豆乳 ヨーグルト。 乳製品は一切使わない「豆乳ヨーグルト」の市場、なぜ伸びる?

簡単!美味しい!豆乳ヨーグルト作り方(植物性ヨーグルト)

豆乳 ヨーグルト

豆乳ヨーグルトの効果がすごい!乳酸菌とイソフラボンをダブルゲット あえて普通のヨーグルトではなく豆乳ヨーグルトを選ぶメリットは、やはりイソフラボンの効果も期待できるところにあります。 はたして豆乳ヨーグルトでも乳酸菌の効果を実感することができるのでしょうか。 そしてその効果とはどんなものなのか? また、簡単に自作できる豆乳ヨーグルトですが、どんな種類の乳酸菌を利用すれば、おいしくて効果が高い豆乳ヨーグルトを上手に自作することができるのでしょうか。 今回は豆乳ヨーグルトのいろいろな可能性を乳酸菌マニアが紹介していきます。 なぜ豆乳をあえて選ぶ?豆乳ヨーグルトのメリットとは 乳酸菌の健康効果を狙って豆乳ヨーグルトを食べる人には、牛乳由来の成分を嫌うタイプの人と、大豆由来の成分を主に摂りたいと願うタイプの人がいます。 今回は、主に後者のタイプを対象に書きます。 豆乳ヨーグルトに期待できるいくつかの効果 豆乳ヨーグルトに目を向ける人の多くは、大豆成分による健康効果を期待している場合が多いのではないかと思います。 こうした人は乳成分の混入を気にする必要はないでしょう。 大豆が多数になっていれば良いわけです。 一方、菜食主義者などの思想的なものであったり、牛乳のたんぱく質にアレルギーを持つ人であったりと言う場合、一切の乳製品を忌避しますので、一滴たりとも乳成分を含まない必要があります。 大豆にはイソフラボンと言う、女性ホルモンとよく似た働きをする成分が含まれています。 これを摂ることによって、更年期障害やPMS 月経前症候群 を軽減するという効果が期待できます。 もちろんサプリにも使われている成分ですから、そうしたもので摂るとより効果が高いのですが、あまり高濃度だと、女性ホルモンに関係する乳がんなどの病気を、誘発したり悪化させたりする危険性もあるのです。 そういった意味で、豆乳ヨーグルトは普段の生活に取り込むメリットがあります。 また、グリシニンなどの大豆たんぱくには、血中脂質の状態を改善する働きがあります。 脂質異常症などが気になっている人の場合、乳脂肪も警戒の対象ですね。 そういう意味から、豆乳ヨーグルトは二重の意味で血中脂質を改善してくれる可能性があります。 そして最も大きいのは「牛乳のヨーグルトより低カロリーである」と言う部分です。 ただし、これはあくまで普通に乳脂肪が含まれているヨーグルトと比較した場合ですね。 低脂肪・無脂肪ヨーグルトと比較した場合は必ずしも低カロリーとは言えません。 一方、乳酸菌に目を向けた場合、豆乳ヨーグルトは少し劣る部分があります。 これは自作する場合での話になりますが、豆乳を発酵できない乳酸菌も結構存在しているのです。 ですので、市販のヨーグルトを種ヨーグルトに使って発酵させた場合、一部の菌しか増殖していなかったという結果になることも充分考えられます。 市販品の豆乳ヨーグルトはそのあたりを充分研究して菌選びをしていますから、そうしたデメリットはないでしょう。 豆乳は牛乳よりアミノ酸スコアが低い 市販の豆乳ヨーグルトを購入せずに、大豆のメリットと乳酸菌のメリットを同時に得られる、最も手っ取り早い方法は、「豆乳ドリンクヨーグルト」です。 お好きなヨーグルトと豆乳を同量ミキサーに入れ、甘さも好みで調整してよく撹拌し、氷を入れてどうぞ。 美味しいですよ。 また、甘みをつけずに、塩味や醤油味、さらには香辛料を効かせてもいけるところが不思議です。 豆乳の威力でしょうか。 以前、私も興味があって、豆乳ヨーグルトをいろいろ試したのですが、実はこれが一番美味しかったです。 その時使ったのは明治ブルガリアヨーグルトLB81と、紀文のおいしい無調整豆乳です。 甘いのであれば、ミキサーにかける時にチョコレートクリームを入れると、これがまた美味しいんです。 カロリーがアップするのが難点ですが。 私は1回分としてヨーグルト100gと豆乳100mLを入れてました。 乳酸菌の量としてはこれで充分です。 豆乳ヨーグルトを自作するには?市販のスターターを購入して作ってみよう 豆乳ヨーグルトを作れるスターター 種菌 も販売されているので、それを利用すれば清潔で簡単に豆乳ヨーグルトが作れます。 世間ではケフィアグレイン ケフィアの種菌塊 で作るのが人気のようですね。 ケフィアグレインを粉末にしたものが市販されています。 ケフィアグレインは、数種類の乳酸菌と酵母が含まれた混合発酵菌株です。 一方、普通のヨーグルトスターターでも作ることができます。 ラクトバチルス属デルブルッキー種ブルガリクス亜種 通称:ブルガリア菌 とストレプトコッカス属サーモフィルス種 通称:サーモフィルス菌 が中心になります。 種菌を使わないなら市販品の購入ルートを持っておく 市販のヨーグルトスターターには乳酸菌の他、乳成分が含まれていることが多いです。 ですので、それが嫌な人は乳成分ゼロの豆乳ヨーグルトを買って、その一部を種ヨーグルトとして植え継げば、乳成分ゼロの豆乳ヨーグルトができます。 さて、そこで乳成分を含まない市販の豆乳ヨーグルトですが、豆乳メーカーとして有名なマルサンから「豆乳グルト」と言う商品が発売されています。 原材料名は大豆だけというシンプルな商品です。 マルサンアイと言う、専門のオンラインショップでも購入できるようですね。 使われている乳酸菌はラクトバチルス属デルブルッキー種デルブルッキー亜種TUA4408L株です。 ブルガリア菌と亜種違いの親戚です。 東京農大の研究で、長野県の発酵漬物すんき漬けから分離した乳酸菌です。 漬物からの分離ですから植物性乳酸菌と言えるものですね。 好適発酵温度は判りませんが、ブルガリア菌に近い乳酸菌なので、最初は36~37度くらいで12時間発酵させてみて、様子を見ながら調整して行けばいいでしょう。 豆乳1Lに豆乳ヨーグルト100gくらいの割合で混合すれば良いと思います。 豆乳ヨーグルトは、完成後冷蔵庫で冷やすとしっかり固まります。 ホエイ 乳清 が分離しやすいですが、ギリシャヨーグルト風に水切りして食べても美味しいですし、よく撹拌して滑らかにして食べてもいいですよ。 他にも乳成分を含まない豆乳ヨーグルトはあるかも知れませんから、自分の買いやすいものを探して下さい。 豆乳の匂いが気にならない人は、色々試してみても良いと思いますよ。 大豆の匂いや味があまり好きじゃないという人は、乳製品のヨーグルトを選びましょう。 豆乳ヨーグルトを作る時のコツあれこれ 豆乳ヨーグルトと言っても、基本的な注意事項は牛乳から作るときと変わりません。 使用する器具は完全に殺菌することと、種ヨーグルトは市販品または市販のスターターから作ったものを利用することです。 種ヨーグルトから作ったヨーグルトを種ヨーグルトに使わないこと 孫の代を作らないこと も大切な注意事項です。 器具の消毒については参考記事に詳しいので、そちらをご覧ください。 成分を調整してあったら絶対にヨーグルトにならないというわけではありませんが、失敗しやすくなるのは事実です。 牛乳でも豆乳でも、乳酸発酵によって液性が酸性になって行くことで、含まれているたんぱく質が固まります。 このため、成分調整によってたんぱく質が変性していたり、量が減っていたりすると固まりにくくなるのです。 このたんぱく質の凝固は電気的な働きですので、凝固するpH 水素イオン濃度:液性を決める数値、7が中性で小さいほど酸性になる。 を等電点と呼びます。 カゼインを主成分とする牛乳のたんぱく質の等電点はpH4. 6です。 そのため等電点はpH4. 2~4. 5と、牛乳よりやや酸性で、しかも豆乳ごとに少し幅があります。 つまり、豆乳ヨーグルトは牛乳より少しだけ固まりにくい部分があるので、あまり余分なものが入っていたりしないほうが失敗しにくいと言うことなのです。 「いつもの豆乳」を決めて作ると失敗が少ない 固まる成分であるたんぱく質に個性があるように、大豆・豆乳の場合固める成分である乳酸の素となる糖類にもばらつきがあります。 乳酸菌は、普段牛乳の糖類である乳糖を分解して乳酸を作っています。 牛乳に含まれる糖質の99%以上が乳糖ですので、発酵のばらつきなどは起こりにくいです。 東北農業試験場の分析によると、豆乳に含まれる糖質は、メインがショ糖 砂糖の主成分 で全体の6割弱を占めています。 次が四糖類の大豆オリゴ糖であるスタキオースが3割強と、この2つで9割を占めています。 さらに、三糖類の大豆オリゴ糖であるラフィノースが続き、単糖類の果糖と合わせて1割ぐらいです。 ブドウ糖はほとんど含まれていません。 そして、この比率は平均で、大豆の品種ごとに結構ばらつきがあるのです。 参照:大豆子実の遊離糖含量|東北農業試験場 村岡信雄氏・松岡徹夫氏 ショ糖やラフィノースは、割合どの乳酸菌でも果糖・ブドウ糖・ガラクトースと言う単糖類に分解して、乳酸を作り出す原料にできますし、少し含まれている果糖はもともと単糖類なので分解する必要もありません。 問題は3割あまり含まれている四糖類オリゴ糖のスタキオースです。 スタキオースは果糖-ガラクトース-ガラクトース-ブドウ糖と言う順番で4つの単糖類がつながっています。 ところが、このガラクトース-ガラクトースと言う結合を切断できない乳酸菌が多いのです。 そうなってくると、スターターの菌株によっては豆乳ヨーグルトが上手く固まらないことも起こってきます。 そうした場合、発酵時間を伸ばすと上手く行くのですが、豆乳の種類をしょっちゅう変えていると、逆の現象も起こります。 ですので、いつも使う豆乳とスターターと言うのを決めておけば、そうしたばらつきは最小限に抑えられます。 理論的にはケフィアよりビフィズス菌入りのスターターがお勧め よく、オリゴ糖というのは善玉菌のエサになると言いますが、この時に特に意識されているのがビフィズス菌なのです。 ヤクルト本社中央研究所によると、以下のオリゴ糖を分析した結果、腸内細菌17株がどのようにこれらを使えるのかを調べたと言うことです。 フルクトオリゴ糖• ガラクトオリゴ糖• ゲンチオオリゴ糖• イソマルトオリゴ糖• 乳果オリゴ糖• ニゲロオリゴ糖• キシロオリゴ糖 その結果、菌株によって使えたり使えなかったりという様々な結果が得られたものの、ビフィズス菌だけはすべての糖を栄養として利用できることが判りました。 この中には、上でお話した、他の乳酸菌が切断できないガラクトース-ガラクトースと言う結合も含まれており、ビフィズス菌はそれも簡単に切断するそうです。 参照:種々のオリゴ糖の腸内嫌気性細菌による in vitro 資化性試験 このように、スターターにビフィズス菌が含まれていると、さまざまな糖類を持っている大豆オリゴ糖も、無駄なくヨーグルトづくりに活用できそうです。 探してみたところ、協同乳業からメイトーブランドでビフィズス菌を含むスターターが発売されていました。 牛乳1L分あたり160円ですから決して高価ではありませんね。 使われている菌株は、ビフィドバクテリウム属アニマリス種ラクティス亜種LKM512株 通称:ビフィズス菌LKM512 です。 さらにおなじみの、ラクトバチルス属デルブルッキー種ブルガリクス亜種 通称:ブルガリア菌 とストレプトコッカス属サーモフィルス種 通称:サーモフィルス菌 も配合されています。

次の

市販の豆乳ヨーグルトでおすすめはコチラ!効果もすごかった!|ヨーグルト刑事

豆乳 ヨーグルト

Social Problem あなたの周りで起きている問題• Your Problems あなたのお悩み• Healthy Food 健康的な食生活• Hot Topics 人気の話題• Organic Recipe 今日食べたいオーガニックレシピ• Organic Shop オーガニック・ベジタリアン店• 牛乳から作られるヨーグルトと豆乳ヨーグルトの違い。 豆乳ヨーグルトが持つ栄養やメリットとは? 「腸活」、「育菌」、「菌活」など、「腸内環境を整える」ことに注目があつまり、さまざまなメディアを通してこれらの言葉を耳にします。 【腸内環境】を整えることによって得られるメリットは今までIN YOUでもさかんに取り上げ記事にされてきました。 改めて、腸内環境を整えるのは何故よいのでしょうか。 わたしたち現代人は、常に何かしらの不安やストレス、精神面や身体的な問題を抱えています。 ストレスなどは、見えない不調の原因となって体のさまざまな部分に蓄積され、病気などの形となって現れます。 この数年、新たにその不調との因果関係が明らかになってきたのが腸内環境。 腸には数億の細菌が棲んでいます。 それは常在菌といって、母親の胎内にいるときから私たちの体に棲んでいます。 常在菌は顔や手、頭皮などのあらゆる体の表皮、女性の膣内などあらゆるところに棲んでいて、私たちの体をウィルスなどの体に害を及ぼす菌から守ってくれています。 特に大腸を中心とした腸内の細菌は、病気から体を守る免疫機能などを司り、メンタルなどの精神的な部分にも作用することが最近になってわかってきています。 最近人気の豆乳ヨーグルト、注目&支持されている理由は? 腸内環境を整えるために何をしますか? 思い浮かぶことはいくつかありますが、そのうちの一つとして「発酵食品を食べる」ことがあげられます。 中でも「ヨーグルト」は一番身近な腸内環境を整える食品のひとつではないでしょうか。 発酵食品の中でも一番手軽に購入することができるのがヨーグルト。 定番の朝ご飯以外にも、ランチやおやつ時など、スーパーやコンビニなどで思い立った時にすぐ購入でき、何よりも食事時だけでなくそのまま特別な調理をする必要もなく、食べたい時にすぐ食べられる手軽さから幅広い年代層に支持されています。 ヨーグルトが何故体によいのか、というときに真っ先に思い浮かべるのが乳酸菌による作用。 乳酸菌はわたしたちの常在菌であり、特に腸内、大腸に棲んでいて、さまざまな腸内環境においてのメリットを与えてくれます。 腸内環境を良くすることで期待されること。 善玉菌を増やすことで腸内環境を保ちます。 腸内細菌が便の排出を促してくれます。 便通が良くなることで肌トラブルの予防に役立ちます。 精神が安定し、イライラや不安などを感じにくくなります。 善玉菌が生成するビタミンB群により健康状態の維持が期待されます。 血流が改善することで血管や毛細血管の流れが良くなります。 ヨーグルトの成分としてまず、あげられるのが乳酸菌です。 乳酸菌は腸内細菌の中でも最も私たちに身近な菌で、発酵食品として最も食品に取り入れられています。 研究も盛んにされているため、最近ではある特定の症状に特化した機能性を持った乳酸菌などが積極的に製品化されています。 その市場も年々盛んになり、ヨーグルトはその仕掛け市場として実にたくさんの商品が市場に並んでいます。 ヨーグルトは私たちの食生活の中でも最も身近な発酵食品であり、かつ幅広い層に消費されています。 現代では伝統的な発酵食品である味噌や醤油などよりも多く消費されています。 しかし、最近では、牛乳などの動物性の乳がアレルギーや乳糖不耐症などにより摂取を避ける方も増え、 ベジタリアン志向などにより乳によるヨーグルトではない新しいヨーグルトに注目が集まっています。 それが豆乳を原料とした豆乳ヨーグルトです。 牛乳のヨーグルトと豆乳ヨーグルトの違い ヨーグルトは私達のお腹、腸内環境を整えてくれる食品としてとてもよく知られていますが、 近年は新しいジャンルのヨーグルトとして豆乳から作られた豆乳ヨーグルトに注目が集まっています。 通常ヨーグルトと呼ばれるものは主に牛乳などの乳を原料としている一方、豆乳ヨーグルトはその名の通り乳の代わりに大豆から生まれた豆乳を原料としています。 一般的に市販されているヨーグルトの主な成分は、たんぱく質やビタミン、ミネラルのほかに、乳酸菌が牛乳の成分である乳糖をエサに増殖し、その際の副産物としてアミノ酸や乳酸などをはじめとした有機酸などを生成したもので構成されています。 この乳酸によるヨーグルト独特の酸味は、乳の腐敗を防止し、保存性を高める働きがありますが、 その他にも発酵により消化吸収されやすくなっており、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたりする方がヨーグルトなら大丈夫、というのはこれらの特性によるものです。 牛乳や豆乳などの乳がヨーグルトになるためには、乳酸菌のはたらきが必要不可欠です。 ヨーグルトはお腹の調子を整え便秘に効果があることはよく知られるところですが、そのヨーグルトに重要な役割を持つ乳酸菌とは、糖を分解して50%以上の乳酸を生成する菌の総称を指しています。 その中でも主に牛乳などの乳糖をエサとする乳酸菌を「動物性乳酸菌」、植物に含まれるブドウ糖をはじめとした糖をエサとする乳酸菌を「植物性乳酸菌」と呼び、それぞれに区別しています。 ヨーグルトと一言でいっても、乳をヨーグルトにする乳酸菌と、 豆乳をヨーグルトにする乳酸菌では種類が異なり、生成する栄養素もそれぞれ異なります。 牛乳などを原料としたヨーグルトに使われる動物性乳酸菌の方がわたしたちにはなじみが深いものではありますが、実は植物性乳酸菌のほうが種類も多く、日本人にはなじみの深い乳酸菌であるということは意外と知られていません。 最近人気の豆乳ヨーグルト、注目&支持されている理由は? 牛乳の成分である乳糖を分解する酵素を持たない方が下痢や腹痛などを引き起こす乳糖不耐症、タンパク質の一種であるカゼインがアレルギー症状を引き起こすと考えられています。 本来牛乳は牛の飲み物であり、戦後の栄養分が不足していた時代に比べ、現代人には十分に代替となる栄養素を摂ることが可能となり、人間においての牛乳による栄養素はもはや必要不可欠なものではなくなりました。 それ以上に摂取することでアレルギーなど弊害としてお悩みの方、小さなお子さんをお持ちのお母さん方、それ以外にもマクロビオティックなどをはじめベジタリアンの方など、牛乳を嗜好品として捉え、かならずしも日常に取り入れることを必要としない方を中心とし、豆乳ヨーグルトに注目が集まっているのです。 ・大豆イソフラボン、大豆レシチン、大豆サポニンなどの有用成分が含まれる ・大豆オリゴ糖などの含有により善玉菌が優勢となることで腸内環境が整いやすくなる ・更年期・女性ホルモン減少などへの対策 ・牛乳のヨーグルトよりも低カロリー ・コレステロール調整 ・生活習慣病対策 ・乳成分によるアレルギー対策 ・ミネラル分が牛乳のヨーグルトよりも豊富 ・植物性の乳酸菌を種菌にしている場合は乳酸菌が生きて腸まで届く事が多い 大豆が原料である豆乳を使用するという点では、味噌や醤油などにも使用され、古くから日本人になじみのある食文化に根付いた食材である大豆は、乳と比較しても日本人の体に合いやすいということがわかると思います。 豆乳ヨーグルトは、古くからなじみのある食材である大豆の良い点と、乳酸菌が生み出すメリットが組み合わさることで、わたしたち日本人に無理なく体に合うのに、何故か新しく感じる新感覚のヨーグルトです。 豆乳の栄養と、乳酸菌による生成物質による相乗効果で豆乳が苦手な方でもヨーグルトなら食べられるという方も多くいます。 その豆乳ヨーグルトになるためには重要な役割を担う乳酸菌が必要不可欠ですが、一口で乳酸菌といってもその数は数百種類にもおよびます。 豆乳ヨーグルトにぴったりの乳酸菌とは? 一般的な市販ヨーグルトは通常、2種類~3種類の乳酸菌が併用して添加されています。 それぞれの乳酸菌の特徴を持ち合わせ、足りない部分を補ったりしてヨーグルトは出来上がります。 主に牛乳のヨーグルトは「動物性乳酸菌」と区分けされる乳酸菌で、豆乳などは「植物性乳酸菌」と区分けされる乳酸菌が使われます。 その中でも植物性とよばれる乳酸菌は、野菜の皮や土中に住んでいる乳酸菌で、私たち日本人には古くから密接で共存した歴史も長く、最も近くに寄り添った乳酸菌といえるでしょう。 豆乳ヨーグルトを自宅において作る場合、その製法が市販品と比べ、 菌の安定性などに疑問を投げかける意見なども多く、安全性においてのはっきりとした作り方などがありませんでした。 豆乳ヨーグルトになる際の確実な種類が特定されにくいということ、乳酸菌だけでなく、酵母などの異なる菌が介在する可能性や、安定し、かつ安全な乳酸菌が確実に使われていないことがあげられています。 これまで豆乳ヨーグルト用に特化した種菌というものも市販製品として供給されていなかったことも原因の一つであったと思います。 ところが、あの胃腸薬でおなじみの太田胃散から今回、純粋に植物から分離培養された【】という豆乳ヨーグルト専用の種菌が発売されました。 このソイヨーグルには植物性乳酸菌である、ラクトバチルスプランタラム(KS-1株)が種菌として使用されています。 この乳酸菌、日本に大変なじみのある純国産の植物性乳酸菌なのです。 面倒で手間な温度管理が不要!!常温で豆乳ヨーグルトが出来上がる! 種菌を豆乳と混ぜるだけ!面倒で手間な温度管理は一切不要。 その点、この【】は難しい温度管理が一切必要ありません。 雑菌防止のため、煮沸した容器と豆乳さえあれば、常温でほったらかしでも簡単に豆乳ヨーグルトができるのです。 一定の温度をキープする必要も、面倒な温度管理も一切必要ありません。 しかもこの【】の種菌である【ラクトバチルスプランタラム(KS-1株)】は、日本の伝統的な郷土食でもある、京都の【すぐき漬け】から生まれた純国産、日本生まれの乳酸菌! どうせなら国産の乳酸菌でヨーグルトを作ってみたいと思いませんか? まさに豆乳ヨーグルトにもっとも合うベストパートナーともいえる乳酸菌、ラクトバチルスプランタラム。 種菌を豆乳と混ぜて置いておくだけでご自宅でも簡単に豆乳ヨーグルトを作ることができます。 INYOUが自信を持っておすすめする「太田胃散」の「豆乳専用種菌・ソイヨーグル」 豆乳ヨーグルトをご愛用の方も、試したことがあるけれど食べることをやめてしまった方も、これから試そうかと思っている方も是非一度試していただきたい豆乳ヨーグルトのための豆乳専用の乳酸菌です。 豆乳ヨーグルト、このについて、豆乳ヨーグルトに欠かせない植物性乳酸菌についてもこれからシリーズでコラムをお届けします。 いますぐこちらをクリック!.

次の

手作り豆乳ヨーグルトはまずい?失敗から学んだ美味しい作り方!|ヨーグルト刑事

豆乳 ヨーグルト

豆乳ヨーグルト 豆乳ヨーグルトとは通常のヨーグルトが主に牛乳から作られるのに対し、豆乳で作るヨーグルトのことをいいます。 豆乳ヨーグルトは牛乳ヨーグルトと同様、豆乳に乳酸菌(もしくは酵母菌)を入れ、発酵させて作りますが、素材そのものが一般的な牛乳ヨーグルトと根本的に違うため厳密には牛乳ヨーグルトとは別の食品といえます。 実際にプレーンのものはヨーグルトというより絹ごし豆腐に近い感じがします。 豆乳ヨーグルトの特徴 豆乳ヨーグルトは「ヨーグルト」と名のつく他の食品とは一線を画す異質なヨーグルトです。 その特徴は通常の牛乳ヨーグルトと比べるとよく分かります。 豆乳ヨーグルトと牛乳ヨーグルトの違い 豆乳ヨーグルトの特徴は一般のヨーグルトが動物性なのに対して植物性のヨーグルトということが最大の特徴と言えます。 つまり発酵食品としての性質は通常のヨーグルトというよりは味噌や漬物などに近いのです。 植物性の食品ということで、豆乳ヨーグルトは牛乳ヨーグルトと比べて乳酸菌やたんぱく質、脂質などの種類が全く違います。 更に細かい成分内容は素材である牛乳と大豆の違いがそのまま反映されています。 具体的には次ようなことが言えます。 牛乳ヨーグルトに比べて豆乳ヨーグルトはカロリーが低い。 牛乳ヨーグルトに比べて豆乳ヨーグルトは脂肪分(コレステロール)が低い。 牛乳ヨーグルトに比べて豆乳ヨーグルトはカルシウム量が少ない。 牛乳ヨーグルトに比べて豆乳ヨーグルトはたんぱく質の吸収が遅い。 牛乳ヨーグルトに比べて豆乳ヨーグルトはミネラルのバランスが良い。 豆乳ヨーグルトにはイソフラボンや大豆サポニン、大豆レシチンといった大豆の有効成分が含まれている。 どちらのヨーグルトにもメリット・デメリットがありますが、健康面を考えると圧倒的に豆乳ヨーグルトの方が効果的と考えられます。 何故なら現代の食生活を考えると牛乳ヨーグルトのメリットは他の食品からも比較的摂りやすいのに対して、豆乳ヨーグルトのメリットは不足しがちになっているからです。 また、豆乳ヨーグルトの特筆すべき特徴と言えるのは乳糖が殆ど含まれていないことです。 乳糖とは牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする原因の物質です。 乳糖は牛乳からヨーグルトになる段階で多くの部分が分解されますが無くなることはありません。 豆乳ヨーグルトには乳糖が含まれていませんのでお腹がゴロゴロすることもありません。 さらに当然の如く乳アレルギーの人でも安心して食べられる(種菌に乳製品を使わない場合)のは大きな特徴です。 豆乳ヨーグルトの効果・効能 一般の牛乳ヨーグルトも栄養価が高い食品と言えますが、豆乳ヨーグルトはそれに大豆の効果・効能を加え、さらに牛乳ヨーグルトのデメリットを減らすというスーパーな食品です。 牛乳ヨーグルト同様、乳酸菌が含まれているため「整腸作用」「便秘解消」「下痢改善」「免疫力強化」などの効果・効能が期待できます。 豆乳ヨーグルトに含まれる植物性乳酸菌は種類にもよりますが、消化液耐性を持ついわゆる「腸まで生きて届くプロバイオティクス」であることが多く、さらに大豆には乳酸菌を活性化させる大豆オリゴ糖が含まれているため牛乳ヨーグルトと比べて便秘解消など整腸作用および免疫力強化に関する効果・効能がより期待できます。 豆乳ヨーグルトには高品質な植物性たんぱく質や不足しやすい鉄分などのミネラル分が含まれているにも関わらず、牛乳ヨーグルトと比べてカロリーや脂質が低いためダイエット食には最適と言えます。 また大豆に含まれる大豆たんぱく質やレシチンはコレステロールを抑制する効果・効能があるためダイエットだけでなく動脈硬化など生活習慣病の予防にも役立ちます。 その他にも豆乳ヨーグルトには女性ホルモンの効能に近い働きを持つというイソフラボンが含まれているため、美容やバストアップ、生理痛や更年期障害などにも効果が期待できます。 豆乳ヨーグルトは全体的にが強化されつつも、カロリーや脂質は低いというヨーグルトと大豆のいいとこ取りをした非常に健康的な食品です。 しかし、牛乳ヨーグルトと比べてカルシウム量は少ないので骨や歯の強化を期待する方は牛乳ヨーグルトの方が良いと言えます。 豆乳ヨーグルトの作り方・レシピ 豆乳ヨーグルトの作り方は実に簡単です。 基本的な豆乳ヨーグルト作り方• 無調整豆乳と種菌(乳酸菌)を用意する。 無調整豆乳と乳酸菌を混ぜる。 出来上がり。 基本的には豆乳と種菌(乳酸菌)を混ぜて常温で寝かせるだけです。 ただし、温度や原料の配分、発酵時間等によって出来上がり具合が変わり、酷い場合は過発酵などで食べられなくなることもあります。 また、できた豆乳ヨーグルトはさらに豆乳を足して寝かせることでどんどん増やすことができます。 具体的な豆乳ヨーグルトの作り方は主に種菌から作る方法と市販品など既存の種菌を利用して作る方法の2通りに分かれます。 種菌(乳酸菌)から作る豆乳ヨーグルトの作り方 少しだけ手間はかかりますが、一から自家製のヨーグルトを作りたいという方にお薦めの方法です。 豆乳ヨーグルトにおける種菌とは乳酸菌が成長するための菌と栄養成分の組み合わせで乳酸発酵水と呼ばれることもあります。 豆乳ヨーグルトの種菌で使われることが多いのは玄米や小麦粉です。 自家製豆乳ヨーグルトとして流行したTGGヨーグルト(豆乳ぐるぐるヨーグルト)は玄米で種菌をつくることから、「豆乳ヨーグルトの種菌=玄米」という認識が広まっています。 ここでも玄米を使った豆乳ヨーグルトの作り方をご紹介します。 無調整豆乳と玄米(スプーン一杯程度)を用意する。 玄米を軽く洗う。 容器に玄米をスプーン一杯程度を入れる。 豆乳を玄米が隠れる程度に入れる。 その容器にはじめに入れた豆乳の量と同じ程度の豆乳を更につけ足す。 更に前回と同量の豆乳をつけ足す。 表面が固まったら種菌の完成。 別の容器に豆乳を入れる。 そこに作った種菌を入れる。 グルグルかき混ぜる。 既存の種菌(乳酸菌)を利用した豆乳ヨーグルト作り方 一から種菌を作るのは面倒という方は少しお金はかかりますが、既存の種菌を利用して簡単に豆乳ヨーグルトを作ることができます。 種菌は市販されています。 代表的なものにはDHCや有限会社中垣技術士事務所から販売されているケフィア菌やフジッコ株式会社から販売されている「カスピ海ヨーグルトの種菌」などがあります。 それよりも手軽なのは市販されている牛乳ヨーグルトや豆乳ヨーグルトを種菌にする方法です。 非常に簡単ですが、市販の豆乳ヨーグルトを種菌にする作り方をご紹介します。 市販の豆乳ヨーグルトと無調整豆乳を用意する。 容器に豆乳ヨーグルトを入れる。 更にその容器に無調整豆乳を入れて混ぜる。 容器にフタをして、1日程度常温で置いておきます。 固まったら完成。 個人的な感想ですが、市販の豆乳ヨーグルトを種菌にして豆乳ヨーグルトを作る方法は非常に簡単なのですが、<美味しい豆乳ヨーグルト>を作るのは難しい感じがします。 無調整豆乳がベースとなるので、当然、元の豆乳ヨーグルトと同じ味にはなりません。 材料、配分、発酵時間などによって味や滑らかさが大きく変わりますので、何度かチャレンジしてみて自分の好みをレシピを探し出しましょう。 豆乳ヨーグルトに含まれる主な乳酸菌 豆乳ヨーグルトに含まれる乳酸菌は植物性乳酸菌です。 植物性乳酸菌とは漬物や味噌、キムチなどに含まれる野菜などの発酵乳酸菌として知られています。 植物性乳酸菌は多くのものが生きて腸まで届くプロバイオティクスであり、活性力が強いためより強い効果・効能が期待できると言います。 豆乳ヨーグルトに含まれる植物性乳酸菌の具体的な種類は種菌によって異なり、特定のものはありません。 豆乳ヨーグルトの注意点・副作用・危険性 基本的に豆乳ヨーグルトに副作用や危険性は無いと言えます。 敢えて言うならば、豆乳ヨーグルトを自家製で作る場合、管理がずさんだと雑菌やカビが繁殖する場合があります。 不衛生な場所で作ったり、温度や湿度が高い場所で作るとそういったことが起きることがあります。 この場合の菌は強力ですので、見た目や味などが少しでもおかしいと思ったら、勿体無いと思わず捨てましょう。 また、少数派ですが豆乳が体に悪いという説もあります。 その根拠として豆乳に含まれる次の2つ成分が挙げられます。 トリプシンインヒビター トリプシンという消化酵素を不活性化する性質があり、下痢や膵臓を肥大させる要因となる。 ゴイトロゲン ヨウ素の摂り込みを阻害するため、甲状腺の肥大や甲状腺腫の要因となる。 どちらの成分も過剰に摂取すると問題になりますが、通常の範囲であれば特に気にすることはないようです。 豆乳ヨーグルトの主な製品 トーラク株式会社より次の豆乳ヨーグルトが販売されています。 豆乳で作ったヨーグルト(トクホ:特定保健用食品)• 豆乳で作ったヨーグルト フルーツ味(トクホ:特定保健用食品)• 豆乳で作ったヨーグルト フルーツ味 ブルーベリー果肉入り(トクホ:特定保健用食品) マルサンアイ株式会社より次の豆乳ヨーグルトが販売されています。 」とされていますので企業的にはヨーグルトとは別モノなのかもしれません。 豆乳グルト プレーン 400g 玄米発酵ヨーグルトとは手作りヨーグルトの一種で、玄米を元に豆乳を乳酸発酵させるヨーグルトの作り カスピ海ヨーグルトとは冒険病理学者の異名をとる家森幸男京都大学名誉教授が東欧のコーカサス地方( 水切りヨーグルトとは通常のヨーグルトをガーゼやキッチンペーパーなどで濾過し、水分と乳清(ホエイ プレーンヨーグルトとは何加えられていない普通のヨーグルトのことです。 厳密には 豆乳グルグルヨーグルトとは代表的な自家製豆乳ヨーグルトの名称、もしくはその製法のことです。 ギリシャヨーグルトは水切りヨーグルトの一種で、どちらかと言うとチーズに近い食べ物と言えます。 ブルガリアヨーグルトは株式会社明治が発売しているヨーグルトブランドです。

次の