山形 学院。 済生館 高等看護学院 山形市立病院済生館

山形)山形学院、初戦で敗退 春季東北大会、山形で開幕

山形 学院

1932年に精華女学校、1948年に山形精華高等学校、1970年に山形女子学院高等学校となり、1973年に現校名へ。 翌1974年に女子校から男女共学化となり、今年で創立100周年を迎える。 主なOBには脚本家・俳優の伊藤マサミさんがいる。 「甲子園出場」を目標に、1周1キロの外周10周・5秒に1スイングの1時間スイングなど、多彩なメニューで日々練習に励んでいる。 現チームは捕手の黒田 凌太郎キャプテンの下、「自分たちで心得を作り徹底してして何事にも臨む」徹底力を誓ってスタートした。 には2対5で惜敗。 代表決定戦でと対戦し2対3で敗れるも、2次予選を勝ち上がって県大会出場。 県大会でも2勝をあげてベスト8入りを果たした。 その中で、黒田キャプテンは東北大会に出場した戦を思い出として語る。 特に2試合目の代表決定戦は「9回表に逆転したのに、その裏に再逆転でサヨナラ負けしてしまった」と悔しさを露わにした。 ただ、この敗戦は躍進への契機にもなった。 「チームのことについて全員で話し合い、意識が上がった」(黒田キャプテン)。 これがベスト8への道筋を開く一因となった。 1年生エースの大場 勇飛は粘り強い投球でチームにリズムを作った。 そして春に向け、黒田キャプテンは大場投手に大きな期待を寄せている。 「冬のトレーニングで鍛えて、力強い投手になってほしい」と話している。 生年月日:1971年12月17日• 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち• 幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。 ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。 その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。 亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。 07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。 小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。 その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。 『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。 さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。 また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。

次の

山形)山形学院、初戦で敗退 春季東北大会、山形で開幕

山形 学院

県野球場での開会式には、各県大会上位3校の出場校全18校が参加。 鶴岡東(山形1位)の平山雄介主将が「感謝の気持ちを忘れず、高校生らしいはつらつとしたプレーで、最後まで諦めることなく全力で戦います」と選手宣誓した。 7日は両球場で2回戦6試合が予定され、鶴岡東は盛岡大付(岩手3位)と、日大山形(山形2位)は弘前学院聖愛(青森2位)と対戦する。 諦めない 意地の一発 露久保主将 初戦で姿を消した山形学院。 滝公男監督は「完全な力負け」と振り返ったが、露久保(つゆくぼ)拓也主将(3年)が自らの一振りで意地を見せた。 6点を追う六回表、無死二塁の場面。 打席に立った露久保主将は、追い込まれた後の5球目、内角を突く直球に「体が自然に反応した」。 腰をひねりながらバットを振り抜くと、鋭い打球が左翼席に飛び込んだ。 高校生になってから初めてという本塁打で、沈んでいたベンチにも笑顔が戻った。 この回の攻撃前、ベンチで試合経過を記したノートに目を通し、気持ちを入れ直した。 「大場を援護しないと。 県大会で学んだのは『最後まで諦めなければ何かが起こる』ということだ」 5月の県大会では、エースの大場勇飛投手(3年)が全5試合で完投。 粘りの投球が終盤の逆転劇を何度も呼び込み、チームは初の東北大会への切符をつかんだ。 しかしこの日は後が続かず、反撃はここまで。 直後の守備で集中打を浴び、さらに点差を広げられ、コールド負けに終わった。 「夏は大場の力だけでは勝ち抜けない。 野手がもっとエースを支えてやらないと」と露久保主将。 打撃も守備も鍛え直し、再び球場に戻ってくるつもりだ。 (西田理人).

次の

済生館 高等看護学院 山形市立病院済生館

山形 学院

山形学院高校は、山形県山形市にある、2学期制をとっているプロテスタント系の男女共学の私立高校です。 カリキュラムは「総合普通科」「情報創造科」「食物調理科」の三つに分かれています。 1年次には基礎課程として弱点の克服と基礎学力を身に着けることを主眼に置いた指導がされていて、2、3年次には進路に合わせて学力を高めるための指導が行われています。 「食物調理科「では和食や洋食などだけでなく、給食やパーティー料理なども学ぶことが可能で卒業時には調理師免許を得ることができます。 部活動においては、バスケットボール部やバドミントン部などの体育会系クラブが14、フードデザインクラブや茶道部などの文科系クラブが14、活動しています。 今、話題になっている新型コロナウイルスに対して総理から、全国の小中高に、休校を要請されて1日後、公立高校、山形市周辺の私立高校は春休みまでの休校をするのに、学院高校だけは休校をしない。 先生に話を聞いても、東北に感染者がいないからそこまでの対応はしなくてもいいだの、県に感染者が出るまで休校はしないような気がします。 出てからでは遅いと思うのですが、学院の職員達は本当に生徒達の事を思っての判断なのでしょうか?職員には年齢が高い人が多く、コロナウイルスをインフルインザなどと勘違いしているのではないでしょうか?学年の先生に[他の高校は休みなのに学院はなぜ、休校じゃないのですか?]と聞いても、俺が決めたわけじゃないなど、無責任でした。 感染者が出てからじゃ遅いと思います。 生徒達はただでさえ不安なのに、連絡が行き届いてない先生を見ているともっと不安になります。 なので山形学院のコロナウイルスへの対応を見直して欲しいと思いました。 一番いいところは通いやすさ。 1年を通して思ったことはまず、朝の礼拝が少し面倒。 キリスト教の授業も面倒。 先生に関しては比較的良い先生は多いと思う。 先生が原因で学校が嫌になるくらいの悪い先生はいない。 ただ何となくこの先生とあの先生は仲が悪いんだなって思う時がある。 あと度々、私立特有のお金を儲けたい欲が伝わってくるのがマイナス。 校舎も綺麗でイベントも楽しいので漫画みたいな楽しい高校生活が送れるかもしれないが、人数が多い所謂マンモス校なため面倒な人間関係も比例して多い。 それが一番の悪いところ。 さらに偏差値も大して高くないためバ. カ人が多い。 その分くだらないことで悪化する人間関係が多くて嫌になる。 拗れた人間関係が多いと感じるので満足よりも不満が多いのが現状です。

次の