アメリカ 州 別 コロナ 感染 者 数。 実は10倍? アメリカの感染者数 2400万人超か

新規感染者が減っていない州も規制を緩和…ニューヨーク州などを除けば全国的には増加傾向

アメリカ 州 別 コロナ 感染 者 数

アメリカで新規感染者が急増 アメリカでは50州すべてで外出制限の緩和が進められ、多くの人々が厳しいロックダウンから日常に戻りつつあります。 一方、アメリカの複数の州では、新型コロナウィルスの感染者数が大幅に増加しています。 6月19日には、アメリカ国内の1日当たりの新型コロナウィルス感染者数が3万人以上確認され、5月初旬以降最多を記録しました。 特に早期に経済活動を再開した州が多い南部と西部で、 若年層を中心とした感染拡大が著しい傾向にあります。 南部のフロリダ州、テキサス州、サウスカロライナ州は6月20日に1日当たりの感染者数が過去最多を更新しました。 感染者急増の背景には検査の拡充も挙げられますが、同時に入院者数も増えています。 一部の州では感染拡大により入院者数が急増し、ICU(集中治療室)の病床が不足している州もあります。 専門家はデモで感染拡大の懸念していた 経済活動の再開に加え、感染拡大の大きなリスクとなっているのが「デモ」です。 ロックダウン中にも経済活動の再開を求めるデモがアメリカ国内で相次いでいたほか、直近ではミネソタ州ミネアポリスで発生した黒人暴行死事件に端を発した抗議デモが活発化しています。 6月初旬にも、ニューヨーク州のクオモ知事を含む政府当局者や公衆衛生専門家は、大規模なデモや警察官の大量動員が、新型コロナウィルスの感染拡大に拍車をかける恐れがあることを警告していました。 ロックダウンの解除が進む一方で、大規模デモには数百人、数千人の人々が集まります。 公衆衛生専門家は、デモ参加者が密集し、叫んだり走ったりすること、飛沫によるウィルス感染に繋がる恐れがあると指摘しています。 ニューヨーク州のクオモ知事は「デモ参加者はウイルス検査を受けてほしい」と呼びかけています。 訪日アメリカ人観光客の戻りが遅くなるおそれ 日本は日本では外国人の入国制限の緩和に向けた動きが進められおり、その他の国でも制限付きで外国人の入国規制が緩和され始めています。 しかしそんな中、アメリカ国内での新型コロナウィルスの感染状況が依然として深刻な状況です。 日本を含め世界各国ではアメリカの感染状況が注目され、状況に応じてしかるべき対応が取られると考えられます。 まだ治療薬やワクチンは実用化されていないため、今すぐに海外旅行やビジネスでの海外移動が本格化するわけではありませんが、アメリカ政府は早急に感染拡大を封じ込めなければ、世界各国からの入国規制緩和の対象から外される恐れがあります。 また早急に事態を収束できなければ風評被害を招くリスクがあり、そうなると心理的に訪日アメリカ人観光客を迎え入れるにはハードルが高いと感じる事業者も出てくる可能性があります。 来たるべきタイミングでの訪日アメリカ人観光客の戻りを見極めるためにも、引き続きアメリカ国内の動向に注目する必要があるでしょう。 ニューズウィーク日本版: ニューズウィーク日本版: ニューズウィーク日本版: ブルームバーグ: SankeiBiz: ニューズウィーク日本版: 共同通信: BBC NEWS JAPAN: NHK NEWS WEB: NHK NEWS WEB: 読売新聞オンライン:.

次の

感染100万人突破、1週間で倍増…最多アメリカ24万人 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

アメリカ 州 別 コロナ 感染 者 数

This illustration, created at the Centers for Disease Control and Prevention CDC , reveals ultrastructural morphology exhibited by coronaviruses. Note the spikes that adorn the outer surface of the virus, which impart the look of a corona surrounding the virion, when viewed electron microscopically. A novel coronavirus, named Severe Acute Respiratory Syndrome coronavirus 2 SARS-CoV-2 , was identified as the cause of an outbreak of respiratory illness first detected in Wuhan, China in 2019. The illness caused by this virus has been named coronavirus disease 2019 COVID-19. ここではワシントン州の情報を中心に、アメリカの主なニュースを掲載しています。 6月24日集計: 累計感染者数 30,367人(前日比498増) 累計入院者数 4,106人(前日比13人増) 累計死者数 1,300人(前日比7人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」で発表しているのは、前日の午後11時59分集計の数値です。 6月24日集計: 累計検査数 153,505人(前日比3,409増) 累計感染者数 9,612人(前日比110人増) 累計入院者数 1,561(前日比6人増) 累計死者数 585人(前日比2人増) 陽性率 6. の25日午後6時14分集計によると、アメリカの感染者は241万8356人で、死者は12万4355人。 死亡率が4. 6月23日集計: 累計感染者数 29,869人(前日比483増) 累計入院者数 4,093人(前日比26人増) 累計死者数 1,293人(前日比9人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」で発表しているのは、前日の午後11時59分集計の数値です。 陽性率 6. 検査を受けたのは6月15日から自主トレーニングでキャンパスに戻った119人で、陽性が確認された2人は「COVID-19の治療と自主隔離の手順を踏んでいる」とのことです。 発表の時点で、アラバマ州、アーカンソー州、アリゾナ州、フロリダ州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、テキサス州、ユタ州、ワシントン州が含まれていましたが、午後3時の時点でワシントン州のインスリー知事が「」と発表しました。 アメリカで人口の多いカリフォルニア州・テキサス州・フロリア州がそれぞれ1日あたりの新規感染者数で過去最多を記録。 の集計によると、アメリカの感染者は236万6961人で、死者は12万1746人に上っています。 現在、ワシントン州39郡のうち3郡がフェーズ1、2郡が修正版フェーズ1(フェーズ1. 5)、17郡がフェーズ2、残る17郡がフェーズ3となっています。 各郡の状況は、ワシントン州の「」で確認できます。 これには、屋内と屋外の両方の公共スペースが含まれます。 7月1日からは他人との接触のない状態での貸し出しも始まりますが、7月1日から7月15日までは図書館の閉鎖前に予約していた書籍などの貸し出しのみとなります。 詳しくはキング郡図書館の参照。 6月22日集計: 累計感染者数 29,386人(前日比516増) 累計入院者数 4,067人(前日比5人増) 累計死者数 1,284人(前日比8人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」で発表しているのは、前日の午後11時59分集計の数値です。 6月22日集計: 累計検査数 147,898人(前日比3,267増) 累計感染者数 9,369人(前日比96人増) 累計入院者数 1,550(前日比3人増) 累計死者数 584人(前日比0人増) 陽性率 6. 6月21日集計: 累計感染者数 28,870人(前日比190増) 累計入院者数 4,062人(前日比13人増) 累計死者数 1,276人(前日比6人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」で発表しているのは、前日の午後11時59分集計の数値です。 6月21日集計: 累計検査数 144,631人(前日比3,157増) 累計感染者数 9,273人(前日比39人増) 累計入院者数 1,547(前日比6人増) 累計死者数 584人(前日比0人増) 陽性率 6. 累計感染者数 28,680人(前日比455増) 累計入院者数 4,049人(前日比19人増) 累計死者数 1,270人(前日比5人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」は、毎日更新されています。 今日の死者数がマイナス1となっているのは、キング郡に属していない未編入地域(unincorporated area)の住民を集計から除外したためです。 6月20日集計: 累計検査数 141,474人(前日比580増) 累計感染者数 9,234人(前日比69人増) 累計入院者数 1,541(前日比1人増) 累計死者数 584人(前日比-1人増) 陽性率 6.

次の

コロナ死亡者数に人種の格差⎟黒人・ヒスパニック系が多い理由

アメリカ 州 別 コロナ 感染 者 数

(CNN) 新型コロナウイルス感染による米国内の死者は100人に達したことが、各州当局のデータに基づくCNNの集計で明らかになった。 全米50州のうち、感染者が確認されていなかったウェストバージニア州も17日、1人が検査で陽性反応を示したと発表した。 17日にはイリノイ州で初めての死者が報告され、死者が出たのは計18州となった。 全米で感染が確認された患者は5500人を超えている。 保健当局は国民が人との接触を今すぐ制限しなければ医療崩壊に至る恐れがあると警告し、事態はすぐには終息しないとの見通しを示している。 国立衛生研究所(NIH)のファウチ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)所長は17日、市民が互いに接近を避ける「社会距離」戦略に従った場合、米国内の感染拡大はいつピークを越えるのかという質問に対し、「効果があったのかどうか分かるまでに数週間かそれ以上かかるだろう」と答えた。 ファウチ氏はそのうえで、症状がなくても感染を媒介する可能性が指摘されている若者たちに、バーやレストランなど人の集まる場所を避けてもらうことが鍵になると強調した。 ホワイトハウスの対策チームを率いるバークス博士は17日、病院や医師の負担を軽減するため、緊急性のない手術は中止するよう求めた。 ムニューシン財務長官は同日、国民への経済対策として、2週間以内に1人1000ドルの小切手を直接送る方法が検討されていると述べた。 米各地で多くの州や都市がレストランやバーの営業停止命令、集会禁止などの措置を取っている。 サンフランシスコでは16日、近郊を含め約700万人の住民を対象に外出禁止令が出された。

次の