アメリカ 川崎 病。 北米

アメリカで「カワサキ病」が増加している模様

アメリカ 川崎 病

「川崎病」類似症例と新型コロナウイルスの関連性を初めて証明する論文が、5月13日、医学雑誌に掲載され、注目されている。 欧米では、「川崎病」類似の炎症性疾患や発熱、腹痛、発疹などの症状を見せる子供たちの中に、新型コロナに感染している子供がいる事例が相次いで発生していた。 イギリスでは、14歳の少年が亡くなり、75人から100人の子供たちが現在治療を受けている。 アメリカでは、ニューヨーク州で102人の子供たちがこの症状を見せ、3人が亡くなった。 医師たちは、新型コロナが子供たちに「川崎病」似の症状を引き起こしているのではないかと考えていたが、両者の間にはまだ明確な関連があるというエビデンスはなかった。 川崎病似症例が30倍に増加 しかし、このほど、イタリアでは最も新型コロナの感染率と死亡率が高いベルガモの医師たちが、新型コロナと「川崎病」似の症状に関連があるとするエビデンスを発見した。 ベルガモにあるパパ・ジョヴァーニXXIII病院の医療記録によると、「川崎病」似の症状を見せる症例は、感染爆発前の5年間は3ヶ月に1例の発生に留まっていたが、感染爆発以降は月に約10例へと30倍に増加。 今年2月半ばから4月半ばまでの間に、この症状の治療を受けた子供10人のうち8人が新型コロナの抗体検査で陽性だったという。 ちなみに、陰性だった残りの2人については、検査結果に誤りがあったからだと医師たちは考えている。 同病院の小児科長のロレンゾ・ダンティガ医師は、 「我々の研究で、新型コロナと「川崎病」似の炎症性疾患に繋がりがあることが初めて明確に証明された。 患者が見せている「川崎病」似の症状は新型コロナが引き起こしたことは間違いない」 と話している。 ちなみに、米ニューヨーク州で、「川崎病」似の症状を見せる患者102人についても、新型コロナ検査で60%が陽性、抗体検査では40%が陽性だったことが判明している。 また、ニューヨーク市内で症状を示した82人のうち、65%にあたる53人が新型コロナに感染しているか、抗体を持っていたことも明らかになっている。 アメリカでも、「川崎病」似の症状を見せる子供たちの多くが新型コロナに感染しているか、あるいは抗体を持っている状況は、イタリアの研究報告を裏づけているのかもしれない。 また、イタリアの研究報告は、「川崎病」似の症状を見せる子供は非常にまれで、新型コロナに曝された子供1000人のうち1人しかいないと推定している。 それでも、医師たちは、政府が外出規制を緩和する場合、新型コロナが「川崎病」類似の炎症性疾患を引き起こす可能性があることを考慮するよう警告している。 学校再開は慎重に ところで、アメリカで「川崎病」似の症状を見せている患者の年齢の内訳を見ると5~9歳 29% 、10~14歳 28% 、1~4歳 18% 、15~19歳 16% 、0歳 5% 、20~21歳 4% と小中高大学で学んでいる子供たちだ。 外出規制措置の下、子供たちにはオンライン教育が行われてきたが、今、アメリカでは、この秋、学校を再開すべきか議論が行われている。 そんな中、トランプ氏と米国立エネルギー感染症研究所所長のアンソニー・ファウチ博士は考えが対立していることが浮き彫りになった。 ファウチ博士は「子供たちが学校に戻るまではワクチンはできず、子供が感染した場合に危険性がないとは言い切れない。 新型コロナは全てのことが分かっているわけではない。 特に子供については慎重になる必要がある。 学校再開については簡単には答えが出せない」と米国時間12日、米上院公聴会で証言。 学校再開に対して慎重な姿勢を見せた。 これに対して、トランプ氏はファウチ氏のコメントは「受け入れ難い」とし、「学校は絶対に再開すべきだ。 学校が閉鎖状態では、国の復活は考えられない」と訴えている。 ちなみに、カリフォルニア州に23校ある、アメリカ最大の4年生大学システム「カリフォルニア州立大学システム」は秋もオンライン授業を続行すると発表。 アメリカでは今、トランプ氏以上に国民に信頼されているファウチ博士の考えを支持した判断となった。 今回、イタリアの医師チームが新型コロナが「川崎病」似の症状を引き起こすエビデンスを提示したことも、学校の秋再開の判断に影響を与えるかもしれない。

次の

北米

アメリカ 川崎 病

46 ID:Lx8zwaFt9 アメリカ・ニューヨーク州で、全身の血管に炎症が起きる「川崎病」に似た症状があった子ども2人が死亡していたことがわかった。 ニューヨーク州のクオモ知事は8日、州内で川崎病に似た症状がある子ども73人が確認され、5歳の男の子が新型コロナウイルスに関連した合併症で、7日に死亡したことを明らかにした。 クオモ知事「このウイルスによって、子どもたちが影響を受けるのは、すべての親にとって悪夢だ」 また州内では、別の男の子も、川崎病に似た症状で死亡した事例が報告されている。 州当局は、新型コロナウイルスとの関連を調べるとともに、子どもに発熱が続いたりすれば、医師に連絡するよう呼びかけている。 80 ID:wHAxTAdD0 日本人の7割がヘルペスをもっている幼児の時にしか感染しない。 ほとんどは母親から感染する。 それ以降は感染しない。 発病もほとんどしないで人生を終える。 55 ID:TZQdfQNm0 アメリカでKawasakiと言えばやはりNinjaなのだろうか。 突然の高熱が数日続き、目や唇の充血、身体の発疹、手足の発赤、首リンパ節の腫脹など様々な症状を惹き起こす。 小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群(英: MucoCutaneous Lymph-node Syndrome, MCLS)とも言われるが、世界的に「川崎病 KD 」と呼ばれるのが一般的である。 53 ID:of3aWBCl0 俺も子供のとき川崎病だったらしい.

次の

アメリカで川崎病に似た症状?遺伝はするのか?

アメリカ 川崎 病

Contents• 川崎病とは? 川崎病とは、乳幼児期に発症する病気の ひとつです。 毎年1万人以上の子どもが かかっているといわれて います。 発熱や目の充血、唇の発赤、など特徴的な 症状が 現れます。 重篤な合併症である冠動脈瘤 かんどうみゃくりゅう が残ると、 長期的な内服薬の使用や運動制限 などが 必要となる場合があります。 そのため、しっかりと症状を見極めつつ、 適切な治療をおこなうことが重要です。 英語でも「Kawasaki disease」と呼ばれる。 1967年、川崎富作医師により 「小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群」 として発表されたため、病名がそのように なった。 全身の血管に炎症や腫れを引き起こす病気で、 主に5歳未満の乳幼児に多く見られる。 初期症状は発疹と発熱で、高熱が出たり 皮膚がむけたりする。 世界各地で報告されて いるが、特に アジア系の 人が多く発症し、 発展途上国での発症の報告は 少ない とされている。 通常は治療で治る 川崎病の症状と後遺症は? 川崎病の主な症状には、 (1)39度以上の高熱が5日以上続く、 (2)唇や口の中といった皮膚の粘膜部分が 真っ赤に紅潮する、 (3)全身に不定型の発疹が出る、 (4)首のリンパ節が腫れる、 (5)白眼が充血する、 (6)手足がパンパンに腫れ上がるように むくむ、 といったものがあります。 このような症状がお子さんにみられる場合は、 「普通の(風邪などによる)発熱」と思わず、 重症の感染症や川崎病を疑って早期に小児科を 受診すべきでしょう。 というのも、川崎病の診断や治療が遅れることで、 危険な合併症を併発してしまうこともある からです。 合併症のなかでも特に注意すべきは、 心臓へ 血液を供給する冠動脈に巨大な瘤 (コブ)が できてしまう。 冠動脈瘤(かんどうみゃくりゅう) です。 川崎病と新型コロナ感染症との関係は? COVID-19(新型コロナウイルス感染症) が 大流行中のアメリカ・ニューヨークでは、 子どもの患者の中で、新型コロナに関連した 不可解な合併症が見られはじめている。 ニューヨーク州保健局は5月4日、子どもに 「川崎病」と似た症状が見られるケースが 増えていると発表し、注意を促した。 その多くは新型コロナに感染しているか、 抗体を持っているという。 このような合併症が確認されているのは 15歳以下の児童で、4日時点の発表は 15人だったのが8日には73人に増えた。 川崎病の各国の状況は? 英国、米国、フランス、イタリア、スペイン などの欧米各国において、川崎病に類似した 症状を呈する小児例が相次いで報告され、 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) との 関連が指摘されている。 これを受けて、日本川崎病学会は 5月1日~2日 にかけて、同学会運営委員 56人を対象にメール による調査を実施し、 結果を5月7日に公表した。 回答数は34件(18都道府県、32施設) であった。 これまでのところ 欧米の様な症例の発生は把握 されておらず、特に韓国では発熱患者の全例で SARS-CoV-2 PCR が実施され、川崎病患者も 例外なく検査されていますが陽性例は一例も 認めていないとの報告がありました。 まとめ いかがでしたか? 日本では、今のところ発生しておりませんが、 もしかしたら、例のBCGのおかげかもしれない のですが、BCGは日本独自なので、アジア系 遺伝子のおかげなのかもしれません。 あるいは新型コロナウイルスCOVID-19の 遺伝子が変化しているせいなのかもしれない わけで。 まだまだわからないことばかりだそうです。 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の