カブトムシ 成虫 マット。 カブトムシ幼虫の飼育方法。4月以降のマット交換は慎重に!

カブトムシ(成虫)の飼育は土に注意!!~目的別に変えたい床材~

カブトムシ 成虫 マット

息子と一緒に初めて臨んだ カブトムシ幼虫の多頭飼い。 衣装ケースに29匹のカブトムシの幼虫達を入れて裏の勝手口に置いてから数ヶ月経ち、早、3月。 その重要な時期とポイントやコツをまとめましたので、ぜひ参考にして下さい。 目 次• マットの交換時期は年に2回 マット交換を避けた方がいい時期 マットを交換を避けるべき時期の一つ目は、 冬眠期間の 11月~3月中旬位までです。 人間だって、熟睡している最中に起こされるのは不快なもの。 幼虫だって同じです。 冬眠期間に起こされるのはストレスでしょう。 ここから蛹になるまでに、また猛烈にモリモリと土を食べて糞をしていきます。 (冬眠前の秋ほどには食べませんが) そして次に 幼虫は蛹になる準備として、蛹専用の部屋 (蛹室)を作り始める時期を迎えていきますが、これが大体 6月くらいです。 この時、蛹室を作ってしまった後にマット交換してしまうと、折角作った蛹室を壊してしまいます。 一度蛹室を作ると幼虫は再び蛹室を作ることは出来ませんので、羽化不全(奇形になる)か、もしくは死んでしまいます。 なので マット交換を避けるべき時期の二つ目は、蛹の期間の6~7月です。 加えて、蛹の部屋(蛹室)作りは、幼虫が 自分の糞 を身体で押し固めながら強固に作っていくので、多少の糞をする期間も残しておいた方がいいと思われます。 一番良いマット交換の時期 土(マット)の 見た目で判断する交換の目安の一つ目は、 土(マット)の表面に正露丸の様な糞が目立ち始めた時です。 大体、表面の 3割位を糞が締め出したらもう明らかに交換時期だと思っていいです。 次に、見た目の目安の他には、 時期として何月くらいがいいでしょうか? 冬眠前の秋のマット交換を忘れてしまったり、蛹室を作る前の春のマット交換を忘れてしまわないように、冬眠時期などを考慮して考えた結果、 カブトムシ幼虫のマット交換のベストな時期を算出すると、 スバリ 10月上旬と4月上旬 です! (気候基準地:東京) 地域によって気温にも差があるので環境状況によっても多少差はあると思いますが、こちらが平均的にベストかと思います。 コスパもいいし、程よい湿り気もあり、幼虫が大きくなる栄養たっぷりの腐葉土で、飼育初心者にはうってつけかと思います。 中型~大型の飼育ケース1つだったら10Lで充分。 ところが、飼育に慣れてきて多頭飼いをするとなると10Lどころでは足りない・・・。 そこでこちらの月夜野きのこ園さんのマットにお世話になりました。 こちらの土は、ふんわりとした感触と発酵具合がなかなかの本格仕様のようで、幼虫君達が喜んで潜っていく気がしました(笑) どちらの土も幼虫の食いつきは良く、幼虫も大きく育ってくれました。 せっかく愛情を持ってカブトムシの幼虫を育てるのであれば、大きく立派な成虫になって欲しいですよね? カブトムシが成虫になってからは、どんなに餌を与えても大きくなることはありません。 幼虫の時の大きさが成虫になってからの大きさなのです。 つまり、 幼虫時代に如何に栄養のある土を多く食べたかによって、カブトムシの大きさは決まるのです! 土選びも大切です。

次の

カブトムシの幼虫のマット交換時期を逃しちゃダメ!

カブトムシ 成虫 マット

こんにちは!転勤族専業主婦2児の母です。 詳しくはこちらもどうぞ! が!ここで思わぬトラブル発生。 そう、タイトルにもある コバエの大量発生です。 カブトムシやカブトムシの幼虫を飼育していると必ず出てくる コバエ問題。 えー気持ち悪いと思った方は回れ右!準備はいいですか?それではみていきましょう。 *後日改めて調べて見た結果、白い細長い生物はコバエの幼虫ではなく線虫(せんちゅう)だそうです! 線虫自体は土壌にはよくいるそうで、マット内が多湿だと発生しやすい環境になるようです。 大量発生するようであれば、やはりマットの状態は良くないみたいですね・・。 気をつけましょう。 「あでも、天日干しすればいけるんじゃ・・」 と思って取り合えず、 天日干してみることにしました(アホ)!! 結果・・ 何日置いてもいっこうに死滅する気配はなく、 「もう無理」でした。 とっとと捨てましょう!! コバエオーライの方は広げて干して見てくださいね。 私はこの狭いベランダではもう 絶対やりません! ではなんでこうなってしまったのか、またこんなことにならないよう原因究明していきましょう。 カブトムシの幼虫マットにコバエが大量発生したら マット全取替え!• マットを天日干ししても全然イケません• 天日干ししても コバエの幼虫線虫は死滅しない!• 侵入経路は完全遮断がベスト• マットの水分量と多湿に注意• コバエ対策ケースでも安心できない• 幼児(男子)の動向には要注意!• 殺虫剤はNG• わかるけど・・母さんもう嫌。 カブトムシの幼虫飼育のときは コバエの侵入と 湿度にはお気をつけくださいね!!無事に成虫になることを祈りましょう。 マット交換の仕方はこちらで~す!.

次の

カブトムシのマットとは何だ!幼虫飼育のカギはコレだ!

カブトムシ 成虫 マット

こんにちは!転勤族専業主婦2児の母です。 詳しくはこちらもどうぞ! が!ここで思わぬトラブル発生。 そう、タイトルにもある コバエの大量発生です。 カブトムシやカブトムシの幼虫を飼育していると必ず出てくる コバエ問題。 えー気持ち悪いと思った方は回れ右!準備はいいですか?それではみていきましょう。 *後日改めて調べて見た結果、白い細長い生物はコバエの幼虫ではなく線虫(せんちゅう)だそうです! 線虫自体は土壌にはよくいるそうで、マット内が多湿だと発生しやすい環境になるようです。 大量発生するようであれば、やはりマットの状態は良くないみたいですね・・。 気をつけましょう。 「あでも、天日干しすればいけるんじゃ・・」 と思って取り合えず、 天日干してみることにしました(アホ)!! 結果・・ 何日置いてもいっこうに死滅する気配はなく、 「もう無理」でした。 とっとと捨てましょう!! コバエオーライの方は広げて干して見てくださいね。 私はこの狭いベランダではもう 絶対やりません! ではなんでこうなってしまったのか、またこんなことにならないよう原因究明していきましょう。 カブトムシの幼虫マットにコバエが大量発生したら マット全取替え!• マットを天日干ししても全然イケません• 天日干ししても コバエの幼虫線虫は死滅しない!• 侵入経路は完全遮断がベスト• マットの水分量と多湿に注意• コバエ対策ケースでも安心できない• 幼児(男子)の動向には要注意!• 殺虫剤はNG• わかるけど・・母さんもう嫌。 カブトムシの幼虫飼育のときは コバエの侵入と 湿度にはお気をつけくださいね!!無事に成虫になることを祈りましょう。 マット交換の仕方はこちらで~す!.

次の