フィリピン ロック ダウン 解除。 マニラ!ロックダウン解除!

なかなか減らないフィリピンのコロナウイルス感染者!ロックダウンから1ヶ月経過したフィリピンを振り返る

フィリピン ロック ダウン 解除

ブログを見ていただきありがとうございます。 今回は現在停滞している家づくり記事の続報です。 前回以下の記事でフィリピンのロックダウン解除が5月15日から5月31日まで延長されたのを確認しました。 なお、ロックダウンが延長されたものの、首都マニラなどの感染者が多い、いくつかの地域を除き、ロックダウンが緩和されていくとのニュースもあったので、の設備製造が再開され、日本に向けた輸出も少しずつ再開されるのではないかと淡い期待を抱いていました。 勝手なイメージですが、設備を作っている工場はそんなに人口密集地にないんじゃないかということと、設備の輸出を行う港も3密などの条件に当てはまらないんじゃないかと思ってました。 そこで、期待を込めての営業担当の方に現状を確認してみたところ、 「 フィリピンから日本に向けた輸出が再開されたようです」 との連絡をいただきました! この朗報にこれまでの不安がだいぶ解消されました! 営業担当の方の話では、横浜や関東のエリアに限った話かもしれませんが、4月の中旬くらいまではフィリピンからの輸入は続いていたとことです。 というのも、フィリピンを出た貨物船が横浜港に到着するまで3週間くらいかかるみたいです。 なので、3月中旬ぐらいに始まったロックダウンにぎりぎり規制されずに輸出できた貨物船が4月中旬ぐらいに日本に到着していたようです。 つまり、先月末から今月上旬ぐらいまでは上棟や設備据え付け、内装作業などは継続できていたようですね。 ぎりぎり引き渡しが出来た皆さんも、不安な日々を過ごしたことと思いますが、無事新しい家で新生活がはじめられた方たちがいたのであれば喜ばしいことですね。 ということで、むしろ輸出が再開されたからと言って、つい最近フィリピンを出た貨物船はまだ海の上で、日本に到着するまでには時間がかかるので、これから約1か月くらいが上棟作業などができない期間になるみたいです。 その後また日本に貨物船が到着し始める来月中旬ぐらいから、上棟作業が再開されるのでしょうね。 営業担当さん曰く、上棟日の確定はまだできず、他のお客さんの上棟作業の状況などを確認しながら今後決めていくとのことです。 ただ、いざ上棟日が決まりそうなときに基礎の着工が遅れていると困るので、基礎の着工はそれなりに元のスケジュールからあまり遅れずに実施したいとのことでした。 なるほど、そうなると問題はこの何もしていない期間放置していた土地に生えてきているだろう雑草です。。 ということで横浜は本日かなりいい天気でしたが、急遽雑草抜きをやってきました。 3月中旬に解体が完了してから2か月ほど経過しているので、そろそろ雑草が気になってきたころだったのですが、ついつい時間が作れずにいました。 気候も良くなったのでその結果、これくらいの量の雑草が生えてきてました。 主にが生えてきていました。 妻と子供たち3人と総出で、午前中に2時間ほどかけて何とか草を抜き終わりました。 草の中にはじゃがいも?も混ざってました。 ご近所さんが育てている花から種が飛んできてうちの土地に生えたんでしょうか? 思わず写真を撮ってしまいました。 先の方に少し茶色っぽい丸いものがありますが、それが種芋のようでした。 しかし、雑草というのはどこにでも生えてきて、 誰かが水をやるわけでもないのに、たくましく育ってきますね。 子どもたちには身をもって雑草のたくましさを学んでもらい、 雑草魂という言葉を教えてあげました。 最近では口に出して言うことは少なくなりましたが、 雑草のたくましさに学ぶことはまだまだたくさんありそうです。 この草むしりが大変だった体験とセットで覚えればそう簡単には忘れないでしょう。 ということで、着工まではまだもう少しかかりそうなので、 もう一回くらい草むしりをするつもりで準備していこうと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 BetterLife.

次の

フィリピンのロックダウン解除

フィリピン ロック ダウン 解除

ブログを見ていただきありがとうございます。 今回は現在停滞している家づくり記事の続報です。 前回以下の記事でフィリピンのロックダウン解除が5月15日から5月31日まで延長されたのを確認しました。 なお、ロックダウンが延長されたものの、首都マニラなどの感染者が多い、いくつかの地域を除き、ロックダウンが緩和されていくとのニュースもあったので、の設備製造が再開され、日本に向けた輸出も少しずつ再開されるのではないかと淡い期待を抱いていました。 勝手なイメージですが、設備を作っている工場はそんなに人口密集地にないんじゃないかということと、設備の輸出を行う港も3密などの条件に当てはまらないんじゃないかと思ってました。 そこで、期待を込めての営業担当の方に現状を確認してみたところ、 「 フィリピンから日本に向けた輸出が再開されたようです」 との連絡をいただきました! この朗報にこれまでの不安がだいぶ解消されました! 営業担当の方の話では、横浜や関東のエリアに限った話かもしれませんが、4月の中旬くらいまではフィリピンからの輸入は続いていたとことです。 というのも、フィリピンを出た貨物船が横浜港に到着するまで3週間くらいかかるみたいです。 なので、3月中旬ぐらいに始まったロックダウンにぎりぎり規制されずに輸出できた貨物船が4月中旬ぐらいに日本に到着していたようです。 つまり、先月末から今月上旬ぐらいまでは上棟や設備据え付け、内装作業などは継続できていたようですね。 ぎりぎり引き渡しが出来た皆さんも、不安な日々を過ごしたことと思いますが、無事新しい家で新生活がはじめられた方たちがいたのであれば喜ばしいことですね。 ということで、むしろ輸出が再開されたからと言って、つい最近フィリピンを出た貨物船はまだ海の上で、日本に到着するまでには時間がかかるので、これから約1か月くらいが上棟作業などができない期間になるみたいです。 その後また日本に貨物船が到着し始める来月中旬ぐらいから、上棟作業が再開されるのでしょうね。 営業担当さん曰く、上棟日の確定はまだできず、他のお客さんの上棟作業の状況などを確認しながら今後決めていくとのことです。 ただ、いざ上棟日が決まりそうなときに基礎の着工が遅れていると困るので、基礎の着工はそれなりに元のスケジュールからあまり遅れずに実施したいとのことでした。 なるほど、そうなると問題はこの何もしていない期間放置していた土地に生えてきているだろう雑草です。。 ということで横浜は本日かなりいい天気でしたが、急遽雑草抜きをやってきました。 3月中旬に解体が完了してから2か月ほど経過しているので、そろそろ雑草が気になってきたころだったのですが、ついつい時間が作れずにいました。 気候も良くなったのでその結果、これくらいの量の雑草が生えてきてました。 主にが生えてきていました。 妻と子供たち3人と総出で、午前中に2時間ほどかけて何とか草を抜き終わりました。 草の中にはじゃがいも?も混ざってました。 ご近所さんが育てている花から種が飛んできてうちの土地に生えたんでしょうか? 思わず写真を撮ってしまいました。 先の方に少し茶色っぽい丸いものがありますが、それが種芋のようでした。 しかし、雑草というのはどこにでも生えてきて、 誰かが水をやるわけでもないのに、たくましく育ってきますね。 子どもたちには身をもって雑草のたくましさを学んでもらい、 雑草魂という言葉を教えてあげました。 最近では口に出して言うことは少なくなりましたが、 雑草のたくましさに学ぶことはまだまだたくさんありそうです。 この草むしりが大変だった体験とセットで覚えればそう簡単には忘れないでしょう。 ということで、着工まではまだもう少しかかりそうなので、 もう一回くらい草むしりをするつもりで準備していこうと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 BetterLife.

次の

フィリピン、セブの現状をインタビュー!ロックダウン中の日常編

フィリピン ロック ダウン 解除

5月12日にマニラ首都圏が5月31日までロックダウンが延長されることが発表されました。 今回の3度目の延長で、 当初:3月15日~4月14日 1回目延長:~4月28日 2回目延長:~5月15日 3回目延長:5月31日 と合計すると 78日にもなります。 調べてみると、震源地の武漢のロックダウンは1月23日から4月8日の77日なので、それよりも長く世界一の長さとなる見込みです。 感染が急拡大しているロシアでさえ、ロックダウンを解除する世界の情勢に反して更に延長するという事は、コロナの感染者数・死亡者数が数字に反映されていないところで悪化しているのではないかと考えざるを得ません。 (本日時点のフィリピン全土の感染者数は 11,350人、死亡者数は 751人とほぼ日本と変わらない水準です。 感染者数は200人前後で増え続けていますが、死亡者は20人と微増に留まっています。 ) また世界有数の過密都市であるマニラは、経済効率としては良いのかもしれませんが、対コロナに対しては真逆の悪影響が大きいのでしょう。 演説から大統領はコロナの第2波3波の抑えるべく、WHOの提言に従い慎重に経済活動を再開させる事に重きを置いている事が伺えます。 なお、5月16日以降はある一部の業種(13日以降発表予定)での営業再開・公共交通機関の再開等緩和されるとの報道ですが、その他の人々の外出制限は変わらない見込みです。 更なるロックダウンの延長決定を受け、政府から2回目の貧困者向け支援策も予定されています。 しかしながら、住民登録がされていない人が多いフィリピンでは彼らには支援の手は届かないでしょうから、長期のロックダウンでコロナ死よりも餓死の方が結果として上回るのではないかと心配しています。 結果として当該ロックダウンを受けて、経済に大きく影響が出始めています。 2%と20年ぶりのマイナス成長を記録しました。 またロックダウンにより、93,000軒の店舗の一時閉鎖等により250万人の解雇されたと労働省が発表がありました。 2020年1月時点の失業率は、5. ColliersやLeechiuが本年度のマーケット予測を出した時の想定よりも、ロックダウンの期間が長くなったことによる景気後退により不動産へのネガティブな影響が強まっているのではないかと感じています。 最後に、ボニファシオグローバルシティの現状についてお話しますと、先週から点滅だった信号機が通常に戻りました。 BPO並びに飲食業従業員の送り迎えの為の車の増加が著しく増えてきたのと、Grab food, のデリバリー用バイク・自転車が走り回り、日中はロックダウンが解除されたような雰囲気となっています。 (以前の渋滞だらけという水準には戻っていません。 ) スーパーマーケットの品揃えはロックダウン前と変わらないほどになってきており、入場制限もほとんど無くなりました。 Mail:nakata. re philipinvest. com 仲田 一成 (なかた かずなり) - ,.

次の