ザノン フィクション 名作。 【感想】ザ・ノンフィクション「父を殺した母へ~無理心中から17年目の旅~」を観て

『ザ・ノンフィクション』美奈子に批判の声も…自身の結婚のため長男に進学希望“断念”

ザノン フィクション 名作

こんにちは。 今回は2018年6月24日放送の「父を殺した母へ」を観て、思ったこと、感じたことを記事にしています。 まず今回のお話は・・・ 現在34歳 前田勝(まえだしょう)さんです。 韓国名:チョウ・スンギュンさん。 前田さんが18歳の時、母親が再婚相手である日本人の父親を殺してその後母親が自殺してしまいます。 母親は韓国人、血のつながりのある父親は台湾人です。 韓国生まれ、3歳まで韓国で育ち、前田さんが3歳の時に両親は離婚してしまいます。 そして父親は母国台湾に戻り、母親は日本に出稼ぎにいってしまい、韓国の親戚の家をたらい回しにされた前田さん。 ですが、7歳の時に台湾に住む父に引き取られました。 そして数年過ごしたのち、母親は日本人男性と再婚し、名古屋で一緒に住むことを提案し、13歳の時、半ば強引に日本に連れて来られたそうです。 それから5年ほどして起きた母親による義理の父親の殺害事件。 過酷な運命に向き合う一人の男性の話でした。 想像するだけで辛すぎる人生 今回、見ていてとても気分が参るような、重い話でした。 これが実際に本当にあった事件なのかと思うほど、主人公にとっては辛い人生ではないかと思います。 加害者の息子なのだけれども、両親の離婚から、自分の意思とは関係なく3か国を回らなくてはいけない状況が、こんなに若くして起こっていることにまず同情してしまいます。 前田さん自身が「母親は自分勝手。 一人だけで死ねばよかったのに」と言った言葉が重かったですね。 もし会って母親に言いたいことがあれば「お前が憎い」と言いたいと言った前田さん。 前田さん自身に罪はなく、でも親の罪を無関係とは言えない複雑な心情が見てとれました。 ナレーションでも「背負った十字架の重さを改めて突きつけられるだけでした」と言っていましたが、その通りだと思います。 17年の時を経て、母親の家族や父親に会いに行くことに・・・ 母親を恨む一方で、本当の母親はどんな母親だったのか?を知りたくなった前田さん。 母親の親類を訪ねて、韓国に飛びます。 子供の頃たらい回しにされ、いい思い出がないと思っていた韓国で母親の家族に会い、母親が自分を思っていた優しい人柄にも触れ、涙を流し、気持ちが揺さぶられているのを感じました。 複雑すぎて言葉にするのが難しい その後父親にも会いに行く決意をして、台湾に飛び、念願の再会が叶いました。 台湾の父親は、「お母さん以上の女性はいない」とおっしゃっていました。 離婚理由は分からないけれど、今現在、台湾で韓国料理のお店で働いていたので、今でも愛しているというのは、本心かもしれません。 それならやはり離婚したのは絶対的間違いだったのかなと勝手ながら思ってしまいます。 そして、「お母さんは悔いのない人生を歩んだのだから、お母さんのことを悲しまないで。 お母さんは人よりも濃い人生を送ったのだから」とおっしゃってました。 息子を励ましたい気持ちに溢れていました。 だから殺された日本人男性のことを考えるととても複雑ですね。 日本人男性の親族の気持ちになると・・・ 私が日本人男性の親類の立場なら、複雑ですね。 いくら浮気していたとしても、人を殺すことは絶対に許されるべきことではないですから。 今回スポットを当てているのは、加害者の息子である前田さんなので、前田さんから見ていた番組構成になっているので、致し方ないことです。 だからこそ難しいし、辛いですね。 前田さんが罪を犯している訳ではなく、むしろ辛い日常を送ってきたことは容易に想像が出来るので涙が出てきてしまいます。 終わりに ぜひ観てみてください。 ずっしり重い気持ちになりますが、色々観ながら考えているうちに、引き込まれてしまいます。 今後望むことは、これから先、辛いことの少ない人生、幸せを沢山感じる人生を歩んでいかれることを願っています。 そして偉そうですが、これからは自分の為に人生を生きて欲しいし、ここで区切りをつけていいのではないかと思うのです。 そしてそう見ている私が思うのは、彼の人柄の良さだったり、彼から滲み出る苦悩が手に取るように伝わってくるからだと思います。 愛情と憎悪は紙一重なのだと思わざるをえませんでした。 罪を犯すということは、周りの人々の人生をも狂わしてしまうことを考えなければなりません。 ではおしまいです。 mapleheart3 当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8. net、もしもアフィリエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

次の

ノンフィクションの名作|作者の鬼気迫る息づかいを感じられる本

ザノン フィクション 名作

あす20日のテレビ朝日系バラエティ番組『アメトーーク! 千原ジュニア 左 と土田晃之=テレビ朝日提供 今回は、日曜昼にフジテレビで放送されているドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』をこよなく愛する芸人たちが集結。 オープニングから、千原ジュニア、土田晃之、品川祐 品川庄司 、田中卓志 アンガールズ 、チャンカワイ Wエンジン 、小出真保が、それぞれ『ザ・ノンフィクション』風の紹介映像で登場し、蛍原徹や東野幸治も思わず大興奮だ。 いろいろなタイプのホストに密着した作品や、ジュニアが「女性のディレクターだから撮れたんやと思う」と語る坂口杏里に密着した作品など、これまでに放送された名作の数々について土田らが熱弁を振るうほか、なぜこんなにもハマるのかを分析。 テーマ曲『サンサーラ』への思いや、お気に入りの作品を発表するなど、愛があり過ぎて話が止まらない状態になってしまい、土田が「僕、ヘンタイなんです 笑 」と、スタジオ騒然のオタクぶりを告白する一幕も。 「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で「ザ・ノンフィクションにありそうな風景」というネタを披露したことがきっかけとなり、本家のナレーションに起用されたこともある小出は、『アメトーーク!』初登場。 「ザ・ノンフィクションを撮ってみた!! さらにその直後、たたみ掛けるようにあるサプライズが。 芸人たちが息を呑んだその内容とは…。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

ザ・ノンフィクション

ザノン フィクション 名作

概要 [ ] 市井の人々がに苦闘しながらも情熱を持って生きる姿を取り上げるである。 なお、著名人を取り上げることもある。 普段は垣間見ることのできない人間の一面や、人間関係、生き方、ひとつの職業などを深く掘り下げることで見えてくる隠された本質や、記憶に残る事件・出来事などを長期に亘って密着取材することで、その事柄のありのままの姿を視聴者に届けている。 この番組で取材を受けたのを機に有名になった人物も多く、特に反響の大きかったものは出演者の「その後」を追いかけ、過去と現在の様子を再構成して放送する。 制作会社は毎回持ち回りで固定されておらず、レギュラー出演者も置いていない。 ただし、以前番組で取り上げた人物の「その後」を放送する回では、フジテレビの女性アナウンサーが冒頭にとして出演し、過去の放送を振り返るとともに、現在の様子を取材したVTRへの振りを行うこともある。 ながら、意欲的なドキュメンタリー番組として高い知名度があり、以降はフジおよび他局のの(『』など)でが制作されることもある(元ネタの性質上、パロディには必ず主題歌の「サンサーラ」が使用されている)。 より、の機器「」の LIVE DAMシリーズと最新機種専用に、本番組の映像をカラオケ背景映像として配信するサービスが開始された。 これまでにも、風景など一部のドキュメンタリー映像がカラオケに使用されることはあったが、被写体の人物を含めて作品が丸ごと再編集され、カラオケとして楽しめるのは史上初だという。 2015年3月8日(では同年3月14日)には、2007年6月に放送され、石川県の老舗旅館・多田屋に密着した『花嫁のれん物語〜地震に負けるな能登半島〜』をシナリオ化し、役者が演じた「花嫁のれん物語 ニュースタイル版」を放送した。 主人公を演じたのは。 2017年12月15日には『』枠で本番組の全国ネット特別版『ザ・ノンフィクションスペシャル~人殺しの息子と呼ばれて~』が放送された。 これ以降、本番組を遅れネットする系列局が増えている。 2020年2月20日、競合局である制作のバラエティ番組『』にて「ザ・ノンフィクション大好き芸人」を放送した。 番組映像の使用許可は得ず、内容の紹介は出演者他による再現映像や紙芝居で行った。 13:45 - 14:45(2008年4月 - 9月)• 『』やマラソン・駅伝中継(、等)の放送日は休止。 がレースにより放送時間を拡大する日は、放送を休止するか、通常より30分繰り上げたり、25分繰り上げ・5分短縮で13:35 - 14:25の放送としたり(4月から9月まで)、1時間繰り上げて13:00 - 14:25(14:35)の拡大版として放送する、などの措置が採られる日もある。 また、フジテレビ以外のの局では別の時間帯で放送される事もある。 5月以降、後続のミニ番組「」が休止となる際は、14:00 - 15:00の60分枠として放送される。 14:00 - 14:55(4月 - 6月)• 11:00 - 11:55(2011年7月 - 3月)• 14:00 - 14:55(2012年4月 - 2014年9月) 週によっては放送休止の場合がある。 当初は14:00 - 14:55または13:00 - 13:55の枠にて放送していた。 当時13:00 - 13:55に放送されていた『』が14:25ないし14:30まで拡大して放送されたり、14時台にが編成されたりする日も多かったため、14:30 - 15:25に繰り下げられる日もあった。 2012年4月より再び14:00 - 14:55の枠に戻り、2014年9月を以てレギュラー放送は終了した。 以後は不定期放送となっており、主に日曜の「BSフジサンデースペシャル」枠で、地上波では2話完結で放送されたものを中心に新たに編集を加えた「特別版」を放送する。 まれにこれを放送する系列局もある。 ナレーター [ ] では「語り」と表記。 本職のやナレーターを起用する一方、やタレントらも積極的に起用されている。 この節のが望まれています。 - に道場を構える団体。 3名の選手を中心に密着取材した。 - アマチュア棋士。 - メンバー。 2018年4月11日、の近くの歩道を歩いていた際に、強風で倒れてきた木製の案内板の下敷きになり、脊髄損傷による両下肢麻痺の障害を負う。 - ・の「PrinceClubShion」の元。 栄光から転落までの数年間を追った。 - 飲食店プロデューサー。 - ミュージシャン。 - 肩もみ店で働きながら活動する女性アイドルグループ。 脱退者が相次いで出る中、熱心に通い続けるファンを追った模様を放送。 解散・閉店後の2017年4月に続編が放送。 2006年夏の全国高校野球選手権・神奈川大会の初戦で10年ぶりの勝利を挙げるまでと、卒業後のナインを追った。 - ツカサウィークリーマンション元社長。 総資産3000億円から会社倒産で1000億円の借金を抱え、福島県で新規事業にかける姿を密着した。 - 2010年に廃業した団。 在籍していた女性の再チャレンジを追った。 ・ - 2011年に発覚した「」でに関与したとして自主引退、もしくは解雇された。 2人とも関与を否定し、霧の若は復帰を断念しとして再出発。 蒼国来は解雇無効を求め提訴、2013年に解雇無効判決が出たことにより、復帰を果たした。 - 大道芸人• - ・の団体「」(現・日本駆け込み寺)の代表。 には、当ドキュメンタリーをドラマ化した『こちら新宿駆けこみ寺 〜泣き笑い玄さん奮闘記〜』が枠で放映され、番組でナレーションを担当した高橋克実が玄を演じた。 当時4歳だった彼の双子の息子が初舞台を踏むまでを追った。 - 女優。 - 元打撃。 ()兼野球部。 取材中の2004年7月1日にのため死去。 - の。 元々は同じフジテレビの『』が密着取材をしていた。 2010年9月3日には、立道の自著を基にドラマ化した『』が枠で放映され、が立道を演じた。 - に就かず、路上でをするパフォーマンスをして生計を立てている男性。 - にある。 2009年9月13日放送。 - の優勝投手であると同学年の元高校球児たち。 - シェアハウス『』の発起人で、「日本一有名な」を自称する男性。 - 兼• 応援指導班• - 進行性を抱える。 - 東京・にあったラーメン店『大勝軒』の創業者で、「」を考案した人物。 番組の取材VTRを基に、『ラーメンより大切なもの〜東池袋大勝軒50年の秘密〜』として映画化された。 - 兼。 東京・近くにある児童公園を拠点にする格闘技チーム「チーム・スピリッツ」の代表を務める。 - 福岡県にある。 - 神奈川県のに所在する直轄機関。 第56期生二人を中心に1年間密着取材し、生徒たちの成長を追った。 - 浄土宗西居院第二十一代目住職。 10年以上にわたり自らが営む寺で、心の問題を抱えた少年少女達を無償で預かっていた、• 太田快作 - 東京・杉並でハナ動物病院の院長を務める獣医師の太田快作さん 40 と愛犬の花子との出会いと別れ、太田さんの動物に対する想いを追う。 取り上げられた出来事・事件 [ ] この節のが望まれています。 - ・が引き起こした一連の事件。 の記録を「ドキュメントアニメ」と題してで再現し、放送した。 - 2002年3月に発覚したこの事件の加害者の息子を取り上げ、2017年10月に「人殺しの息子と呼ばれて」と題し2週に亘って放送。 息子本人が取材に応じた。 同年6月にフジテレビが放送した『追跡! 平成オンナの大事件』で同事件を取り上げた際、インターネット上で息子への非難が巻き起こり、この男性が同局へ放送内容について抗議し、その過程で担当者が謝罪したことがきっかけでインタビューが実現した。 大反響を呼び、放送されなかった地域から「全国放送して欲しい」との要望を受けて、2017年12月15日に同局の『』枠で再編集版を放送した。 - 終戦後の1949年に発生した、のを巡る戦闘。 で、軍に協力したに焦点を当てた。 - 議員・の「陸山会」を巡る事件。 こちらも裁判の傍聴記録を「ドキュメントアニメ」として再現した。 受賞歴 [ ]• 2011にて、2009年12月6日放送の「おっぱいと東京タワー 〜私の乳がん日記〜」 ディレクター:)がテレビ部門で銀賞を受賞した。 2011にて、2010年10月17日放送の「ピュアにダンスIV 〜田中家の7年〜」 ディレクター:)がゴールド・カメラ賞を、2010年5月30日放送の「銀座の鮨の物語2010」 ディレクター:・)がサーティフィケイト・フォー・クリエイティブ・ エクセレンス賞をそれぞれ受賞した。 2011年4月17日放送の特別番組「わすれない 〜三つの家族の肖像〜」(ディレクター:、、、、、総合演出:)が、2011の時事問題部門で最優秀賞を受賞。 2012ニューヨーク・フェスティバルでも社会・時事問題部門で金賞を受賞した。 第29回賞テレビグランプリ2012にて、2011年10月30日放送の「まりあのニューヨーク 〜死ぬまでに逢いたい人〜」がドキュメンタリー部門で最優秀賞を受賞した。 第50回選奨受賞を、2013年6月9日放送の『~奇跡の高校将棋部~ 将棋部』が受賞。 2017ニューヨーク・フェスティバルにて、2016年3月6日放送の「わ・す・れ・な・い 明日に向かって~運命の少年~」が受賞した。 2019ニューヨーク・フェスティバルにて、2018年6月24日放送の「父を殺した母へ~無理心中から17年目の旅~」がドキュメンタリー・人物伝記部門の銅賞を受賞した。 2019年にて、2018年6月3日、10日に放送された『ザ・ノンフィクション 犬と猫の向こう側』(構成・演出・プロデューサー:)が番組部門・テレビドキュメンタリー番組の優秀賞を受賞した。 2020年4月22日に開催された国際的メディアコンクール「ニューヨーク・フェスティバル」で、「おじさん、ありがとう~ショウとタクマと熱血和尚~」(2021年6月2日放送)がドキュメンタリー・宗教哲学部門の銀賞を獲得した。 放送上のトラブル [ ] 被取材者の意に背いた放送回もある。 以下はその例。 2005年8月14日放送 に住む80歳代の老夫婦の半生を取り上げたが、放送後、夫婦や関係者がフジテレビと(BRC)に対し、「 他人様には知られたくない事実も描かれた」として、苦情申し立て・抗議をした。 番組側は同年10月30日の放送回で「誤解を招いた」として謝罪した。 2011年5月15日放送「アイドルすかんぴん」 「崖っぷちアイドル」の仕事と私生活を取材したが、取材を受けた側が不満を露わにした。 そのうちの1人であるが「普通の映画、オーディション、オカルトの現場、打ち上げ、病気と闘ってたこと」など1年以上も撮影したにもかかわらず、放送内容が「アダルト、脱ぎ」をメインに構成されていたことを受けて、「 脱いでるメインなら(取材を)受けなかった」とブログに不満を綴っている。 テーマ曲 [ ]• 『サンサーラ』 作詞・作曲:、• 『サンサーラ』エンディング歌唱は歴代アーティストが担当、およびその収録メディア• feat. リカコ - アルバム『ベスト』• - シングル『』• - 未発表(放映のみ)• - アルバム『尊々加那志 〜トウトガナシ〜』• - シングル『恋の知らせ』• - アルバム『RISE』• - アルバム『花火』• - 書籍化 [ ]• フランキ・マリア・さわの『フジテレビ ザ・ノンフィクション まりあのニューヨーク 死ぬまでに逢いたい人』(2012年9月13日、、)• 山田あかね『犬と猫の向こう側』• 村井明日香『ザ・ノンフィクション 花の中学生応援団 泣いて笑った成長物語』• 信友直子『ぼけますから、よろしくお願いします。 『人殺しの息子と呼ばれて』 脚注 [ ]• 2012年9月25日. 2014年4月26日閲覧。 東洋経済オンライン 2020年2月21日. 2020年2月21日閲覧。 2017年12月16日閲覧。 プレスリリース , クリーク・アンド・リバー社, 2019年4月22日 , 2020年2月22日閲覧。 2012年10月5日時点のよりアーカイブ。 2020年2月22日閲覧。 愛葉るびオフィシャルブログ「るび色の世界! 」 2011年5月15日. 2012年7月14日閲覧。 関連項目 [ ]• - フジテレビで放送中の、もう一つのドキュメンタリー番組。 (系) - 『サンジャポ的 ザ・ノンフィクション』と題したパロディコーナーがあった。 外部リンク [ ]• - 番組公式サイト 日曜13:30 - 13:45枠 前番組 番組名 次番組.

次の