個人 事業 主 家賃 補助。 特別家賃支援給付金とは?最大で中小600万円・個人300万円

特別家賃支援給付金とは?最大で中小600万円・個人300万円

個人 事業 主 家賃 補助

中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等であって、 5月~12月において以下のいずれかに該当する者に、給付金を支給。 申請時の直近の支払家賃(月額)に基づき算出される給付額(月額)の 6倍(6カ月分)を支給。 中堅・中小企業は上限 600 万円、個人事業主は上限 300 万円を給付• 法人の場合、原則、支払家賃(月額)75万円までの部分が2/3給付。 例外措置として、75万円を超える部分が1/3給付• 個人事業者の場合、原則、37. 5万円までの部分が2/3給付。 例外措置として、37. 5万円を超える部分が1/3給付• 今年1月から3月までに創業した事業者も対象• 申請は売り上げ減少を証明する書類のほか、家賃の契約書などが必要になる見通し 「家賃支援給付金」の対象となる個人事業主・中小企業の定義 には、下記の通り定義されています。 中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等であって、 5月~12月において以下の いずれかに該当する者に、給付金を支給。 各種発表資料には「売上高」と書かれています。 持続化給付金と同様、「事業収入」として確定申告した分を指す可能性があります。 雑所得や給与所得としている場合はどのように扱われるかは、今のところ明らかになっていません。 その上で、下記の「原則」が適用になります。 複数店舗を経営している等の場合は、例外措置も適用されます。 半年間で600万円) 図に示すと下記のようになるようです。 計算事例1:1店舗経営で、直近の支払家賃(月額)が30万円の場合• まず、1店舗経営であれば「原則」だけが適用になるものと思われます• 直近の支払家賃が30万円であれば、法人の補助率は3分の2なので、給付額は20万円です(上限以内に収まっている)• 給付額20万円の6ヶ月分が給付総額になります 120万円) 計算事例2:複数店舗経営で、直近の支払家賃(月額)が300万円の場合• 複数店舗経営なので、「原則」と「例外措置」がどちらも適用されます。 まず原則として、直近の支払家賃75万円までは補助率が3分の2なので、50万円が給付の対象です。 それに加えて例外措置が適用になります。 その上で、下記の「原則」が適用になります。 複数店舗を経営している等の場合は、例外措置も適用されます。 5万円を超える部分については3分の1 個人の給付額 最大月額25万円 (半年間で150万円) 左に加えて、さらに月額25万円まで (月額最大50万円。 半年間で300万円) 図に示すと下記のようになるようです。 計算事例1:1店舗経営で、直近の支払家賃(月額)が30万円の場合• まず、1店舗経営であれば「原則」だけが適用になるものと思われます• 直近の支払家賃が30万円であれば、個人の補助率は3分の2なので、給付額は20万円です(上限以内に収まっている)• 給付額20万円の6ヶ月分が給付総額になります 120万円) 計算事例2:複数店舗経営で、直近の支払家賃(月額)が300万円の場合• 複数店舗経営なので、「原則」と「例外措置」がどちらも適用されると思われます• まず原則として、直近の支払家賃37. 5万円までは補助率が3分の2なので、25万円が給付の対象です。 それに加えて例外措置が適用になります。 5万円を超える部分は補助率3分の1なので、(300-37. 5万円が例外措置の給付額です• 原則25万円+例外措置87. 5万円ですが、個人の給付額の上限は50万円なので、給付額は50万円です• 給付額50万円の6ヶ月分が給付総額になります(300万円) 「家賃支援給付金」に必要な書類はどういうものがあるのか? によると「申請は売り上げ減少を証明する書類のほか、家賃の契約書などが必要になる見通し」とあります・.

次の

【個人事業主】家賃給付金の手続きはいつからで申請方法は?対象者まとめ【コロナ】|ドラママ

個人 事業 主 家賃 補助

2020年から全国的に流行した新型コロナウイルスとそれに伴う外出自粛。 これらの影響で売上が大きく落ち込んだ事業主の方も多いのではないでしょうか? 売上が落ちてしまっても人件費や家賃などの固定は支払わなくてはいけないので、倒産・廃業が懸念されている事業主も多いです。 これらを減らすために進められている政府・経済産業省の取り組みが「特別家賃支援給付金」です。 一定の条件を満たした個人事業主および中小企業に対して最大で600万円の家賃補助金が給付されます。 月々の支払いの中で大きなウエイトを占める家賃を補助することで事業主の負担を軽くし、倒産・廃業を減らしていこうという政策です。 この記事ではスムーズな申請ができるように特別家賃支援給付金についてまとめています。 経済産業省の「令和2年第2次補正予算概要」によると特別家賃支援給付金の給付対象になると想定されているのは「中堅企業」「中小企業」「小規模事業者」「個人事業者」等とされています。 上記の事業者をまとめて「中小企業」としますが、明確な基準がまだ公表されていません。 仮に「持続化給付金」と同じだと考えると給付対象になるのは「資本金が10億円未満もしくは常時使用する従業員が2,000人以下」となります。 持続化給付金と同じ事業規模事業者が対象とすると、かなりの数の事業者が補助されると考えられます。 あらかじめ十分な準備をしておき、スムーズに申請することで給付時期を早めることができると予想されます。 以前に比べると新型コロナウイルスの感染状況はかなり落ち着きましたが、第二波第三波が懸念されているので、資金繰りが厳しい事業者ほど検討ください。 個人事業主も月額の支払家賃額だけでなく、運営している店舗・物件数に応じて給付額が変わる特例が設けられる予定です。 ただしこれは複数店舗・物件を運営していた場合の特例措置。 1店舗・物件だけを借りている場合、月額の支払家賃額が37. 5万円で済ませることができます。 5万円になるまで給付される特例措置が適用されます。 緊急事態宣言に伴う休業要請および緊急事態宣言解除後の外出自粛が続くなかの5月6月の売上高が大きく減少している事業者は多いと思われます。 スムーズに申請と受給ができるようにまずは昨年の5月6月の売上高と今年の売上高を比較してみてはどうでしょうか? 2020年6月26日現在の時点では6月の売上高を確定させることはできませんが、5月の売上減少額が50%以上なら受給対象になり、そうでなくても6月の売上高を可能な限り集計して7月に入ってすぐに6月の売上高を確定できるようにしておきます。 特別家賃支援給付金の詳しい申請要項および必要申請書類はまだ公表されていませんが、「対象月の売上台帳」と「青色申告決算書」もしくは「法人事業概況説明書」で前年同月比の売上高を確認します。 ほかにも賃貸借契約書をはじめとした直近の月額家賃額を証明できる書類、支払い・引き落としを証明できる資料が求められるのであらかじめ用意しておきます。

次の

岩手県

個人 事業 主 家賃 補助

家賃支援給付金とは、新型コロナウィルスの影響により家賃の支払いが困難になった事業者向けの給付金制度になります。 法人・個人問わず条件が合えば給付の対象になります。 家賃補助は、 家主と店子の両方を守ります。 家賃交渉は、 個人事業主では相手にもされません。 勿論、 管理会社や家主にもよるでしょうが、 制度もなく善意に頼っていいるだけでは無理もありません。 是非頑張って下さい。 — 鍼灸ひより堂 冨田秀洋 hiyorido1 今日の吉村知事の会見で、全国知事会、関西広域連合の要望でもある「家賃支援法」。 ここは以前から吉村知事も1番力を入れている。 と言われている。 これは結局のところ中小、個人事業主にとって、非常に大きな支援となる。 可決してもらいたい。 全くの同感だ。 — ヤマダ屋 future222times 個人事業主の店舗家賃支援なんとかしてください!給付、融資の申請しましたが、まだ何も…😢コロナと不況と長期的な戦いです。 申請開始時期は? 2020年7月上旬に申請開始の予定です。 給付開始は審査に2週間程時間がかかるということで、7月以降の見通しということです。 申請は原則オンライン申請になる予定。 そうなると申請サイトを立ち上げる等の準備があると思いますが、スピード勝負だと思うので申請・給付共に速やかな対応をお願いしたいところです。 下のツイートにありますが、県や市独自で家賃支援を行うところもあるようです。 福岡県は申請開始を5月13日予定としています。 少しでも早く家賃支援が明確に決まることを願います。

次の