オーバー ブロット。 【ツイステ】ぶん殴れ! オーバーブロット化ジャミル大攻略【ディズニーツイステッドワンダーランド】

【アプリゲーム】ツイステッドワンダーランド(ネタバレ注意!) オーバーブロットについて。

オーバー ブロット

| | |今年のハーツラビュル寮の新入生は 騒がしいし、特徴的な者が多かった。 今回は何を言っても澄ました顔をしている夢主の顔を崩れさせるエースのお話です。 不謹慎なタイトルですがよろしくお願い致します。 エースくんとリドルくんとリリアさんとシルバーさん 多い 推しです。 まだ最推しは決まっていませんが多分エースです。 次からは注意点です 1 監督生は男装している女性設定です。 2 "監督生"が名前で呼ばれることはまずありません。 名前は"ユウ"ゲーム固定と同じものとします 3 名前はカタカナ推奨です。 4 夢主がエースに対して冷たいです 5 対してエースも夢主に少しいじわるです ここからは私からのお願いです。 近頃、新作を投稿するとわざと低評価にする方が いますがわざとはやめていただきたいです。 TwitterにてDMでアンチらしき人から「低評価にしてやる」などとくるので明確です 今回もよろしくお願い致します。

次の

【アプリゲーム】ツイステッドワンダーランド(ネタバレ注意!) オーバーブロットについて。

オーバー ブロット

七惑星の対応表なので古いしどこかズレがあるはずなのであまりあてにしてはいけない。 ) 七つの大罪とは、人を罪に導く可能性のある感情のこと。 なので、各寮長のオーバーブロットの元になる感情と七つの大罪がリンクしているのではないかという話。 ハーツラビュル寮はリドルの怒り(憤怒)が起因となったし、サバナクロー寮のレオナはこれまでの怠惰が起因になっている。 (レオナの場合羨望(嫉妬)もあるのかもしれないけど、彼のメランコリーというか感情に向き合うことすらしようとしない怠惰、希望を奪うことなのかなとか) オクタヴィネル寮は強欲(契約書とか対価を支払えば云々)だけど、嫉妬に対応する架空動物にマーメイドがいるから嫉妬(羨望)もあり得るのかも。 そうなるとサバナクロー寮のライオンが傲慢の対応動物にいるからなんとも言えない。 ポムフィオーレ寮は傲慢(高慢)。 『白雪姫』の女王を狂わせた原因の方から考えると嫉妬の方でもいけそうなんだけど、虚飾でもおかしくはない。 無駄な誇り、というかgloriaさえ否定的な自慢という意味で使われたことがあると考えると、玉座に座った女王は、みたいな話になりそう。 そうなると虚飾は傲慢に含まれたので傲慢なのかな。 単に高慢な女王というイメージもあるよね。 傲慢は人を劣化させるわけだし。 イグニハイド寮は色欲。 『ヘラクレス』はギリシア神話が元だとして。 色欲というのは命(望まれない子どもを産むこと)や尊厳の話も含まれるので、イデア氏がオルト君を創造しちゃってるっぽいのと、ハデスの生まれ(子(ハデス)の能力を恐れた父(クロノス)に飲み込まれる)を考えてもありえなくはないのでは。 しかし、暴食でもありといえばあり。 何かを食べることは何かの生を奪うことなので、冥府の話に繋がるような気がしなくもない。 スカラビア寮とディアソムニア寮が残るのだけど、よくわからない。 今のところ何か罪を当て嵌めようにも想像が追いつかないといった感じだけど、余ったのが暴食と嫉妬。 スカラビア寮で暴食のイメージがつかないよね。 上記でも述べているように暴食は何かを食べることは何かの生を奪うことだし、大罪の中でももっとも罪が重いとも言われている。 暴食に対応する悪魔であるベルゼブブは時にルシファーと混合されるので、不穏すぎる。 単純に考えると、対応する美徳が「節制」なので派手にするなということなんだろうけど。 そう考えるとディアソムニア寮が暴食かな。 元ネタを考えると。 バジーレの『太陽と月とターリア』なら、ペロー、グリム版と異なり魔法使いが呪いをかけるのではなく、占い師の予言。 なので、王妃か王か。 王妃なら嫉妬、王なら色欲なんだろうけど。 ペロー、グリム版から考えると呪いをかけたのは、招待されなかった報復。 憤怒もあてはまりそうだし、嫉妬でもよさそうな。 スカラビア寮が想像つかない。 『アラジンと魔法のランプ』内では、悪い魔法使いという言及は少なかった印象がある。 無理やり考えても強欲?.

次の

[ツイステ]チュートリアルバトルをもう一度プレイする方法

オーバー ブロット

グリムの元ネタは? グリムの見た目は 狸のような猫のようなモンスター。 しかし本人いわく狸でも猫でもないそうです。 魔法石の首輪は学園長が与えたものですが、 白と黒のボーダーのリボンは 最初から身に着けていました。 第一印象ではそのリボンから、 『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』の ジャックが元ネタかと思いましたが…… ナイトレイブンカレッジの制服のネクタイも 同じく白と黒のボーダーなので、 ナイトレイブンカレッジに憧れて グリムが身に着けていただけという可能性が高そうです。 グリムいわくチャームポイントは耳の炎。 グリムの耳にある青い炎は イデアの元ネタになっているハデスと同じです。 しかしすでにイデアとオルトがいるのに グリムまでハデスが元ネタとは考えづらく、 他に『ヘラクレス』で該当しそうなキャラクターもいません。 ツイステッドワンダーランドでは 動物が元ネタになっているキャラクターもいます。 スカーが元ネタのレオナや チェシャ猫が元ネタのチェーニャなど、 魔法が使える設定のキャラクターは擬人化されてます。 動物のままで出てくるキャラクターは トレイン先生が飼っている猫のルチウスで 今のところルチウスが魔法を使えるという描写は見当たりません。 しかしグリムは魔法が使えるにもかかわらずモンスターの姿です。 ということは他のキャラクターの元ネタとは 何か異なる点があるはず。 別記事で私は監督生の元ネタは アリスではないかと考察しています。 動物が元ネタになっている他のキャラクターとの違いは 「ヴィランズサイドのキャラクターではない」という点。 魔法は使えるけれど迎えの馬車が来なかったのは 単純に魔力が足りていない可能性もありますが、 ヴィランズ側ではないので入学資格がないとの判断かもしれません。 まぁグリムの言動は どちらかと言うとヴィランズ寄りですが……。 また、ナイトレイブンカレッジの生徒は 死者ではないかと考えています。 ダイナは死者ではないので やはりナイトレイブンカレッジの入学資格はありません。 見た目はダイナよりも 『ピノキオ』のフィガロの方が近いかと思いましたが、 実はダイナはフィガロを下書きにしたと言われています。 監督生=アリスが当たっていれば 監督生とセット扱いになるのも 元ネタがダイナなら頷けます。 他に元ネタの可能性がありそうなのは 『アナと雪の女王』のオラフ。 4章でグリムは親のことは覚えておらず、 寒いところで誰かが迎えに来るのを待っていたと話しています。 エルサの魔法で作られたオラフには親がおらず、 寒い雪山で抱きしめてくれる人を待っていました。 他のキャラクターとの違いは 「ヴィランズサイドではない」 「死者ではない」という点に加えて 「魔力で生み出された存在」だという点。 また、オラフは劇中で 「真実の愛」について語っていました。 マレウスの元ネタとなったマレフィセントは 実写映画『マレフィセント』で 「真実の愛のキス」によってオーロラ姫を目覚めさせています。 ツイステッドワンダーランドでも 重要なキャラクターとなりそうなマレウス(マレフィセント)と 「真実の愛」という共通項を持つオラフが グリムの元ネタという可能性もあるのではないでしょうか。 グリムは闇堕ちする? ツイステッドワンダーランドでは 寮長たちが次々とオーバーブロットしています。 その際に残されているのが黒い石。 グリムはその黒い石を美味しいと言って 毎回食べてしまいます。 オーバーブロットによって 生み出されたと思われる黒い石を 食べ続けるとどうなってしまうのか…… その結果がチュートリアルで登場した 倒せない黒い獣の姿ではないでしょうか。 チュートリアルでは グリムとよく似た獣と戦うシーンがありました。 黒い石=オーバーブロットした者の負の感情で、 それを食べ続けていたグリムの中には いろいろな人の負の感情が蓄積していき 最後にはオーバーブロットしてしまうのではないでしょうか。 ツイステッドワンダーランド関連記事一覧 アイテム関連• ストーリー関連• カード・育成・バトル関連• 授業・試験関連• イベント関連• 世界観・キャラクターなど• グッズ関連•

次の