ガーミン 245 ミュージック。 使い方のまとめ GARMIN ForeAthlete 245 Music PCまなぶ

(ガーミン)ForeAthlete245の使い方や使い心地を前作と比較しながらレビューするよ!

ガーミン 245 ミュージック

ForeAthleteをもう一度使いたい…!と願っていた矢先、新モデルの「ForeAthlete 245」が登場しました! 235Jとどう違うの?って比べながら、今回は音楽機能がついた「ForeAthlete 245 Music」を使って、またまたランニングに行ってきます! ライター:あんまん• ランニングウォッチ「ForeAthlete 245 Music」• 控えめさを持ち合わせた「ForeAthlete 245 Music」• 前モデルの235J。 スポーツ感が漂う• 女性でも大きすぎないフェイスだ!(直径30. 4mm)• 235Jはフェイスが大きいので、男性に似合う印象だった(直径31. 1mm) ガーミンの「ForeAthleteシリーズ」は、ランニングに役立つ機能が搭載したランニングウォッチ。 新しく「ForeAthlete 245」と「ForeAthlete 245 Music」の2種類が登場しましたが、今回は音楽機能がついた「ForeAthlete 245 Music」を使います。 「ForeAthlete 245」は音楽機能がないモデルですが、性能や見た目は同じなので合わせてご覧ください! 前モデルの「」と比べて、洗練された雰囲気になりました。 235Jは画面ドーン!さあ、ランニングするぜ〜!みたいなスポーツ感がありましたが、245は一言で言うと「大人っぽくなりましたな!」 装着してみると、235Jは画面が大きいので女性だと少し大きいなって印象でしたが、245は少し小さくなり、画面もちょうどいい大きさ! 小さくなっても、見やすさは変わりません。 機能面では上位モデルに搭載しているランニング機能が追加されたらしい。 これまでレポートした「」に搭載の「ストレスチェック」や、「」に搭載の「Body Battery」なども、追加されたので早く使ってみたいぞ。 レポートを見ながら、ひそかに憧れてたのだ〜! 駆動時間が大幅にパワーアップ!• 約2時間で充電が完了!• そういえば235Jを使っていて、ああもうちょっと…!って思ったことがありました。 それは、駆動時間! 1回ランニングすると、結構電池を食ってたんですよね…。 235Jのバッテリー持続時間は11時間(GPS使用時)に対し、245はなんと 22時間になりました!(音楽使用時は最大6時間) 華麗なるパワーアップ!倍ですよ倍! 長時間のランニングでもへっちゃらですな。 しかも約2時間ほどでフル充電ですって、早っ! 充電は、背面にカチッとケーブルを挿して行います。 クリップ式の充電ケーブルだった235Jのようなしっかりホールドされている安心感はなくなりましたが、しっかり刺さっていて、当たっても外れることはありません。 筆者は1時間未満のランニングしかしませんが、再々充電せずにそのまま使いたい派なんです。 なんたって"充電を忘れる"のだ! 245ならランニングをした次の日でも、ガッツリ使えちゃうんですよね。 歩数はもちろん心拍数や、さらにお天気まで見れたりと、情報がギュッと詰まっていますね。 筆者の憧れだった「BodyBattery」と「ストレスレベル」! 「BodyBattery」は、起床してからどれだけの体力を使っているかを0〜100の値で表示します。 自分でもあまり体力の変化を感じずに過ごしていたので、ゆるやかに下降しているのが分かります。 体力が落ちてたら今日はお休みにしよ〜とか、仕事終わりにランニングするかの判断材料にしてました。 どれくらいのストレスを感じているかを数値するストレスレベルは、内面を見透かされているみたいで、ドキドキしますね。 今ストレス感じてる…!意外とストレス感じている?!とか、いろんな場面で答え合わせ的な遊び方をしても面白そうなので、ちょっとしたハプニング等のときに「ストレス高よ、来い!」って思って見ましたが、比較的安定してました。 そういえば本体からスマホの通知が見れるのですが、スマホをカバンの中に入れてても手元で確認できるのでわかりやすいんですよね。 お知らせのバイブレーションが強めなので、机に置いてると、ビックリしたことが多々ありましたが。 笑 VO2 Maxやトレーニング負荷をチェック!• VO2 Max上がりました!• トレーニングするには知っておきたい「VO2 Max」。 1分間に取り込める最大酸素摂取量のことで、この指標が高いほど持久力があり、運動のパフォーマンスが向上するんですよ。 脂肪燃焼に酸素が必要なので、自分のVO2 Maxを知るのも大切なことなんです。 屋外で10分以上のトレーニングを行うと計測されますよ。 ちなみに235Jを使っていた時は、39でした。 トレーニング負荷• アンプロダクティブ…• ふむふむ、18時間で回復だな• 予想タイムも表示 新しく追加された「トレーニング負荷」は、過去7日間に行ったトレーニングから算出されて、どれだけの負荷がかかっているかが分かります。 おお、ちょうどいいくらいに収まっているんかなと思いきや、トレーニングステータスは「アンプロダクティブ」。 負荷は最適なんだそうですが、体のコンディションが整ってないみたい。 あまり負荷をかけすぎるのもよくないですし、体のことを気遣ってあげられるのもよいですね。 他にも、身体が回復するまでどれくらいの時間を要するかが分かるリカバリータイムや、予想タイムも見れたりと、サポート機能が充実しているなぁと感じました。 ランニングに行ってきます• 結果は…• 有酸素の指数が高い!• 心拍ゾーン• ラップタイム。 だんだんタイムが… はぁ…はぁ…走りました…。 ランニングが終わると計測した結果が表示されて、距離やタイム、ペース、消費カロリーまでしっかり確認できるほか、どれくらいの心拍ゾーンで走っていたかも分かっちゃいます。 新しく追加された「トレーニング効果」では、5がMAXとして有酸素運動と無酸素運動がどれくらい行われていたのかが確認できます。 有酸素運動の指数が高いですね! 心拍ゾーンも圧倒的に心拍数が上がった状態で走ってるなぁ、など反省も含めつつ次に繋げられます。 ラップが増えるにつれ、ペースもどんどん落ちているし、それに伴い心拍数もガンガン高い。 はい、言わずもがな、なかなかバテてましたね…。 アプリ「Garmin Connect」• 設定するにはWi-Fiをつなげよう• ConnectIQをインストール• LINE MUSICを認証させて 前述でも申し上げましたが「ForeAthlete 245 Music」は音楽機能を搭載したモデルなんです。 本体に音楽を最大500曲も保存でき、Bluetoothイヤホンと繋いで聴けちゃうんですよ。 音楽の取り込みは 「Garmin Express」をインストールしたパソコンから、iTunesやポッドキャストなどで管理している音楽データを同期するか、サブスクの音楽もダウンロードして聴けちゃうんだとか。 今のところ対応は、Line Music・Spotify・AWAだけなので、今後Apple MusicやAmazon Musicも対応になればいいなぁ。 今回は"Line Music"の音楽を聴いてみましょうか。 設定時には本体側もWi-Fiを繋ぐ必要があります。 「」をインストールし、Line Musicの更新やダウンロードをして、Garmin Connectと接続します。 ガーミン「ForeAthlete」を改めて使うと、ランニングしたいなぁって気持ちが高まります。 245では235Jに無かったトレーニング効果や負荷、BodyBatteryとストレスレベルを確認できるようになったので、運動の強度や身体のことがより分かるようになりました。 トレーニング状況や身体の状態を把握することにより、無理のないトレーニングを続けやすくなります。 身体の状態をコントロールしながらランニングに励めるのも続けたいって気持ちにつながりますね。 結果ってただ走っているだけでは分かりづらいですが、トレーニング結果が見えることにより、モチベーションがグンッと上がりました。 結果が伴って嬉しかったのは、やはりVO2 Maxが向上したこと。 運動などやったことない人間が走り、1年後に向上した結果が分かったので、できる時にでもコツコツ続けていてよかった〜!って、思いました。 ぜひこの嬉しさを味わっていただきたいです。 音楽を聴きながらのトレーニングや、なるべく手ぶらで音楽を聴きたい方なら245 Music、音楽機能はいらないよって方なら245を選んで頂いたらと思います。 2019. 02 あんまん.

次の

【ガーミン245Music】音楽再生機能の付いたランニングウォッチを選んで大正解。音楽操作が驚くほど楽に!

ガーミン 245 ミュージック

CDからMP3形式にする CDからMP3形式にする方法をインターネットで調べました。 今でもiTunesが最善のようです。 早速ダウンロードしてインストールしました。 Windowsから入手する方法は、『』と『』の2種類あります。 Macは、最初からインストールされています。 バージョンも内容もほぼ同じなのでお好きな方でインストールしてください。 今回は、「Microsoft Store」からインストールしました。 取込形式をACCからMP3に変更する iTunesは、初期値でACC形式として取り込みます。 ACC形式には、GARMINも対応していますが、一般的なMP3で取り込みたいです。 好みもあると思いますが私は高音質が好みです。 MP3で192kbps程度が好きなので変更しました。 「OK」ボタンです。 CDマークをクリックして「読み込み」を選択します。 iTunesだと、ジャケット画像入手や歌詞の挿入もできますが、今回は割愛します。 Garmin Expressをインストールする Garmin Expressをインストールしていない方は、『』をインストールします。 Mac版は、この画像のすぐ下にあります。 同意をして「インストール」をクリックです。 「Garmin Expressを起動」をクリックです。 「始めましょう」をクリックします。 以下の画面が表示されましたら、パソコンとガーミンを付属のケーブルでつなぎます。 「デバイスの追加」をクリックします。 「サインイン」をクリックします。 メールとパスワードを入力して「サインイン」をクリックします。 「次へ」をタップします。 「次へ」をタップします。 「音楽」を選択します。 フォルダのアイコンをクリックします。 音楽ファイルは、Cドライブのユーザー名のミュージックの以下のところにあります。 上記を参考に設定します。 「アルバム」を選択してチェックをつけます。 「デバイスへの送信」をクリックします。 「OK」ボタンを押します。 音楽の再生方法 UPキーを長押しして、メニューページを表示します。 UPキーとDOWNキーを使って「音楽」に合わせて「START・STOP」キーを押します。 なぜか音楽プロバイダの中にあります。 「音楽プロバイダ」であることを確認して「START・STOP」ボタンです。 「DOWN」キーを使って「マイミュージック」を選択し、「START・STOP」ボタンです。 以上で再生することができました。 まとめ:音楽ファイルを簡単転送 今回の調査により音楽ファイルを簡単にガーミンへ転送できることがわかりました。 Windows関連記事• お問い合せ• ブログ更新履歴• ソーシャルリンク ランダム表示• タグクラウド カレンダー 2020年6月 月 火 水 木 金 土 日 28 29 30 カテゴリー• 399• 162• 2,374• 119• 101• 7 月間アーカイブ• 2 Amazon広告 楽天広告.

次の

GARMIN ForeAthlete 245 Musicで音楽を聴く(ファイル転送編) PCまなぶ

ガーミン 245 ミュージック

ガーミン 245 Music 使い方・基本情報&初期設定の流れ ガーミン245 Musicは GPS・光学心拍計 手首 、そして音楽を最大500曲を取り込むことができます。 もちろん防水機能もあるので、ラン・バイク・スイム 屋内 にも使えるハイスペックなGPSウォッチになっております。 カラーは、ブラック・ホワイト・アクアの3色と自分の好みに合った色が選べます。 付属品は、充電ケーブルとクイックマニュアルです。 ステッカーも入っていました。 ガーミン235の時には付属されていた替えベルトは、今回のガーミン245 Musicには入っていませんでした。 初期設定ですが、電源を入れると最初に、文字表記が出てきます。 「日本語」「English」の2択です。 英語の方がカッコよさそうですが、設定等をするには日本語の方がわかりやすいと思います。 あとは表示されるガイダンスに沿って選択またはGarmin Connectというアプリで設定ができます。 時間はさほどかかりません。 初期セットアップを完了すれば、全て設定しなくても使えます。 初めてガーミンを使われる方はGarmin Connectは無料でインストールできますので、スマホよりダウンロードしましょう。 PC版のGarmin Expressもあります。 では、早速ガーミン245 Musicを使ってみましょう。 ガーミン 245 Music でGPSを補足して走り始めるまでの時間は? まずGPSを受信するために右上のボタンでラン・バイク・スイムなどを選択します。 選択をすると自動的にGPSを受信してくれます。 受信所要時間は、開けている屋外であれば30秒もかかりません。 速い時は5秒くらいで受信してくれます。 靴ひもを結んでいるうちに受信が完了するくらいです。 ちなみに家の中でも窓際でしたら少し時間はかかりましたが受信できました。 ガーミン245 Music の光学式心拍計の性能は? VO2Max 最大酸素摂取量 の測定も可能! 光学式心拍計は時計本体の内側に緑色の光を出す光点があり、そこで心拍数やVo2Maxを測定することができます。 以前までは胸にベルトを付け後付けのような形でしたが、ガーミン245 Musicは後付けのベルトは不要です。 ちなみにガーミン235の時は光点は3か所でしたが、今回のガーミン245Musicは2か所になっています。 実際に両方付けてみましたが、心拍数に関しては大きな差は出ていません。 なかなか自分では把握できないところも自動で測定をしてくれます。 色分けによってその日の調子を教えてくれます。 Vo2Maxのデータより、5km、10㎞、ハーフマラソン、フルマラソンの予想タイムを算出してくれる機能です。 あくまでも心肺機能から出しているデータなので、足の痛みによるペースダウン等は考量されていないと思います。 ただ練習をしながらレース本番に向けての体調管理やモチベーションアップにはよさそうです。 ガーミン 245 Music ランニング中の使い勝手をレビュー 運動を始めるときにラン・バイク・スイムなどのアクティビティを選択します。 GPSを受信したら、ランニング開始です。 ランニングを開始してしまえばそこまでボタンを押す機会は多くはないでしょう。 1km毎のオートラップにすれば、自動的に1キロ毎にラップをとってくれます。 1画面に最大4項目の情報を表示できます。 ページは10ページまで設定できます。 メイン画面に自分が必要だと思う項目をピックアップして自分オリジナル仕様にしましょう。 私は心拍、ペース、経過時間、距離をメインに表示して、あまり見ないものは2ページ目3ページ目に設定しています。 心拍ゾーントレーニング 心拍を測定してくれるので、自分が今どのくらいの状態なのかを確認しながら走ることができます。 』などといったペース配分や、『今日は上り坂で心拍数を限界まで上げて練習しよう。 』など、その日の練習の効率を上げるのにとても役立ちます。 もちろんレース本番でも、張り切り過ぎてオーバーペースになるのも抑えられますね。 ガーミン 245 Music で記録したランニングデータはコネクトアプリで確認 トレーニング内容の詳細はスマホアプリGarmin Connectで確認ができます。 データはBluetoothでGarmin Connectに転送できるので、練習後すぐに確認ができます。 また過去のデータなども確認できるので、前回のレース前はどんな練習をしていたか?や、前回のレースではどんなペースで走っていたのか?などを確認することができるのでとても便利です。 ガーミン 245 Music ライフログ機能で歩数や睡眠状態を計測できる 練習データ以外にも、日常的にGarmin Connectを着用していると、その日の歩数やカロリー、睡眠状態、週間運動量などを確認することができます。 ここまで出来てしまうと、練習以外も付けてたくなりますね。 詳細なランニングデータ分析は「ランニングダイナミクスポッド」で 別売りのアクセサリになってしまいますが、ダイナミックスポット(税別8,400円 を使うとピッチ・接地時間バランス・ストライド幅・上下動・上下動比・接地時間を計測できます。 左右の接地バランス・上下動はフォームの改善や、怪我の治り具合まで把握することができます。 私は現在、右大腿部を故障している為、ランニングの接地バランスが左に寄りがちになります。 バランスがとれるようになれば安心して走れます。 ガーミン 245 Music は ガーミン 235の後継機種 違いは? 替えベルトはついている? ガーミン 245 Music (以下245)ガーミン235(以下235)の仕様変更は以下の通りです。 245 235 本体サイズ W42. 7 mm 重さ 38. 5g 42g 稼働時間 GPSモード:最大22時間 GPS音楽モード:最大6時間 スマートウォッチモード:最大7日間 GPSモード:約11時間 スマートウォッチモード:約9日間 防水機能 スイム、5 ATM 50m完全防水 本体サイズは若干ですが小さくなってます。 本体サイズが小さくなった分、重さ軽くなってますね。 女性や小柄な方にも似合いますね。 GPSの稼働時間が11時間から22時間に伸びたことでウルトラマラソンなどにも活用ができるようになりました。 245は音楽を聴きながらでも6時間も稼働できるのはすごくいいですね。 替えベルトですが、今回のガーミン 245 Music には付属されていません。 ガーミン 245 Music で音楽を聞こう! ガーミン 245 Musicのすごいところは、GPSウォッチ内に最大500曲取り込めるところです。 今まででしたらスマホの音楽機能の再生停止動作をすることができましたが、今回のガーミン 245 Musicはスマホは持たずにGPSウォッチとBluetoothイヤホンがあれば音楽が聴けます。 今までより身軽にランニングに行けますね。 スマホに入っている音楽を取り込めますし、LINE Musicをなど音楽アプリの曲も取り込めます。 iPhoneを使っている方はiTunesから音楽を取り込むことも可能です。 プレイリストを作成して聴くも良し、アーティストごとに聴くも良し、アルバムごとに聴くも良し。 自分の好きなスタイルで選択するのも良いでしょう。 音飛びも全くないのでストレスなく音楽を楽しんでください。 ガーミン 245 Music の充電方法は? 電池の持ちは良いの? 充電方法はGPSウォッチの裏に電極があるので、そこに充電ケーブルを差し込んで充電をします。 クリップ式でないので外れる心配がありません。 充電ケーブルはUSBですが、アダプタを使ってコンセントで充電することを時短で効率も良いです。 0%から100%の充電で最大2時間となっていますが、感覚的には1分で1%充電できているように感じます。 電池の減り具合、連続使用時間は?実際の使用感をレビュー 電池の持ちは使い方によって違うかと思いますが、1日1時間程度のGPSモードと終日スマートウォッチモード生活をして4日目で電池が切れそうになりました。 長時間のGPSモードを使用しなければ、1~2日に1回充電していけば途中で切れることはないように感じます。 ガーミン245 Musicの防水性能は? 濡れても大丈夫? ガーミン 245 Musicはランニングだけでなくスイムやにも使用できるくらいの防水になります。 普通にシャワーをかけてもお風呂に入っても問題ありませんでした。 カタログでは「スイム、5ATM」となっています。 若干機能不足のような気もしますが、公式ホームページでも「スイム」と書いてあるので大丈夫なのでしょう。 アクティビティにも屋内スイムがあります。 ガーミン 245 Music のウォッチフェイス 画面 をカスタマイズしよう メイン画面の時計の表示方法を変更ができます。 初期設定では6種類から選べるので、アナログ風時計にすることで運動以外にもビジネスシーンでも使えますね。 Connect IQ コネクトIQ アプリでガーミン 245 Musicを自分好みにカスタマイズ Connect IQアプリを活用することでウォッチフェイスの変更やワークアウト概算など、自分好みのものをダウンロードしてカスタマイズができます。 画面の保護は必要か? ガーミン 245 Music の保護フィルム 画面の保護フィルムは使用をオススメします。 そんな簡単に割れるものではないと思いますが、思わぬ転倒なので画面が傷つくとショックですし修理で金銭的ダメージも受けますよね。 保護フィルムはネットなどで2枚入りで1000円弱で購入ができるので、保険だと思って購入をするのはいかがでしょうか。 ガーミン 245 Music 本体と合わせて購入を検討している方は、本体+保護フィルムとセットでの購入もオススメです。 公式サイトの値段は税込で43,780円となっていますが、Amazonでは39,480円と4,300円安く購入できます。 さらに、キャッシュレス決済だと5%還元になりますのでさらにお得に買えるようですね。 ガーミン 245 Music はベルト交換ができるのか? 付属品ではベルトは付いてきませんが、公式ホームページのアクセサリには替えのベルトがあります。 交換方法はネジ式ではなく、ベルトの根元にピンがあり、そのピンをずらすことでベルトの着脱が行えます。 今までのようにネジを外す手間がなくなったのは良いですね。 ガーミン 245 Music が壊れたら? 保証はあるの? メーカー保証は、商品購入から1年間あります。 それ以降の保証に関してはメーカーにお問い合わせください。 走り方改革を推進? ガーミン 245 Musicのパフォーマンス測定機能 光学式心拍計を使用すると、ランニング開始から 6~20分の間にその日のパフォーマンスコンディションが表示されます。 (最大+20、最小-20) ガーミン 245 Musicの通知機能 通知機能はうまく設定をすれば、とても使い勝手の良いものになります。 スマホで管理をしているメールやスケジュールや天気予報などの通知をガーミン 245 Musicに連動することができます。 鞄にスマホを入れたままにしていても手元で内容を確認ができます。 レース本番でも応援との連絡のやり取りをするときに便利ですね。 手元にスマホがあっても、ガーミン 245 Musicに連動されるので気になる方は、普段は通知オフにするといいかもしれませんね。 ガーミン245 Musicの液晶画面は見やすい? 日中は非常に見やすいです。 夜間はバックライトを付けないと見えないので、左上のボタンを押してバックライトをつけて画面を確認する必要があります。 モニターの動きはとてもスムーズでストレスなく動いてくれます。 ガーミン245 Musicのレビューまとめ ガーミン245Musicの良いところは• ウォッチ本体に音楽を取り込める• 稼働時間がガーミン235の約2倍の 22時間になっている• 通知機能で手元でメールなどを確認できる• フェイス画面等がオリジナルにアレンジできる ユーザーとしては、初心者からウルトラマラソンに参加する方まで幅広く使える、とても良いGPSウォッチかと思います。 音楽を聴きながら走るのが好きな方には最高のGPSウォッチです。 スマホがいらないのは大きいですね。 きっと音楽が生活の一部になるように、ランニングも音楽と一緒に生活の一部になるでしょう。 是非、自分好みのMusicをたくさん入れて、自分スタイルのランニングライフを楽しんでください。

次の