えびの 高原 キャンプ 村。 【えびの高原キャンプ村】アクセス・営業時間・料金情報

えびの高原 キャンプ村

えびの 高原 キャンプ 村

真夏でも 厚手の長袖は必須です。 えびの高原キャンプ場に行くときは、必ず防寒着をもってきましょう! 野生の鹿がいるので、運が良ければ会えるかも。。。 霧島錦江湾国立公園内の韓国岳の麓、標高約1,200メートルの地点にある「えびの高原キャンプ村」は、春のミヤマキリシマや国の天然記念物であるノカイドウをはじめ、夏の緑と入道雲のコントラスト、秋の紅葉、冬の樹氷など、四季折々の自然の躍動感やその移ろいの情景を堪能できる大自然に囲まれたキャンプ施設です。 夏は、日中の平均気温は約24度と大変すごしやすく、蚊がいないので快適にキャンプを満喫できます。 自然のアカマツとクマザサに囲まれたテントサイトとケビン群は、家族キャンプはもちろん、学校教育キャンプ、職場や地域、サークル活動等の団体キャンプまで幅広くご利用いただけます。 また、全国でも珍しい温泉のあるキャンプ場としても有名で、登山や池めぐりを楽しんだ後の入浴も大変好評です。 (引用先:) 1.所在地 〒889-4302 宮崎県えびの市大字末永1470番地 TEL : 0984-33-0800 HP : (えびの市ホームページ) 2.期間 通常期間• 4月1日~7月4日• 9月1日~10月31日• 12月20日~翌年1月10日 夏季期間 7月5日~8月31日 チェックイン・チェックアウトは 基本的には制限がないような気がします。 予約の際に確認してください。 3.料金 種類 単位 金額 小テント 1泊1張りにつき 1,440円 毛布(ケビン用) 1泊1枚につき 230円 毛布(テント用) 1泊1枚につき 190円 鍋・釜 1泊1個につき 210円 その他什器類 1泊1個につき 50円 電気コタツ(宿泊) 1泊1器につき 1,440円 電気コタツ(休憩) 1器につき 720円 持ち込みテント(1泊) 1人用1張につき 830円 持ち込みテント(1泊) 2人用以上1張りにつき 1,130円 持ち込みテント(1泊) タープ1張につき 510円 持ち込みテント(協力費) 1人につき 310円 キャンプファイアー(大) 1回につき 9,260円 キャンプファイアー(中) 1回につき 8,430円 キャンプファイアー(小) 1回につき 5,970円 薪 1束につき 250円 種類 単位 金額 通常期間) 金額(夏季期間) 一戸建てケビン(5人用) 1泊1人につき 大人 1,650円 9,560円(1泊1戸につき) 子ども 1,030円 一戸建てケビン(8人用) 1泊1人につき 大人 1,850円 13,060円(1泊1戸につき) 子ども 1,240円 一戸建てケビン(12人用) 1泊1人につき 大人 1,950円 19,540円(1泊1戸につき) 子ども 1,330円 一戸建てケビン(24人用) 1泊1人につき 大人 1,950円 19,540円(1泊1戸につき) 子ども 1,330円 4.天然温泉 利用時間 午後2時~午後8時(利用状況により変更あり) 我が家が利用した時は、 午後5時から午後7時まででした。 泉質 カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩塩化物温泉 5.ペット持ち込み OK 6.キャンプ場の様子 Aケビンサイト Bテントサイト 駐車場・管理棟のすぐ側です。 地面がごつごつとした岩が多いサイトです。 ゴミステーションがあるので、しっかり分別して捨てましょう。 ゴミが捨てれるのでありがたいです。 Cテントサイト 坂道を登ります。 荷物はリアカーで運びます。 結構坂道です。 管理棟 その他 近くのお店 高原なので、すぐ近くにスーパーなどはありません。 鹿児島方面から行くときは、霧島市(国分 または 隼人)で買い物するのがベストです。 宮崎方面から行くときは、えびの市または小林市で買い物しましょう。 夏は非常に涼しいのでオススメです。 夏休みのキャンプは、【えびの高原キャンプ村】で決まり! 南九州で 雪中キャンプができるのは ここだけ?かな。

次の

えびの高原キャンプ村の口コミ!夏でも涼しい山でキャンプを楽しめる

えびの 高原 キャンプ 村

宮崎県には、松林のなかで楽しめるキャンプ場があります。 あたりいちめんが松林です。 標高も高いキャンプ場なので、赤松も生えているんです。 朝、昼、夜で雰囲気もがらりと変わり、楽しむことができます。 今日は宮崎県えびの市にある「えびの高原キャンプ村」のご紹介です。 松林の大自然を楽しめるキャンプ場 キャンプ場の周辺スポットには素晴らしいスポットがたくさんあります。 その点もオススメです。 えびの高原キャンプ村の料金 こちらがエントランス(管理棟)です。 エントランス内で料金を支払います。 薪やBBQセットなどもこちらでレンタルすることができます。 今回のキャンプでは、テントとタープは持ち込みです。 BBQセット• 木炭3キロ• 焚き火用の薪 この3つをレンタルしました。 それと大人2人のキャンプ場の利用料と合わせて、 3600円くらいでした。 有名観光スポットなので、安いんじゃないでしょうか。 キャンプ場の利用料金は小学生から必要になります。 詳しい料金表は、えびの高原キャンプ村の公式ホームページにのっていますので、ご覧になられてください。 けっこうたくさんのキャンパーがきていましたね。 「えびの高原キャンプ村」周辺には、宮崎県でも有名な観光スポットの3大池や、トレッキングを楽しめる山があります。 なので、 県内外から来る多くの人でにぎわっています。 この日は10月の後半で紅葉もはじまっていましたので、特に賑わってました。 こちらが多目的広場です。 ここでレンタル道具の貸し出し、簡単なキャンプ場の説明などをレクチャーされます。 ちなみになんですが、管理人さんの接客はちょっと、、です。 まぁ、ロケーションと素晴らしい自然と周辺スポットがうまくカバーしてくれてます。 テントサイトの様子 テントサイトはケビン、芝生テントサイト、高床式テントサイトの3つです。 キャンプ場がかなり広いので、テントサイトのスペースがたくさんあります。 キャンプ場の高台がウッドデッキ高床式のテントサイトです。 今回こちらにテントを張りました。 車でテントサイトまで乗り入れができないので、 リヤカーで荷物を運ばなきゃいけません。 家族キャンプだと大荷物でなので体力がいりますよ! けっこうな斜面の坂を登って道具をはこびます。 これはちょっと大変でした。 w そして、テントサイトに到着すると松林がお出迎えです。 ウッドデッキの テントサイトから、「えびの岳」への登山口もあります。 すんごいです、 松、松!松!! このエリアには写真のように 「かまど」が1サイトにつき1つ設置されています。 雰囲気はバッチリです。 また、各テントエリア(芝生、デッキ、キャビン)には、かなりきれいな調理場とトイレがあります。 これはかなり嬉しかったですね。 施設の設備 施設内には、トイレ、流し、調理場、など 全てそろっていますので、快適にキャンプを楽しむことができます。 ゴミも仕分けして捨てることができます。 大きなビニール袋を何枚かもっていきておくと便利です。 トイレ、けっこう広くて綺麗に手入れされていました。 使いやすかったです。 こちらもきれい。 火を見ると、なぜあんなにも気持ちが安らぐんですかね。 お酒を飲みながら幸せなひと時を。 周辺の観光スポットについて• 韓国岳• えびの高原池めぐり• トレッキング• 温泉 などがあります。 韓国岳と、えびの高原の3大池めぐりではトレッキングが楽しめます。 それぞれ素晴らしいのでオススメですよ! 温泉施設もキャンプ場のすぐ隣にあります。 家族風呂(貸切風呂)が1000円ちょっとで入れるので、キャンプがてら楽しむのもありですね。 まとめ キャンプ場も素晴らしいですし、周辺スポットは自然がつくりだしたダイナミックな景色を楽しめます。 キャンプ場を予約するときにでも使ってください! kawabatamasami.

次の

霧島・えびの高原で必ず行きたい!おすすめのキャンプ場スポット、観光・旅行情報

えびの 高原 キャンプ 村

えびの高原キャンプ村 えびの高原キャンプ村 '16. 温泉やケビンがあり、登山のベースとしても使いやすい。 韓国岳登山のベースキャンプ場として利用しました。 5月の九州でしたが、標高1200mmの高地だけあって 肌寒かったです。 施設は全体的にきれいで、管理が行き届いていました。 ケビンはフローリングでなく畳で 意外でしたが、温泉や毛布の貸し出しも有り、気軽に利用できるキャンプ場だと思います。 当日は高校生? らしい子供たちが利用していて、林間学校等でもよく使われそうな雰囲気のキャンプ場でした。 キャンプの詳細はをご覧ください。 キャンプ場の写真紹介はこちらでご覧ください。 2016. 4記 キャンプ前後の山ある記.

次の