鬼滅の刃 ネタバレ 179。 【あらすじ】『鬼滅の刃(きめつのやいば)』179話(21巻)【感想】

漫画|鬼滅の刃 最新話【第179話】のネタバレ・感想!兄弟の再会と永遠の別れ | Comic theory

鬼滅の刃 ネタバレ 179

鬼滅の刃179話のネタバレ:時透無一郎と不死川玄弥死亡 今号で無一郎と玄弥の死が確定しました。 頼む神様、どうかどうか弟を連れて行かないでくれ、お願いだ! と叫ぶも、弦弥の体は無慈悲にも塵になってしまいます。 無残を倒すまで、終わりではない、と。 以前の記事でも無一郎と玄弥の死については書きました。 岩柱・悲鳴嶼さんが「二人の死を無駄にするな」と叫んでいるので覚悟はしていたのですが、それでもやっぱりどこかで「もしかしたら・・・」と期待はしていました。 玄弥は鬼化の力、しかも上弦の壱の力を取り込んでいるので、もしかしたら命を取り留めるのではないかと。 ・・・なかった~~~~~~~~!!!!! しかも、その鬼化のせいで遺体も残らない(鬼と同じように体が崩れて塵になる)なんて残酷過ぎる・・・! 無一郎もあの世?で、兄の有一郎と再開します。 有一郎の第一声が「こっちに来るな 戻れ!」だったので、これはもしかしたら何らかの奇跡が起こって・・・?と期待しましたが、 ・・・なかった~~~~~~~~!!!!! うん、知ってた。 「こんなところで死んでどうするんだ?無駄死にだ。 こんなんじゃ何のためにお前が生まれたのかわからないじゃないか」という有一郎に、無一郎は「僕が何のために生まれたかなんて、そんなの自分でちゃんとわかってる」と答えます。 幸せになるために生まれてきたんだ。 無一郎は仲間のために命をかけたことを後悔はしていませんでした。 だからこそ、兄である有一郎には無駄死にとは言われたくなかった。 有一郎も、もちろんそのことはわかっています。 でも、「無一郎には死んでほしくなかった」という本音がこぼれます。 鬼滅の刃179話の感想:兄弟間の関係が浮き彫りに 上弦の壱を倒せはしましたが、代償はあまりにも大きいものでした。 今回の話は、ただただ悲しかったです。 上弦の壱との戦いは、上弦の壱と縁壱・不死川兄弟・無一郎と有一郎という兄弟間の関係が浮き彫りにされました。 次はいよいよ最終決戦に入るということですよね。 次号からは鳴女VS小芭内・蜜璃戦にはいるのかな。 鳴女の能力は探索に特化しているようなので、厄介ではあるけど特別に強いわけではなさそうですよね。 さすがに鬼舞辻無惨との戦いには人数が必要だと思うので、小芭内と蜜璃ちゃんはここで勝って参戦してほしいです。 参戦というか・・・安心させてほしい・・・。 ワニ先生に人の心はないのか ワニ先生とは吾峠呼世晴先生のことですね。 単行本などでご自身の似顔絵をワニで描かれているので、ワニ先生と呼ばれています^^ 鬼滅の刃は絵も可愛らしく、キャラクターも魅力的です。 今ジャンプ本誌でもとても人気がありますよね。 (アニメ化、映画化、舞台化まで) その・・・魅力的なキャラクターたちが・・・本誌ではどんどんお亡くなりになっていっています・・・。 特に今号(WJ47号)は、鬼滅ファンの間でも阿鼻叫喚でした。 時透くんにはファンも多かったので、「推しが死んだ・・・!」と嘆く声も多かったです。 鬼舞辻無惨との最終決戦に入っているので、登場人物たちが死んでしまうのは仕方がないことだけれど、けどこうもあっさり死なすかね!?というのが読者の本音(私のことです)。 ワニ先生には人の心がないのかと思ったのですが、こんな意見がありました。 私のライフはもうゼロですよ・・・。 まとめ 霞柱・時透無一郎と不死川玄弥の死が確定。 無一郎はあの世で兄の有一郎と再開。 逃げればよかった、無駄死にだと嘆く有一郎に「仲間のために命をかけたことを後悔していない」「無駄死になんて言わないで」と訴える。 有一郎は「わかってる、それでも無一郎には死なないでほしかった・・・」と泣き、抱き合う。 玄弥は、鬼の力を取り込んだことで鬼のように体が崩れていってしまう。 最後に実弥に「あの時兄ちゃんを責めてごめん」と謝り、感謝の言葉を伝えるも、体は塵になって消えてしまう。 泣き崩れる実弥に、悲鳴嶼は無残を倒すまで終わりじゃないと顔を上げるよう伝える。

次の

《鬼滅の刃》ネタバレ179話感想考察!決着、そして・・・

鬼滅の刃 ネタバレ 179

鬼滅の刃 第179話のネタバレ! 悲鳴嶼は鬼がもう再生していないことを見てとり一旦攻撃を止めるよう声を張ったが、それでも実弥は止まらない。 シィィィと呼吸の音が鳴り走り込んでいく実弥を悲鳴嶼は掴みかかってようやく止める。 「不死川!!終わりだ!!上弦の壱は倒した!!戦いは終わった もう終わりだ!!」 再び悲鳴嶼は声を張り、そしてようやく実弥は動きを止めてガクリと崩れた。 実弥は意識を失ってすら動き続けていたのだ。 その様子に悲鳴嶼はただただ驚くばかりだった。 一度は掴み抱えた実弥を地面に下ろすと悲鳴嶼は玄弥と無一郎の方へと意識を向ける。 命は風前の灯 身体を真っ二つに切断された玄弥は、かろうじてまだ話ができる状態だった。 悲鳴嶼に兄である実弥と無一郎のことを問いかける。 その問いに悲鳴嶼は自分らが生きていることを必死に伝え、無一郎に視線を向けて言葉を詰まらせた。 無一郎の様子を確認することも察することも叶わないらしい玄弥は、自分よりも無一郎の手当てを優先してほしいと告げる。 玄弥の様子を確認しながら悲鳴嶼は、身体を真っ二つにされた状態でもまだ命があるのは鬼を取り込んだためだろうと分析した。 しかし鬼を取り込んだその効力も、真っ二つにされ流れた血とともに抜けてしまっている。 ただそれは、鬼にとって強い影響を及ぼす稀血である実弥を近づけても問題ないということでもあった。 悲鳴嶼は玄弥の元へと意識を失った実弥を連れてきてやる。 意識こそ失っているが有一郎が生きていることを確認する玄弥。 「兄…貴…生きて…る…良かっ…た」 尽きた命 一方、悲鳴嶼は無一郎の元へと向かい自身の羽織を彼にかけてやっていた。 無一郎は仰向けに目を開いたまま絶命している。 悲鳴嶼はその無一郎に、お前たちのお陰だと話しかけた。 お前たちのお陰で勝てた、と言葉を続けてから心からの感謝と尊敬そしてその身に立派さに声を詰まらせる。 「必ず無惨を倒して其方へ行く 安心して眠れ」 涙を流しながら悲鳴嶼は決意の言葉を告げると、無一郎の瞳を閉じた。 生きていて欲しかった 現実で瞳を閉じた無一郎は最期の意識の中で先に亡くなった双子の兄である有一郎と対面する。 黄色く染まった銀杏の葉が降る中で、有一郎はボロボロと涙を流していた。 「こっちに来るな 戻れ!!」 その言葉にぽかんとした様子を見せた後、無一郎もまた涙を流す。 どうして?と問いかけ、頑張ったのに褒めてくれないのかとさらに言葉を重ねた。 どうして?という問いかけに有一郎もまたこちらが聞きたいと口を開く。 逃げれば良かったのだと、まだ十四なのだからと有一郎は言う。 無一郎「仲間を見捨てて逃げられないよ」 有一郎「お前が死ぬことなんてなかった」 二人は向かい合い涙しながらお互いの言葉をぶつけた。 有一郎は、こんなところで死んでどうすると何のためにお前が生まれたのかわからないと必死に訴えかける。 無一郎はその言葉に先に死んだ兄の方がずっと可哀想だと返し、自分が何のために生まれてきたかは自分でちゃんとわかっていると言葉を続けた。 無一郎 「僕は幸せになる為に生まれてきたんだ」 そう言って兄にもそうだろうと、幸せな瞬間は一度もなかったのかと問いかける。 自分は家族と暮らしていた時も、一人になってからも幸せだったと無一郎は語った。 辛いことや苦しいことがたくさんあったけれど、仲間ができて楽しかったし笑顔になれた、幸せだと思う瞬間が数え切れないほどあったとさらに続ける。 無一郎「それでも駄目なの?僕は何からも逃げなかったし目を逸らさなかったんだ。 仲間の為に命をかけたことに後悔なんてしない」 そして涙をさらに流しながら、無駄死になんて言わないでと有一郎だけはそんなふうに言わないでと言った。 その様子に有一郎は謝って、わかってるけれど無一郎に死なないで欲しかったんだと言って無一郎を抱きしめる。 「無一郎だけは…」 二人は一面の黄色い銀杏の下で抱き合った。 散りゆく命 意識を取り戻した実弥は、目を見開いで絶叫する。 彼の目の前で玄弥の体が崩れ始めていた。 「どうなってる畜生ッ!!体が…なんで鬼みたいに体が崩れる ああああ クソッ!!クソッ!!」 必死に玄弥の体に触れ、声を張り上げる実弥に途切れ途切れの声で兄貴と呼びかける玄弥。 大丈夫だなんとかしてやると、にいちゃんがどうにかしてやると必死に呼びかける実弥の声を聞き玄弥は涙を流す。 「…兄…ちゃん…ご…めん…」 玄弥は、母が鬼になってしまいそれを兄が倒したその時に、兄を責めてしまったことをずっと後悔していた。 そのことをごめんと、そして迷惑ばかりかけてごめんと、途切れ途切れに謝る。 「迷惑なんかひとつもかけてねぇ!!死ぬな!!俺よりさきに死ぬんじゃねぇ!!」 涙を流しながら必死に呼びかける実弥に、玄弥は「守ってくれてありがとう」と感謝の言葉を告げた。 守れていないと無力さを怒り、荒々しい言葉を口にする実弥は、崩れていく玄弥の体に縋りついた。 「兄ちゃん…が…俺を…守ろうと…してくれた…ように…俺も…兄…ちゃん…を…守り…たかった…」 もう顔の一部しか残っていないような状態で、途切れ途切れながらも言葉を紡ぐ。 兄と自分は同じ気持ちだと、兄弟だからと語りかける。 そして辛い思いをたくさんした兄には幸せになってほしい、死なないでほしいとさらに呟いた。 「俺の…兄ちゃん…は…この世で…一番…優しい…人…だから」 「ああああ頼む神さま どうかどうか弟を連れて行かないでくれ お願いだ!!!」 実弥の願いも虚しく、ありがとうと最期の言葉を残して玄弥の体はついに崩れ去ってしまった。 自分の手の中で崩れてしまった玄弥にさらに涙をこぼしながら、玄弥は泣き叫び玄弥の名を呼ぶ。 そしてさらに幾度も叫んだ。 悲鳴嶼は静かに行かねばならないと、そんな実弥に声をかける。 「顔を上げろ 無惨を倒すまで終わりではない」 その目からは涙が流れていたが、強い意志があった。 登録から1ヶ月無料• 600P分(コミック1冊分)の漫画が読める• U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、最新刊もポイントを使って無料で読むことができますよ! 紹介した動画配信サービスに登録しただけで、 2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。 鬼滅の刃 第179話の感想・考察 無一郎と玄弥、ついに最期を迎えてしまいましたね…しかし彼らの生き様はとても尊く、そして格好の良い素敵なものであったと思います。 仲間のために大切な人のために自分を奮い立たせる姿は、本当に二人とも印象深かったです。 登場当初が無愛想で乱暴であったり、他人への態度があまりに関心がなかったりと言うところから描かれていただけに、感慨深さが先にたちます。 これからまた無惨を倒すまで走り続ける彼らの、次は誰の戦いが描かれるのか楽しみですね! 次回、週刊少年ジャンプの 発売日は2019年10月28日になります。 発売され次第、『鬼滅の刃』最新話のネタバレをしていきますね! 以上、『鬼滅の刃』第179話のネタバレ感想でした。

次の

鬼滅の刃 179話ネタバレ見逃しはコチラ(10/21分)

鬼滅の刃 ネタバレ 179

2019年10月21日(月)週刊少年ジャンプ47号 発売 179話のネタバレ 上弦の壱との死闘は、鬼殺隊の勝利に終わった。 終わったにも関わらず実弥の動きは止まらない。 意識を失いつつも攻撃を繰り出し続けている。 鬼は倒したという悲鳴嶼の言葉を聞き取り、ようやく戦意を手放した。 意識を失っても戦い続けた実弥にも驚きを隠せない悲鳴嶼だったが、それよりも時透と玄弥の容態が気になる。 悲鳴嶼に向かって、息もたえだえに玄弥は時透と実弥の身を案じる言葉を投げかけた。 兄の無事を伝えるが、時透の事は何も伝えない。 そんな悲鳴嶼に、時透の手当てをしてほしいと伝える玄弥。 この時、悲鳴嶼は元弥の死を予見した。 せめて最期を兄と共に。 玄弥のそばに実弥を置いて時透の元へ向かう。 悲鳴嶼は既に息がない時透に対し、感謝の言葉と涙を流し、必ず無惨を倒すと告げた。 死した時透は、死んだ兄と再会を果たした。 だが有一郎は労う言葉ではなく、涙ながらに戻れ!と言う。 弟の若い死を想い、無駄死にだったとも言ってしまう。 なんのために産まれたのか分からない。 そういう有一郎に、時透は過去を振り返っていく。 両親と兄を亡くし、孤独で辛い日々もあったが、仲間ができ幸せだと思えた。 そんな仲間を自分の命で助けることが出来た。 無駄死になどではなかったと涙する。 弟の想いを聞き、抱きしめる有一郎。 実弥が目覚めると元弥の姿を見て絶叫する。 死にゆく弟の姿を見て必ず助けてやる!と叫ぶ。 しかし、元弥は自分の命が終わることに気づいていた。 謝罪と感謝の言葉を。 そして実弥の幸せを願い、鬼のように崩れ去る。 実弥は、消えた弟に手を伸ばし、元弥の名前を強く大きく叫ぶ。 弟を失い失意する実弥に向かい、 悲鳴嶼は無惨を倒すまで終われないと告げるのだった。 「鬼滅の刃」179話の感想(ネタバレ含む) 「鬼滅の刃」179話を読んだ感想(ネタバレ含む)1 上弦の壱との死闘に決着がつきました。 柱の中でも実力のある岩柱と風柱の二人は生き残りましたが、残念なことに共に戦った二人が命を落としました。 上弦の壱の血統の者であったまだ14歳の霞柱の時透無一郎の死はとても悲しいものでした。 しかし双子の兄と涙ながらにあちらで再会する場面は胸に来るものがありました。 兄としてはなんとしても弟に生きて欲しかったと言う気持ちがひしひしと伝わってきました。 二人の涙がとても悲しくもあり、また十代の2人の必死の生き方に胸を打たれるものがありました。 見事な覚悟と最後だったと思います。 また、時を同じくして風柱の実の弟である不死川玄弥も命を落としました。 彼は呼吸が使えなかったために兄や仲間とは違い鬼を喰らうことで一時的に鬼のような強さを得ていたわけですが、最後は兄を守るために鬼にしか使えない血鬼術まで使って闘いました。 兄とはお互いの思いが強く、なかなか分かりあえずにいましたが最後の別れの場面でお互いの気持ちを伝えあい、そして兄が鬼と同じように消え去る弟にすがりついて泣く姿は本当に胸を打つものがありました。 もしかして玄弥だけは鬼化の影響で生き残るかもしれないと思っていたので、再び炭治郎たちと会って仲良くして欲しかったなととても残念に思いました。 これから二人の柱はより一層の思いを胸に無惨の元へ向かうことになり、いよいよ最終決戦が始まります。 できることなら一人でもたくさんの人に生き残って欲しいと思います。 そして炭治郎がヒノカミ神楽から本当の日の呼吸の使い手になってみんなを助けて欲しいと切に願います。 漫画「鬼滅の刃」179話を無料で読む方法 「鬼滅の刃」179話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。 ですが「鬼滅の刃」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

次の