ランダム 消去で450 exp。 極限の闘技場6

「A列車で行こう9 できるョ! はじめての10兆円会社社長」の第4回は「マップコンストラクションを忘れてますよ,社長!」

ランダム 消去で450 exp

高分子でない(分子量の低い)重合体の例 [ ] 2分子以上が重合したものが重合体と呼ばれる中で重合数の低い順から• 1分子: モノマー(単量体)• 2分子: ダイマー(2量体)• 3分子: トライマー、またはトリマー• 4分子: テトラマー と呼ぶ。 また、重合体を構成する分子がすべて同一分子の場合、接頭辞 homo- を付けて、ホモダイマー、ホモテトラマー、などと呼ばれる。 反対に、構成分子が異なる場合は、接頭辞 hetero- を付けてヘテロダイマー、ヘテロトライマー、などと呼ばれる。 重合体と言うと重合度の大きな高分子を指すことが多いため、2分子以上で十数分子程度までのものは、それと区別するために (oligomer)と呼ばれることもある。 重合度の大きな重合体の例は、を参照。 分子間力 [ ] 詳細は「」を参照 ポリマーを構成する高分子鎖の間に働くは、ポリマーの性質の大部分を決定づけている。 高分子鎖は大変長いので、間に働く力は典型的な分子と比べてはるかに超えて増幅されている。 長い分子鎖はほとんど非結晶状態になっている(にしている)。 ポリマーは絡まったのような有様で、あるスパゲッティーを引っ張ると、他の鎖は一層絡まり具合がひどくなる。 この様な強い力は強い張力と高いといった一般的性質に現れている。 ポリマーの分子間力はモノマー単位の分極で決定される。 結合を持つポリマーは隣接した鎖の間でを形成する。 鎖の 上の正電荷の水素原子が、他の鎖の の酸素原子に強く吸引される。 これらの強固な水素結合は、例えばの高い張力と高融点に現れている。 双極子結合は水素結合ほどは強くなく、(PET)のと強度はより低いが、ポリエステルはが高い。 しかし、PET は永久双極子を持たない。 ポリエチレン鎖の間の吸引力はに起因する。 分子は周囲にのをまとっている。 2つの鎖が近づくと、それぞれの電子雲は反発する。 このことはポリマー鎖の片側の電子密度を低下させる効果があり、そちら側はわずかに正に分極する。 この電荷は次のポリマー鎖を実際に引き付けるのに十分である。 は非常に弱く、それゆえ、は低い温度でする。 熱力学的特性 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年5月) 一般にポリマーにおいて性領域のは低分子物質よりも高く、また非結晶性の領域にと呼ばれる擬似相転移温度を示す。 特に主鎖になどが入った分子において、分子間の相互作用が強く融点とガラス転移点が高くなる。 ポリマーは低分子物質と同様に、固体から液体へと相転移する温度、を有する。 PET の温度を室温から融点まで増加させたとき、(、DSCの測定値)との測定によりガラス転移と再結晶化を観測することができる。 ガラス状態での昇温過程においてエンタルピー増加の勾配はガラス状態でのに比例する。 と呼ばれる温度になると、高分子の分子運動が増加してPETはガラス状態から液体状態に変化する。 この変化をガラス転移という。 ガラス転移においてPETは急激に吸熱し、熱流束は極小のピークを示す。 過冷却液体状態では熱容量は液体状態でのそれとなる。 これに伴い、エンタルピー増加の勾配は大きくなる。 更に昇温を続けると、ある温度でポリマーは結晶化する。 PETは発熱し、熱流束は極大のピークを示す。 結晶化温度ではエンタルピーは急激に減少し、その後の昇温で再び直線的に増加する。 エンタルピー増加の勾配は結晶状態でのものとなる。 結晶化温度から融点までのエンタルピーの温度依存性関数は、結晶状態のエンタルピーの温度依存性を表す直線上にある。 温度が融点に達するとPETは融解する。 融点以上の温度でのエンタルピーは結晶状態での増加直線から液体状態での増加直線上へと移動する。 融点ではPETは吸熱し、熱流束は極小を示す。 融解 [ ] ポリマーにおいて、融解と同時に起こる吸熱反応が生じる温度範囲、DSCにより得られる融点ピークは低分子物質と比べて広い。 これは、結晶状態のポリマーは様々な大きさのの集合体であることが原因である。 ラメラ構造の融点 T m はその厚さ l に依存するため、ポリマー中の各ラメラ構造の融点は異なる。 このため、ガラス転移点以上でのポリマー結晶はそのラメラ厚分布によって融点が異なる。 T m は次のギブス・トムソン式で表す。 ラメラ厚は過冷却度 結晶化温度と融点の差 の減少に伴い増大するため、融点直下で結晶化させると、理論上、融点が T m 0 の理想結晶が得られる。 しかし、実際は結晶の成長速度も著しく遅くなるため、少なくとも常圧下ではそのような理想結晶は得られない。 ガラス状態からの昇温速度は結晶化温度と、得られる結晶のラメラ厚を変化させる。 過冷却液体状態の温度では成長速度の違いはあるが結晶化は起こる。 したがって、融点以上の液体状態から、ガラス転移点以上かつ融点以下の温度に急冷し、その温度を維持し続けることにより、結晶化温度に応じたラメラ厚を有するポリマー結晶を得られる。 このようなポリマー結晶の融点をラメラ厚の関数として求めると平衡融点を算出することができる。 など、高分子鎖の形態が変化しにくいものの融点は、ポリエチレンなどの屈曲性ポリマーと比較して高い。 では水素結合による同一分子鎖内と分子鎖間の架橋が存在するため、高い融点を持つ。 エンタルピー緩和 [ ] ガラス転移点未満かつ近傍の温度でポリマーが熱処理されると、ガラス状態でのは低下する。 この緩和現象は体積の急激な減少( 体積緩和) 、あるいはの急激な減少( エンタルピー緩和、enthalpy relaxation) として観察される。 このとき、ポリマーの力学的特性は影響を受け、この影響は 物理エージング(physical aging)という。 エンタルピー緩和は、によるの測定では減少ピークとして観測される。 エンタルピー緩和はガラス状態のポリマーが過剰なエンタルピー量を有するために起こる。 エネルギー的に最安定であるのはガラス状態ではなく結晶化状態であり、熱処理はガラス状態をより安定なガラス状態へと変換する。 また、熱処理をせずとも緩和は非常にゆっくりと常に進行している。 より緩和の進行度が高いほど同温度でエンタルピーは低くなり、完全な結晶でのエンタルピー値に近づく。 昇温速度や熱履歴などの要素のために、過剰エンタルピー量は同一温度の同一試料であっても異なる。 エンタルピー緩和のこの性質は非対称性と呼ばれる。 エンタルピー緩和の実体は高分子主鎖の内部回転運動の励起である。 加熱により高分子の内部回転運動が促進され、高分子中の短い局所が安定なとなる。 これにより、高分子の力学特性やポリマー中の低分子物質のは変化する。 例えば非晶性のではエンタルピー緩和と粘弾性緩和の緩和時間の間にがある。 エンプラ はよりもエンタルピー緩和が起こりやすい。 エンプラにおいて内部回転運動が起こりやすいことが、ガラス状態におけるエンプラの機械的特性を高いものにする要因であると考えられている。 ポリマーは内部回転により、衝撃のような急速な応力を含めて外部応力に素早く応答できるため、耐衝撃性などのガラス状態での機械的特性が高いと考えられている。 非晶性汎用樹脂のやは衝撃性に乏しいのに対して、非晶性エンプラのやではガラス転移点が高いにもかかわらずガラス状態で機械的特性が優れている。 エンプラのガラス状態と過冷却液体状態におけるはガラス転移点とエンタルピー緩和時間に相関する。 ポリマーの緩和エンタルピー量と、ガラス状態での各温度における過剰エンタルピー量はでの C pの測定により求めることができる。 この試験では、一定の昇温速度でガラス転移領域における C pの変化曲線を引く。 下式はKohlrausch-Williams-Watts KWW の緩和関数 によって導かれる。 冷却によるガラス転移 [ ] 融点以上では高分子鎖のの激化により運動を含め、様々な種類の運動が励起される。 高分子鎖はランダムなコンフォメーションを取り、その形態を動的に変化させている。 ここからガラス転移点以下に急冷すると、高分子鎖がランダムなコンフォメーションのままで分子運動が凍結することがある。 この状態をガラス状態といい、ガラス状態と液体状態の間の状態変化をという。 ポリマーのガラス転移点は冷却速度によって変化する。 融点からのポリマーの冷却過程において、大きなスケールの運動から凍結される。 融点以下の過冷却液体状態では結晶のほうがエネルギー的に安定であるため、多くのポリマーでは結晶化が起こる。 しかし、急冷などの特定の冷却条件では、あるいはポリマーなど結晶になれない構造のポリマーでは過冷却液体状態においても結晶化しない。 結晶化はしないが、高分子の部分鎖によるセグメント運動は緩慢となる。 ガラス転移点に近づくほどに、セグメント運動を特徴づける時間は異常に増大する。 ガラス転移点ではマクロな時間スケールに到達する。 通常の観測時間内では構造は停止しており、液体状態のランダムな構造を保ったまま、運動性がない 十分に低い 状態が現れる。 以上のように、ガラス転移とはセグメント運動の凍結あるいは励起に起因する。 したがって、ガラス転移は厳密には相転移ではない。 ガラス転移をでの現象として理解する考えもある。 根拠は、ガラス転移点ではの特徴的な変化が観測され、その様子が二次相転移で見られる熱容量変化と類似するためである。 ポリマー中に、高分子間の空隙として自由体積を考え、その分率を f とする。 自由体積分率 f T は温度の一次関数として次のように表される。 ポリマーのガラス転移はセグメント運動に起因するため、高分子鎖全体の長さには依存しないと考えられている。 一方、高分子鎖末端はセグメント運動に影響を与える。 その結果、分子量が十分に大きい場合、ガラス転移点は分子量に依存せず一定値を取る。 分子量が小さい場合は、小さいほどガラス転移点も小さい。 固相転移 [ ] ポリマーは大きな内部自由度を持つため、安定な固相状態を複数持つ場合がある。 殆どの場合、固相から固相への相転移は一次相転移であり、温度変化による二つの固相間のにおける大小関係の逆転が相転移を引き起こす。 逆転の際にの減少/増加ピークは生じるため、相転移をDSCにより観測することができる。 n-はポリマーの固相転移のモデル系である。 n-アルカンの分子鎖の対称性は1分子当たりの炭素数によって異なる。 炭素数が奇数の場合は型(A相)、偶数の場合は型が室温での安定な結晶構造である。 A相では高分子鎖は平面ジグザグ構造をとり、斜方晶型の格子上に配列する。 B層では分子軸周りの180度のジャンプ運動が励起され、分子鎖の方位に関する長距離秩序は失われる。 C層になると、分子鎖方向の並進運動が励起され、平均の結晶型が斜方晶型でなくなる。 更に、炭素数が9-35の範囲では融点直下に、回転相(D相)と呼ばれる固相が存在する。 D相では分子軸周りの回転運動が励起され、平面ジグザグ構造は維持されなくなる。 分子軸周りの対称性のため、D相では的な構造を取る。 D相は分子鎖の乱れを大いに含んでいる。 このため、D相は結晶よりもに近いとみなされており、D相への転移を前駆融解と解釈する考えもある。 以上のように、n-アルカンは最大で四つの固相を持つ。 では、n-アルカンのD相に相当する状態は常圧下で観測されない。 しかし、高温高圧の融点直下で、常圧相の斜方晶 A相 から高圧相の六方晶 D相 へ相転移する。 分子鎖構造の乱れが熱により励起されることが相転移に関わっていると考えられている。 ポリエチレンの高圧相は非常に乱れており、n-アルカンの回転相と同様に結晶相よりも液晶相に近い。 このように、低温相からの昇温過程において、六方晶のような対称性の高い高温相へ転移することはポリマー結晶では一般的である。 の結晶において、ブリル転移という特徴的な固相転移が起こる。 ブリル転移とは、三斜晶または単斜晶の低温相からの、三斜晶の構造を持つ高温相 疑六方晶 への転移である。 結晶の秩序度が高い場合ではブリル転移は一次相転移であるが、乱れを多く含む場合には連続的な構造変化として観測される。 力学的特性 [ ] ポリマーの最大の特徴は、典型的なであることである。 高分子濃厚溶液とポリマー溶融体(高分子濃厚系)はであり、は一定ではない。 剪断ひずみ速度が大きくなると粘度は小さくなり流動性は大きくなる。 これは、低分子濃厚系はであって粘度は一定であることと対照的である。 チキソトロピー性はポリマーの成型加工および、塗料や食品などの工業用品の性能に大きな影響を与える。 ポリマーの力学的特性に影響を与える、高分子の構造に起因する因子として次が挙げられる。 分子量および分子量分布• 分子鎖の架橋と分岐• 結晶性と、結晶状態での分子鎖骨格の形態 結晶形態• 共重合かどうか。 共重合ならばその組み合わせと様式• 配向性• 充填剤 また、外的な環境因子として次が挙げられる。 時間、速度、周波数、振動数• 応力とひずみの• 応力の種類 引張、圧縮、剪断、静水圧• 熱履歴 高分子の物性的な差によって屈曲性高分子、剛直性(棒状)高分子、半屈曲性高分子、塊(球)状高分子という分類ができる。 屈曲性高分子 - よく曲がる高分子鎖があり、溶液中では糸まり状• 剛直性(棒状)高分子 - 高分子鎖が直線状であり持続長が長く硬い• 半屈曲性高分子 - 屈曲性高分子と剛直性高分子の中間• この減少を粘弾性緩和(: viscoelastic relaxation、あるいは単に緩和)という。 温度増加に伴う Eの変化過程には ガラス状領域( glassy state)、 転移領域( leathery state)、 ゴム状平坦領域( rubbery plateau)、 流動領域の4つの段階がある。 転移領域では E は1~数GPaと大きく変化しない。 転移領域になると E は数MPaまで急激に減少する。 ガラス状領域から転移領域への変化を ガラス転移 glass transition といい、これが起こる温度を T g という。 転移領域ではポリマーは皮革状 leathery である。 ゴム状平坦領域では E は数MPaで一定となり温度に依存せず、ポリマーはゴム状となる。 分子量が大きいポリマー、結晶性ポリマー、架橋ポリマーではこの領域が長くなり、より高い温度まで続く。 流動領域では温度増加に伴い E は急激に減少し、ポリマーは高粘度の流動性を示す。 粘弾性緩和の原因は各温度で 高分子鎖の分子運動 molecular motion が異なるためである。 ガラス状領域では高分子のミクロブラウン運動は凍結している。 ガラス転移時には、凍結されていた分子運動は局所的に開放され、セグメントのミクロブラウン運動が始まる。 流動領域では高分子の絡み合いがほぐれ始め、分子鎖の運動が激しく起こる。 分子鎖間の相対位置を変化させるマクロブラウン運動が起こり始め、ポリマーは流動性となる。 ガラス領域と転移領域における粘弾性の挙動は、分子量がある臨界値より大きければと分子量分布に依存しない。 転移領域における速い緩和は、分子全体ではなく分子の一部分の運動に関連しているためである。 一方、ゴム状平坦領域と流動領域における挙動は分子量と分子量分布の影響を受ける。 分子量が低い非晶性ポリマーでは、転移領域から流動領域への遷移が急激である。 架橋ポリマーではゴム弾性により弾性率は温度の増加で僅かに増加するが、架橋の熱分解が起こるまで架橋ポリマーは流動しない。 熱分解まで弾性率の低下は観測されない。 この分子量・分子量分布依存性は、転移領域から流動領域への遅い緩和が分子全体の運動に依存していることによる。 時間経過による粘弾性緩和 [ ] 単分散線状ポリマー溶融体の線形剪断緩和弾性率 G t の時間 t 依存性 ポリマーの粘弾性は時間にも依存する。 この減少もまた粘弾性緩和の典型例である。 剪断ひずみが小さければ、ひずみに依存しない剪断緩和弾性率 shear relaxation modulus, G t で粘弾性緩和を図示することができる。 分子量が大きいとき、速い緩和の後に遷移領域の緩和、ゴム状平坦領域への移行、そして遅い緩和が現れる。 ゴム状平坦領域では G は分子量に依存しない。 しかし、遅い緩和と流動化までの時間は分子量によって異なる。 一方、低分子の場合、ガラス転移点通過後すぐの速い緩和過程で G t は完全に減衰し、流動化する。 このような低分子量の分子を非絡み合い鎖( nonentangled chain)と呼ぶ。 動的弾性率 [ ] 「」も参照 静的粘弾性測定では、力を加えられた瞬間のポリマーの粘弾性変化を評価する。 これとは別に、ひずみが一定で与えられたときの粘弾性が求められることもある。 それぞれ、力を加えられたときにとしてポリマーに蓄えられるエネルギー、としてポリマーから失われるエネルギーに対応する。 剪断貯蔵弾性率も剪断損失弾性率も G t と等価な量である。 動的粘弾性の分散 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年5月) 動的粘弾性は温度とに依存する。 動的粘弾性が温度により変化する挙動を 温度分散 : temperature dispersion 、周波数により変化する挙動を 周波数分散 : frequency dispersion という。 ポリマーにおいて、同一温度ではより大きい周波数で、同一周波数ではより低い温度でより高い弾性率を示す。 特定温度と次の特定温度、あるいは特定周波数と次の特定周波数の間では変化しない。 この特定温度と特定周波数ではポリマーの局所的あるいは全体的な分子運動が活性化される。 融点の0. 8-0. このため、動的粘弾性はポリマーの緩和機構を解析することができる。 以上のように動的粘弾性測定はポリマーの分子運動の挙動を明らかにする。 粘弾性緩和による相分離 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ブロック共重合体やグラフト共重合体では、ある構成ポリマーのに温度が達したとき、その構成ポリマーは皮革状やゴム状となるのに対して、他の構成ポリマーはガラス状のままである。 この状態の相違により相分離が起こる。 PSとPBDのジブロック共重合体あるいはグラフト共重合体ではそれぞれのホモポリマーと同じ温度領域で同じ現象が観察される。 の場合、相分離は生じない。 2成分の相を混合させたポリマーブレンドでも同様の現象が起こる。 ゴム弾性 [ ] ワイセンベルク効果。 ニュートン流体 左 に棒を浸して棒を回転させると、棒に近いほど液面は沈み、あたかも棒を中心に液面がへこむように見える。 しかし、濃厚な高分子溶液や溶融ポリマー 右 では、棒に近いほど液面は上がり、液体が棒を這い上がる。 液中の矢印は、棒の回転により生じている張力の方向である。 高分子の濃厚溶液やポリマーの溶融体をゆっくり流動させると、流体はわずかに変形するが、流れに沿った 流動方向に平行な 面だけに応力()が生じる。 これは、流動方向の平行面と垂直面への応力がほとんど等しいためである。 しかし、高速で流動させると流体は流れの方向へと伸長する。 このとき、流体は元の形に戻ろうとし、が生じる。 高分子の濃厚溶液やポリマーの溶融体に棒の一部を浸して棒を回転させると、液面は棒の近くほど勾配的に上昇する。 見掛け上、液体は棒に巻き付きながら這い上がる。 この現象を (: )と呼ぶ。 これは、棒の回転により液体が流動している部分では張力の合力は内向き 棒に向かう方向 に働くために起こる。 ニュートン流体の場合、合力は外向き 棒から離れる方向 に働き、棒の近くほど液面はへこむ。 バラス効果 [ ] バラス効果の説明 ()の押出機のダイ(押出機出口の口金)から溶融ポリマーを押し出すと、出てきたポリマーの径はダイの径よりも大きい。 この現象を バラス効果 : Barus effect またはダイスウェル(: )と呼ぶ。 膨張量はダイの径と長さ、押出速度によって変わる。 一定の長さまでならダイが長くなるほど膨らみの程度は小さくなり、一定以上となるとポリマーの径は変わらなくなる。 バラス効果は、製品寸法を規格通りにしなければならない高分子工業で重要な問題である。 バラス効果の要因は二通りある。 一つは、ポリマーはダイを出たあと、ダイを通る前の形に戻ろうすることである。 ポリマーはダイを通る前は液体溜めに入っており、液体溜めの径はダイのものよりも大きい。 このため、ポリマーはダイよりも大きい径になろうとする。 この効果を弾性流入効果という。 弾性流入効果はダイが短いときに現れる。 ダイが長くなり、ポリマーがダイの径に変形されている時間が長くなると元の形状の記憶が失われていくため、弾性流入効果は小さくなる。 もう一つの要因は張力効果である。 ダイを通っている間、ポリマー内部では速度勾配があり、中心部で最も張力が大きく、外側に行くにつれ張力が小さくなる。 このため、外側に向けて圧力が生じる。 ダイを出た後、この圧力によってポリマーは膨らむ。 ダイが短いとき弾性流入効果が、長いとき張力効果がバラス効果の主な要因となる。 機械的特性 [ ] 温度増加、時間経過、あるいは特定周波数によりポリマーは緩和され、最終的に破壊される。 このとき、粘弾性特性の変化は顕著に観察される。 このため、粘弾性特性の評価により機械的性質、例えば破断強度、摩擦特性、衝撃強度、疲労特性を解析することができる。 ここで破壊とは、ゴムなど架橋ポリマーでは破断や切断である。 非架橋ポリマーでは、応力印加を止めても復元しないひずみ量が急激に増大したときの状態(破損)である。 ただし、非架橋ポリマーにおいて破壊包絡線が観測される条件はひずみ速度が低・中程度のとき、および結晶状態で高速であるときである。 破壊包絡線は温度とひずみ速度によって変化し、かつ時間-温度換算則は成り立つ。 温度を低下させたとき、またはひずみ速度を増加させたとき、破壊包絡線は反時計回りに移動する。 一方、低温または高速では曲線は包絡線とならなくなる。 これは、低温または高速ではが発生したり伸長が不均一となったりして破壊時応力の測定値のばらつきが大きくなるためである。 ポリマーの破壊包絡線の概形は分子モデルまたは力学モデルである程度予測できる。 例えば、分子モデルにはBuecheとHalpinの分子論 や古川の擬網目理論 があり、力学モデルには畑の並列マックスウェル要素を用いたモデル理論 がある。 衝撃限界速度 [ ] ナイロンの衝撃破壊エネルギーと速度の関係。 ポリマーにおいて、振子型衝撃試験機などでの衝突速度と破壊エネルギーの関係曲線を引いた時、金属やガラスと同様にある速度(衝撃限界速度)で破壊エネルギーは極大値を示し、それ以上の速度では減少する。 この減少領域ではポリマーの流動単位は流動を行わなくなり、ポリマーはをしなくなると考えられ、結果、限界速度より高速側でポリマーは脆く、低速側で強いと考えられている。 衝撃限界速度の存在は金属と同様であるが、衝撃限界速度に達するまでの、低速度域から速度を増大させていった時のポリマーの挙動はより複雑である。 この挙動によりポリマーは2種類に分けられる。 一つ目は、速度の増大とともに破壊エネルギーが増大するグループである。 結晶化または配列化に起因する衝撃限界速度が、動的試験の速度範囲よりも低速側にずれている場合にみられる。 天然、、、、、熱処理、熱処理、、延伸したフィルムが一つ目に該当する。 二つ目では、低速度域では速度の増大とともに破壊エネルギーが減少し、極小点が現れてそれ以降、衝撃限界速度まで破壊エネルギーが増大する。 結晶化または配列化に起因する衝撃限界速度が、静的試験の速度範囲と動的試験の低速域との間に存在する場合、二つ目の挙動が現れる。 、、未熱処理、無配列化、ある種のフィルム 、、、など が属する。 二つ目のグループも、測定温度か重合度を変化させ、衝撃限界速度を高速域に移動させると二つ目の挙動を示す。 逆に一つ目のグループを二つ目に変化させることもできる。 一般的にポリマーでは、ある種の転移温度以上で別の衝撃限界速度が新たに出現する。 同様の衝撃限界速度の転移現象はの繊維とフィルムで確認されている。 ポリマーにおいて衝撃限界速度 V b は次式で求められる。 上式は金属においても成り立ち、金属の場合において T b は衝撃限界温度である。 衝撃限界速度における破断点(衝撃限界時間) t b は次式で表される。 また、酢酸繊維素、銅アンモニア人絹、ビスコース人絹において、平均重合度 p と t b の間に次の関係が成り立つ。 が加えられている場合、 t b は変化する。 このとき、酢酸繊維素と各種において、可塑剤の重量含有率 W と t b の間に次の関係が成り立つ。 中での酢酸繊維素の延伸物において、延伸度 S と t b の間に次の関係が成り立つ。 衝撃強度 [ ] ポリマーにおいて、衝撃破壊に至るひずみが小さい場合、衝撃強度は線型粘弾性と相関し、衝撃強度は高分子の緩和と密接に関連する。 例えば、の衝撃強度は、低温から(主分散が生じる温度)に向かって増加する。 副分散の発現温度が非常に大きい場合、ガラス転移点以下であっても副分散の発現温度に向かい衝撃強度は急上昇する。 これは、高分子の緩和部位が衝撃を吸収するため、運動体積が大きくなった分子運動が外部からのエネルギーを吸収するためと考えられている。 [ ] 副分散での衝撃強度の増加は(BPA-PC)において観察される。 衝撃強度もここで急激に増加する。 一方、は低温で大きな粘弾性吸収が存在しないため、衝撃強度は低い。 [ ] 衝撃強度はポリマーの結晶化度や吸湿度と関連する。 抗張力、降伏値、衝撃強度のいずれも吸湿度の増加によって減少する。 ポリエチレンやにおいてが大きいほど衝撃強度は小さくなる。 これは、球晶が十分に大きいとき、衝撃による脆性破壊は球晶の界面から生じるためである。 摩擦特性 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年5月) ポリマーの特性は粘弾性の特性に依存する。 ・ゴム(NBR)の一面をガラス面と摩擦接触させ、各温度で 1. このときの横軸に沿う移動量は基準温度の関数としてに従う。 同様の結果は、・ゴム、、およびそれらの充填ゴムでも成り立つ。 また、この合成曲線でガラス転移点をほぼ確実に予測することができる。 非ゴム材料の疲労特性 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年5月) ポリマーを含む固体材料はひずみを繰り返し長時間与えられるといずれ破壊される。 この現象をという。 ポリマーはひずみを与えられると内部で発熱を生じ、動的粘弾性を変化させる。 動的粘弾性の急激な変化は疲労破壊とその直前で観察される。 ひずみのが小さい、周囲温度が低い、または周囲への放熱が良好な場合、が起こる。 この過程の大部分は、クラックが巨視的に成長していない段階で進む。 ひずみの振幅が大きい、周囲温度が高い、またはポリマーが断熱環境にある場合、が起こる。 延性破壊では破断面の塑性変形が顕著である。 ポリマーの延性破壊はポリマー内部の温度上昇と起因すると考えられている。 この現象を熱破壊と呼ぶ。 単純引張疲労 単純引張または圧縮の場合、引張軸から45度の方向の面に最も大きな負荷が生じる。 比較的強い(粘りのある)ポリマーの引張破断面は45度となるか、最大主応力と最大剪断応力の比が二倍となり破断面は直角となる。 脆いポリマーでは引張破断面は引っ張り軸から垂直になる。 圧縮の場合、最大主応力と最大剪断応力の比が二倍となり、圧縮破断面は軸と平行に生じる。 V字の切り込みがある丸棒に引張りを加えた場合、切り込み方向、軸方向、円周方向にそれぞれ応力が生じる。 それに加えて、最大剪断応力が切り込みの谷先端部から棒内部に進行する。 単純捻り疲労 単純捻りの場合、軸に直角または平行な面上で最大剪断応力が生じ、軸と45度をなす面上において直角な引張応力と圧縮応力が働く。 脆いポリマーでは主応力と直角方向 軸と45度方向 に破断面が生じる。 一方、粘りのある材料では最大剪断応力方向 軸と直角方向 に破断する。 一般的に剪断方向への破断が多い。 単純曲げ疲労 単純曲げでは、軸上の引張側に最大主応力が生じ、破断面はこの主応力に直角である。 ただし、軸の引張側の表面では応力は単純引張と同じ状態となり、同様の形態の破壊が起こる。 ゴム材料の疲労特性 [ ] ゴム材料では疲労による内部構造の変化は、充填剤と高分子とのにおける不均一構造の変化や高分子同士の絡み合いの減少に由来する。 疲労特性の評価の中心は損失正接の温度依存性となる。 この点で、粘弾性の変化が中心であるプラスチック材料の疲労特性評価と異なる。 補強の内部構造における、高分子で構成された部分は次の3つの相に分かれる。 A相 カーボンブラック粒子から離れており、高分子は比較的自由に動くことができる。 相全体は常温で液体状態であり、ゴムに柔軟性を与える。 B層 架橋した高分子の集まり。 C層 カーボンブラックとの界面およびその周辺。 高分子の運動はカーボンブラックとの相互作用により束縛されている。 相全体は常温で順ガラス状態であり、A相よりも硬い。 ゴムはC層の硬い構造により補強され、弾性率などの力学的性質は大きな影響を受けている。 カーボンブラック補強加硫ゴムが外力による変形を繰り返すとA相とC相は構造変化する。 A相は変形を受けると高分子が緊張し、その張力により高分子の絡み合いや弱い分子結合が部分的に失われる。 すると、高分子の運動が活発になり、A相のは増大する。 一方、C相において繰り返しの変形は相を安定化させ、分子間相互作用を増大させる。 そして、C相はより稠密な構造となる。 構造変化により、充填剤入りゴムは疲労を進行させ、その動的粘弾性の特性を軟化へと変化させる。 疲労が進行するほど同じひずみでの動的弾性率(貯蔵弾性率と損失弾性率)の値は小さい。 また、一般にポリマーの動的貯蔵弾性率はひずみの増加とともに減少するが、疲労回数が大きいほど充填剤入りゴムの動的貯蔵弾性率の下げ幅は低下する。 これは、充填剤入りゴムの疲労が弾性率のひずみ依存性を低下させ、ゴムを軟化させていることを表す。 また、A相で網目を形成する弱い物理結合の数は、疲労回数の増加により減少する。 ガラス転移領域での損失正接の温度依存性はゴム分子中の緩和成分の分布を反映する。 また、ガラス転移での損失正接の極大値はゴム分子中の無定形領域の存在分率に比例する。 したがって、疲労の進行によるA相の弱い物理結合の減少は緩和成分の分布を低下させる。 同時に、損失正接のピーク幅 半値幅 は狭くなり、高さ 極大値 は増加する。 また、損失正接が極大値を示す温度は低くなる。 以上のように、充填剤入りゴムの疲労のパラメータには動的貯蔵粘弾性、損失正接の極大値と半値幅、極大値温度がある。 電磁気学的特性 [ ] 誘電緩和 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年5月) のような無極性ポリマーでは、分子構造上の以外に可動性の電荷は存在しないため、光学領域以下ではの依存性はほとんどない。 温度依存性についてはのみが関与し、温度とともに誘電率は減少する。 高分子中にが無ければ、誘電率は主にに影響され、の平方に近い値をとる。 高分子に大きながあると、高温では双極子がにより回転するので、温度の増加に伴い誘電率も増加する。 ただし、高分子のの回転運動には粘性的なが働く。 ある温度以下の低温では、誘電率の増加に寄与するほどの回転運動はこの摩擦力によって抑制されて起こらない。 誘電率の増加には一定以上の高温が必要である。 例えば、なら誘電率の増加はガラス転移領域の室温付近から始まる。 非晶性の極性ポリマーでは低温において分子鎖の運動はガラス状態で凍結している。 その状態から温度が増加すると、あるいは低周波数となると様々な種類の分子運動が順に解放されていく。 開放が起こると双極子運動が増大するため誘電率の増加が生じる。 低温側あるいは高周波数側から順に、非晶鎖の末端分子熱運動に対応する局所緩和、側鎖の双極子の回転、主鎖のミクロブラウン運動による大きな変化、主鎖方向のによるノーマルモード、不純物イオンの解離に伴うイオン電導による緩和が観測される。 上記の緩和に加えて、結晶性の極性ポリマーならより高温で結晶緩和や融解による誘電率の変化が起こる。 低温での誘電緩和 [ ] ガラス転移点以下の低温において、無定形ポリマーは全体的にガラス状態となり、結晶性ポリマーは結晶とガラスの混合系となる。 この状態においても高分子鎖は局所的に熱運動しており、結晶中の欠陥を反映した誘電緩和が見られる。 また、ポリマー中に含まれる残留や不純物、水分、安定剤などの低分子は誘電緩和に関与する。 多くの場合、高分子に結合した不純物がガラス転移点以下での緩和を引き起こす。 この結合は、不純物がモノマーの重合中にモノマーに結合したり、高分子が酸化したりなどして導入される。 高分子鎖の側鎖による内部回転は緩和 側鎖緩和 の引き金の一つである。 無定形ポリマーでは、側鎖全体による側鎖緩和 第一側鎖緩和 温度より低温で、側鎖の一部だけでの内部回転緩和 第二側鎖緩和 が現れることがある。 側鎖緩和の例として、やの多くの種類において、多数の温度領域での誘電緩和の原因であることが推定されている。 運動単位がプロトンであるときは、低温において熱活性化ではなくによる運動が起こることがある。 2 K といった極低温においての誘電損失はに依存しており、この現象は、Phillips によるプロトンの援助トンネル効果理論( theory of phonon-assisted tunneling)により説明することができる。 ポリエチレンがを起こす f r は温度に比例し、同一温度で二つある。 低周波損 と高周波損 のどちらの f r も次の温度 T 依存式で導かれる。 この式は、プロトンのトンネル効果によるポテンシャルの移動を仮定している。 トンネル効果の原因であるプロトンの実体は現在のところ、酸化によって導入されたかであると考えられている。 これらの官能基はポリエチレンの酸化か、などの添加剤に由来する。 添加剤を含まない高密度ポリエチレンを酸化させたとき、酸化時間(融点直上の温度で空気中に曝す時間)が長いほど誘電損失の程度は大きくなる。 酸化させなければ誘電損失は観測されない。 酸化ポリエチレンの低周波損は結晶中の水酸基により、高周波損は非晶中の水酸基により引き起こされると推測されている。 系の酸化防止剤は極低温での緩和に影響を与える。 高密度ポリエチレンに種々のフェノール系酸化防止剤を添加すると、誘電損失が現れる。 高密度ポリエチレンは酸化させずに添加剤を入れなければ誘電損失は観測されない。 種々のポリオレフィンのポリマーにこのような低分子を添加したとき、 f r は上記の温度依存式に従う。 やなどの剛直な官能基は低温での高分子の運動に複雑な挙動をもたらす。 剛直な官能基を持つポリマーは低温で誘電損失が観測される。 圧電性 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年5月) ポリマーは、非対称な電荷構造を持つとき、または光学活性な分子構造を持つとき、を示す。 前者()にはペルフルオロ エチレン・プロピレン 共重合体(FEP)や、や照射によりを注入したがある。 極性ポリマーや強誘電性ポリマーに電界を印加して双極子を配向させたものも電石である。 一方、後者の代表例は生体高分子 骨、、、 である。 通常の極性ポリマーのフィルムでは処理 によって膜面に垂直に双極子が配向されると電石となり、その方向に電荷変化は起こる。 したがって、ポーリングされた極性ポリマーフィルムに力が加えられると、配向方向に分極は生じる。 力がどの方向であろうと、分極の方向は配向方向に限定されている。 このため、極性ポリマーのは、主に応力方向の3成分で表される。 また、極性ポリマーの圧電率とは残留分極(配向できる双極子の大きさと密度)に比例する。 一方、光学活性ポリマーはポーリングされずとも、延伸されると分極活性を示す。 光学活性ポリマーのフィルムはを受けると膜の垂直方向に電荷を生じさせる。 このため、圧電率は主に剪断方向の1成分のみで表される。 光学活性ポリマーの圧電率と焦電率は、非対称変形できる双極子の大きさと密度に比例する。 強誘電性 [ ] 外部の非存在下でも(自発分極)が生じており、かつ分極方向が外部電界で変化する物質をという。 強誘電体の分極には分子によるものとによるものとがあるが、ポリマーの場合、が主であるため、その強誘電性は分子双極子による。 また、ポリマーの強誘電体はポリマー結晶、および溶液で見いだされている。 強誘電性の発現は結晶または液晶構造が秩序性と不秩序性の両方を持つことを条件とする。 ここでの秩序性とは、双極子が規則的に配向した分極構造が安定していることである。 不秩序性とは、この分極構造の安定性が絶対ではなく、ある分極構造から別の分極構造に転移し得ることである。 この不秩序性ゆえに、強誘電体において分極の反転および高温による分極の消失が起こり得る。 ポリマーは、融点以下では非晶領域と10nm程度の厚さのとの混合系であり、微視的には分極構造はラメラに限られる。 従って、ポリマーの自発分極はに比例する。 ポリ PVDF は -CH 2CF 2- の繰り返しから成り、単位当たり約2のを持つ。 PVDFの結晶型はTT型、T 3GT 3G型、TGTG型の3種類ので構成される。 水素原子と原子の大きさはあまり変わらないため、どのコンフォメーションも安定である。 PVDFは主鎖との直角方向にを持つ。 双極子の反転は結晶全体の回転ではなく、鎖方向(長軸方向)に沿った主鎖の回転ではなく、個々の分子鎖の主鎖周りの180度回転によって起こる。 このように、双極子を主鎖に直角に持つ高分子では、鎖方向(長軸方向)がで制限されて回転自由度がないため、鎖周りの回転による自由度が強誘電性の発現に関係する。 この回転運動は、構成原子の大きさが適度であり、分子鎖の形が円柱に近いために可能となる。 PVDFを含むポリマーの強誘電性に原子や官能基の大きさが重要であることは、による近距離相互作用がポリマーの強誘電性の主因であることを意味する。 一方で、PVDFの双極子におけると局所電場は結晶化度に関わらず0に近く、自発分極に対するによる寄与は小さい。 このことは、低分子物質の強誘電性において、クーロン力による遠距離相互作用が本質的に重要な役割を果たすと考えられている点と対照的である。 ポリマー全体での分極の反転の過程は、低分子誘電体と同様に核生成成長モデルで理解されている。 このモデルでは、自発分極と反対方向の電界が与えられたときに、物質全体の分極が同時に反転するのではなく、物質内に局所的に分極を反転させた分子が現れ、それが核となって周囲の分子の分極を反転させ、最終的に反転現象を物質全体に拡大させる。 PVDF系高分子の場合、この核生成と成長は次の3つの過程に分けられる。 最初は、反転分子から非反転分子へのの伝搬である。 次は、分子鎖の反転のラメラ内での伝搬である。 この伝搬はラメラの分子鎖の長軸方向に垂直な二次元の面内で起こる。 この過程が分極反転の律速段階であると考えられている。 最後はラメラ間での伝搬である。 強誘電性ポリマーは、外部電場に対する抗電場が強く、分極の反転に必要な電場が非常に大きいという特徴を持つ。 核の発生場所は結晶と非晶の界面であると考えられている。 照射により非晶部が架橋されると分極反転時間が長くなる。 PVDF単体では最安定なコンフォメーションはTGTG型であったが、共重合体ではTT型となる。 以上では共重合体でTT型、T 3GT 3G型、TGTG型の3種類のコンフォメーションが不規則に混在する。 以下の表に強誘電性の高分子を示す。 ポリマーでEC効果が顕著である理由は、分子量分布が大きいため、相の共存領域が広いためであると考えられている。 外部電界の印加から自発分極への応答はポリマー液晶において低分子結晶と3桁以上遅い。 また、低分子結晶と比べてポリマー液晶の応答速度の温度依存性は大きい。 高温から低温まで応答速度はミリ秒から秒へと3桁以上変化する。 電導性 [ ] 電導性ポリマー conducting polymer には、高分子自体が電導性であるものと、金属、炭素、導電性繊維などの電導性の添加剤を加えられたものとがある。 前者には、主鎖にを含んでを形成する高分子がある。 ただし、高分子鎖中で隣同士の共役系がやに遮られている場合、その高分子は絶縁性を示す。 一方、絶縁性高分子において主鎖の結合様式は飽和結合のである。 この結合では電子は二つの原子に共有されていため、これら原子を離れて分子鎖中を自由に動くことはできない。 主な電導性ポリマーを以下に示す。 n は特に E g に的に依存し、 E g が小さいほど n は大きい。 5 と広いため、 n は極端に小さく、絶縁性である。 領域ではエネルギーは低いため、ポリエチレンは可視光を吸収せず、無色である。 一方、二重結合を結合一つおきに持つ共役系が発達した高分子では、 E g は低いために導電性である。 また、導電性高分子は可視光を吸収し、 E gに対応した色を呈する。 1 eV と狭いため短波長の可視光を吸収し、赤に発色する。 高分子の E g は共役系が長くなるほど小さくなる。 ただし、ポリチオフェンやなどの鎖状の電導性高分子では、により E g の小ささは有限でありポリマーはであるものが多い。 パイエルス転移は一次元的な構造により生じる。 高分子間の相互作用が強くて一次元性が弱いとパイエルス転移は抑えられ、ポリマーはを示す。 は鎖間の相互作用を強くし、性であり、極低温ではとなる。 では鎖間の相互作用は極端に強く、金属の電導性をもたらす。 絶縁体や半導体の鎖状共役系高分子に電子または電子をドープすると、電導率は十桁以上に大幅に上昇し、絶縁体-金属転移が生ずる。 ドナーには 、、など やなどが含まれる。 アクセプターには ヨウ素分子や分子など や(五フッ化ヒ素、、など)、化合物など(など)が含まれる。 ドナーによるドープをn形ドープ、アクセプターによるドープをp形ドープと呼ぶ。 絶縁体-金属転移は可逆である。 また、この転移によりポリマーの光学的性質、磁気的性質、熱力学的性質なども劇的に変化する。 下表に、ポリマーへのドーピングによる電導率の変化を示す。 高分子へのドーピングによる電導率の変化 高分子 ドーパント 電導率 トランス型ポリアセチレン 無 1. 光導電性 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年6月) ポリマーの両端にをかけながら光を照射すると、導電性が向上することがある。 この性質を photoconductivity という。 光伝導性ポリマーでは光照射によって電子 多くの場合にHOバンドの頂上付近 がLUバンドの底付近に励起して電子-対(e-h対)が発生し、これらが分離して導電キャリアとなる。 一般に光伝導性材料にはe-h対を発生させるキャリア発生層と、その移動のためのキャリア移動層の2種類の部位がある。 イオン電導性 [ ] イオン電導性ポリマーはをの担体 キャリヤー とするポリマーである。 その種類の一つは、や PEO などのである。 もう一つは、水や有機分子などの低分子溶媒を吸着した、あるいはこれによって可塑化されたイオン性ポリマーである。 後者には、水を十分に吸着した伝導性が含まれる。 固体電解質ポリマーにおいて、イオンキャリヤーの移動は高分子の緩和現象と協同的に、あるいは類似の時間尺で起こる。 この協同性は、イオンと高分子との間のイオン-双極子相互作用が原因と考えられている。 イオンは高分子によって強くされ、高分子に保持されたまま高分子の局所運動によって移動する。 したがって、ポリマー中を移動するイオンの大きさは、裸のに相関するというより、局所運動のセグメントの大きさに相当する。 また、イオンが長距離を移動するためには高分子との間の溶媒和、および脱溶媒和過程が必要である。 固体電解質ポリマーのは温度や圧力に依存し、その依存性は主にイオンの移動度の変化に起因する。 ただし、伝導率変化は移動度変化というよりも、 ()の進行度変化とされる。 固体電解質ポリマーのイオンの濃度は濃厚溶液ほどに高いためである。 ポリマー中におけるゴム状態の無定形相がイオン電導を担うポリマーでは、伝導率の温度依存性は下式で表される。 伝導率はまたポリマーの濃度にも依存し、一定温度下では伝導率は電解質濃度に対して極大を示す。 光学的特性 [ ]• Kovacs, J. Aklonis, J. Hutchinson, and A. Ramos 1979. Journal of Polymer Science Part B: Polymer Physics 17 7 : 1097-1162. Kovacs 1958. Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry 30 121 : 131-147. Goldstein and M. Nakoneezny 1965. European Journal of Glass Science and Techology. Part B. Physics and Chemistry of Glasses 6: 171-194. Suga, and S. Seki 1974. Journal of Non-Crystalline Solids 16 2 : 171-194. Struik 1878. Physical Aging in Amorphous Polymers and Other Materials. Elsevier, Amsterdam• Kovacs 1963. Fortschritte der hochpolymeren-forschung 3: 394. Yoshida 1995. Thermochimica Acta 266 15 : 119-127. 吉田博久 1986. 熱測定 13 4 : 191. 吉田博久 1988. 熱測定 15 2 : 65-69. 高分子論文集 53 12 : 874-876. Williams and D. Watts 1970. Transactions of the Faraday Society 66 0 : 80. 榮永 義之 2010年4月4日. 2014年5月25日閲覧。 成沢郁夫『繊維やフィルムの性質をしらべる、繊維・高分子測定法の技術』繊維学会、朝倉書店、1985年。 Teruo Fujimoto, Noriyoshi Ozaki and Mitsuru Nagasawa 1968. Journal of Polymer Science Part A-2: Polymer Physics 6 1 : 129-140. 五十野善信「」『日本ゴム協会誌』第74巻第6号、2001年、 212-217頁、 :。 梶山千里『講座・レオロジー』レオロジー学会、高分子刊行会、1992年、96頁。 田村 幹雄, 倉田 道夫, 小高 忠男, 山本 三三三「」『材料試験』第6巻第43号、1957年、 227-231頁、 :。 Lawrence E. Nielsen『高分子の力学的性質』小野木重治訳、化学同人、1965年。 Smith 1958. Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry 32 124 : 99-113. Smith 1963. Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry 1 12 : 3597—3615. Kaelble April 1965. Journal of Applied Polymer Science 9 4 : 1213—1225. Halpin 1964. Journal of Applied Physics 35 1 : 36. Journal of Applied Physics 35 11 : 3133. 1964. Thor L. Smith 1965. Lee. Proceedings of the 4th International Congress on Rheology, Part 2. New York: Interscience• Kamei, Eiichi; Onogi, Shigeharu 1975. Applied Polymer Symposia 27: 19—46. 升田 利史郎, 桐栄 敬二, 来田村 実信, 小野木 重治 1981. 日本レオロジー学会誌 9 2 : 77-82. Kamei and S. Onogi 1976. Polymer Journal 8: 347-362. Hall October 1961. Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry 54 160 : 505—522. 高分子論文集 41 1 : 19-27. 古川淳二 1979. 高性能エラストマーの開発. 東京: 大成社. 畑敏雄 1968. 材料 17 175 : 322-325. 畑敏雄 1968. Lee. Recent Advances in Adhesion. London: Gordon and Breach. 269• 繊維学会誌 7 6 : 306-308. Haward 1948. Journal of the Society of Glass Technology 32: 211-215. Morey 1945. Villars 1950. Journal of Applied Physics 21 6 : 565. 高分子 3 5 : 242-245. 根岸 道治, 伊東 平八郎 1952. 高分子化學 9 92 : 426-433. 伊東 平八郎『高分子学会』1953年。 Sperati, W. Franta, H. StarkweatherJr. 1953. Journal of the American Chemical Society 75 24 : 6127—6133. Howard W. Starkweather Jr. , George E. Moore, John E. Hansen, Thomas M. Roder, Richard E. Brooks August 1956. Journal of Polymer Science Part A: Polymer Physics 21 98 : 189—204. Ohlberg, J. Roth and R. Journal of Applied Polymer Science 1 1 : 114—120. Hammer, T. Koch, J. Journal of Applied Polymer Science 1 2 : 169—178. 植松 市太郎 1960. 高分子 9 7 : 485-488. 日本ゴム協会誌 55 2 : 82-103. 石丸暁「」『日本ゴム協会誌』第71巻第11号、1998年、 662-669頁、 :。 佐藤良泰「」『日本ゴム協会誌』第58巻第2号、1985年、 101-108頁、 :。 藤本 邦彦, 御船 直人「」『日本ゴム協会誌』第59巻第10号、1986年、 584-589頁、 :。 Journal of Polymer Science 61 171 : S7—S10. 和田八三久『高分子の固体物性』培風館、1971年、260頁。 矢野 興紀, 和田 八三久「」『高分子』第30巻第9号、1981年、 705-710頁、 :。 Kazuharu Shimizu, Okimichi Yano, Yasaku Wada, Yasuaki Kawamura 1973. Journal of polymer science Part B Polymer Physics 11 8 : 1641—1652. Phillips 10 November 1970. Proceedings of the royal society A 319 1539 : 565. Journal of polymer science Part B Polymer Physics 15 1 : 43-57. G Frossati and J leG Gilchrist Dec 1977. Journal of Physics and Chemistry of Solids 10 18 : 509-516. Carson 06 March 1973. Proceedings of the royal society A 332 1589 : 255-268. John Le G. Gilchrist 1773-1787. Journal of polymer science Part B Polymer Physics 16 10 : October 1978. Okimichi Yano, Takaya Kamoshida, Shigehiro Sekiyama, Yasaku Wada April 1978. Journal of polymer science Part B Polymer Physics 16 4 : 679—688. Journal of polymer science Part B Polymer Physics 19 2 : 221—227. Thomas and C. King 1975. Applied Physics Letters 26 7 : 406. leG. Gilchrist May 1979. Cryogenics 19 5 : 281-284. Williams, A. Eisenberg 1978. Macromolecules 11 4 : 700—707. Kazuharu Shimizu, Okimichi Yano, Yasaku Wada December 1975. Journal of polymer science Part B Polymer Physics 13 12 : 2357—2368. Hasegawa, Y. Takahashi, Y. Chatani and H. Tadokoro 1972. Polymer Journal 3: 600-610. Takahashi, Y. Nakagawa, H. Miyaji, K. Asai「」『Journal of Polymer Science Part C: Polymer Letters』第25巻第4号、April 1987 1987、 153頁、 :。 Taylor「」『Journal of Applied Physics』第57巻第3号、1985年、 902頁、 :。 千葉 明夫「」『日本物理学会誌』第42巻第4号、1987年、 343-346頁、 :。 川辺和夫 1971. 強誘電体. 共立出版. 156• 応用物理 53 9 : 752-760. Dvey-Aharon, T. Sluckin, P. Taylor and A. Hopfinger 15 April 1980. Physical Review B 21 8 : 3700. T Furukawa, M Date, E Fukada「」『Journal of Applied Physics』第51巻第2号、1980年、 1135-1141頁、 :。 Matsushige, S. Imada and T. Takemura 1981. Polymer Journa 13: 493-499. Takase and A. Odajima 1983. Japanese Journal of Applied Physics 22 Part 2, Number 5 : 318. 湯浅公洋『第14回液晶討論会, 仙台』Sep. 29 1988。 柿沢 紀世雄「」『日本ゴム協会誌』第58巻第9号、1985年、 553-560頁、 :。 吉野 勝美「新しい機能素材としての導電性高分子」『化学』第40巻第5号、1985年、 317頁。 丹羽 利夫, 中山 四郎「」『電氣學會雜誌』第110巻第9号、1990年、 773-776頁、 :。 関連項目 [ ]•

次の

【ツムツム】消去系スキルのツム一覧/1プレイで127コンボする方法│ツムツム速報

ランダム 消去で450 exp

本記事では、ランダム消去スキルを持つツムを紹介します。 ビンゴ等で「ランダム消去スキルを使って〜」という記述がある場合は、コイツ等を使えばOKです。 ハピネスツム グーフィー ティガー プレミアムツム チェシャ猫 セバスチャン クリスマスグーフィー メーター ニック ジョーカーグーフィー 蒸気船ミニー ホイップ 三銃士ドナルド ルミエール パイレーツクラリス ブギー D23スペシャルミッキー アイアンマン いたずらジャック ゴーファー クラシックミッキー ホーンド・キング 勇者グーフィー ジェダイトレーニングレイ ジョン・ディーコン ジャスミン<チャーム> ランダム消去スキルを使うミッション ランダム消去スキルのツムが必要となるミッションは下記です。 ビンゴ23枚目のミッション5 ランダム消去スキルを使って合計30,000,000点稼ごう 合計で3000万点なので、繰り返しプレイしていればクリアできるミッション。 せっかくなら下記のツム達を使って、他のビンゴミッションも並行して進めるのがオススメです。 ブギー ビンゴ23枚目のミッション9「ハートが出るスキルを使ってマジカルボムを合計270コ消そう」を並行して進められる。 パイレーツクラリス ビンゴ23枚目のミッション12「紫色のツムを使って合計120回フィーバーしよう」を並行して進められる。 ニック ビンゴ23枚目のミッション7「ズートピアシリーズを使って合計10,500Exp稼ごう」を並行して進められる。 ビンゴ26枚目のミッション17 ランダム消去スキルを使って1プレイでツムを880コ消そう アイテムを使わないとクリアが困難なミッション。 その上で極力スキルレベルの高いツムをマイツムにして挑戦しましょう。 え!?ルビーが無料で866個も!?.

次の

極限の闘技場6

ランダム 消去で450 exp

・問題文は、ちゃんと解いてもらう方にわかりやすいように全文を書きましょう。 ・計算問題は必ず数式自体をあげ、どのような計算をするのか詳しく説明してください。 ・エラーは、その行とエラーの詳細を書きましょう。 エラーメッセージが出た場合はそのままコピーしてください。 ・後になって問題につけたしをするのはやめましょう。 解いてもらっている方に失礼になってしまいます。 1] OS: [3. 2] コンパイラ バージョン : [3. では改めてよろしくお願いします。 レポートにたえられるようなフローチャートは吐かない。 まだ使い方がよくわからないですが 今から頑張ってみます。 わざわざありがとうございました。 システムファイルは MS-DOS及びMicrosoft Windowsアプリケーションを実行するのに適して いません。 」と表示されてしまい、一歩も前に進めません。 解決方法について検索してみたんですが、こんな初歩のトラブルについて 説明してくれているようなページはありませんでした。 解決方法を教えてください。 宜しくお願いします。 あれは過去の遺産だ。 敢えて言うなら、ペン習字習うのに墨と硯を持ち出すようなもんだ。 システム復元で元に戻します。 XP使ってるんですけど、コンパイラってもともと入ってるもんなのですか? 買ったのは二年前なんですが…。 一応、「cl」を入力してやってみたりもしたんですが、 それでも動きませんでした。 もう五時間くらいやって死にそうです。 exeは. NET Framework SDKとかダウンロードすると入ってる。 早速ディベロッパースタジオとNETフレームワークっていうの ダウンロードしてみました。 あっ、正確には後者はダウンロードしてる途中です。 セットアップをする際にIISを先に取得しろ、って言われたんですが、 これをどこからダウンロードしたらいいのやら。 もう、目がちかちかする。 こんなにパソコンと格闘するの初めてですわ。 すいません、IISのダウンロードの場所を知ってたら教えてください。 宜しくお願いします。 落ち着きます。 確かに、もっと自分で調べてみたほうがためになりそうなので、 頑張ってみようと思います。 なんか昨日は、わけもわからず一人で テンパってました。 どうもありがとうございました。 ありガット! 参考になりますた。 遅れてごめん。 test. voca test. grammarを作成した後で、mkdfa. plを使うことで 自動的にtest. dfa, test. term, test. dictが作成されるはずなのですが 実行時に下記エラーが表示されます。 mkdfa. plと同じディレクトリにmkfa. exeは存在しているのですが どうしてもこのエラーが出ます。 どなたかアドバイス頂ければ助かります。 C言語です。 sakura. cgi? 細かいところは好きにして。 h なんてあるのか。 始めてみた。 関数ではその平均値を計算してメインに戻す。 実引数は配列名と要素数とする) っていう問題がとけません。 数字を詰める事はできたんですけど、 関数が??? お願いします。 こちらのスレの住人のかたがたのようなレベルの高いかたに ピッタリだと思いますので、是非一度ご覧下さい。 (data. (kekka. つーか、少しは指摘されたことに頭使おうや。 あとしたから7桁、8桁、9桁、10桁のデータ も出力したいんです。 テキスト名は任意(適当)に付けてください。 お願いします。 レベル低いです; 10進数でお願いします。 txt", "wt" ; if! txt", "wt" ; int i; if! newとかdeleteとか使ってるから、もしCがよければ自分で書き換えろ。 そのくらい自分でやってもいいだろ。 関数を使ってみたのですがコンパイルできませんでした。 どこがいけないかわかりません。 お願いします。 dxf"; std::ifstream input filename ; if! 例えば40バイト目から10バイトが1111001110だったら0000110001にして保存です。 73, 1. 68, 1. 89, 1. 65, 1. 60, 1. 75, 1. 80, 1. 75, 1. 83, 1. 90, 1. 68, 1. 77, 1. 62, 1. 58, 1. 53, 1. 49, 1. 80, 1. 72, 1. 70, 1. 平均身長1. 71m 1. 3m : 1. "C言語 文法"などのキーワードでぐぐる。 STEP2. 検索されたサイトを見て理解する。 STEP3. 自分なりに問題の解答になるように覚えたことを応用する。 73, 1. 68, 1. 89, 1. 65, 1. 60, 1. 75, 1. 80, 1. 75, 1. 83, 1. 90, 1. 68, 1. 77, 1. 62, 1. 58, 1. 53, 1. 49, 1. 80, 1. 72, 1. 70, 1. 3, 1. 4, 1. 5, 1. 6, 1. 7, 1. 8, 1. 9, 2. は以下の4パターンの文字の区切れ方でそれぞれ作成します。 その4パターンとも対応したいのですが、判別する部分がわかりません。 お願いします。 以下の実行結果を表示するように身長と標準体重の対応表を表示する プログラムを作成せよ。 なお、表示する身長の範囲(開始値、終了値、増分)は、 整数値として読み込み、標準体重は小数点以下2桁だけを表示すること。 標準体重の求め方は (身長ー100)*0,9 実行結果(の例) 何cmから:150 何cmまで:190 何cmごと:5 150cm: 45. 宜しくお願いします。 矛盾しない具体的な説明を希望する。 h と BBB. h という二つのファイルがあります。 AAA. h には define DAM 1 BBB. h には define DAM 2 と定義されています。 両ヘッダを編集せずに、両方の定義値を使用する方法は 例えば CCC. h と CCC. include "AAA. ありがとうございました。 charなら7個じゃできない。 質問があからさまに初心者用やし、そんな相手に UNICODEとかシフトJISとか半角とか全角とか いちいち細かい注文つけへんと思うねん。 課題の要点は、文字列処理よりも「配列の後方転送」とちゃうかな。 解答全部やないけど、これでサンプルとかヒントになるかいな。 while n! 読みにくいから、もういっぺん貼っとこか。 while n! 実行すると、78 456 123 のように表示されるようにしたいのです。 141592;の意味がよくわからないので 教えてください。 141592;の意味は atan2 関数を引き数y と x で呼び出し、その結果をラジアンから度に変換して 呼び出し元で用意した場所に格納している。 atan2 関数が何をしているかくらいは自分で調べろ。 プログラム作成の方は、main の方は同じ要領だから省略。 変換関数は、r とtheta を求める代わりにx とy を求めればいい。 入力した各データは、一旦それぞれに配列に格納して、学籍番号をキーに昇順にソートする。 そして、ソートしたデータのそれぞれをカンマで区切ったレコードにして csv形式のファイルへ出力するプログラムを考えてます。 ・分かってる点、始点(X1,Y1)中点(X2、Y2)終点(X3,Y3)です。 ここに貼るのは難しい。 しかも今ちょっと忙しい(本業:システムエン死に屋) 捨てアドでも晒してくれたら今日・明日中にでも送りますが。 ていねいなソースありがとうございました。 もう一度挑戦してみます。 区別をつけたつもりが変な区別のつけ方になってしまいました。 どうかよろしくお願いします。 で、Fractional Derivateってなんだ。 しかもLINEとかの描画処理が入ってるが、これはどうだろうな・・・。 こんな宿題出すやつの気が知れん。 OSはなんだ。 Windowsか? 環境を明記しとけば、暇人が手伝ってくれるかもしれん。 どう答えればいいかも よく分からない小娘ですが、 宜しくお願いします。 これではどうでしょうか? 指定されたファイルの指定された範囲のデーターをNOTで反転 例えば40ビット目から10ビットが1111001110だったら0000110001にして保存です。 非整数微積分をフーリエ変換を用いて表したものです。 但し、行は最大 80 文字とし、 80 文字以上の行は先頭 80 文字だけの行として取扱い出力し、 空行は出力しないで下さい。 また、同じ長さの行は入力した順番に出しなさい。 レポートでは、実行例として、作成したソースプログラムをプログラムに入力した出力と、 のホームページのソースを入力した結果を先頭 5 行、 最後の 5 行を示しなさい。 なお、取り扱える行数は実行時のコンピュータのメモリーのサイズのみに 依存しなければなりません。 勝手な上限を設けてはいけません。 よろしくお願いします。 徹夜とかないからな レポートでは、実行例として、作成したソースプログラムをプログラムに入力した出力と、 と のホームページのソースを入力した結果を先頭 5 行、 最後の 5 行を示しなさい。 すいません。 確認したところ257の最後のretuenはいらないみたいです。 でも何か間違っている気がします。 ややこしくてすいません。 コマンドプロンプトでも試したのですが、使えませんでした。 >天の上にヒトを作らず、 >天の下にヒトを作らず、 >って言葉しらねえのかw? 「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」って言葉なら知ってます。 BCC? それ次第で描画系コードが変わると思うんだけど。 length li; std::string line; while std::getline std::cin, line if! line. empty li. line. substr 0, 80 : line ; li. end ; first! あらためてdoubleのxを使え。 3 gcc-2. 96-113 上ではparse errorが出てしまいます。 見ての通りぴよぴよですが解決をご教授下さいませ。 10人分入力し、最後に合計点の高い順に整列させ一覧を表示する事とする。 お願いします。 Cだとシンタックスエラーになるはずなんだが。 それにprintfに括弧がついてないけど。 ソースをコピペしてみて。 初心者で申し訳ありません。 学校変えた方がいい。 dendai. 嫌になります。 english; temp. english; table. begin , table. end ; first! strlen が正しく動かない時はないのけ? 読み込みは EOF または改行文字を読み込んだ後終わる。 改行文字は読まれるとバッファに書き込まれる。 国語と言えば日本語しか 思いつかないようなやつだよ。 ありがとうございました。 ところでvectorって普通の構造体配列のように たとえばhoge[2]. 出来なかったら糞だし誰も使わないよ。 イテレーターがどうとかでそんなものを使わないと できないのかと思ってました。 dendai. dendai. dendai. dendai. まだまだ余裕じゃん。 dendai. dendai. include include define MAX 100 (こぴぺがたるいので以下略) 以上。 プログラム内容は銀行の入金と出金を個別にファイルから入力しそれをポインタを使ってメモリに保存していくものです。 他の関数(入金と出金)を呼び出す必要があると思いますがそれは省略してくれてOKです。 この関数の役割はそのポインタと配列を使ってメモリ内にストア していくものです。 説明不足でしたら申し訳ありませんがよろしくおねがいします。 その状態で俺が作った所で頓珍漢で無駄だらけのプログラムになる事必至。 だから作らん。 コピーされてる大元は自分で作った奴だろ? オマエも自分で作れ。 [3] 環境 [3. 1] OS:リナックス [3. 2] コンパイラ バージョン :gcc [3. ファイルには「D, 234. 25」「W, 25. 13」といった感じで表現されており、 「D」の場合そのあとの数を入金し、「W」のときに出金します。 そこで挿入した数値を上記の「void InsertTransaction char,float ;」にて ポインタで処理するわけです。 全部大文字はマクロ定義ぐらい。 ちょっと安心した。 これからもこれで行く。 最適化オプションつければ関係無いけど、 コンパイラの方にもバグあるからねぇ。 数値計算限定の話じゃないかな。 嬉しくて涙が出そうです。 私、馬鹿なんで細かい事は分からないんですけど理解できるようがんばります。 しらんかった。 ほんまかどうか調べてみよう。。。 ちなみに、 A の所は全部大文字ではない。 たしかに遅くなりそう。 コンパイルしている言語が違うことに微塵も気づく気配が無いほどぴよぴよでした。 本買って勉強してきます。 そして、 RETURN で戻り先がなくてアボーン。 強そうで。 色々試してみましたが、上手くうごきません。 問題は非整数ブラウン運動の例です。 諦めそうです。。 元のプログラムが未完成品なのか、全文伝わっていないのか。 どっちみち、0から書いたほうが早そうな。 今すぐ試すことができないのですが、残念ですが。 急いで試しに行きたいと思います。 さっきPC-9801DAの電源入れたらMS-DOS版N88Basicがちゃんと動いた。 尤も、Webに繋ぐためにはPC Win端末 とシリアル RS-232c で転送しないとならないけど。 ・分かってる点、始点(X1,Y1)中点(X2、Y2)終点(X3,Y3)です。 円弧は円のみではなく始点から始まって終点まで描画する円弧も作成できるようにしたいです。 name ; if strcmp q. とっても助かりました。 がんばります。 某県立高校にて。 キーボードから入力された10真数を、2真数として出力するプログラムをつくりなさい。 2進数への変換は、商が0になるまで10進数を2で割り、余りを逆の順番で並べる方法を 用いる。 ただし、入力は正の整数であって、最大値は16383 すべてが1である14桁の2進数 とする。 キーボードから入力した文字列の中の、英大文字、英小文字、数字、その他(記号など)の 個数を出力するプログラムを、ポインタを使ってつくりなさい。 キーボードから和暦(英文字に続く数字)を入力したとき、西暦年を出力するプログラムを プログラムを作りなさい。 ただし、明治はmまたはM、大正はtまたはT、 昭和はs、またはS、平成はhまたはHとし、数字は必ず2けたで入力するものとする。 たとえば、平成7年の場合は、H07またはH07と入力すること。 それってC言語の初歩の初歩じゃん。 自分でやった方がいいと思うし、自分で出来るレベルの問題だよ。 問題解かしてもらってる立場の分際で バグ作っちゃったりしてほんとにごめんなさい。 0で使えるようにして、ついでに公開してよ。 どなたか難問に挑戦してくださいますか? 課題:標準入力からテキストファイルを読み込み、 行を短い順に出力しなさい。 但し、行は最大 80 文字とし、 80 文字以上の行は先頭 80 文字だけの行として取扱い 出力し、空行は出力しないで下さい。 また、同じ長さの行は入力した順番に出しなさい。 bbn. html のホームページのソースを入力した結果を先頭 5 行、最後の 5 行を示しなさい。 なお、取り扱える行数は実行時のコンピュータのメモリーのサイズのみに依存 しなければなりません。 勝手な上限を設けてはいけません。 これは getline 文字配列のポインタ, 文字数, 区切り文字 で呼びます。 ここで、区切り文字が来る前に文字数-1 文字だけ読み込んでしまった時、 std::ios:failbit が ON になってしまいます。 この場合 clear メソッドでこのビットを OFF にする必要があります。 但し、この clear メソッドは std::ios:eofbit も OFF にしてしまうので、 注意して使う必要があります。 以下は標準入力から各行を高々 80 文字だけ読み込み出力するプログラムです。 cin. getline buffer,sizeof buffer ; cout 453さん 返信がおくれてすいません。 プログラム本当にありがとうございます。 今回色々な人に助けられて、無事に課題を終えることができました。 構造体の配列を使って以下のように出力するとします 出席番号 名前 点数1 ・・・ 点数N 平均点 評価 メンバには上の全てをくわえ、平均点は点数1〜Nで計算、評価は平均点で考えるとします。 このとき平均点は0を入れて初期化が適当ですが、評価のところには何を入れればよいのでしょうか。 どなたかご教授願います。 後は評価が出力されれば課題終了です。 3も2と同様に。 5は実行するだけ。 いくつかのソースは入力済みです。 「50単語程度からなる英文 複数のセンテンスでも可 をファイルから読み込み、その文章中に出現する単語とその頻度を画面表示するプログラムを作成すること。 」です。 実行結果が以下のようになるようにお願いします。 ファイルの内容例 Put your hand on a hot stove for a minute, and it seems like an hour. Sit with a pretty girl for an hour, and it seems like a minute. That's relativity. すいません。 やってみましたが、どうもうまくいきません。 誰か教えてください。 以下のような動作をするプログラムを、ビット演算子利用して作成しなさい。 まずキーボードからアルファベット1文字読み込む。 ただし、アルファベット以外の文字が入力された場合は、アルファベットが入力されるまで入力を繰り返す。 そのようにしてキーボードから入力されたアルファベットが大文字なら小文字へ、小文字なら大文字へ変換し、 表示するプログラムを作成しなさい。 ただし、変換する部分の処理には必ずビット演算子を使用すること。 注意) ・必ず、入力された文字がアルファベットであるかどうかを判断して、アルファベットが1文字入力されるまで、入力を繰り返すこと。 ・C言語には大文字に変換する標準関数toupperや小文字に変換する標準関数が用意されているが、それらを使用してはならない。 よろしくお願いします。 入力は整数型のポインタ 入力されたポインタに対して、順に格納されている正の整数を 10 個ずつ表示する。 入力に -1 が入っていたら終了する 例えば整数型の配列 a[] が 1 から 15 まで順に入っていて、最後に -1 が入っている時、dispArray a は次のような出力をする。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 課題 1-2 次の条件を満たす関数 rotate を作りなさい。 入力は整数型のポインタ 入力データはポインタから順に正の整数が並び、最後に -1 の値で終了する この関数は入力されたポインタに対して、最初の正の整数値を一番後ろ -1 の手前 に移動し、残りのデータは一つずつ前にずらす。 例えば 1, 2, 3, -1 という配列の先頭番地を rotate に与えると 2, 3, 1, -1 となります。 気を悪くされたかた、失礼しました。。。 すごく参考になりました。 の場合分けは必要ないぞ。 してみる。 名前入れるの忘れてました。 おかげさまで何とか完成することができました。 次にやるときは自力でできるようにがんばりたいと思います。 お世話になりました。 561さんのを参考にして、 自分の分かるやつを見ながらいろいろやっていたら、何とか作れました。 重ね重ねありがとうございました。 例:「1. 3, 1. 6, 2. 8, 1. 0, 0. 1」という数列を 0. 5刻みで整頓させ「1. 5, 1. 5, 3. 0, 1. 0, 0. 0」とする。 Cのコンソールで5つの数値と区切り幅を入力させる感じでお願いします。 区切りに吸着しさえすればよいです。 wakwak. 但し、行は最大 80 文字とし、 80 文字以上の行は先頭 80 文字だけの行として取扱い出力し、 空行は出力しないで下さい。 また、同じ長さの行は入力した順番に出しなさい。 レポートでは、実行例として、作成したソースプログラムをプログラムに入力した出力と、 のホームページのソースを入力した結果を先頭 5 行、 最後の 5 行を示しなさい。 なお、取り扱える行数は実行時のコンピュータのメモリーのサイズのみに 依存しなければなりません。 勝手な上限を設けてはいけません。 よろしくお願いします。 但し、行は最大 80 文字とし、 80 文字以上の行は先頭 80 文字だけの行として取扱い出力し、 空行は出力しないで下さい。 また、同じ長さの行は入力した順番に出しなさい。 レポートでは、実行例として、作成したソースプログラムをプログラムに入力した出力と、 のホームページのソースを入力した結果を先頭 5 行、 最後の 5 行を示しなさい。 なお、取り扱える行数は実行時のコンピュータのメモリーのサイズのみに 依存しなければなりません。 勝手な上限を設けてはいけません。 よろしくお願いします。 但し、行は最大 80 文字とし、 80 文字以上の行は先頭 80 文字だけの行として取扱い出力し、 空行は出力しないで下さい。 また、同じ長さの行は入力した順番に出しなさい。 レポートでは、実行例として、作成したソースプログラムをプログラムに入力した出力と、 のホームページのソースを入力した結果を先頭 5 行、 最後の 5 行を示しなさい。 なお、取り扱える行数は実行時のコンピュータのメモリーのサイズのみに 依存しなければなりません。 勝手な上限を設けてはいけません。 よろしくお願いします。 但し、行は最大 80 文字とし、 80 文字以上の行は先頭 80 文字だけの行として取扱い出力し、 空行は出力しないで下さい。 また、同じ長さの行は入力した順番に出しなさい。 レポートでは、実行例として、作成したソースプログラムをプログラムに入力した出力と、 のホームページのソースを入力した結果を先頭 5 行、 最後の 5 行を示しなさい。 なお、取り扱える行数は実行時のコンピュータのメモリーのサイズのみに 依存しなければなりません。 勝手な上限を設けてはいけません。 よろしくお願いします。 よろしくお願いします。 但し、行は最大 80 文字とし、 80 文字以上の行は先頭 80 文字だけの行として取扱い出力し、 空行は出力しないで下さい。 また、同じ長さの行は入力した順番に出しなさい。 レポートでは、実行例として、作成したソースプログラムをプログラムに入力した出力と、 のホームページのソースを入力した結果を先頭 5 行、 最後の 5 行を示しなさい。 なお、取り扱える行数は実行時のコンピュータのメモリーのサイズのみに 依存しなければなりません。 勝手な上限を設けてはいけません。 よろしくお願いします。 あと、テキストをプログラムに入力する際の リダイレクトの使い方がよくわかりません。 言語はCです。 よろしくお願いします。 但し、行は最大 80 文字とし、 80 文字以上の行は先頭 80 文字だけの行として取扱い出力し、 空行は出力しないで下さい。 また、同じ長さの行は入力した順番に出しなさい。 レポートでは、実行例として、作成したソースプログラムをプログラムに入力した出力と、 のホームページのソースを入力した結果を先頭 5 行、 最後の 5 行を示しなさい。 なお、取り扱える行数は実行時のコンピュータのメモリーのサイズのみに 依存しなければなりません。 勝手な上限を設けてはいけません。 よろしくお願いします。 できれば、夜の7時までにお願いします。 その後遊びに行きたいので。 但し、行は最大 80 文字とし、 80 文字以上の行は先頭 80 文字だけの行として取扱い出力し、 空行は出力しないで下さい。 また、同じ長さの行は入力した順番に出しなさい。 レポートでは、実行例として、作成したソースプログラムをプログラムに入力した出力と、 のホームページのソースを入力した結果を先頭 5 行、 最後の 5 行を示しなさい。 なお、取り扱える行数は実行時のコンピュータのメモリーのサイズのみに 依存しなければなりません。 勝手な上限を設けてはいけません。 よろしくお願いします。 できれば、夜の7時までにお願いします。 その後遊びに行きたいので。 但し、行は最大 80 文字とし、 80 文字以上の行は先頭 80 文字だけの行として取扱い出力し、 空行は出力しないで下さい。 また、同じ長さの行は入力した順番に出しなさい。 レポートでは、実行例として、作成したソースプログラムをプログラムに入力した出力と、 のホームページのソースを入力した結果を先頭 5 行、 最後の 5 行を示しなさい。 なお、取り扱える行数は実行時のコンピュータのメモリーのサイズのみに 依存しなければなりません。 勝手な上限を設けてはいけません。 よろしくお願いします。 できれば、夜の7時までにお願いします。 その後遊びに行きたいので。 但し、行は最大 80 文字とし、 80 文字以上の行は先頭 80 文字だけの行として取扱い出力し、 空行は出力しないで下さい。 また、同じ長さの行は入力した順番に出しなさい。 レポートでは、実行例として、作成したソースプログラムをプログラムに入力した出力と、 のホームページのソースを入力した結果を先頭 5 行、 最後の 5 行を示しなさい。 なお、取り扱える行数は実行時のコンピュータのメモリーのサイズのみに 依存しなければなりません。 勝手な上限を設けてはいけません。 geocities. これって どういうことですか?教えてください。 複数回出現する場合にはその全てを表示するようにしたいのですが。 ご教授お願いします。 もっとスマートな方法はないでしょうか? これは、画面に図形を描画するときなど、図形データの保存はスマートなの ですが、読み込みが汚くなります。 ありがとうございました。 但し組み合わせに制限があると設計が硬直化するので、FactoryMethodより も柔軟性に欠けるし変更が面倒くさい。 どなたかわかる方いましたらお願いします。 プログラムの動作例は以下のように考えています。 ・キーボードから文章を入力する。 ・「99」を押したら入力終了。 ・その後、出力ファイル名を指定して. txt形式に出力する。 とりあえず入力する文字は100文字程度で、考えています。 どうやれば実行結果が得られるのか、詳しく教えていただきたいです。 お願いします。 sakura. cgi? なお、べき次数n およびデータ点数mを様々に変化させよ。 なお、べき次数n およびデータ点数mを様々に変化させよ。 手に負える人だけ解答して下さい。 循環リスト(末尾ノードに先頭ノードを指すポインタを与えたもの)で、 a〜hのどのアルファベットからスタートしても、アルファベット順で1周するような順序 を実現してください。 問題1. 実数のキューおよびスタックのクラスを、配列および連結リストで作成せよ。 (整数でなく実数。 それぞれを作成するので4つ) 問題2. 実数のスタックを用いて逆ポーランド式計算機を作れ。 余裕があれば単語分割するクラス (TokenReader を改良してキューを利用した形にしてみよ。 次に示される関数を利用して、f2 2 を求めなさい。 確か93年くらいの問題集からの問題だった気がします。 スマートな書き方でお願いします。 これで残りの問題も解けそう。 『二つの円O1,O2それぞれの半径をr1,r2(可変)とする。 r1-r2の領域 を黒く塗りつぶすプログラムを作りなさい。 ただし、全体領域を100行 100列であるものとする。 』 という内容ですが、C言語で教えていただけないでしょうか。 どうか お願いします。 全体領域の定義がよくわからないからそこれへんは適当に直してくれ。 の脳では理解できません。 文章を入力し終わり、Enterキーを押し改行してから 9を2回押し、Enterキーを押してから終了ということです。 どうもありがとうございました。 if any one can help me, please give me some idea or program that i can get good grade. i can read japanese but cant write. i'll try my best. i just quit this shit and will go outside to buy ganja. bye-bye thank you all! Is it able to make same intresting game program by c? ありがとうございました。 This program will require the student to build a singly-linked list. If the insertion of a duplicate is attempted, a message should be output to the printer indicating the value of the KEY that was provided and the fact that it was a duplicate and insertion was disallowed. After the entire list has been built, it shoud be output ot the pirnter. 申し訳ありません。 実数スタック 実数キュー 計算機 上2つはこのサンプルテンプレから配列の場合と連結リストの場合に合わせて書き換えなければならない・・・です。 後になって問題につけたしをするのはやめましょう、と注意書きがあるのにすいません。 どうかお願いします。 問題1. 実数のキューおよびスタックのクラスを、配列および連結リストで作成せよ。 (整数でなく実数。 それぞれを作成するので4つ) 問題2. 実数のスタックを用いて逆ポーランド式計算機を作れ。 余裕があれば単語分割するクラス (TokenReader を改良してキューを利用した形にしてみよ。 これは理解出来る。 なぜ が2個必要なのか、という質問なのですが。 文字列を何も入力せずいきなり をたたくとなにも出力されません ( if fgets が false になる)。 この場合は 1個で済みます。 (Linux での話です。 DOS だと が2回必要なのでしょうか。 行頭以外の CTRL-D がどう扱われているのか、なんか複雑なのですが、 動作から推測するに 1 行頭の CTRL-D は EOF と解釈される 2 いったん文字入力を始めると"行の途中" という状態になる。 3 行の途中 状態を終了するのは RETだけ CTRL-M とか CTRL-J とか。 stty の状態によるでしょうが)。 4 行の途中の CTRL-D は無視される。 ただし直後に CTRL-D が続くと EOF になる。 0, f, rkqs ; は積分をする関数で、積分区間MIN( define MIN 0. 0)からMAX( define MAX 10. 0) までの途中計算を出力せずに、MAXの時の値を返す関数です。 man fgets によれば、fgets が NULL を返すのは、エラーか、 一文字も読まずにEOFになった場合。 文字を読んだ後 EOF になっても NULL を 返さないのはマニュアルどおりです。 質問は、EOF にするのになぜ Ctrl-D が 2回要るか、ということでした。 本を読んだわけではありませんが、ネットで少し調べると、どうも端末のバッファリングが 関係しているようでした。 abc と入力したあと、ctrl-D や RET を押す前なら、backspace で修正等が出来る。 ctrl-D を押すと、現在のバッファの内容が送られ、バッファは空になる。 バッファが空の時に ctrl-D を押すと、EOF になる。 バッファが空なのは、行頭か、ctrl-D を押した直後。 どうもこういうことらしいです。 0,0. 0,1. 0 ; p. print ; q. add q で p と q の和がえられるようにはできますよね。 でも friend を使う方が普通では。 そしてC[i][j]は合法でしょうか。 しかもどういう計算が行われた出たのかわからん数値が。 行列の形で表示できない。 forのところでも聞きたいのですが、うまくわからないとこを説明できないです。 模範解答があって初めて自分の間違いに気づきそうな気がします。 さあ次いきましょ、次。 面倒なループなんて考えずに済むぞ。 あと759さんのおかげで正しい値は出ました。 これがわからないで単位をとろうというのは、なんぼなんでも無理。 ありがとう 他の人もありがとでした。 ここまで自力で作りましたが合っているかわかりません。 よろしくお願いします。 とおバカな質問。 とずいぶん偉そう。 と開き直る。 最後のレスのもどうも… こんな糞みたいな奴の質問にも答えてあげるこのスレの人はいい人過ぎ。 どうにかしてください。 そのレス番はおまい本人だから、当然おまいは正解を初めから知っている。 その上で漏れを試して、漏れがまちがえたときに、それを打ち明けて 漏れをはめようとしている。 そうはいかない。 なんだが。 ポインタと配列を使って、どうにかして解いてもらえないでしょうか? ほんとわからなくて困ってます。 ここの掲示板だけが救いなので、お願いします。 それが最善。 コテならいつまでも過去の行動に粘着されるからな。 名前: E-mail 省略可 : read. cgi ver7.

次の