カブト 折り 方。 折り紙でカブトムシの折り方|簡単~立体的なカブトムシまで

折り紙のかぶと(兜)の折り方・作り方!折り紙や新聞紙で簡単 [子供の行事・お祝い] All About

カブト 折り 方

簡単カブト まずは、一度は見たことがあるであろう定番なカブトから紹介します。 簡単に折れるので小さなお子様にも折っていただけるかと思います。 折り方 【1】折り紙の白い面を上にして置き、点線で半分に折りすじをつけます。 【2】点線で半分に折ります。 【3】角と角を合わせるように点線で折ります。 【4】1枚めくって、点線で折ります。 【5】点線で折ります。 【6】点線で折ります。 【7】さらに点線で折り上げます。 【8】下半分を、中に差し込みながら折ったら、かぶとの完成です。 これで、簡単カブトの折り方は終わりになります。 下の「一覧に戻る」を押せば最初のページに戻ることができますので、他のカブトを折ってみたい人はご活用ください。

次の

子どもでも簡単な折り鶴の作り方

カブト 折り 方

はじめに紹介する「カブトムシ」の簡単な折り方は、「1番簡単なカブトムシ」です。 手足などはありませんが、角があるのでカブトムシだとわかりますね。 1カ所ハサミを使うところがあるので、小さなお子さんと折るときは気をつけてあげてくださいね。 折り紙「カブトムシ」簡単な折り方:1番簡単なカブトムシ• 折り紙を三角形に2回折り、袋の部分を開いてたたみします。 対角線に重なっている2辺合わせて折りすじをつけ、花弁折りをします。 裏返して、「わ」の角を中心に合わせて段折りし、下に向けて折ります。 裏返して、花弁折りをした上の部分を、横の中心の折りすじに合わせて左右を斜めに交差するように折りすじをつけます。 花弁折りをした下の角を少し上へ折り、下の四角形の左右の角を斜めに内側に折ります。 「カブトムシ」の簡単な折り方、2つ目は「立体的なカブトムシ」です。 カブトムシの作り方は難しいものが多いですが、比較的簡単なものを紹介します。 胴体と足を別々に作るので、折り紙は2枚使います。 折り紙「カブトムシ」簡単な折り方:立体的なカブトムシ【胴体編】• 折り紙に三角の折りすじをつけ、上の左右の辺をその折りすじに沿って折ります。 裏返して、中心の対角線合わせて折り下げます。 後ろ側にある三角形の「わ」を、折り下げた折り目に合わせて左右それぞれ折ります。 底辺の中心から、真ん中の折りすじに左右の底辺を合わせて折り、白い部分をなくすように三角に折ります。 裏返して、左右の角を中心に合わせて折ります。 上下の角を合わせるように折ります。 鋭角を上へ折れる位置で折ります。 上の鋭角の先の部分を斜めに折りすじをつけて、中割り折りをし、先の角を内側に折ります。 真ん中を軽く山折りをして、胴体部分の完成です。 折り紙「カブトムシ」簡単な折り方:立体的なカブトムシ【足編】• 折り紙を縦半分に切ります。 切った1枚を、短い辺同士を合わせて半分に折りすじをつけます。 横の対角線に合わせて、右の上下の辺を折ります。 「わ」をそれぞれ中心の折りすじに合わせて折ります。 右の角を反対側の角に合わせ、折りすじをつけます。 横の中心から半分に山折りします。 折り紙「カブトムシ」簡単な折り方:立体的なカブトムシ【組み合わせ編】• 胴体の裏側の重なっている部分に、左右それぞれ作った足の短い辺を差し込みます。 6本の足を、それぞれ根本部分をつまみ折りします。 つまみ折りして細くなった足を、斜めに曲げ、形を整えて完成です。 カブトムシ以外の昆虫の折り紙の折り方や作り方、はじめに紹介するのは「クワガタ」です。 カブトムシと違い、角が2本あります。 難しくリアルな折り方もいくつかありますが、小さなお子さんでも作れるような、折り紙1枚で折る簡単なクワガタの折り方を紹介します。 折り紙|クワガタの折り方• 折り紙に十文字の折りすじをつけ、観音折りをします。 短い辺同士を合わせて半分の折りすじをつけます。 短い「わ」の辺を、左右三角に折りすじをつけて、折りすじ通りに開いてたたみます。 ここが角になります。 左右の辺を裏側へ折り返します。 左右の底辺を裏側へ三角に折り返して、完成です。 最後に折り紙「テントウムシ」の簡単な折り方・作り方を紹介します。 赤い折り紙1枚と黒いペンで簡単にテントウムシを作ることができますよ。 もちろん、違う色の折り紙やペンを使って作っても構いません。 お気に入りのテントウムシを作ってくださいね。 折り紙|テントウムシの折り方• 折り紙を三角に折り、もう1度三角に折って開きます。 色のついた面を上にして、角を中心の折り目に合わせて横の対角線より下にくるように折ります。 左右の上の辺を、裏側へ3cmほど折ります。 左右の対角線の角を裏側へそれぞれ折ります。 最後に残っている角も同じように裏側へ折ると、八角形ができてテントウムシの形が完成です。 色のついている部分に黒い丸の模様を描き、白い部分に目を描くとテントウムシの完成です。

次の

折り紙でカブトの折り方|簡単~かっこいい兜など3種類紹介

カブト 折り 方

ワンポイントアドバイス こどもにとって最大のびっくりポイントは「長方形から正方形を切り取るシーン!」 隠れ知育ポイントかも。 折り方も簡単なのでリハビリにも最適です。 気軽に端午の節句の雰囲気が楽しめますよ。 色々なものに貼れるのでにも使えます。 新聞紙なので節約エコですよ~。 笑 わが家の『こどもの日』といえば、庭のツツジを摘んで、とおかしを用意して和室に運んでパーティー。 パーティーといっても食べるだけ。 おわりに こどもの日は健やかな成長をお祝いする日。 うちでは特にプレゼントは買いませんが記念撮影だけは毎年しています。 あと何年、新聞紙かぶってくれるかなぁ。

次の