溶連菌 何 度 も かかる。 病気の説明

溶連菌感染症 原因

溶連菌 何 度 も かかる

お子さんたちの病気で「溶連菌」という病名をよく耳にすることがありますよね。 一般的には冬と春から初夏にかけて2つのピークがあるといわれていますが、他の時期にも感染しないことはないので1年中気を付ける必要がある病気です。 では溶連菌は「かぜ」ですか? 答えはYESの時とNOの時があります。 どうしてでしょう。 それは溶連菌ではなく「かぜ」という言葉の方に理由があります。 「かぜ」を教科書的な病名のかぜ症候群という意味で使えば、ウイルス性の上気道炎ということになり、細菌である溶連菌感染症ではないということになります。 しかし、皆さん(医者もそうかもしれませんが)が使っている「かぜ」という言葉は のどが痛くて鼻水が出て、咳が出て、熱が出てというように原因・病名というより症状を表して使っていることが多いですね。 このような意味での「かぜ」であれば、溶連菌も「かぜ」の一つに含まれるということになります。 実はこの「かぜ」という意味を整理して使うことが治療に関係してきます。 「かぜ」の治療に抗生物質を使うことの賛否を言われるようになってきました。 「かぜには抗生物質は効かない」という場合の「かぜ」はどちらの意味でしょう? この場合、 「かぜ」はウイルス性の病気なので抗生物質は効かない という意味で使われています。 でも「かぜに抗生物質が効いた」という経験や話を聞いたこともあると思います。 この場合はどうでしょう? もし、この「かぜ」という意味が溶連菌も含めての意味であれば抗生物質が効いたのは十分理解できますね。 溶連菌の健康保菌者??? それではノドが痛くなった場合の原因としての溶連菌はどれぐらい考えるのでしょう? 扁桃炎のうち溶連菌が原因であるのは大人で10%前後、子どもで15~30%ぐらいといわれています。 ノドが痛くなるのは扁桃炎以外でも咽頭炎、喉頭炎などありますので、もっと低い可能性ということになります。 また、溶連菌の特長として健康保菌者と考えがあります。 健康保菌者とは「溶連菌がいているのに症状が出ていない人」のとこをです。 インフルエンザやアデノウイルス感染症の場合には考え方ですね。 この健康保菌者は15~30%ぐらいいるとされています。 ですので、溶連菌の検査が陽性になっても、もしかしたら原因は別にあるかもしれない場合があるのです。 溶連菌感染症の症状は? ではどんな症状があれば溶連菌を疑うのでしょうか? 代表的な症状は38度以上の急な発熱、ノドの痛みです。 3歳未満ではあまり熱はあがらないと言われています。 そして1~2日してから体や手足に発疹が出てきたり(猩紅熱)、舌にブツブツが出てきたり(イチゴ舌)します。 腹痛や首のリンパが腫れたりすることもあります。 反対に 鼻水や咳はあまり出ないのも溶連菌の特長です。 しかし、子どもの場合は元々、鼻水や咳が出ているときに溶連菌のにかかる時も多くありますので注意が必要です。 また、周りに溶連菌の感染者がいれば、もちろん疑わないといけません。 潜伏期は2-4日と言われていますので、感染者と接触してからの日数も参考になります。 以上の症状と周囲の状況で、まずは疑います。 次にノドの発赤、特に扁桃に白い膿がついていれば、疑いがさらに強くなりますので迅速検査で診断をしましょう。 溶連菌の迅速検査 ご存知の人も多いと思いますが、綿棒でノドの菌をこすり取って行います。 当院の検査キットなら約5分で検査結果が出る簡単なものです。 Tの所に赤いラインが出れば陽性です(ちなみにCの青いラインは検査がきちんとできていることを意味します) ここでも注意点が実はあります。 それは溶連菌の死骸である死菌でも陽性になることがあるのです。 また、先ほどの健康保菌者も陽性になります。 ということは検査が陽性になっても原因ではないかもしれないということなのです。 ここで重要になってくるのが、症状とノドなどの所見になってきます。 やはり疑わしい症状や所見あって、検査が陽性になれば非常に溶連菌感染症である可能性が高くなります。 反対に熱はあるけど、ノドは痛くなかったりノドが赤くなかったりすれば溶連菌が原因ではないかもしれません。 とはいえ検査で陽性になった場合、溶連菌が原因である可能性は十分に考えなければなりませんので、治療を開始いたします。 溶連菌の治療は 溶連菌は細菌であるので、抗生物質がよく効く感染症になります。 ペニシリン系の抗生物質を使うことが多く、セフェム系の抗生物質も有効であるとされています。 また、ペニシリンンのアレルギーがある人のはマクロライド系の抗生物質を使用します。 割にどんな抗生物質も効果があるということになります。 しかし、耐性菌の出現のことを考えると多くの抗生物質を使うことは良くないとされていますので、当院ではアレルギーなどの問題がなければペニシリンを使用しています。 ペニシリンの投与は10日間が推奨されています。 少し長めの期間で、この投与期間も様々な意見がありますが、大きな問題がなければ最後まで飲み切りましょう。 ほとんどの場合、飲み始めて1~2日で解熱しますので、治療を開始後24時間経過して解熱していれば通園・通学が可能になります。 完全な除菌を目指して、症状が無くなっても最後まで薬は飲みましょう。 しかし、1-2日しても解熱しない場合があります。 これはもしかして溶連菌が原因ではないかもしれません。 ですので、当院では3-4日後に一度再診をして効果を認められれば、最後まで飲み切るようにしてもらっています。 溶連菌に尿検査は必要??? 「溶連菌にかかったら、治った後に尿検査をしましょう」と以前は当院でも尿検査を行っていましたが、最近は行っていません。 元々、尿検査の意味は溶連菌の合併症である急性糸球体腎炎の早期発見が目的でした。 ではどれぐらいの確率で溶連菌後糸球体腎炎が発症するのでしょうか?正確な報告はありませんが、小児人口10万人当たり数人とされています。 ようするに現在ではかなり稀な合併症と言えるのです。 また、検査のタイミングも難しいと考えられています。 一般的には治癒後2~3週間後に尿検査を行うのですが、残念ながらその後に発症した場合には発見につながらないことになってしまいます。 ということは何回も行わなくてはならないのです。 以上のことから尿検査の意義が低くなったとして当院では行っておりません。 しかし、急性糸球体腎炎は低い確率ではありますが合併症になりますので、 血尿などの茶色い尿が出ないか、むくんだりして体重が増えたりしないか、などを小児の場合は1か月ほどは注意しておいてください。 もう一つの溶連菌感染症に有名な合併症がリウマチ熱です。 こちらも年間の発症数が10例以下という非常な稀な状況になっています。 ですので、現在はよほどのことがない限り経過観察する状況です。 溶連菌感染症の経過をまとめてみました。

次の

1歳半、40度以上の熱に登園NG!何度も繰り返したのはこの病気だった|ベビーカレンダーのベビーニュース

溶連菌 何 度 も かかる

溶連菌を子供が繰り返すのはよくあること? 子供が溶連菌を何度も繰り返すのは、残念ながらよくあることです。 溶連菌は感染力が強く、種類が80種類以上あるとも言われているため、何度でもかかってしまうのです。 また溶連菌は体内に比較的よくいる常在細菌であることも多く、子供が常に保菌していて体力が落ちた時などに症状が出てしまうということもあります。 子供が溶連菌に何度も繰り返し感染するのは ・感染力が強いため ・溶連菌の種類が多く、毎回別の種類の溶連菌にかかってしまうため ・子供本人が溶連菌保菌者、または周りに保菌者がいて何度も感染してしまうため ということになります。 溶連菌は子供だけでなく大人にも感染しますので、もし子供が繰り返し感染するような場合は大人も注意が必要です。 まれにですが、急性糸球体腎炎と呼ばれる腎臓の疾患やリウマチ熱などの合併症を引き起こすこともあります。 医者で処方されるペニシリン系の抗生剤は、これらの合併症を防ぐためにもきちんと決められた期間飲み切るようにしましょう。 溶連菌 子供が再発する理由は? 処方された薬をきちんと飲んだのに、直後にまた溶連菌を再発してしまうこともありますよね。 こういった場合は、菌が残っていてぶり返したと考えられるケースが多いようです。 溶連菌は抗生剤に弱く、服薬すれば24時間ほどで症状が緩和されて感染力も弱まってくると言われています。 通常2週間ほどきちんと抗生剤を飲めば溶連菌を除菌できるとされていますが、これも絶対ではありません。 除菌しきれなかった菌が残っていて、体力が落ちているところでまた体内で悪さを始めてしまうのですね。 子供が発症中に家族にうつって、家族から子供がもう一度溶連菌をもらってしまうことも・・・ また短期間で溶連菌を繰り返す場合、毎回同じ抗生剤を使うことで菌に耐性がついてしまうという説もあります。 薬について気になる時はお医者様に相談してみてくださいね。 溶連菌は抗生剤には弱いけれど、かなりしつこいタイプと言えます。 短期間で何度も再発するのは子供も親もつらいものですが、早めに病院で診察をうけて適切な治療を受けるようにしましょう。 溶連菌 子供が保菌者だったら? もし子供が溶連菌の保菌者だったらどのように対処したらいいのでしょうか。 発症しなければ、溶連菌は持っていてもほとんど問題なく共存できることも多いものです。 実は子供に限りませんが、溶連菌の保菌者はかなり多いと言われています。 あるデータによれば、小学生の一割ほどが保菌したまま健康に生活しているそうです。 溶連菌に感染したことがなくても保菌している可能性はありますし、前章でご紹介したとおり抗生剤で除菌できなかった菌がそのままになっていることもあります。 保菌者である場合、完全に除菌することはむずかしいものです。 普段は特になんともなくても、体力が落ちていたり免疫力の弱い小さい子供だったりすると、つらい症状を発症してしまうことがあります。 けれども症状がなければ、保菌者でもあっても治療をしないことがほとんどです。 また子供が溶連菌を繰り返す場合、本人が保菌者である以外に家族や周りの誰かが保菌者である可能性もあります。 あまりに頻繁に溶連菌を再発するようであれば、家族全員で検査を受けたり治療を受けたりすることもできます。 病院で一度相談してみてくださいね。 終わりに 溶連菌は子供が小さいときには何度もかかることが多いものです。 うちの子供もさんざん繰り返しましたが、大きくなるにつれてだんだんかからなくなりました。 毎回抗生剤と尿検査を受けていたのですが、あまりにも何度も繰り返すので本当に溶連菌なの?と正直疑問に思ったことはありました。 当時通っていた小児科では何でも溶連菌にされてしまうため、一度別の小児科に連れて行ったことがあります。 別の先生によれば、「溶連菌って普通にいつものどにいる菌だから、毎回検査してまでそんなに気にすることないよ」とのことでした。 周りでも同じようなことを言っている人が少なからずいて、今では結局その小児科は「溶連菌で有名なお医者さん」となっています。 確かに高熱やつらいのどの痛みがあったり、合併症の危険があるのは事実ですから、溶連菌の診断と治療は必要なものでしょう。 ただ、病院を変えれば「溶連菌」とは診断されなかったことを考えると、あまりに溶連菌ばかりを再発しすぎる場合は、本当に溶連菌なのかセカンドオピニオンを他院に求めてみてもいいかもしれません。 もしかしたら不調の原因は溶連菌だけではないのかもしれないですよね。 どちらにせよ高熱やのどの痛みなどつらい症状が出たときには早めに受診してください。 そしてしょっちゅう溶連菌と診断される時には、大きな病院へ行ってみるなど臨機応変に対応して、子供が大きくなって体力がつくまでがんばって乗り越えていきましょう。 最近の投稿• 最新人気記事ランキング• - 264,754 views• - 172,768 views• - 125,176 views• - 92,717 views• - 55,022 views• - 54,838 views• - 52,064 views• - 51,644 views• - 49,788 views• - 48,477 views 最近のコメント• に プレシャスナビ より• に 匿名 より• に プレシャスナビ より• に taichieese より• に プレシャスナビ より アーカイブ• カテゴリー• お問い合わせ 運営者情報は メタ情報• 最近の投稿• 最新人気記事ランキング• - 264,754 views• - 172,768 views• - 125,176 views• - 92,717 views• - 55,022 views• - 54,838 views• - 52,064 views• - 51,644 views• - 49,788 views• - 48,477 views 最近のコメント• に プレシャスナビ より• に 匿名 より• に プレシャスナビ より• に taichieese より• に プレシャスナビ より アーカイブ• カテゴリー• お問い合わせ.

次の

大人の溶連菌は熱なしでも注意!症状や潜伏期間と対策も!

溶連菌 何 度 も かかる

もくじ• 主な症状は発熱、喉の痛み 溶連菌感染症とは、溶血連鎖球菌(溶連菌)という細菌が喉に感染し、発症する感染症です。 主な症状は、発熱、喉の痛みなどです。 時々、手足や体に発疹が出ます。 また、中耳炎や皮膚に感染して「とびひ」(伝染性膿痂疹・でんせんせいのうかしん)を起こすこともあります。 まれに、次のような合併症を起こす場合があるので注意が必要です。 腎炎(急性糸球体腎炎)• リウマチ熱• 劇症型溶連菌感染は、生命の危険もある感染症です。 この疾病は溶連菌が多くの毒素を出すので、発症から24時間以内で症状が急激に悪化します。 敗血症性ショックを起こすと、腎機能障害や肝障害を合併します。 早期に治療を施さないと約30%の人が死亡するような感染症です。 劇症型の溶連菌感染症にかかる人が増えたのは、次の原因のためと考えられています。 主な3つの原因:• 溶連菌保菌者の増加• 免疫力が低い高齢者の増加• 劇症型感染を引き起こす溶連菌の種類が増えた 他にも、診断方法が簡単になり、以前は見抜けなかった感染者を多く発見できるようになったのも、原因の一つと考えられます。 せき、くしゃみでうつる 溶連菌感染症と診断されると、抗生剤による服薬治療が行われます。 抗生剤を用いると、溶連菌感染症は快方に向かいますが、薬の服用はやめないでください。 薬の服用をやめると、快方に向かった症状がまた悪化したり、次のような疾病を起こしたりする恐れがあるからです。 リウマチ熱など 溶連菌感染症の治療は、決められた量の抗生剤をしっかり飲み切りましょう。 そして一ヶ月後に尿検査を受け、異常がないかを確認してください。 溶連菌感染症は、飛沫(ひまつ)感染で周囲に移す可能性があるので、感染防止のために、できるだけ人との接触を控えるようにしてください。 溶連菌と気付かずに放置するリスク 大人が溶連菌感染症に感染しても、症状が出ないまま治るケースが多いといわれています。 すでに、溶連菌に対する抗体を、持ち合わせている場合が多いからです。 また、症状が風邪の初期症状に似ているため、医療機関を受診しても溶連菌感染症を疑わず、検査をしないこともあります。 しかし、大人が溶連菌感染症を発症すると、子供よりも重症化したり、劇症型溶連菌感染症になったりすることがあります。 そうすると、ショック症状や腎不全などの合併症を起こしやすくなり、命の危機に陥るリスクが高まります。 ストレス、過労…免疫力が落ちた時は注意 感染しやすいのは、ストレスや過労、睡眠不足などで、体力や免疫力が低下しているときです。 十分注意してください。 抗生剤の服用で、発熱・喉の痛み・重症化を抑える 溶連菌感染症の治療には、子供が感染したときと同じで、抗生剤 抗生物質 を服用します。 通常、熱は1〜2日で下がり、喉の痛みや発疹も軽減してきます。 その後、溶連菌が出す毒素に皮膚感染すると指先の皮がむけてきますが、こちらは3週間ほどで治まります。 溶連菌感染症は、処方された抗生剤を服用すると喉にいた菌がほぼ消失します。 また、服用から24時間以内に、人にうつす危険性もなくなります。 風邪薬などと比べると、抗生剤の服用期間は若干長くなります。 そのために、いつまで飲み続ければいいのか、疑問に思う方もいるかもしれません。 服用を途中でやめたら、よくなりかけた症状がまた悪化することもあります。 処方された薬は最後まで飲みきり、しっかり治すようにしてください。

次の