豚 ヒレ レシピ。 【低温調理】で豚ヒレ肉を調理 温度60℃・63℃・66℃で比較

しっとり塩豚ハム

豚 ヒレ レシピ

アレンジの仕方は無限大! 簡単・無添加・ヘルシーな手作りハムを食卓に。 7 g — タンパク質 25. 5 g 体重 x 1. 5g 脂質 2. 1 g — 食物繊維 0 g 20 g 以上 カリウム 500 mg 3500 mg 以上 カルシウム 4 mg 650 mg 以上 マグネシウム 32 mg 350 mg 以上 鉄分 1. 0 mg 7. 5 mg 以上 亜鉛 2. 5 mg 10 mg 以上 《手順》 豚ヒレの下ごしらえ 豚ヒレの全面に塩をまぶしてキッチンペーパーで包み、ラップで巻いて冷蔵庫で1日寝かせておく。 フリーザーバッグに投入 1日寝かせた豚ヒレの水気をペーパーで拭き取り、フリーザーバッグに入れて酒を加える。 フリーザーバッグの空気を抜いて密封する。 BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。 仕上げ BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出す。 すぐに食べる場合はあら熱が取れたらお好みの厚さにスライスして皿に盛り付け、出来上がり。 すぐに食べない場合は、豚ヒレをバッグごと氷水で完全に急冷し、冷蔵庫で保存する。 《作る際のポイント》 1. 塩の選び方がポイントになります。 必ず天然塩をご使用ください。 味の尖った塩化ナトリウムだけの精製塩の場合、美味しさが半減してしまいます。 BONIQの終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグの中で冷ましましょう。 すぐにカットしてしまうとせっかくの肉汁が流出してしまうので、あら熱が取れてからカットするようにしましょう。 《作った感想》 塩豚とは文字通り、豚肉に塩を塗り込んで作るもの。 実はこれ、かなり使える存在なのです。 美味しい天然塩を塗り込むだけで、豚肉が驚くほどに美味しくなります。 煮込んでポトフにしたり、焼き目をつけてローストポークにしたりと、万能選手です。 通常の塩豚は豚バラ塊肉や豚肩ロース肉で作りますが、今回はヒレ肉を使って塩豚を作りました。 仕上がりはハムそのもの。 とってもしっとりしていて臭みもなく、豚肉のほんのりとした甘みとちょうど良い塩気がとても美味しかったです。 市販のハムは着色料や添加物、塩分も気になりますよね。 ぜひご家庭で、簡単手づくりハムを作ってみてくださいね! BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス エネルギーに対するタンパク質の割合は66%と高く、糖質の割合は1%と低く、脂質は25%と低いバランスです。 豚ヒレ肉は100g当たりタンパク質22. 2g、脂質3. 7gと鶏ささみに匹敵するほどの高タンパク質、低脂質です。 塩豚ハムにすることで一人分の食塩相当量が3. 1gと高めなので、カリウムが多い生の野菜や果物と一緒に摂ったり、他の食事で調整すると良いですね。 豚ヒレ肉にはビタミンB1、鉄分、ナイアシン、ビタミンB6が多く含まれています。 ビタミンB1は豚肉に多いですが、その中でもヒレ肉の含有量はト100g当たり1. 32mgと、豚肩ロースの2倍、豚バラ肉の3倍多く含まれています。 ビタミンB1は糖質がエネルギーに変わるのを助ける栄養素で、不足すると疲労物質が溜まって疲れやすくなるため、疲労回復のビタミンとして知られています。 体の疲れだけでなく、視神経を正常に働かせるため疲れ目にも良いです。 豚ヒレ肉には血液をつくるのに欠かせない鉄分も豊富です。 動物性の鉄分は吸収が良いのも魅力です。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。 詳細はこちらのを参照下さいませ。 また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。

次の

【低温調理】で豚ヒレ肉を調理 温度60℃・63℃・66℃で比較

豚 ヒレ レシピ

豚のヒレ肉は、お肉のキメが細かく、柔らかい部位。 なのですが、 脂肪が少ないので、火の通し方によってはパサパサになりがちです。 「パサパサになりがち」な食材は低温調理にとっても向いていますね。 豚肉の他の部位もあれこれ低温調理をしてみて、脂の少ない豚ヒレ肉は、このくらいの温度でこのくらいの時間やれば、美味しいんじゃないかな。 という予想を立てて時間と温度を設定しました。 安全に食べられて、なるべく水分が抜けないような範囲の中で設定したつもりです。 この豚ヒレ肉の低温調理には低温調理器の BONIQ(ボニーク)を使っています。 低温調理器って何?ボニークって何?という方は、艸の別ブログでとを書いているのでのぞいてみてください。 豚ヒレ肉の低温調理に使った材料 豚ヒレ肉 適量 塩(ゲランドの塩) 1. (後からちょっと気になったことがあったので、国産豚とは別に 「やまと豚」という銘柄豚も使いました) 塩はゲランドの塩で、豚ヒレ肉の 1. 1%です。 豚ヒレを1/2本づつ低温調理したので、そのまま食べるにはちょっと薄い塩加減ですが、塩で多くの水分が出てしまわないように、今回はこのパーセントにしました。 最後に塩をふって、ソースをかけて食べます。 塩加減バッチリしっかりがお好みなら、 1. 5%くらいまで増やしても大丈夫です。 ゲランドのような自然塩は、伯方の塩や赤穂の塩のような再生自然塩より 塩気が柔らかいので、再生自然塩を使うときはやや弱めの塩にします。 さてさて、今回低温調理する豚ヒレ肉です。 一本はまるまるの豚ヒレなので、半分にして1/2本ずつ温度と時間を変えて低温調理しました。 ちなみに調理前のヒレ肉の断面はこんな感じです。 豚ヒレ肉の重さを量って、 今回はその重さの 1. そこに適量の黒胡椒をガリガリして、 豚ヒレ肉に 満遍なくしっかりと全体に振ります。 塩胡椒をしたら、 30分ほど置いて馴染ませます。 (夏場は冷蔵庫で) 30分経ったヒレ肉がこちら。 うっすら水分が出ているので、 キッチンペーパーで拭き取ります。 水分を拭きとった豚ヒレ肉をフリーザーバッグに入れて、 水の中に沈めて真空に近い状態にします。 僕は安いフリーザーバッグを使っているので、念の為、のパッチンでフリーザーバッグの口を止めています。 気体は液体よりで熱の伝導率が小さいので、ちょっとくらいの空気は残っていても大丈夫ですが、なるべく丁寧に空気を抜いておきます。 こんな感じにキュッとなっていれば大丈夫です。 真空にパックしたら、 BONIQ(低温調理器)で設定した温度で設定した時間、低温調理します。 低温調理が終わったらヒレ肉を取り出して、 キッチンペーパーで周りの水分を拭き取ります。 フライパンを 熱してある程度熱くしたところにバターをひと欠片入れます。 バターを入れると ジュワーッと勢いよく溶けるけど、バターが焦げてしまわないくらいの温度です。 そこに低温調理した豚ヒレ肉を入れます。 火は 強火弱くらいです。 もちろん温度が低ければガンガン強火です。 要は、 豚ヒレ肉の表面だけをサッと焼き色を付けて、香ばしく仕上げられればいいのです。 焦がしちゃいけませんが、かと言って、弱い火で時間をかけては中に火が入ってしまって、せっかくの低温調理が台無しになってしまいます。 バターの色が 焦げ茶色になるのはぜんぜん大丈夫です。 そんなこと言ってもバターがどれくらいで焦げるかなんて分からないよ!という方は、バターをひとかけら実際に焦がして、バターが焦げるまでの様子を見てみるといいかもしれません。 グルッと一周いい焼色が着いたら、キッチンペーパーに取ります。 先に焼き色をつけてから低温調理をする方法もあります。 その方が冷蔵庫から出したばかりの冷たいお肉を焼くので、中に火が入る心配がありません。 ですが、僕的には 後焼きの方が、焼いた芳しい香りと、ビシッと表面が熱くなるので断然好みです。 豚ヒレ肉をカットして器に盛り付けて、お好きなソースを掛けて食べます。 今回はにしました。 予想通り、 柔らかくてジューシーです。 ピンク色をしていますが、このピンクは ミオグロビンというタンパク質の色で、血の色ではありません。 ミオグロビンは温度が高くなるにつれ、長く火を入れるにつれ 褐色に変化していきます。 をみると良くわかります。 お肉の中にしっかりと水分が残っていて噛むと出てくる。 油と脂が苦手な僕個人としてはとっても食べやすい。 同じ温度、同じ時間で火入れをしたで使ったやまと豚のときには感じなかった、 豚臭さを多少感じる。 やまと豚のヒレ肉なら、この豚臭さは感じないのか。 部位のせいなのか、豚の質のせいなのか。。。 いや、十分美味しいですけどね。 温度を上げた分低温調理の時間を30分短くしました。 これも 「柔らかくてジューシー」な範囲に十分入る。 ピンク色は温度が高くなった分、やや落ち着いた感じ。 60どの時に感じていた 豚臭さは、殆ど感じなくなった。 一番最後にちょっとだけふわっと来るくらい。 「柔らかさ」で言えば、低温調理の 温度が上がるほど、お肉が締まっているように感じる。 けれど、その分お肉の 繊維が解けているような質感になって「固さ」は全く感じない。 むしろ歯切れがよい。 一番温度が高かったこの回は、 全く豚臭さを感じなかった。 ピンクもうっすらくらい。 低温調理をした時に出る水分の量は、これも温度を上げた分、時間を短くしているので、これまでとさほど変わらない感じ。 なのだけれど、 お肉を切った時にたくさんの水分が出ました。 写真がないので比べられませんが。 それでも、 パサパサ感はない。 やまと豚の豚ロース。 丸々一本はちょっと多いので、いいとこだけどんとカットして、残りは他に使うことにしました。 ジューシーで柔らかい。 豚臭さも全く無い。 肉質もきめ細やかで、同じ温度で低温調理した普通の国産豚肉と比べて柔らかさが増したようにも感じる。 美味しい! あ、そーそー 「国産豚」と表記されているものが豚臭くて、「銘柄豚」が美味しいということではありません。 素晴らしく美味しい「国産豚」ももちろんあります。 逆に、ただ名前がついているだけで何が特徴なのかさっぱり分からない「銘柄豚」も存在します。 経験的に。 そもそも、今回使った国産豚もそれほどひどい訳でもありませんし。 でも、これでスッキリしました。 美味しい豚を使って低温調理すれば、さらに美味しくなる。 さっきも書きましたが、「国産豚」ではダメ、ということではありません。 ここのスーパーの豚肉が美味しーのよねーってお肉を使えばそれで美味しくできます。 今回はたまたまちょっとイケていない豚さんだったというだけです。 豚臭さもなく食べやすい。 どれが美味しーと言うのは好みもあると思うので、ぜひ、この豚ヒレ肉の低温調理の結果を参考にパサつきやすいお肉を、柔らか〜く仕上げちゃってください。

次の

豚ヒレ肉はダイエットにおすすめ?低カロリー・高タンパクの痩せレシピ

豚 ヒレ レシピ

豚のヒレ肉は、お肉のキメが細かく、柔らかい部位。 なのですが、 脂肪が少ないので、火の通し方によってはパサパサになりがちです。 「パサパサになりがち」な食材は低温調理にとっても向いていますね。 豚肉の他の部位もあれこれ低温調理をしてみて、脂の少ない豚ヒレ肉は、このくらいの温度でこのくらいの時間やれば、美味しいんじゃないかな。 という予想を立てて時間と温度を設定しました。 安全に食べられて、なるべく水分が抜けないような範囲の中で設定したつもりです。 この豚ヒレ肉の低温調理には低温調理器の BONIQ(ボニーク)を使っています。 低温調理器って何?ボニークって何?という方は、艸の別ブログでとを書いているのでのぞいてみてください。 豚ヒレ肉の低温調理に使った材料 豚ヒレ肉 適量 塩(ゲランドの塩) 1. (後からちょっと気になったことがあったので、国産豚とは別に 「やまと豚」という銘柄豚も使いました) 塩はゲランドの塩で、豚ヒレ肉の 1. 1%です。 豚ヒレを1/2本づつ低温調理したので、そのまま食べるにはちょっと薄い塩加減ですが、塩で多くの水分が出てしまわないように、今回はこのパーセントにしました。 最後に塩をふって、ソースをかけて食べます。 塩加減バッチリしっかりがお好みなら、 1. 5%くらいまで増やしても大丈夫です。 ゲランドのような自然塩は、伯方の塩や赤穂の塩のような再生自然塩より 塩気が柔らかいので、再生自然塩を使うときはやや弱めの塩にします。 さてさて、今回低温調理する豚ヒレ肉です。 一本はまるまるの豚ヒレなので、半分にして1/2本ずつ温度と時間を変えて低温調理しました。 ちなみに調理前のヒレ肉の断面はこんな感じです。 豚ヒレ肉の重さを量って、 今回はその重さの 1. そこに適量の黒胡椒をガリガリして、 豚ヒレ肉に 満遍なくしっかりと全体に振ります。 塩胡椒をしたら、 30分ほど置いて馴染ませます。 (夏場は冷蔵庫で) 30分経ったヒレ肉がこちら。 うっすら水分が出ているので、 キッチンペーパーで拭き取ります。 水分を拭きとった豚ヒレ肉をフリーザーバッグに入れて、 水の中に沈めて真空に近い状態にします。 僕は安いフリーザーバッグを使っているので、念の為、のパッチンでフリーザーバッグの口を止めています。 気体は液体よりで熱の伝導率が小さいので、ちょっとくらいの空気は残っていても大丈夫ですが、なるべく丁寧に空気を抜いておきます。 こんな感じにキュッとなっていれば大丈夫です。 真空にパックしたら、 BONIQ(低温調理器)で設定した温度で設定した時間、低温調理します。 低温調理が終わったらヒレ肉を取り出して、 キッチンペーパーで周りの水分を拭き取ります。 フライパンを 熱してある程度熱くしたところにバターをひと欠片入れます。 バターを入れると ジュワーッと勢いよく溶けるけど、バターが焦げてしまわないくらいの温度です。 そこに低温調理した豚ヒレ肉を入れます。 火は 強火弱くらいです。 もちろん温度が低ければガンガン強火です。 要は、 豚ヒレ肉の表面だけをサッと焼き色を付けて、香ばしく仕上げられればいいのです。 焦がしちゃいけませんが、かと言って、弱い火で時間をかけては中に火が入ってしまって、せっかくの低温調理が台無しになってしまいます。 バターの色が 焦げ茶色になるのはぜんぜん大丈夫です。 そんなこと言ってもバターがどれくらいで焦げるかなんて分からないよ!という方は、バターをひとかけら実際に焦がして、バターが焦げるまでの様子を見てみるといいかもしれません。 グルッと一周いい焼色が着いたら、キッチンペーパーに取ります。 先に焼き色をつけてから低温調理をする方法もあります。 その方が冷蔵庫から出したばかりの冷たいお肉を焼くので、中に火が入る心配がありません。 ですが、僕的には 後焼きの方が、焼いた芳しい香りと、ビシッと表面が熱くなるので断然好みです。 豚ヒレ肉をカットして器に盛り付けて、お好きなソースを掛けて食べます。 今回はにしました。 予想通り、 柔らかくてジューシーです。 ピンク色をしていますが、このピンクは ミオグロビンというタンパク質の色で、血の色ではありません。 ミオグロビンは温度が高くなるにつれ、長く火を入れるにつれ 褐色に変化していきます。 をみると良くわかります。 お肉の中にしっかりと水分が残っていて噛むと出てくる。 油と脂が苦手な僕個人としてはとっても食べやすい。 同じ温度、同じ時間で火入れをしたで使ったやまと豚のときには感じなかった、 豚臭さを多少感じる。 やまと豚のヒレ肉なら、この豚臭さは感じないのか。 部位のせいなのか、豚の質のせいなのか。。。 いや、十分美味しいですけどね。 温度を上げた分低温調理の時間を30分短くしました。 これも 「柔らかくてジューシー」な範囲に十分入る。 ピンク色は温度が高くなった分、やや落ち着いた感じ。 60どの時に感じていた 豚臭さは、殆ど感じなくなった。 一番最後にちょっとだけふわっと来るくらい。 「柔らかさ」で言えば、低温調理の 温度が上がるほど、お肉が締まっているように感じる。 けれど、その分お肉の 繊維が解けているような質感になって「固さ」は全く感じない。 むしろ歯切れがよい。 一番温度が高かったこの回は、 全く豚臭さを感じなかった。 ピンクもうっすらくらい。 低温調理をした時に出る水分の量は、これも温度を上げた分、時間を短くしているので、これまでとさほど変わらない感じ。 なのだけれど、 お肉を切った時にたくさんの水分が出ました。 写真がないので比べられませんが。 それでも、 パサパサ感はない。 やまと豚の豚ロース。 丸々一本はちょっと多いので、いいとこだけどんとカットして、残りは他に使うことにしました。 ジューシーで柔らかい。 豚臭さも全く無い。 肉質もきめ細やかで、同じ温度で低温調理した普通の国産豚肉と比べて柔らかさが増したようにも感じる。 美味しい! あ、そーそー 「国産豚」と表記されているものが豚臭くて、「銘柄豚」が美味しいということではありません。 素晴らしく美味しい「国産豚」ももちろんあります。 逆に、ただ名前がついているだけで何が特徴なのかさっぱり分からない「銘柄豚」も存在します。 経験的に。 そもそも、今回使った国産豚もそれほどひどい訳でもありませんし。 でも、これでスッキリしました。 美味しい豚を使って低温調理すれば、さらに美味しくなる。 さっきも書きましたが、「国産豚」ではダメ、ということではありません。 ここのスーパーの豚肉が美味しーのよねーってお肉を使えばそれで美味しくできます。 今回はたまたまちょっとイケていない豚さんだったというだけです。 豚臭さもなく食べやすい。 どれが美味しーと言うのは好みもあると思うので、ぜひ、この豚ヒレ肉の低温調理の結果を参考にパサつきやすいお肉を、柔らか〜く仕上げちゃってください。

次の