胸腔 ドレーン 吸引 圧。 胸腔ドレーンの仕組みー三連ボトルシステムについて

胸腔ドレーンの仕組みー三連ボトルシステムについて

胸腔 ドレーン 吸引 圧

胸腔ドレーンの目的 胸腔内に貯留した血液や胸水などを排出するため 胸腔ドレーンの適応 胸腔ドレーンが必要になる症例と目的は以下の通りです。 気胸 気胸とは肺が破れ呼吸が出来なくなってしまう疾患で、自然気胸や外傷性気胸、医原性気胸の時は、 気体を外へ排出する目的で使用します。 胸部外傷 胸部を損傷した場合、肺の損傷と血液の貯留により呼吸が出来なくなってしまうため、 気体と液体を排出する目的で使用します。 肺部分切除 肺の一部を切除する 手術の術後に、気体と液体の排出する目的で使用します。 血胸、胸水、膿胸 肺に溜まった液体を排出する目的で使用します。 胸腔ドレーンはその名の通り胸腔に入っているものですが、疾患によって目的が少し違うので理解しておきましょう。 胸腔ドレーンの仕組み 胸腔ドレーンを正面から見てみると3つの部屋があり、患者さん側が 排液ボトル、真ん中が 水封室、吸引側が 吸引圧制御ボトルとなっています。 それぞれの役割は以下の通りです。 排液ボトル 胸水や血液、膿など排出された液体が溜まっていきます。 水封室 蒸留水で水封されており胸腔内から排出された空気が 気泡となって出てきます。 吸引側の外気は 水封室の水でブロックされて胸腔側にいかないようになっています。 吸引圧制御ボトル ボトル内に溜められた蒸留水の高さで吸引圧を設定します。 胸腔内には過剰な吸引圧はかかりません。 これらが胸腔ドレーンの仕組みになっていますが、簡単に言うと 胸腔ドレーンも肺と同じような役割をしているということです。 胸腔ドレーンと他のドレーンの違いは、 呼吸と直結している点です。 閉鎖式ドレーンバッグだけを接続してしまうと、バッグの中は、 呼吸と連動して圧力がかかった状態になり排液ができなくなります。 肺にたまった液体を効率よく排液するためには、肺と同じように 陰圧状態を作り呼吸状態を保持しながら排液する必要があります。 胸腔ドレーンの観察項目 胸腔ドレーンの接続 患者さんのドレーンと接続チューブの接続部位 エアリークの有無 排液の状態 色、性状、量 ドレーン刺入部位 発赤、疼痛、出血の有無 呼吸状態 呼吸困難の訴え、呼吸回数、呼吸音 胸腔ドレーンのポイント 胸腔ドレーンの観察のポイントとして、 エアリークの有無が挙げられます。 エアリークとは空気漏れという意味を指しますが、胸腔ドレナージでは 「胸腔内から気体が排出されている状態」のことを指します。 エアリークの確認は、胸腔ドレーンの真ん中にある 水封室の液体に気泡が出現することで確認ができます。 通常は胸腔ドレナージの開始とともに連続的な気泡がみられ、その後断続的になり 気泡が消失するのが正常の流れです。 ドレナージ直後からリークがみられない• 断続的になった気泡がまた連続的になった• 気泡が減少しない これらの状態が見られた場合は、 ドレーン回路の異常や胸腔内での異常の発生が疑われるため注意が必要です。 胸腔ドレーンの管理をマスターするために 胸腔ドレーンは見た目から、 管理に苦手意識を感じている新人看護師も多いと思います。 他のドレナージと違って、 胸腔ドレーンは呼吸に直結するため異常があると命に関わることもあります。 エアリークの変化や出現は 肺の異常にも関わってくるので、しっかり観察を行う事が大切です。 胸腔ドレーンに対して苦手意識を持っている人も、まずは先輩と一緒に教えてもらいながら観察を行いましょう! 胸腔ドレーンをもっと深く学びたい人におすすめの参考書 胸腔ドレーンについてもっと詳しく学びたい人には、こちらの参考書がおすすめです! () この本では、 ドレーンの種類・目的から、観察方法、患者指導、ドレーン別のケアポイントなど基本中の基本をまとめている1冊です。 カラー写真とイラストを使って丁寧に解説しているので、パッと見て理解しやすい内容となっていて、 ドレーン管理の基礎を学びたい人にはおすすめです。 その他にも、ドレーン管理をはじめ呼吸器外科について深く学びたい看護師のために、おすすめの参考書をまとめていますので、是非こちらも確認してみてくださいね! 関連記事(PR含む).

次の

マンガでナースあるある 【9】-胸腔ドレーンの吸引圧制御ボトルの観察は各勤務ごとに!

胸腔 ドレーン 吸引 圧

1、胸腔ドレーンとは 胸腔ドレーンは、気胸、開放性気胸、緊張性気胸、血胸 けっきょう 、血気胸 けっききょう などの際に行われる治療法 「胸腔ドレナージ」で用いられるチューブのこと。 通常、胸腔ドレーンは第5〜6肋間の前〜中腋下線から挿入され、胸腔に溜まった空気や血液などを体外に排出するために用いられます。 常に圧を下界より低く保っていなければ呼吸障害が現れることがあるため、綿密な準備や管理が必要。 細心の注意を持って扱わなければいけません。 1-1、胸腔ドレーンの目的 胸腔ドレーンは主に胸腔内に溜まった空気を体外に排出させるために用いられますが、手術などにより、滲出液、分泌液、血液が貯留した場合、胸水発生時にも用いられます。 また、排気・排液だけでなく、胸腔内の陰圧を回復させる役割も果たします。 呼吸は横隔膜と肋間筋の動きにより胸腔内圧を下げることにより、肺に空気が入るようになっていますが、気胸時には圧が乱れ、肺が収縮することから呼吸障害を起こします。 腹腔ドレーンを用いることで、胸腔内の陰圧が保たれ、正常な肺の機能を取り戻すことが出来るというわけです。 1-2、気胸とは? 胸腔ドレナージを必要とする病気に 「気胸」が挙げられますが、気胸とは肺に穴が開いた状態(病態)のことを言います。 ひとえに気胸といっても原因は様々あり、大別すると「自然気胸」、「外傷による気胸」、「生理による気胸」の3種類に分類されます。 主に、10代~30代の痩せて胸板の薄い男性に多く発生し、原因は未だ解明されていません。 肺がんや肺気腫のような病気でも発生することがありますが、これも外的な要因ではないため、自然気胸に分類されています。 なお、これは「続発性自然気胸」と呼ばれています。 これは「月経随伴性気胸」と呼ばれ、主に右肺に起こります。 1-3、胸水とは? 胸水とは、胸膜腔に液体が異常に溜まった状態のことを言います。 胸水が生ずる原因としては、心不全、肺不全、肝硬変、肺炎などの病気に加え、外傷や感染症など多岐に渡ります。 なお、胸水は「漏出性胸水」と「滲出性胸水」に大別されます。 中でも心不全から生じる割合が圧倒的に多く、全体の70%を占めています。 2、胸腔ドレーンの仕組み ただ単にチューブを挿入するだけでは人工的に気胸を作っているだけであり、胸腔内の空気や血液を体外に排出することができません。 そこで使用される一種の装置があり、これを「チェスト・ドレーン・バック」と呼びます。 水封室内には水位2cmほどの水が入っており、呼吸によって水位が上下します。 この水位の変動は「呼吸性移動」と呼ばれており、チューブがきちんと開存して胸腔内と繋がっているかを確認する観察項目となります。 また、空気漏れ(エアリーク)が起こった際にブクブクとした気泡が発生するなど、胸腔ドレーンに際する多くの異常は水封室で確認できます。 大気吸引口先端から持続的に気泡が出るまで吸引圧を調整します。 持続的に気泡が出る強度の範囲が陰圧の適正値に設定されています。 この強度の範囲が適正でない場合には、肺や胸壁を損傷させる危険性があるため、必ず少量の気泡が持続的に発生するよう調節しなければいけません。 3、胸腔ドレーンの挿入方法 胸腔ドレーンを留置するためには手順に沿った方法で施行しなければなりません。 また、留置後の不具合を起こさないため、感染症の確実に予防するためにも適切に挿入する必要があります。 その手順を以下に記載します。 挿入側の上肢を拳上するなど適した体位をとる• 挿入部を入念に消毒した後、滅菌ドレープを塗布する• 挿入部周辺に局所麻酔をする• 胸腔ドレーン(チューブ)を挿入する• 低圧持続吸引器とドレーンを滅菌操作で接続する• 排液やエアリークの有無を確認した後、縫合する• 挿入部にドレッシングを行い、固定用テープで固定する• ドレーンの先端をX線画像で確認する• バイタルサイン、呼吸音の左右差、皮下気腫、エアリークの有無など細かく観察する 4、胸腔ドレーンの観察・管理 胸腔ドレーンは留意するため、正常に動作しているか、患者に異常はないか、毎日観察する必要があります。 また、感染症や合併症を予防するための管理も不可欠です。 詳しくは、「」をお読みください。 4-4、呼吸性移動とエアリークの関係性 呼吸性移動とは、呼吸に合わせて水封室の水の高さが上下する水位動きのことを指し、エアクリークは肺の穴もしくはドレーンの接合不一致による空気漏れ(ブクブク泡の発生)のことを指しますが、これらは異常に関する有益な観察項目となります。 どちらも水封室において観察でき、互いに相関関係(正常・異常の関係)が存在します。 呼吸性移動とエアリークの組み合わせは以下の通りになります。 各部位をチェックする必要があります。 屈折箇所がないか確認しましょう。 排液の逆行性感染の予防のためにクランプが必要という情報がネット上に見られますが、フルクテーションが大きくない限り逆流は起こりません。 また、長時間のクランプは緊張性気胸の原因になるばかりか、肺合併症を併発する恐れがあるため、持続吸引状態を維持します。 歩行の際には、倒れて逆流が起こらないよう胸腔ドレーンを並行にし、患者さんより下に維持しておく必要があります。 その場を離れず、ナースコールもしくは助けを呼びましょう。 当該発生後の処置としては、医師の指示のもと、抜去・再挿入または治療を行います。 胸腔内で感染が起こると重篤な状態に陥るため、確実な無菌操作が必要です。 看護師側だけでなく、患者さんにも入念に説明しておくことが大切です。 5、胸腔ドレーンの抜去 まず、ドレーンを抜去する前に、抜去が可能かどうか、抜去後に問題は生じないかを判断する必要があります。 これらの判断は医師・看護師、双方がしっかり確認して異常がなければ医師の指導のもと抜去を行います。 まずは、肺が完全に広がっていることをレントゲン写真で確認し、各病状における判断に移ります。 固定糸を切断する• 息を止めてもらう• 抜去・縫合する• レントゲン撮影を行う 5-3、抜去後の観察項目 自然気胸などの場合、ドレーン抜去後はすぐ退院になりますが、病気などにより継続入院が必要な場合、看護師は抜去後にもしっかりと患者さんを観察し、異常が起きた場合には迅速に対処しなければいけません。 病態により観察項目は異なりますが、以下の項目が観察において重要な点となります。 呼吸の状態(呼吸音の変化、呼吸苦など)• 創部の状態(感染徴候の有無や出血など)• バイタルサイン(血圧、脈拍、体温など) まとめ このように、胸腔ドレーンの管理や取扱いは非常にシビアなものとなっています。 浅い知識が患者さんの命を危険に晒すことになりかねないため、分からないことがあれば先輩看護師や知りたい看護師に尋ね、教えてくれない場合には当ページを参考にして、胸腔ドレーンに関しての知識を深めていってください。 言葉や行動で誰かに教えられるようになるまで、しっかりと知識を深め、患者さんにより良い治療を行えるよう、邁進していきましょう。 jdepo.

次の

胸腔ドレーンの仕組みと管理とエアリーク・抜去における看護

胸腔 ドレーン 吸引 圧

私が胸腔ドレーンの原理を初めて勉強したとき理解するのにものすごく時間がかかりました・・・。 理解するためのポイントとしては 「連続する空間の圧は同じになる」という物理原則と 「自分で胸腔ドレーンを一から組み立てる」気持ちで考えてみることかと思います。 少しでも理解の促進になればと思いここで解説させていただきます。 1:胸腔からどう空気を抜くか? 気胸の患者さんと想定してどのようにすれば胸腔の空気を安全に抜くことが出来るか?というテーマのもと考えてみます。 まず胸腔内の空気と外に誘導しないといけないので、胸腔にチューブをつなぐことから考えます。 しかしこれだけでは大気と連続しているため、空気が胸腔に簡単に入ってしまいます。 そこで、チューブの先にドレーンバッグをつなぐことで空気が簡単に胸腔内へ入らないようにします。 しかしこれでは、 問題点1:ドレーンバッグが故障してしまうと簡単にまた空気が入ってしまう 問題点2:実際空気がどのくらい抜けているのか分からない という問題が生じます。 そこで、上記問題点の対策として 1:空気が逃げないために封をすること 2:空気が出てきていることが観察者に分かる仕組み の上記2点が必要になります。 漬物石のような重たいもので封をすれば空気が逃げないかもしれません。 しかし、それだと空気がどのくらい出てきているか?は全く分かりません(漬物石は微動だにしないため)。 そこで「水」で封をすることを考えます。 水なら重さを利用して封もできますし、比較的比重が軽いため水の動きで空気の動きを確認することや、空気の漏れを水中のバブルで確認することが出来ます。 これが水での封: 水封(通称 Water seal)です(下図)。 2:水封 Water seal そもそもどのような必然性を持って水封 water seal というシステムが生まれてきたのか?をこれまで解説してきました。 これからはこの水封の仕組みを更に解説していきます。 そうすると 水封部の液面にも圧力がかかることで、水封部の高さが変化します。 呼吸の吸気・呼気で胸腔内圧が変化し、それに伴い水封部の水面が上下し、これを 「呼吸性変動」と表現します。 「吸気」では胸腔内圧が下がるため、ドレーンバッグ内圧も下がります。 そうする胸腔側の水封部の液面は上昇します。 逆に 「呼気」では胸腔内圧が上昇するため、ドレーンバッグ内圧も上昇します。 そうすると胸腔側の水封部の液面を押すことで液面は低下します。 まとめ ・吸気:水栓部液面上昇 ・呼気:水栓部液面低下 では 「呼吸性変動が消失」する場合はどのようなときでしょうか? 今までの原理から以下のパターンが考えられます。 下図で考えると、水封部の右のコンパートメントの水面が下極に達すると左のコンパートメント部分にバブルが発生します。 つまりバブルが発生するのは 水面が下がるのと同じ機序であり、あくまでその延長線上にある現象だということです。 胸腔内圧が上がることで水面が下がる延長線上にあるため、バブルは 胸腔内圧が非生理的に高くなることで起こります。 具体的には胸腔内で空気の漏れがある場合、怒責などの強い胸腔内圧が上がる行為をとる場合が挙げられます。 これも病態の評価に役立ちます。 上記までの水封部をいかに理解できるかが胸腔ドレーン理解の鍵になります。 3:吸引圧 吸引圧は今までの水封の理解に比べるとおまけのような位置付けです。 胸腔内圧により陰圧をかけたい場合に外的に陰圧をかけることができ、この圧力を「吸引圧」と表現します。 このためには更にドレーンバッグに 吸引部を付け加えます。 吸引圧を正確にコントロールできる機械であれば問題ありません。 そうでない機械も多くあり、その場合は かけたい吸引圧に応じた高さまで吸引部に水を入れます(下図では濃い黄色で表現)。 この状態で吸引部に吸引圧をかけると、設定した水の分だけ(吸引圧の分だけ)吸引圧をかけることが出来ます(下図左の大気と連続した部位から空気が吸入され、吸引部のバブルとして観察される)。 連続する空間は同じ圧になるので(下図薄い黄色部分)、その圧で水栓部の水を引く(下図黄色上向き矢印)ことで 間接的にドレーンバッグ内圧=胸腔内圧を引くことが出来ます。 これが胸腔ドレーン原理の全てです。 今までの原理をすべてまとめると胸腔ドレーンの出来上がりです 下図)。 ここでは細かい設定に関しては解説しませんが、胸腔ドレーンの原理を理解していないと細かい設定や病態が良くなっているか?悪くなっているか?の評価は不可能です。 水封部の理解がきもになってくるので是非理解したいです。

次の