ほっともっと チキンバスケット 100円引き。 お弁当 メニューを見る

ほっともっとの人気3大弁当が100円引き 9日から15日までの期間限定

ほっともっと チキンバスケット 100円引き

かに アレルギーについて• 商品ごとのアレルギー情報は、各商品の画像を選択することで詳細画面が開きますので、そちらでご確認いただけます。 表示している「アレルギー物質」の項目は、食品衛生法にて表示が義務付けられている7品目(卵・乳・小麦・落花生・そば・えび・かに)について表示しております。 特定のアレルギー物質を除いて商品検索をする場合、「アレルギー物質で絞り込む」画面で除外する物質にチェックを入れてご確認ください。 本来その商品に使用しない食材が調理時に付着、混入する可能性があり、絶対的なものではありません。 あらかじめご了承ください。 週替わり、日替わり商品においては、アレルギー物質に関する絞込みができない場合があります。 各商品画面で説明をご覧下さい。 このアレルギー表示は詳細に原材料調査を行った理論上のものです。 商品内容の変更に伴い、情報は随時更新されます。 ご注意ください。 ・ライス小盛りは20円引きです。 ・もち麦ごはん 大 の変更は80円増しです。 ・もち麦ごはん 中 の変更は30円増しです。 ・もち麦ごはん 小 の変更は10円増しです。

次の

ほっともっとが「ハッピーアワー」導入! おかず16種が安くなるよ~ : 東京バーゲンマニア

ほっともっと チキンバスケット 100円引き

【 本記事のターゲット 】• ほっともっとのお弁当が気になる• 子供も大好きからあげ弁当がほしい• チキンバスケットはお得? 今回はお弁当屋さん「ほっともっと」の唐揚げについて、単品や弁当・チキンバスケットでの唐揚げの量や金額などの違いをご紹介したいと思います。 どちらの店舗もおそらく一番人気はやはり「唐揚げ弁当」かなと。 ほっともっとの唐揚げを安く沢山購入したい、チキンバスケットが気になるという方は本記事を参考にしてみて下さいね。 TIPS:「ほっともっと」と「ほか弁」の違い&店舗数 「ほっともっと」と「ほか弁」は元々は一緒 今回ご紹介するのは「ほっともっと」の唐揚げに関してですが、前置きとして簡単に「ほっともっと」と「ほか弁」の違いをご紹介。 おそらく混乱している人って結構多いと思うので... もともと「ほっともっと」と「ほか弁」は一緒でした。 ほか弁の九州・山口・東日本地区を運営していた「プレナス」と大元の「ほっかほっか亭総本部(ハースクレイ)」との商標権の対立から、プレナスが2008年(平成20年)2月6日に、同年5月14日をもってほっかほっか亭から離脱することを発表します。 その後プレナスは新たなブランド名として「ほっともっと」と命名し、同年5月15日よりほっともっととしての店舗運営を開始しました。 10年前まで「ほっともっと」ってなかったですよね?急激に店舗が増えた感じがありますが、これは元々「ほか弁」として展開している店舗の半数以上がそのまま「ほっともっと」になったという経緯があったからという事ですね。 ほっともっとの店舗数が業界1位 上記理由から店舗数が急激に増えて展開が始まった「ほっともっと」、当時「ほか弁」として3,294店あった店舗のうちの2,028店が「ほっともっと」となりました。 逆にほか弁は2008年(平成20年)5月15日時点での店舗数は1,363店となり、「本家かまどや」は約2,300店を展開している状況です。 なので順位で並べると下記となります。 1位:ほっともっと 2706店(2018年1月時点)• 2位:かまどや 2300店(時期不明、Wikipedia参考)• チキンバスケット・唐揚げ弁当・単品どれがお得? ほっともっとの唐揚げは最近リニューアル それではここからはほっともっとの唐揚げに関して諸々ご紹介していきたいと思います。 mog自身、もともとほか弁で働いていた事もあり、学生時代から15年以上に渡ってほか弁、今はほっともっとを頻繁に利用させていただいております。 2018年1月18日にほっともっとのからあげがリニューアルされ、今まで「からあげ」と「塩からあげ」といった形で2種類提供されていたものが一つに統合されました。 また提供される唐揚げの個数も変更となっていますよ。 ほっともっとの唐揚げメニュー価格一覧 現在ほっともっとの唐揚げメニューとしては下記になります。 4個入り、6個入りのお弁当と10個入っているチキンバスケットの3種類になります。 お弁当だけではなく、1個70円から単品としてからあげを購入する事も可能となっています。 以前よりメニューは減ったのですが、それでもどれを注文したらいいのか迷いますね。 どれがお得?それぞれのメニューの唐揚げ単価比較検証レポ 複数種類が提供されている場合、気になるのが「どれが一番お得なんだろう?」という事だと思います。 下記からあげに特化した形で、それぞれからあげ1個あたりいくらで提供されているのか計算してみました。 唐揚げ単品:1個あたり70円• 唐揚げ弁当4個入りおかずのみ:290円、1個あたり72. 唐揚げ弁当6個入りおかずのみ:390円、1個あたり65円• チキンバスケット10個入り:590円、1個あたり59円 という事で、当然といえば当然なのですが、チキンバスケットが一番安いという結果になりました。 お弁当に関しては容器代&サラダがちょっと付いているので、一概に高いとは言えないですが、この結果を見る限りだとmogなら6個入りの唐揚げを購入したくなりますね。 右側になります。 思った以上に小さいというのが第一印象。 まぁご飯等何も入っていない唐揚げのみの状況ですからね。 実際に箱を開けると下記のような感じ。 以前は塩とレモン汁が付いていたのですが、リニューアルしてからはからあげスパイス(主に塩)のみに変更となっているようです。 そして4歳にしてすでにレモン汁をかけて唐揚げを食べるというこだわりっぷり。 今回唐揚げスパイスのみになってしまったので、家にあったレモン汁をかけてパクリ... 唐揚げ2個じゃ足らないとmog分の唐揚げまで食べ始める娘... 4人家族にチキンバスケット1つ... じゃちょっと足らないみたいです。 最後に 今回はほっともっとの唐揚げに関して詳しくご紹介しました。

次の

ほっともっとが「ハッピーアワー」導入! おかず16種が安くなるよ~ : 東京バーゲンマニア

ほっともっと チキンバスケット 100円引き

【 本記事のターゲット 】• ほっともっとでお弁当を買う機会が多い• がっつり食べたいのでご飯を大盛りにしたい、量が多いのでご飯を少なめにしたい• ご飯の小・大のそれぞれのグラム数や価格を知りたい 今回はお弁当屋さんの「ほっともっと」に関して、お弁当や丼に関してご飯の大盛り・小盛りに変更可能かどうか、それぞれの量や価格を調査してみたいと思います。 mog自身... その頃から、ご飯の大盛りや小盛りがあるのは知っていたのですが... 当時は容器にご飯を入れた状態ではかりに乗せて目視で見ていました。 直近ではほっともっとを利用する事が多く、そう言えばご飯の大盛り小盛りって出来るのかどうか、それぞれの量ってどのくらいか疑問に思ったので、今回実際に調べてみる事に。 ほっともっとのご飯の量に関して、詳しく知りたいという方は本記事を参照にしてみて下さいね。 ほっともっとのご飯大は50円増・小は20円引き ほっともっとのお弁当には大きく分けてセパレート型と丼型がある まずほっともっとの前提となるお弁当の種類を確認しておきましょう。 幕の内弁当やおかずのみ、サイドメニューといった特殊なメニューを除けば、基本「セパレート型」と「丼型」の2種類に分かれます。 ご飯とおかずが別々になっている容器と、カツ丼のように丼容器に一つとして入っているパターンがありますよね。 ここは先ほどのメニューに記載されていましたよね。 拡大してみてみると... ライス大:50円増し• ライス小:20円引き と記載されています。 ご飯が実際どのくらい増えるのかどうか?という部分に関しては後ほど。 セパレート型だけじゃなく、丼・重・カレーも大盛り変更可能 ではセパレート型以外、例えばカツ丼などの丼系もご飯の量は変更できるのかどうか... こちらもちゃんとメニュー表に記載されていましたが、上記ちょっと見にくいですが注意書きのところに下記記載がされていました。 丼、重、カレーなどワンプレートのお弁当は50円増しでライスを大盛に変更できます。 という事で、丼系でも50円増しで大盛りは可能となっています。 ちなみに、先日丁度ロースカツ丼を大盛りで注文してみましたので、下記写真を撮影してみました。 一応店によっては料金はそのままでご飯を少なくしてくれるところはあるそうです。 あと、注意書きに記載されていましたが、「幕の内弁当」などはごはん大盛り変更出来ないようなので、その点注意しておきましょう。 ほっともっとのご飯の量・グラム数は?大・中・小それぞれ調査 ライス単品の場合それぞれどのくらいのグラム数が入っているのか調査 ではライスの量の変更が可能という事が分かったので、実際にどのくらい量が多くなるのか・グラム数はいくらなのかを見ていきましょう。 とは言っても、ご飯の量を具体的に記述している箇所がなく... チラシやパンフレットにも記載はされていませんでした。 そこで、口コミや元従業員という人の書き込みなどを調査した結果、おそらく下記が現時点で一番近いんじゃないかと。 普通:260g• 大盛り:360g• 小盛り:180g 丼(かつ丼・親子丼)なども普通が260gという事なので、大盛り小盛りも同じ量となります。 が、最近は歳のせいか、ここまでがっつり頼むと流石に食べきれない&若干気持ち悪くなるという事態も... カロリーからグラム数算出、容器を省いた純粋なご飯のグラム数と価格 さて、一応口コミの情報は上記なのですが... 多分容器の量なども含まれているんじゃ無いか?という事で、純粋なグラム数って何とか算出出来ないか... と思い、再度色々調査しました。 そう言えばほっともっとのメニューにはカロリー数が記載されていたなぁと思い、ライスのカロリーを見てみる事に。 上記の通り• ライス小(120円):272kcal(普通より-106kcal)• ライス中(140円):378kcal• セパレートは上記内容と一緒だと思いますが、丼はどうなんだろと同じようにカロリー数を調査した所... ロースカツ丼ライス普通盛:885kcal• という事は、上記のライス大盛りがそのまま丼にも適応されているという事になりますよね。 そして、このカロリーからご飯のグラム数を算出できるのでは?と思ったので早速計算。 文部科学省の「日本食品標準成分表(五訂増補)」に記載されている内容をみると、• 精米(精白米)のご飯で100グラム当たり:168kcal という事で、ご飯は100g換算で168kcalのカロリーとなるようです。 それを先ほどのライスのカロリーに当てはめてみると... ライス小(120円):272kcal = 162g(中と比べて-63g)• ライス中(140円):378kcal = 225g• 先ほどの「ライス中:260g」といった値はやっぱり容器の重さも入っているのかな... 容器には入れずにカロリーのみをベースとして算出すると上記のようなグラム数となっています。 1合が340gと言われているので、ライス大は大体1合分のご飯量が入っていると考えれば大丈夫ですね。 グラム単位で価格を算出すると、小の場合で0. まぁ特に気にする内容でもないとは思いますが、ほっともっとのご飯の量で疑問に思った際は、本記事を参考にしていただければ幸いです。

次の