あの丘越えて 歌詞。 丘を越えて

丘を越えて 歌詞の意味 昭和初期の歌謡曲

あの丘越えて 歌詞

歌碑(浅間牧場) 元は、古賀政男が「 ピクニック」というタイトルでの合奏曲として作曲したもので 、この曲にのが詞をつけた歌が「 丘を越えて」である。 島田芳文は、の浅間の風景を描いて詞を書き上げた。 浅間牧場には「丘を越えて」のもある。 「ピクニック」は、の名所として知られた(現:)のとの自然風景に着想を得て作曲されたもので 、2019年5月25日にが川崎市との間で延伸された際には、稲田堤の上河原取水口(多摩区布田)に「ピクニック橋」が開通している。 古賀政男がマンドリン倶楽部の後輩と稲田堤へに行った際、満開に咲き誇る桜を背に酒を酌み交わし、下宿に戻ると学帽についた一枚の桜の花びらにふと気がついた。 これを見て二度と帰らぬ若さと青春がいとおしくなった。 そのとき浮かんだメロディーを愛用のを取り弾いてみた。 面白いようにメロディーが次から次へと浮かんだ。 この曲にちなみ、の店「菓聖はしば」ではとして「丘を越えて」が販売されている。 なお同店では多摩区の内にあるにちなむ「TAROの夢」も取り扱っている。 また、の「」の「丘を越えてルート」(・ルート)は、古賀政男が自邸を構えた渋谷区上原のを経由することから命名された。 詳細は「」を参照 音源 [ ] オリジナル [ ] 歌唱を担当した藤山一郎は、豊かな声量と正確無比な確実な歌唱で、古賀政男の青春を高らかに歌い上げている。 上述のとおり元はマンドリン合奏曲として作曲された曲であるため、のマンドリンによる前奏が長く、さらに間奏は新たなの後に再び前奏を繰り返すので、伴奏の演奏だけの時間より藤山一郎が歌っている時間の方が短い。 また ステレオ録音版 [ ]ではさらに伴奏が長くなっている。 カバー [ ]• 、が本曲をしている(『』に収録)。 、「」ので藤山のオリジナルが使われていた。 CMの一部では前奏のみもある。 、『』としてがカバーした。 、トヨタ自動車の代表車種「」、「」のとして、以下のアーティストによるカバーバージョンが使用されている。 フィールダー、アクシオ)、• (フィールダーのみ)• (フィールダーのみ)• (フィールダーのみ)• (フィールダーのみ)• (フィールダーのみ)• (フィールダーのみ)• (フィールダー、アクシオ)• (アクシオのみ) なお、がに「」という曲をリリースしているが、タイトルが同じだけの全く別の楽曲である。 脚注 [ ] []• 信州Style、2019年11月21日閲覧。 川崎市公式サイト、2010年6月1日、2019年11月21日閲覧。 稲田堤駅~読売ランド前駅の「多摩自然遊歩道」が「昭和初期の流行歌『丘を越えて』の舞台となった多摩丘陵の豊かな自然が観察できる」と紹介されている。 、2019年5月18日、2019年11月21日閲覧。 稲城市公式サイト、2019年5月30日更新、2019年11月21日閲覧。 川崎市観光情報発信サイト「川崎日和り」川崎市観光協会、2019年11月21日閲覧。 「多摩区みどころガイド」川崎市多摩区観光協会、2019年11月21日閲覧。 2009年7月10日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年7月30日閲覧。 2009年7月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年7月30日閲覧。 「多摩区みどころガイド」川崎市多摩区観光協会、2019年11月21日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

ピクニック 丘を越え行こうよ 歌詞とルーツ

あの丘越えて 歌詞

解説 製作は「飛び出した若旦那」の山口松三郎で、雑誌「キング」所載の菊田一夫の原作から、同じく「飛び出した若旦那」の瑞穂春海が脚色、監督に当り、「麦秋」の厚田雄春が撮影を受持っている。 出演者は「ひばりの子守唄」の美空ひばり、「飛び出した若旦那」の鶴田浩二、「麦秋」の井川邦子のほかに森川まさみ、河村黎吉、飯田蝶子、坂本武、堺駿二などである。 1951年製作/83分/日本 配給:松竹 ストーリー 白濱研一郎は妻に死なれたとき、娘萬里子を婆やのあやにあずけた。 萬里子は山の牧場ですくすくと大きくなって今年十三歳になったが、その間父研一郎は朝子を妻に迎え、事業も成功したので、萬里子を東京へ呼び戻すことになった。 萬里子は婆やや馴染深い牧場の馬たちに悲しい別れをつげ、自分の家庭教師となるという大助に迎えられて初めて父の家へ帰った。 朝子は実子にも及ばぬほど萬里子を可愛がってくれるので、野育ちの乱暴な動作や田舎言葉を学校で笑われながらも幸福であった。 それに大好きな大助が色々と相手をして教えてくれるので次第に都会の少女らしく美しくなった。 朝子の父伍平は、萬里子を朝子の実子と思い込んで、頑固一徹な彼も無邪気な萬里子を次第に愛するようになっていた。 しかし世の中はままならず、その頃から研一郎の事業が思わしくなくなりはじめた。 伍平にその援助を頼んでいる折しも、里子の誕生日で、大助のすすめで萬里子が亡き母の作曲した歌を歌ったことから、萬里子が朝子の実子でないことが伍平に知れ、彼をいどくおこらせた。 萬里子は自分のために家が苦境におちたことを知ってひとり山へかえった。 それは偶然あやの臨終に間に合った。 一時の怒りで人々を傷つけたことを後悔し、やはり萬里子を可愛く思う伍平の提案で、みんなそろって萬里子を山へ迎えに来たのだった。

次の

あの丘越えて

あの丘越えて 歌詞

歌碑(浅間牧場) 元は、古賀政男が「 ピクニック」というタイトルでの合奏曲として作曲したもので 、この曲にのが詞をつけた歌が「 丘を越えて」である。 島田芳文は、の浅間の風景を描いて詞を書き上げた。 浅間牧場には「丘を越えて」のもある。 「ピクニック」は、の名所として知られた(現:)のとの自然風景に着想を得て作曲されたもので 、2019年5月25日にが川崎市との間で延伸された際には、稲田堤の上河原取水口(多摩区布田)に「ピクニック橋」が開通している。 古賀政男がマンドリン倶楽部の後輩と稲田堤へに行った際、満開に咲き誇る桜を背に酒を酌み交わし、下宿に戻ると学帽についた一枚の桜の花びらにふと気がついた。 これを見て二度と帰らぬ若さと青春がいとおしくなった。 そのとき浮かんだメロディーを愛用のを取り弾いてみた。 面白いようにメロディーが次から次へと浮かんだ。 この曲にちなみ、の店「菓聖はしば」ではとして「丘を越えて」が販売されている。 なお同店では多摩区の内にあるにちなむ「TAROの夢」も取り扱っている。 また、の「」の「丘を越えてルート」(・ルート)は、古賀政男が自邸を構えた渋谷区上原のを経由することから命名された。 詳細は「」を参照 音源 [ ] オリジナル [ ] 歌唱を担当した藤山一郎は、豊かな声量と正確無比な確実な歌唱で、古賀政男の青春を高らかに歌い上げている。 上述のとおり元はマンドリン合奏曲として作曲された曲であるため、のマンドリンによる前奏が長く、さらに間奏は新たなの後に再び前奏を繰り返すので、伴奏の演奏だけの時間より藤山一郎が歌っている時間の方が短い。 また ステレオ録音版 [ ]ではさらに伴奏が長くなっている。 カバー [ ]• 、が本曲をしている(『』に収録)。 、「」ので藤山のオリジナルが使われていた。 CMの一部では前奏のみもある。 、『』としてがカバーした。 、トヨタ自動車の代表車種「」、「」のとして、以下のアーティストによるカバーバージョンが使用されている。 フィールダー、アクシオ)、• (フィールダーのみ)• (フィールダーのみ)• (フィールダーのみ)• (フィールダーのみ)• (フィールダーのみ)• (フィールダーのみ)• (フィールダー、アクシオ)• (アクシオのみ) なお、がに「」という曲をリリースしているが、タイトルが同じだけの全く別の楽曲である。 脚注 [ ] []• 信州Style、2019年11月21日閲覧。 川崎市公式サイト、2010年6月1日、2019年11月21日閲覧。 稲田堤駅~読売ランド前駅の「多摩自然遊歩道」が「昭和初期の流行歌『丘を越えて』の舞台となった多摩丘陵の豊かな自然が観察できる」と紹介されている。 、2019年5月18日、2019年11月21日閲覧。 稲城市公式サイト、2019年5月30日更新、2019年11月21日閲覧。 川崎市観光情報発信サイト「川崎日和り」川崎市観光協会、2019年11月21日閲覧。 「多摩区みどころガイド」川崎市多摩区観光協会、2019年11月21日閲覧。 2009年7月10日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年7月30日閲覧。 2009年7月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年7月30日閲覧。 「多摩区みどころガイド」川崎市多摩区観光協会、2019年11月21日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の