キムチエンジョイまとめ。 韓国あんてな

キムチ速報

キムチエンジョイまとめ

ドイツ、「韓国などG7首脳会談参加」に反対 2020年07月27日 08時31分 WoW! Korea G7会議に、非加盟国である韓国、ロシアなどが参加することに対して、ドイツが反対の意を明らかにした ドナルド・トランプ米国大統領が主要7か国(G7)会議に非加盟国である韓国とオーストラリア、インド、ロシアを招請したいという意を伝えていたことに対して、G7加盟国のドイツが反対の意を明らかにした。 今日(27日)ドイツのハイコ・マース外相は、メディアとのインタビューで「G7と主要20か国(G20)は賢明に編成された2つのフォーマットだ」とし「我々はG11やG12を必要としない」と語った。 」 アラブ首長国連邦国営通信社であるWAMが最近、報道した記事のタイトルです。 UAEが20日、火星探査船「アマル」の発射に成功するとすぐに韓国航空宇宙研究院 KARI が祝意を伝え、関連経験の共有を希望してきた、という内容を含みます。 韓国とUAEは特別戦略的パートナーの関係で、今年は修交40周年の上、原子力発電と軍事分野、農業技術部門などでも協力しており、我が国がUAEの火星探査船の発射を祝って協力を提案するのはあまりにも当然です。 しかし、この記事を読みながら頭の1ヶ所では一つの質問がずっとぐるぐる回ります。 「ところで、なぜUAEは火星探査船発射体として日本のロケットを選択したのだろうか?」 略 その上、日本種子島宇宙センターは赤道に近くて技術的側面でも有利な側面があります。 考えてみればUAEは2009年と2013年、韓国衛星業者に小型科学衛星を注文製作して発射し、2018年には韓国業者から技術移転を受けて共同開発した偵察衛星カリファサットを発射しましたが、この衛星もやはり日本種子島宇宙センターから三菱H-IIAにのせられて発射されました。 そのためUAE火星探査船に日本発射体を使ったのは技術的経済的側面を考慮した選択にすぎません。 パク・ソクホ記者 ソース:KBSニュース(韓国語)[特派員レポート] UAE火星探査船はなぜ日本発射体を選択したのだろうか?

次の

おーるじゃんる

キムチエンジョイまとめ

RSS新着(アンテナ)のTOPページは です まとめブログ界隈で話題のを読んだ所感です。 さて、アンテナ管理人の端くれとして月間1億2000万pvのまとめサイト管理人が出した本を読まないわけにはいきません。 普段は知りたい内容が明確に書いてあるか目次やレビューなどを吟味して買います。 が、今回は中身によらず、とりあえず読もうと決めていたので何も調べずに買いました。 ノウハウ観点での所感 本のタイトルには「ノウハウ」とありますが、結論から言うと、既にまとめサイトを管理している人にとって目新しいノウハウは書かれていないと言えます。 これからまとめサイトを始める人にとっても、ノウハウ本としての意味はあまり無いと思います。 ノウハウ目的であれば、Googleで検索したほうが有益な情報が得られます。 何を期待して買うかにもよりますが、もしアフィリエイトなどで儲けることを期待しているのであれば のほうが良いですね。 中の人の生い立ちや、プライベートで起きた事件なども含まれていますので。 スポーツ新聞がやっているからまとめブログでもやって良いという考えは少し疑問。 オリジナル記事を書くための考え方なんかは多少参考になった気もしますが、 検索すれば同じようなレベルの内容はすぐに見つかります。 ということで、無料で読めるブログのタイトルならいざしらず、 お金を払って買うこの本のタイトルに「ノウハウ」を含めたことには違和感があります。 あくまで個人的な感想なので、Amazonのレビューでも確認してみてください。 他の観点での所感 ノウハウ観点の否定から入ってしまいましたが、全否定するわけでもありません。 とくに私はノウハウを期待して買ったわけではなかったので、読み終わった後に Amazonのに書かれているような嫌悪感はありませんでした。 というよりも個人的にはノウハウより大切なことが書いてあったと思います。 それは、人気サイトになったと感じるまでに、少なくとも2年以上、1日18時間ブログ中心の生活を過ごしたという部分です。 あと、続けるのに最も大切なのはお金ではなくて情熱だという部分も。 これはキレイ事ではなくて、私も一部正しいと思っています。 私は、この世界で儲けるという意味で成功するのは、18時間・2年以上も熱中できるような狂気じみた人か、 ビジネスとして成功させるセンスを持った人だと思います。 後者は、はちま起稿をはじめ大手が行っている複数人管理、 記事作成代行などを取り入れて仕事として効率よくクールにやるべきですが、 前者に必要な狂気のことを情熱と呼ぶのかもしれません。 また、この狂気が人を惹きつける文章の元になるのだと思っています。 なんにせよ、駆け出したばかりのまとめサイト管理人や、これから始める人たちに、こんな生々しい経験を語ってくれる人は居ません。 私も管理人の端くれとして感じていたことではありましたが、それを確信できました。 贅沢を言えばもう少し早い時期に読みたかった本です。 まとめ ということで、覚悟を決めたい人・感じたい人には一読の価値はあれど、ノウハウ本としてはお薦めできないかなという感じでした。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 今回紹介した本 清水 鉄平 SBクリエイティブ株式会社 売り上げランキング : 370 応援・共有してもらえると、 韓国あんてなを続ける力になります。

次の

おーるじゃんる

キムチエンジョイまとめ

2018年4月にオープンした同店は、低価格で焼き肉を楽しめる「一人焼き肉専門店」として各メディアに取り上げられ、今も大きな話題を呼んでいます。 注目したいのはトノサマカルビが自らを「焼肉定食」の専門店としていること。 その背景には「焼き肉を、気軽に一人で食べてほしい」という思いがあります。 例えば、牛丼のようにサッと食べられ、サッと出て行く。 そういう風に焼き肉を食べてもらうためには、安さと手軽さが重要。 自問自答を繰り返し、たどり着いた答えが「焼肉定食」だったとのこと。 「定食なら身構えることなく食べられ、価格も安くて当然」そんなイメージできちんと焼き肉として楽しんでもらうため、1席に1台のロースターを用意。 このスタイルも「肉は自分で焼いて食べるのが、一番美味しくて楽しい」というこだわりから考案されたそう。 「一人で焼き肉を楽しめること」がコンセプトのため、席はカウンターのみ。 気軽さを重視していますが、決して店内は雑多でなく落ち着いた雰囲気です。 一人で焼き肉を楽しむための工夫は、ロースターだけではありません。 食事に集中できるよう席間隔のゆとりを少し広めに設計。 さらに席ごとに引き出しがあったり、椅子の下に荷物を入れられたりと、自分だけの空間が持てるように調整されています。 ちょっとした心遣いがうれしいですね。 その居心地の良さを生み出しているのは、スタッフの接客も一因でしょう。 「リピーターが多い」というのも納得です。 とにかくご飯がすすむ濃厚な旨味!ずばり秘訣はタレにあり 注文は、店頭にある券売機で食券を購入します。 今回は、一番人気の「極味 秘伝たれ 熟成カルビ定食」(690円)をオーダーしました。 料理はスピーディーに提供され、あまり待ち時間はありませんでした。 これも気軽さを追求した結果。 サクッと食べられるのが、トノサマカルビの魅力なのです。 さて、定食はカルビとライス(大盛可)、韓国のりのスープがセット。 ミントガムが付いてくるのが、焼き肉店っぽくてユニークです。 カルビの揉みダレは、にんにく醤油をベースに、肉に絡むようにすりおろし野菜を使用。 しっかり味付けされ、「ご飯に合う濃厚な味わいを目指した」そうです。 面白いのは、タレに食物繊維が豊富なカカオマスを配合していること。 日常的に焼き肉を食べてもらうために、栄養面にも配慮しているんだとか。 いわゆる使い捨て網ではなく、ロストル(焼き網)を使用。 だから強い火力で、手早く簡単に美味しく焼けるんです。 一人で焼きあがりを待つ時間を短縮できるのはありがたいですね。 焼けたカルビは、とっても美味~!肉厚で噛み応えがあり、甘みと旨味がガツンと押し寄せてきます。 そのままでも味がしっかりついていて、ライスとの相性バツグン。 そして、あっさりめのつけだれと合わされば肉の味が際立ち、これまた箸がすすみます。 これで690円とか信じられない!と思い、安さの秘密を聞いてみると、メニューをシンプルにして、オペレーションを簡素化することで、価格をグッと抑えられるのだとか。 そんな自慢のカルビは3種類。 秘伝だれ以外にも、レモンの風味がアクセントの「塩ネギだれ」と、ヤンニョム(薬膳辛味噌)を使ったスパイシーな「辛味薬膳だれ」があります。 価格はそれぞれ単品だと各390円で、定食は690円。 また、定食で2種類のカルビが付いた「2種盛り」は1,050円で、3種類全て食べられる「3種盛り」は1,400円です。 とはいっても、カルビが苦手な人のニーズに合わせるため、メニューには塩ネギの牛タン(単品780円)と牛シマチョウ(単品390円)、秘伝たれのハラミ(単品580円)もラインナップ。 この3部位もすべて定食としてオーダーできます。 いずれのメニューも卓上に置いてあるキムチやナムルは食べ放題。 こちらもご飯のおともにピッタリな味付けです。 まとめ 殿様のように焼き肉を一人で堪能できる「トノサマカルビ」。 人気の理由は、一人でも訪れやすい気軽さと、圧倒的なコスパの高さにありました。 お肉好きなら、ヘビロテ間違いなし。 ふとした瞬間に、ふらっと焼き肉を味わえる贅沢をぜひお楽しみください。 住所:東京都新宿区高田馬場1-17-15 電話番号:03-6265-9041 営業時間:11:00〜23:00(L. 価格、内容等は変更になる場合があります。

次の