりました。 この制度は、 「国民年金保険料の産前産後の免除制度」と言います。 私の夫は個人事業主で国民年金保険に加入していて、私はその扶養に入っているため国民年金保険に加入しています。 そんな私が妊娠して、「国民年金保険料の産前産後の免除制度」に該当したので、市役所で申請しに行きました。 この記事では、実際に申請して分かった「国民年金保険料の産前産後の免除制度」の概要や、申請方法などをメモしておきます。 「国民年金保険料の産前産後の免除制度」とは? 「国民年金保険料の産前産後の免除制度」とは、 国民年金に加入していて、出産の予定がある妊婦さんが一定期間免除される制度です。 制度について 次世代育成支援の観点から、国民年金第1号被保険者が出産を行った際に、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度が平成31年4月から始まりました。 出典: 上記の「日本年金機構」の案内にある通り、 産前産後の一定期間の国民年金が免除される制度です。 2019年4月から実施された制度です。 免除される期間 免除される期間は、 出産日予定日の前月から「4カ月間」です。 きちんと申請しておくと、免除期間も保険料を納付したものとして老齢基礎年金の受給額に反映されます。 減額はされません。 多胎妊娠(双子以上)の場合は、免除期間が「6カ月間」に延長されます。 対象者 国民年金保険料の産前産後の免除制度の対象者は、「国民年金第1号被保険者」で出産日が2019年2月1日以降の妊婦さんです。 「国民年金第1号被保険者」とは、 自営業者など向けの国民年金保険に加入している女性(妊婦)が該当します。 国民年金では加入者を3種類に分けています。 そのうち、20歳以上60歳未満の自営業者・農業者とその家族、学生、無職の人等、第2号被保険者、第3号被保険者でない者が第1号被保険者です。 出典: たとえば、夫が国民年金に加入していて、その扶養に入っている妻などが対象者です。 国民年金に加入している妊婦さんには、「国民年金保険料の産前産後の免除制度」の案内状が送付されているはずです。 送付されていなくても、対象の可能性があるので、市(区)役所・町村役場の国民年金担当窓口に聞いてみましょう。 [スポンサーリンク] 免除月分も前納して重複支払いしたら? 国民年金保険料は、1年間の保険料をまとめて支払う(前納する)と少しだけ安くなります。 ただし、国民年金保険料の産前産後の免除制度の対象者が前納してしまうと、免除期間(4カ月分)も余計に支払ってしまうことになります。 これについて市役所の年金担当者に聞いたら、 余計に支払ってしまった分は、あとから口座に振り込む(還付する)とのことでした。 実際に私は前納していましたが、免除された分の4カ月分があとで還付されました。 まとめ 「国民年金保険料の産前産後の免除制度」についてまとめます。 自営業者など向けの国民年金保険に加入している妊婦は免除される• 免除期間は基本的に4カ月• 免除申請しても受給額に影響はない(減額されない)• 申請は市(区)役所・町村役場の国民年金担当窓口• 申請するときは母子手帳と年金手帳を持って行く 自分が該当かよくわからなかったら、とにかく役所の国民年金担当窓口に聞いてみると良いでしょう。 丁寧に教えてくれました。

次の

さいたま市/国民年金保険料の免除について

年金 免除 妊婦

「国民年金保険料の産前産後期間の免除制度」 そう、国民年金 この制度は実は、平成31年4月から始まったもので、まだ施工されたばかりです。 簡単に説明してしまうと、会社員が妊娠した場合、 産休(産前産後休暇)制度がありますが、 その産休中には会社員の人が毎月払っている社会保険料である 厚生年金の保険料が免除されるというのは知っている人は多いのではないでしょうか。 産休中は仕事ができない訳ですから、年金の支払いが免除されるというのは理にかなった制度です。 その一方、自営業やフリーランスとして働いている場合は、「国民年金」を毎月支払っていますが、そういった人たちに対しては今まで「産休」や「国民年金の免除」はありませんでした。 それが今回から国民年金の免除が実施されることに決まったというわけです。 ちなみにこれは『次世代育成支援の観点で、少子化対策』の一環です。 そもそもこういった制度は誰もお知らせしてくれないので知ってる人だけが得をするのが現状です。 今回のこの制度に関していうと、免除ということで支払ったものとしてカウントされる上に支払ったものとして将来受け取る金額にも変動がないので、該当する方にとってはかなり大きなメリットとなりますね。 何はともあれ、せっかくの新制度。 既に妊婦だという方、これから妊婦になる女性だけでなく既に出産を済ませた女性も是非、知っておきたいところです。 でも、妊婦といっても色々なタイミングがありますよね。 もっと早く知っておきたかった・・・ 妊娠に気づくのが遅かったら損するってこと?子供産んだばっかりだよ・・ とタイミングの悪さを嘆いてしまう方もいらっしゃるでしょうか。 でもそこは大丈夫! そうならないために、国民年金保険料が免除される期間は、 「出産予定日又は出産日が属する月の前月から4か月間」 とされています。 これを「産前産後期間」と定めており、この4か月間がベースとなります。 なお、二人以上の赤ちゃんを同時に出産する多胎妊娠は、出産のリスクが高く、出産人数も多いということで、産前産後期間が、3か月前から6か月間と別例にされています。 また、出産とは、妊娠85日以上での出産をいい、結果として残念ながら、死産、流産、早産となってしまった場合でも同様に扱われます。 どこに届け出るの? この妊婦のための国民年金保険料の免除は、住民登録をしている市役所、区役所、町村役場の国民年金担当窓口へ届け出書を提出する必要があります。 出産予定日の6か月前から提出可能で、国民年金に加入している人は、妊娠が発覚したらまず行うべき届出となります。 とはいっても、国民年金保険料の年金法で定められている義務である基礎年金料金が免除されるだけであり、厚生年金やその他にも基礎以上の付与年金に関しては免除となりません。 年金は義務なのです。 税金を払って年金まで払わなければいけない。 ただし税金と違って、年金は将来戻ってくる感覚がある「異なる性質」を持つ。 義務であるのに払った分が返ってこないということで、現在も問題になっているわけですよね。 さらにいうと国民年金の保険料は、毎年度見直しされ多少の変動があるにせよ、令和元年は月額16,410円です。 4か月分もあれば、65,640円となり、給料の上がらない不景気を生きる僕たちにとって大きな金額です。 大事なことは一つ。 該当しているのであれば、きちんと届出を出すこと また2019年2月以降の方であれば、出産後でも申請可能ですので知らなかった!という方も是非年金事務所に相談して申請してみてください 知っておくことが一番の経済対策になるので、是非覚えておいてください! 参考:.

次の

妊娠すると年金支払いが免除?国民年金加入者の産休制度

年金 免除 妊婦

国民年金免除できるの? 妊娠したら国民年金の免除を申請!2019年からの新制度 こういう制度も出来たんだなーと。 ほとんどの人が知らないだろうし、言わなきゃ誰も使わんだろ感はプンプンするけど。 — まぃまぃ maimai0409 申請しないと免除されないのと、全然周知されていない感満載ですが、もしあなたが国民年金保険料を納付していて現在妊娠されているのであれば、手続することをおすすめします。 国民年金免除申請の手続き場所は? あなたがお住いの市区町村役所の国民年金窓口です。 基本的には来庁しての申請となりますので、事前に窓口に電話し、必要なものなどを確認してから来庁するのがいいと思います! コチラに詳しく記載しています 人によって免除期間が違う ただし、4月から制度が開始したことから免除期間は以下のように。 <2月に出産=4月の1カ月分、3月に出産=4、5月の2カ月分、4月に出産=4、5、6月の3カ月分、5月以降に出産=4カ月分> 19年度の月々の国民年金保険料は1万6410円。 そのため、最大で6万5640円を納付したものとして扱われることになる。 ただ、気をつけなければならない点がある。 制度は自動で免除されるのではなく、住民登録をしている市町村の国民年金担当窓口に必要書類とともに申請が必要だ。 出産予定日の6カ月前から提出可能で、出産後でも申請することができる。 出産後の申請で、 保険料をすでに納付している場合でも、適用期間の保険料は還付される。 もう一つ、会社員が知っておきたい制度がある。 出産前後に産前産後休業(産休)を取得した場合、健康保険と厚生年金保険の保険料が免除される制度が、2014年度から始まっている。 休業中の産前42日(多胎妊娠の場合は98日)、産後56日が対象期間だ。 また、満3歳未満の子どもを養育するための育児休業を取った場合にも同様に保険料が免除される。 ただし、こちらも申請が必要。 休業期間中に、事業主が年金事務所に届け出なければいけない。 引用元: おわりに こういう免除系に関しては母子手帳を取得の際、当てはまる人には自動で処理ができるようになったいいのに。 と思う筆者でした。 いずれにしても、申請しないと免除されないので当てはまる方は面倒かもしれないですが窓口で相談してくださいね!.

次の