オークス 2020 出走 予定。 【レース結果】オークス優駿牝馬 2020 競馬 日程・出走馬・ブックメーカー予想オッズ

優駿牝馬(オークス)2020 出走予定馬&個別/穴馬分析

オークス 2020 出走 予定

オークス 優駿牝馬 2020予想オッズ、出走予定馬情報と傾向 オークス 優駿牝馬 2020の勝ち馬はどの馬?オークス 優駿牝馬 2020の競馬予想特集です。 3連単6点勝負はあなたの競馬予想に役立つ情報を一心不乱に提供します。 有力な競走馬5頭をピックアップ。 ここでは、デアリングタクト、デゼル、クラヴァシュドール、ミヤマザクラ、サンクテュエールの競走馬情報を詳しく説明します。 オークス 優駿牝馬 2020予想オッズ 人気順 馬名 予想オッズ 1 デアリングタクト 1. 9 2 デゼル 5. 7 3 クラヴァシュドール 7. 6 4 ミヤマザクラ 9. 1 5 サンクテュエール 13. 5 6 リアアメリア 17 7 ホウオウピースフル 20 8 マルターズディオサ 23. 2 9 ウインマリリン 23. 5 10 スマイルカナ 37 11 マジックキャッスル 41. 5 12 リリーピュアハート 52. 9 13 アブレイズ 61. 7 14 ウインマイティー 84. 9 15 エヴァーガーデン 97. 1 16 ソフトフルート 148. 4 17 フィオリキアリ 191. 6 18 チェーンオブラブ 227. 4 19 ルトロヴァイユ 230. 4 20 ウーマンズハート 236. 8 21 インターミッション 278. 8 22 ミスニューヨーク 342. 5 23 ショウナンナデシコ 351. 6 24 クリスティ 1577. 2 25 ショウナンハレルヤ 1623. レーン 父ディープインパクト。 母アヴニールセルタン。 母の父Le Havre。 オークス 優駿牝馬 2020予想オッズは2番人気です。 デビュー2連勝でスイートピーS 東京競馬場芝1800m を勝利、無敗の制覇へ挑戦です。 スイートピーSはスタートの不利があり、後方14番手からの競馬になりました。 スローペースの決め手勝負の展開を、大外から次元の違う瞬発力で伸びてまとめて差し切る非常に強い競馬で勝ちました。 デアリングタクトとの好勝負が期待できそうです。 中2週、長距離輸送と克服すべき課題もあります。 デムーロ 父ハーツクライ。 母パスオブドリームズ。 オークス 優駿牝馬 2020予想オッズは3番人気です。 阪神JF 阪神競馬場芝1600m は勝ち馬レシステンシアとは0秒8差の3着。 桜花賞 阪神競馬場芝1600m は勝ち馬デアリングタクトと0秒7差の4着。 サウジアラビアRC 東京競馬場芝1600m ではメンバー中最速上がり33秒1の桁違いの末脚を使っているように、 優駿牝馬 の東京コースに替わることで一変しての激走の可能性も十分にあると思われます。 母デアリングバード。 母の父キングカメハメハ。 オークス 優駿牝馬 2020予想オッズは1番人気です。 デビューから無敗の3連勝でクラシック1冠桜花賞を見事優勝しました。 桜花賞は雨が降り続いてかなり時計の掛かる馬場でした。 13番手の内目を追走していましたが、前が詰まってしまい、4コーナーの外を回って直線へ、13番手から道悪でも桁違いの瞬発力でまとめて差し切り、有馬記念を圧勝したリスグラシューを彷彿させる強い競馬で優勝しました。 桜花賞2着馬のレシステンシアがNHKマイルカップで直線伸びを欠いたのは桜花賞の、かなり時計の掛かる馬場を走った疲労が残っていたことが原因かもしれません。 デアリングタクトも同様の桜花賞激走の疲労が残っていないかどうか、見極めることが重要です。 母ミスパスカリ。 母の父Mr. Greeley。 オークス 優駿牝馬 2020予想オッズは4番人気です。 桜花賞 阪神競馬場芝1600m は勝ち馬デアリングタクトと0秒8差の5着。 2走前のクイーンC 東京競馬場芝1600m は2番手先行から、東京の長い直線で長く良い脚を使い抜け出して重賞制覇しました。 オークス 優駿牝馬 は、基本的にはスローペースからの上がり勝負になる傾向があり、前が残ることもあるので、ミヤマザクラに1発があっても驚けません。 ルメール 父ディープインパクト。 母ヒルダズパッション。 母の父Canadian Frontier。 オークス 優駿牝馬 2020予想オッズは5番人気です。 桜花賞は重馬場に泣かされて完敗しました。 力のいる馬場を全力で走ってないぶん、上位入賞馬よりもダメージは少ないと思われます。 2走前のシンザン記念を強い牡馬相手に勝利した勝負根性は、総合的な能力が試されるで有効になります。 強い牡馬相手に勝った実績のあるサンクテュエールは、桜花賞から巻き返せる最有力候補です。 【オークス2020枠順確定】 オークス2020枠順 1-1 デゼル D. レーン 1-2 クラヴァシュドール M. デムーロ 2-3 アブレイズ 藤井勘一郎 2-4 デアリングタクト 松山弘平 3-5 ホウオウピースフル 内田博幸 3-6 リアアメリア 川田将雅 4-7 ウインマイティー 和田竜二 4-8 スマイルカナ 柴田大知 5-9 インターミッション 石川裕紀人 5-10 ミヤマザクラ 武豊 6-11 リリーピュアハート 福永祐一 6-12 マジックキャッスル 浜中俊 7-13 ウーマンズハート 藤岡康太 7-14 フィオリキアリ 田中勝春 7-15 チェーンオブラブ 石橋脩 8-16 ウインマリリン 横山典弘 8-17 マルターズディオサ 田辺裕信 8-18 サンクテュエール C. ルメール.

次の

オークス2020出走予定登録馬や優先出走馬・収得賞金順や注目馬評価

オークス 2020 出走 予定

【火下遊の競馬予想】では、無料メルマガ会員を募集しています。 1倍 ライン@始めました。 「火下遊」に興味がある方は 現在1800名。 募集しております! こんばんは、火下遊です。 本日は、優駿牝馬(オークス)2020の 展望を行います。 オークスは牝馬で2400mを走るのが 初めてという馬が大多数を占めるレース。 牡馬の菊花賞のようなイメージで、 血統が大きく影響してくるレースの1つです。 今年の桜花賞は極悪馬場で行なわれたため、 重馬場適性が結果に出た年でした。 もし良馬場で行なわれていたらどうなって いたのか? 毎年桜花賞3着馬までが必ず絡むので、 良馬場だった桜花賞も想定しながら 検討する必要がありますね。 今年の桜花賞馬 デアリングタクトは 現在圧倒的な1番人気想定。 極悪馬場の桜花賞を唯一、後ろから 差してきて1着。 良馬場であればもっと切れそうな イメージです。 今年のオークスは天気予報を見る限りでは 金・土雨予報ですが、良馬場で行なわれそう。 ここ3年は年々時計も速くなっており、 オークスも高速化が進んでいます。 その流れからも以前は欧州配合が強い オークスでしたが、ここ3年は スタミナ種牡馬+東京マイル得意血統 という長距離も走れてスピード対応も できる馬が好走しています。 こちらが過去5年の馬券圏内データ 時計が速くなって近3年は 母父クロフネが 毎年絡んでいますし、 ダンチヒ系や 米国パワー・スピード系も目立つように なってきました。 今年も高速馬場で予想するのであれば、 近3年に近い血統馬を見つけたいですね。 優駿牝馬(オークス)2020レース展望 こちらが出走予定馬と予想オッズ 桜花賞馬 デアリングタクトが圧倒的な 1番人気想定で、スイートピーSを勝った 2戦2勝馬 デゼルが2番人気想定。 どちらもオークスでは良さそうな配合で この2頭が中心のオークスといえそうです。 ただ桜花賞で負けた組でも、極悪馬場が あわずに惨敗した馬もいそうなので、 桜花賞負け組にも注意を払いたいですね。 オークスで評価したいタイプは、 速いペースが作れる スタミナ血統の先行馬か、 緩い流れを楽についていき、スピード馬場に 対応できる スピードの血とその スピードを 持続させるための血統を持つ馬が狙いです。 今年の桜花賞からの巻き返しを期待するなら ハーツクライ産駒で牝系はゴドルフィンの スピードの血を持つ ウーマンズハート。 同じく ハーツクライ産駒で桜花賞も しぶとく伸びて4着の クラヴァシュドール。 良馬場距離延長東京替わりで期待が できそうなクイーンC上位2頭、 マジックキャッスル、ミヤマザクラ に注目したいですね。 また出走馬が確定する木曜日に 血統診断を行ないますので、 どうぞお楽しみに。 先週もヴィクトリアM・京都ハイJを的中! クラシック2冠目 オークス週も楽しみなプラン情報! 【先週の重賞的中実績】 5月16日 土 京都ハイJ J・G2 3連単1185. 桜花賞は3着に9人気のスマイルカナ、フローラSは4人気のウインマリリンが優勝で当てるのが簡単なレースではなかったはず!これだけ当てれるのは予想力の高さの証です!更にこのサイトのおすすめポイントは 無料で見れる週末買い目付き情報もあるところ!今週は 日曜の鳳雛ステークス含む2レースが無料公開! こちらから前日夜or当日朝までに無料情報確認できるのでまずはここからがオススメです! 口コミで話題騒然の競馬予想サイト 昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、 「どれがいいのかわからない!」 「本当に役立つサイトはどれ?」 という疑問を持たれる方が増えてきています。 確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ 意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても 回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。 しかし、当然の事ながら個人が入手できる情報の鮮度には限界があります。 そこで登場するのが。 関係各所に張り巡らされた情報網があなたの目となり足となり、 高確率で万馬券も可能な的中好機な情報をお届けいたします。 無料情報でご案内する 買い目でまずは的中を手にして下さい。 他所の競馬予想サイトもある程度穴馬の情報を手に入れる事が出来たとしても、それを馬券的中まで結びつける事が殆ど出来ていない中、ターフビジョンは確かな情報の元、的確に穴馬をチョイスし「馬券的中」へと結びつける事で長年ユーザーから信頼され続けている優れたサイトです。 さらに今登録すると 3,000円分プレゼントしている点も嬉しいですよね。 また、毎週自信のある勝負レースの3連複を無料で提供してくれるのでまずはこの勝負レースの3連複を無料でお試しされる事をおすすめします。 無料予想も有料予想も両方凄い為、 「第2位」に認定します。 その代わり、 「競馬の楽しみや予想の喜び」などは一切皆無です(笑)的中のみが欲しい方は是非登録してみてください!競馬の楽しみが減るということで、 「第3位」に認定します。 今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも 自信の勝負レースを無料で提供しているという事! 当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで 口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。 この4サイトがあれば競馬でしっかり儲けられそうですね。 それでは!.

次の

オークス2020特集

オークス 2020 出走 予定

オークス2020予想【出走予定馬分析 後編 】1週前追い切り 美浦W 終い重点で抜群のキレ味発揮した末脚特化型の伏兵をオススメ!東京芝コースへの場替わりで決め手比べに持ち込めれば…。 7%馬券圏内率90. 1%馬券圏内率79. 1%馬券圏内率90. 0%馬券圏内率97. 7%馬券圏内率94. 7%馬券圏内率95. 馬なり単走の 1週前追い切り(栗東CW6ハロン81. 5-65. 8-51. 4-38. 0-11. 5秒)し、オークスへの優先出走権を獲得したディープインパクト産駒の新星。 キャリアが浅い分、馬群の中でもまれた時に脆い面を見せる可能性がありますけど、道中の折り合いに注目がつくタイプではないので、2400mへの距離延長でスタミナ切れを起こす心配は要らないのでは?と考えています。 中2週の強行軍になりますが、再度の関東圏への長距離輸送を無事にクリアすることができれば、同じ無敗馬・デアリングタクト相手でも互角以上の走りができるはずです。 ホウオウピースフル (牝3歳 父オルフェーヴル・母ツルマルワンピース) 前走:フローラS2着(東京芝2000m:1分58秒7) 2018年のG1・有馬記念を優勝したブラストワンピースの半妹。 前走・フローラステークスはデビュー以来最高の馬体重(478kg)で出走しましたが、太め残りという感じではなかったので、 キャリアを積んでいくにつれて、馬体が充実してきたこの馬が強敵相手に一矢報いる可能性も十分あるのでは?と考えています。 余力たっぷりの手応えで併走同入に持ち込んだ 1週前追い切り(美浦W6ハロン82. 7-67. 0-52. 1-38. 4-13. 1)でも機敏な動きを見せていましたから、状態面の不安はありませんけど、 2000mのフローラステークスの道中で折り合いを欠く場面があったので、道中の流れが落ち着きやすい2400mへの距離延長はあまり歓迎できません。 マジックキャッスル (牝3歳 父ディープインパクト・母ソーマジック) 前走:桜花賞12着(阪神芝1600m:1分37秒6) 昨秋のG3・ファンタジーステークスでレシステンシアに次ぐ2着を確保するなど、強敵と遜色ないレースを展開してきた堅実派。 前走・桜花賞で初めて馬券圏外に凡退していますが、馬体重が424kgまで減っていた影響があったのはもちろん、道悪馬場で道中の行きっぷりが悪く、持ち味を活かせないままレースが終わってしまう…という消化不良の一戦でしたから、決め手比べになりやすい良馬場で見直したいところ。 ただ、 スピードに特化したタイプなので、2400mの距離は少し長い印象もあります。 マルターズディオサ (牝3歳 父キズナ・母トップオブドーラ) 前走:桜花賞8着(阪神芝1600m:1分37秒2) 種牡馬デビュー初年度から大活躍しているキズナ産駒の代表格で、昨年末のG1・阪神JFで2着を確保しているほか、年明け初戦となったG2・チューリップ賞ではレシステンシア相手にリベンジを果たし、重賞ホースの仲間入りを果たしています。 3頭併せの真ん中を走り、楽な手応えを保ったまま、ラスト1ハロン好時計をマークした1週前追い切り(美浦W5ハロン66. 7-52. 3-38. 6-12. 1)の内容も良く、高いレベルの状態を維持していますけど、 母トップオブドーラはダート短距離を主戦場にしていたスピード型だったので、2400mへの距離延長でスタミナ切れを起こす危険性があります。 ミヤマザクラ (牝3歳 父ディープインパクト・母ミスパスカリ) 前走:桜花賞5着(阪神芝1600m:1分36秒9) 東京マイル戦のG3・クイーンカップを優勝している芦毛のディープインパクト産駒。 母ミスパスカリの仔はスタミナ型が多い分、道悪馬場だった前走・桜花賞でも上位争いに持ち込めるのでは?と期待していましたが、ぬかるんだ馬場への対応に苦労していて、エンジンの掛かりも遅かったので、タフな馬場状態に泣いた桜花賞は度外視可能と考えた方が良いかと思います。 道中で力むタイプではありませんから、2400mへの距離延長は歓迎材料になりますし、武豊騎手とのコンビで新味が引き出されそうなところもプラスに働きそうです。 リアアメリア (牝3歳 父ディープインパクト・母リアアントニア) 前走:桜花賞10着(阪神芝1600m:1分37秒3) 昨年末のG1・阪神JFで抜けた1番人気(単勝オッズ1. 8倍)に支持されたものの、レシステンシアが淀みないペースに持ち込んだことで道中の追走が苦しくなり、まさかの6着に凡退し、評価が急落してしまいました…。 単走で行われた 1週前追い切り(栗東坂路4ハロン54. 0-38. 7-25. 2-12. 5)でディープインパクト産駒らしい豪快なフットワークを披露していましたし、前走・桜花賞は道悪馬場に泣かされた形だったので、叩き2戦目のオークスで巻き返す可能性はありますけど、 極端な追い込み脚質で展開に左右されやすい…という弱点を抱えていることを押さえた上で取捨選択していきたいです。 9-54. 2-40. 4-12. 4)で抜群のキレ味を発揮し、キッチリ併走先着を果たしているこの馬をオークス事前展望<後編>のオススメ馬としてピックアップします。 輸送競馬が続いた分、近走の成績は振るいませんけど、強敵相手にもまれた経験は関東圏の大一番・オークスで活かされるはずですし、スマイルカナが逃げ切り勝ちを決めた G3・フェアリーステークスでメンバー中最速の上がり3ハロンを計測しているように、決め手比べでは見劣りしない存在なので、瞬発力勝負になりやすい東京芝コースへの場替わりも追い風になりそうです。 7%馬券圏内率90. 1%馬券圏内率79. 1%馬券圏内率90. 0%馬券圏内率97. 7%馬券圏内率94. 7%馬券圏内率95. オススメです。

次の