ニトロ グリセリン 副作用。 知っておきたい心臓病の応急処置は?ニトログリセリンは心筋梗塞に使えない!?

ニトログリセリンの副作用を分かりやすく!狭心症に効果的?

ニトロ グリセリン 副作用

硝酸薬 硝酸薬は、ニトログリセリン系薬剤とも言われ、冠動脈を拡張させる薬剤になります。 主には、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患に使用されます。 一般的に「ニトロ」と呼ばれる事も有り、ご存知の方もいるかもしれません。 古くから存在する薬剤では有りますが、大規模臨床試験の結果、予後改善効果が明確に示されていないため、その他の循環器用の薬と比較した場合、その出番も減少しつつあります。 もちろん、完全に不必要な薬というわけでは無く、各々の薬剤の特徴を踏まえた上で、臨床使用する事が大切となります。 硝酸薬は、生体内で一酸化窒素NO に変換され、これがグアニル酸シクラーゼを活性化し、cGMP が増加する事により、血管平滑筋を弛緩させます。 この様な作用機序により、冠動脈を拡張し、抗狭心症作用を発揮します。 冠動脈以外にも、側副血行路も拡張させるため、それによっても、心筋虚血を改善します。 また、全身の血管にも作用します。 特に静脈系の血管を拡張させるため、心臓への返血が減少し(前負荷と言います)、心筋の仕事量、酸素消費量を減少させます。 また、心臓の拡張末期圧が低下する為、心内膜下の血流を増加させます。 動脈系への影響も弱いながら有しており、動脈血管の拡張により血管抵抗が減少し、後負荷が減少し、心臓の仕事量が減少します。 これらの作用が組み合わさり、抗狭心症作用が発揮されます。 硝酸薬は、虚血性心疾患を治療する上で、長年重宝されてきた薬剤です。 当初は、主に強心痛発作時に頓用として使用されていましたが、製薬技術の進歩により、長時間作用型の薬剤や貼布剤も出来ております。 硝酸薬は長期に渡って使用していると、耐性が生じる事が多く、一般的には間歇投与が推奨されています。 例えばですが、日中に強心痛発作が多いのであれば、日中のみ貼布剤を使用し、夜間は休薬するなどの工夫がされています。 先にも述べましたが、硝酸薬は、大規模臨床試験では長期的な予後改善効果が確認されておりません。 硝酸薬の長期の使用は、逆に生命予後を悪化させるとした報告もございます。 この為、安易な長期投与は慎むべき薬剤です。 では、硝酸薬は必要のない薬剤と言うとそういうわけでは無く、間歇投与により、耐性を生じさせず症状改善を図ったり、強心痛発作の改善には有効な薬剤です。 急性冠症候群の急性期治療にも必要な薬剤で有ります。 急性心筋梗塞に対する硝酸薬の効果は、梗塞巣の縮小効果や、心機能改善効果、心筋リモデリング抑制効果などが指摘されています。 硝酸薬の副作用は、血管拡張作用による頭痛、頭重感、めまい、血圧低下、反射性頻脈が挙げられます。 稀ではありますが、メトヘモグロビン血症を生じる事もあります。 また、ED 治療薬(勃起不全治療薬)である、バイアグラやレビトラ、シアリスを服用している場合は、24 時間以上経過していないと、硝酸薬の使用はできません。 仮に、併用となった場合は、過度の血圧低下が出現します。 場合によっては、生命に危険を及ぼす事も有ります。 この為、ED 治療薬(勃起不全治療薬)を服用中の方は、胸痛などで医療機関を受診された際は、医師に、その服用を伝える必要があります。 心筋梗塞時は、ご自身でお話しできないケースも想定し、パートナーにも、これらの薬剤の服用の有無をお話しされるが推奨されています。 また、診療にあたる医療従事者も、ED 治療薬(勃起治療薬)を服用の有無を確認する必要があります。 内服薬 上記以外にも、ジェネリック医薬品が市販されています。 臨床的には、冠攣縮性狭心症の発作予防、心筋梗塞時のno reflow 現象軽減、経皮的冠動脈形成術時のQT dispersion の抑制効果などがあるとされています。 安定狭心症を対象とした大規模臨床試験では、心イベント数が低下したと報告されています。 ED 治療薬(勃起不全治療薬)との併用に関する問題も同様です。 硝酸薬と比較し、やや血圧低下作用が弱い印象です。

次の

ニトログリセリン(舌下)

ニトロ グリセリン 副作用

人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 005~0. 本剤は、1分間に体重1kg当たりニトログリセリンとして、効能・効果ごとに次に基づき投与する• 2.手術時の異常高血圧の救急処置:0. 3.急性心不全(慢性心不全の急性増悪期を含む):0. 05~0. 1~0. 4.不安定狭心症:0. 1~0. 1~0. 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• 高度貧血• 閉塞隅角緑内障• ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤投与中• グアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤投与中• 著しく血圧の低い• 肝障害• 頭部外傷• 脳出血• メトヘモグロビン血症 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 新生児 低出生体重児を含む• 幼児・小児• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 新生児 0日〜27日• 乳幼児 0歳〜6歳•

次の

ニトログリセリンとは

ニトロ グリセリン 副作用

ニトログリセリンテープ27mg「トーワ」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• 高度貧血• 重篤な低血圧• 心原性ショック• 頭部外傷• 脳出血• 閉塞隅角緑内障• ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤投与中• グアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤投与中• 原発性肺高血圧症• 低血圧• 肥大型閉塞性心筋症• 虚血性心疾患で低酸素血症• 脳虚血で低酸素血症• 肺疾患で低酸素血症 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 授乳婦• 妊婦・産婦• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 アルコールを含むもの<ジン、ウオッカ、ラム、ウイスキー、ブランデー など>.

次の