バンザイちりめん山椒 イラスト。 バンザイ山椒

イラストもやばい(笑)『ふざけた名前しやがってw』と話題のあられ煎餅「バンザイ山椒」が攻めすぎ旨すぎ!

バンザイちりめん山椒 イラスト

「チョコボールのなかみ」108円 BuzzFeed なんと、チョコボールの中身だけを取り出した商品です。 「え?ただのピーナッツじゃん」と思いますよね。 しかし、実はただのピーナッツではなく、サクサクのクリスプ生地をまとったピーナッツなんです。 思っていたよりも歪(いびつ)…。 BuzzFeed じゃがいもみたいです。 よく知っているチョコボールなのに、なんだか初対面の感じがしますよね。 味はしょっぱくて、お菓子というよりおつまみ。 BuzzFeed いつもは甘さを引き立てている塩味が、単独で飛び込んできます。 味は「うましお味」と「塩キャラメル味」の2種類。 「なんでまた!?」と言わざるを得ないコラボですよね。 共通しているのは国民に愛されているということだけ。 見た目はホームパイですが、ソースの香りがプンプンします。 BuzzFeed 「怪しいな〜」と思いながら、一口パクリッ。 これがね、美味しいんですよ。 BuzzFeed 信じ難いかもしれませんが、本当です。 慣れ親しんだソース味と、ホームパイのサクサク感が相性抜群。 わかりやすくいうと「キャベツ太郎」の味がします。 トンデモ系お菓子ではなく、普通に美味しいお菓子なので、見かけたらぜひ。 中身はこんな感じ。 BuzzFeed 結構大きいですが、容量は7個と少なめ。 食べてみると… 口の中が\パチパチ/する! BuzzFeed パチパチキャンディが口の中ではじけます。 「ドンパッチ」または「わたパチ」という駄菓子をご存知でしょうか?それに近いパチパチ感です。 そして、レモン風味のチョコがさっぱりしていて美味しい。 ファミマ先行発売です。 「バンザイ三唱」とかけた、なんともユーモア溢れる商品名。 ユルすぎるパッケージイラストも可愛いんです。 イラストはユルユルだけど、中身はゴツゴツ。 BuzzFeed 枝豆ペーストを使用しているからか、ほんのり緑色です。 強めに効いた山椒パウダーが、辛くてしょっぱくて、もう最高〜。 どのくらい堅いかというと… デスクマットくらい堅い!!! BuzzFeed グミの堅さを超越しています。 このくらい容赦ないのを待っていたので、噛みながら感動してしまいました。

次の

今回のおやつ:岩塚製菓の「バンザイ山椒あられ」を食べる!

バンザイちりめん山椒 イラスト

ある日、ローソンに行ったら… BuzzFeed カップ麺コーナーが\真っ黒/になっていました。 「麺屋武蔵」は、言わずと知れた超人気ラーメンチェーンですよね。 価格は318円と少しお高め。 それとカレーが合わさると…?楽しみです。 中身はこんな感じ。 え、ちょっと待って… 麺がすでにウマそうなんだけど。 流れるようなウェーブを見ていると、早くすすりたくなりますね。 粉末スープを入れ、熱湯4分。 4分後、液体スープを入れたら完成。 最初に感じるのは麻辣で、後からカレーのコクが。 麺屋武蔵の「鶏と鰹のWスープ」はそこまで強くは感じず、美味しさを下支えしているという印象です。 ものすごく辛そうな色をしていますが、意外にも辛さはほとんどありません。 そして… 麺が素晴らしい。 繊細なウェーブが、若干とろみのあるスープをよく絡めてくれます。 ここで特製スパイスを投入。 スパイスの正体は山椒で、少し入れただけで一気に四川料理になります。 山椒によって舌がヒリヒリとしびれます。 四川料理が好きな私にとってはたまらない刺激です。 具がちょっと寂しかったので、サラダチキンの切り落とし(150円)をトッピング。 物足りない方はお好みのトッピングをそえてください。 追い飯がめちゃうまい。 後を引く辛さで、2合くらい食べられそう…。 あっつあつのご飯と、山椒のヒリヒリ感がたまらない…。 そして、この段階で気が付いたのですが、かやくにはパクチーが入っています。 パクチーの葉を偶然かじってようやく風味を少し感じるくらいですが、苦手な方は注意が必要かもしれません。 山椒のヒリヒリ感が好きな方にオススメ。 BuzzFeed 山椒が強烈に効いたあられ菓子です。 「バンザイ三唱」とかけた、なんともユーモア溢れる商品名。 ユルすぎるパッケージイラストも可愛いんです。 強い山椒味を求めてるいる方、必見です。

次の

攻めたイラストと名前がSNSで話題 ファミマ限定の煎餅「バンザイ山椒」

バンザイちりめん山椒 イラスト

ある日、ローソンに行ったら… BuzzFeed カップ麺コーナーが\真っ黒/になっていました。 「麺屋武蔵」は、言わずと知れた超人気ラーメンチェーンですよね。 価格は318円と少しお高め。 それとカレーが合わさると…?楽しみです。 中身はこんな感じ。 え、ちょっと待って… 麺がすでにウマそうなんだけど。 流れるようなウェーブを見ていると、早くすすりたくなりますね。 粉末スープを入れ、熱湯4分。 4分後、液体スープを入れたら完成。 最初に感じるのは麻辣で、後からカレーのコクが。 麺屋武蔵の「鶏と鰹のWスープ」はそこまで強くは感じず、美味しさを下支えしているという印象です。 ものすごく辛そうな色をしていますが、意外にも辛さはほとんどありません。 そして… 麺が素晴らしい。 繊細なウェーブが、若干とろみのあるスープをよく絡めてくれます。 ここで特製スパイスを投入。 スパイスの正体は山椒で、少し入れただけで一気に四川料理になります。 山椒によって舌がヒリヒリとしびれます。 四川料理が好きな私にとってはたまらない刺激です。 具がちょっと寂しかったので、サラダチキンの切り落とし(150円)をトッピング。 物足りない方はお好みのトッピングをそえてください。 追い飯がめちゃうまい。 後を引く辛さで、2合くらい食べられそう…。 あっつあつのご飯と、山椒のヒリヒリ感がたまらない…。 そして、この段階で気が付いたのですが、かやくにはパクチーが入っています。 パクチーの葉を偶然かじってようやく風味を少し感じるくらいですが、苦手な方は注意が必要かもしれません。 山椒のヒリヒリ感が好きな方にオススメ。 BuzzFeed 山椒が強烈に効いたあられ菓子です。 「バンザイ三唱」とかけた、なんともユーモア溢れる商品名。 ユルすぎるパッケージイラストも可愛いんです。 強い山椒味を求めてるいる方、必見です。

次の