妊婦 足 の むくみ マッサージ。 産後のむくみの原因と解消法!図解でわかる効果的なツボ・マッサージ

妊婦のむくみ解消法!妊娠後期に足がむくみやすい原因まとめ

妊婦 足 の むくみ マッサージ

妊娠中のむくみ 妊娠中のむくみ(浮腫)は、ほとんどの妊婦が経験するトラブルの1つです。 手足のむくみは生活に支障をきたすこともあり、特に足のむくみは産後すぐに起こることもあります。 妊婦には冷えとむくみが大敵と言われています。 むくみの原因を探って、すぐに解消できる方法を考えましょう。 むくみとは むくみとは、体の中の水分が溜まって痛みを伴わずに腫れてしまうことです。 怪我をした時の腫れとは違い、腫れている部分は水分なので、手で押すと容易に跡が付きます。 むくみは別名を浮腫(ふしゅ)と呼びます。 特に妊娠中は赤ちゃんに栄養を行き渡らせるために血液が増加します。 体内の細胞組織の液体と血液のバランスが崩れることから妊婦の体はむくみやすい体質だと言えます。 妊婦のむくみの原因 妊婦がむくみやすいのは、体内の血液と水分のバランスが崩れやすいからです。 血液は赤ちゃんの栄養を胎盤を通して運ぶ大切な役割を持っているので、妊娠中は通常よりも血液量が増加します。 その血液から体液が漏れると皮下組織に水分として溜まってしまいます。 ・塩分の過剰摂取。 ・つわり等からくる運動不足。 ・妊娠にともなう体重増加。 ・ストレスや疲労、身体的原因。 ・冷えによる血液の循環不足。 ・同じ姿勢でいることで血液が留まってしまう。 ・妊娠中の体型変化に伴う衣服の締め付け。 つわりが重たい場合は、外出もできない状態になります。 動く事が出来ないので必然的に運動不足に陥りやすくなります。 体を動かさないと血液の循環が滞って、血管と細胞の受け渡しをする細胞間液という水分が溜まり、手足がむくみやすくなるのです。 立ちっぱなしでいたり、座ったままでいると重力に従って血液は足の方に流れていきますが、これを心臓に返す弁が働いて血液はうまく体内を循環します。 しかし、長時間その状態が続くとその働きが鈍くなりがちです。 特に女性は血流を助ける筋肉が少ないので、男性よりも立ち仕事で浮腫みやすいと言われています。 顔のむくみは妊娠中もそれ以前も、疲れがたまったり寝不足になると現れやすいものです。 これはホルモンバランスや自律神経の乱れによるもので、日常生活に左右されます。 冷えや血行の不良は、手足の末端に血液が行き届かないので体内の水分が一定の場所でせき止められている状態です。 もとも体内の60%は水分ですから、冷えて血行不良になるとむくみやすい特徴があります。 妊娠中に、意外と気が付かないのは衣服の締め付けによる浮腫です。 妊娠初期でも体型の変化は人それぞれで、すでに腹部が締め付けられると気分の悪くなることがあります。 また、マタニティウェアに関心がなく、気が付かないうちに体型と合わない服ばかりになることもあります。 妊婦のむくみ解消 妊娠中は無理ができない為に、運動不足に陥ることが多々あります。 妊娠初期から後期まで、無理なく続けることが大切なので、ストレスに感じない方法を見つけていきましょう。 リンパマッサージ リンパマッサージは、運動不足から体内に老廃物が溜まりやすくなった時にリンパの詰まりをとって循環を良くするマッサージです。 足のむくみや首元のだるさを解消できます。 妊娠中はおなかの赤ちゃんに負担をかけないために腹部のマッサージは避けましょう。 足のむくみには、先ずお腹に負担をかけないように足を前面に伸ばして座ります。 マッサージする法の足を軽く曲げて、足首へ両手を当てます。 この時、両手の親指以外の4本でふくらはぎを支えるように添えます。 親指は足の骨の両側に添えます。 (*右画像:人気のあるリンパマッサージの本を購入するのもお勧めです) 次に、ふくらはぎに添えている親指以外の指を両手とも膝に向けて、ずらしていきます。 特に強い力を入れずにさするように続けます。 筋肉には力を入れると気持ちの良い時もありますが、リンパマッサージに強さは必要ないと言われています。 効果の出方に個人差はありますが優しくさすっていくと血流が良くなっていくのが分かります。 マッサージはお風呂上りにリラックスして行うと、ストレス解消や精神の安定にも繋がります。 テレビを観ながら、音楽を聴きながら、慌てずに行うことができる時間を作ってみましょう。 むくみ解消ソックス リンパマッサージができない場合は、むくみ解消に効く専用の靴下があります。 リンパの流れに沿って圧力が変わる編み方など、履いてもむくみ解消だとは分からない外見で便利です。 妊娠中は冷えの予防でタイツや靴下をはく事が多いので、冷えも予防しながらむくみも解消できて一石二鳥です。 就寝時に履くタイプや、ふくらはぎ用、太ももまでサポートするタイプがあります。 体を締め付けないサイズを選んで、むくみの気になる時に活用しましょう。 むくみ解消にウォーキング 妊娠中は胎児の成長とともに足腰に負担がかかってきます。 だからと言って、足腰を休ませてばかりではむくみの原因になってしまいます。 1番体に健康的な解消法で、出産後も無理なく続けられるのは歩くことです。 普段の買い物やお散歩は、妊婦にとっては大切な運動です。 天気の良い日は車やバスだけに頼らず、体に負担のかからない距離を歩いてみましょう。 ポイントはのんびりでも手足を意識的に振って、疲れたときは深呼吸をして呼吸を整えながらリラックスして歩くことです。 ただし無理は禁物です。 急に長距離を歩いたり、疲れている時に無理をすると就寝中に足がつることもあるので、体調と相談しながら無理なく進めましょう。 足浴で下半身の血行促進 妊娠にとって冷えは大敵ですが、むくみを防止するためにも足を温めることは効果的です。 深めの洗面器や足浴専用の容器に温かいお湯を張って足を浸けます。 無理に集めのお湯にすると長く浸けられないことがあります。 37度程度の、少しぬるいけど気持ちの良い温度がお勧めです。 途中でお湯を足すなりして、就寝前にリラックスしながら行うことで眠りやすくなります。 足浴でも好きな入浴剤を加えて香りを楽しんだり、ベビーオイルを垂らしてかさつきを解消することができます。 たっぷり睡眠をとる 妊娠中は大きくなったお腹のバランスをとりながら動くので、無意識にかなりの体力を消耗するものです。 様々な生活環境の変化からもストレスが溜まりがちです。 体内のホルモンバランスが崩れて体調を崩すと、むくみが現われる場合があります。 寝不足でも顔やまぶたが腫れます。 特に出産後は夜中の授乳に加えて、産院ではベッドでほとんどの時間を過ごすようになります。 運動不足と睡眠不足で退院の頃には足首がむくむこともあるので、早くから疲れを持ち越さない生活リズムを作ると楽です。 むくみ解消に効く食材 むくみに効く食材を利用して、健康的に食生活からむくみを解消しましょう。 むくみは食生活の乱れによる場合も考えられます。 食生活が原因の場合、カリウム、豚肉などに含まれるビタミンB1、カルシウム不足が考えられます。 カリウム むくみに効く食材は、カリウムを多く含むりんごやバナナです。 体内にナトリウム(塩分)が過剰に残ると水分が溜まりやすい体になります。 カリウムは余分なナトリウムを尿として排泄させる役割があるのです。 かといってナトリウムが不必要なわけではありません。 カリウムもナトリウムも体内のミネラルバランスを整える大切な役割があります。 ナトリウムの過剰摂取が気になる際は、カリウムの施主量で調節するといったバランスが大切です。 カリウムはりんごやバナナ意外にも、キュウリやナスなど多くの野菜に含まれています。 むくみを解消するためには野菜と果物を定期的に摂取することが効果的です。 妊娠中はつわりや好みの変化で、なかなか摂取できないこともありますがサプリメントで代用することもできます。 また、カリウムは水溶性なので水に溶けやすい特徴があります。 野菜の場合は煮物よりもスープにして煮汁まで食べる方が多く摂取できます。 特に小豆は煮汁に沢山のカリウムが含まれているので捨てずに、かぼちゃを煮たり再利用してください。 むくみ解消に効くお茶 むくみの原因である水分を排泄するためには、利尿作用の高い杜仲茶が向いています。 ティーパックで温かくして飲んだり、麦茶の用に水出しで作るタイプもあります。 杜仲茶はメタボリックシンドローム症候群に効果があると話題になりましたが、要するに体内の余計な水分を排泄する手助けをするからです。 日課として飲む場合は摂取量を主治医に相談して、ダイエット用にブレンドされている場合は、妊娠中の服用は避けましょう。

次の

【妊娠中】足のむくみの解消法と予防法14選。効いた方法はこれ!|赤ちゃん部

妊婦 足 の むくみ マッサージ

妊娠後期(末期)のトラブルとして多くの妊婦さんが経験するむくみですが、最近は冷え症の妊婦さん、ワーキング妊婦さんが増えたせいか、妊娠中期でもむくみを症状として感じる方が多くいます。 医学的に浮腫(ふしゅ=むくみのこと)というのは、身体の皮下組織などに余分な水分が貯留した状態の事を言います。 妊娠すると、母体の体重が増加する、胎児の血液を確保するという理由で、血漿量(液体成分)と赤血球量をあわせた血液量がアップします。 そのため、腎臓の働きが追いつかないことが、妊娠中のむくみの原因の一つとしてあげられます。 しかも、エストロゲンの作用で皮下組織により水分を溜め込む作用が働き、また、日々大きくなる胎児で骨盤内は圧迫されるため、下半身の血流が心臓の方に戻りにくくなり、より下半身がむくむというわけです。 予防法は、塩分の取りすぎに注意し、疲れをためないということ。 同じ姿勢を続けず、軽く動かす、マッサージするのもおすすめ。 足のむくみ対策には、寝るときに足を高くして寝る、弾性ストッキング(足を圧迫するための特殊な編み方でつくられた医療用ストッキングで、下肢静脈の血液還流を促進する働きがあり、静脈瘤やリンパ浮腫の治療の際などに使用されます)または、着圧ソックスなどを利用するなどしましょう。 カルシウムやむくみ防止でワカメを食べるようにしていました。 (33歳) むくみ防止のためにグレープフルーツをよく食べていました。 (28歳) むくみやすかったのと、体重コントロールのため、ごぼうなどの食物繊維豊富な食材をとるよう心がけました。 (32歳) むくみに効くと聞いたので、すいかをよく食べました。 27歳 むくみの予防に煮小豆を食べた。 また、ドライプルーンとヨーグルト、オリゴ糖を便秘予防のためにとりました。 (30歳) むくみがひどかったため、バナナときゅうりを食べるよう気をつけました。 (32歳) むくみがひどかったので、塩分を抑えた料理を食べました。 (32歳) 健診で足のむくみを訴えても、「仕方がない」で終わってしまいました。 普段全くむくまない体質なのにむくみ、体質の増加もあったのに特に何も指示がなく、体重増加に気を付けてのみ。 結局妊娠高血圧症候群になりました。 両下肢のむくみがすごくなって、静脈血栓予防に弾性ストッキングを履いた方がいいのか尋ねたところ、あなたの好きでいいですよって言われ、どういうこと?と思いました。 結局履かないで無事に何事もなく出産できました。 妊娠中、太りすぎとむくみで今まで履いていたブーツが履けなくなっていてショックでした。 25歳 むくみ防止と葉酸摂取のため、バナナと納豆を意識して食べるようにしていました。 (34歳) むくみがひどかったので、塩分を抑えた料理を食べました。 (32歳) 瓜系の野菜と果物をむくみ防止のために摂っていました。 (32歳) カリウムが多く含まれる夏野菜・梨・バナナをむくみ防止に食べていました。 (26歳) 静脈留ができて足がボコボコになり、むくみも出て足首のくびれがなくなり、妊婦でお腹が大きい上に、足が人形のようにストンとなりました。 鼠径ヘルニア(脱腸)も出てきて、出産後に手術しなければいけないかもと怯えて過ごしましたが、産後はどちらも治まりました。 (35歳) むくみが半端でなく、歩くのも大変でした。 「怪獣」の足と言われていました。 (24歳) こんなにも太くパンパンになるのかと思うほど足首から下がむくみ、足の甲が腫れて痛くて正座ができませんでした。 (34歳) 私が悲しんでいると力強い胎動を感じ、涙が出るほど嬉しくて、とても励まされていました。 身体の変化では妊娠中足がすごくむくみ、ムーミンのような足になったのがかなり衝撃的でした。 (29歳) 通っていた産婦人科には沢山の先生がいらっしゃったのですが、その中に1人受け付けない先生がいました。 体重増加に特に気を付けていたのに「太りすぎ」と言われ、むくみが気になって相談したら「食事管理がなってない」言われたりと、とにかく感じの悪い先生でした。 母体に良くないのでその先生の居ない日を選んで妊婦健診に行きました。 (32歳) 妊娠6ヶ月までは、ヨーグルトや納豆で便秘はなかったですが、6ヶ月を過ぎると足の冷えやむくみも重なり便もかたくなりました。 下剤をもらったり朝一番に水を飲んだりしています。 便秘やむくみがひどくなり、体重が増えた。 薬を処方してもらって少しは改善したが、産むまで良くなったり悪くなったりを繰り返した。 むくみは気にしなくていいとのことでしたが、足がパンパンだったため気になって仕方なかったです。 (31歳) ルイボスティーを体に良さそうだから飲み、ドライフルーツを鉄分やビタミン摂取の為に食べ、野菜ジュースをむくみ解消に飲みました。 (31歳) バナナ、納豆 をむくみ防止と葉酸摂取のために食べました。 (31歳) ごぼうなどの食物繊維豊富な食材は、むくみやすかったためと体重コントロールのために食べました。 (32歳) 夏野菜、梨、バナナはカリウムが多く含まれるのでむくみ防止に食べました。 (26歳) プルーン入りヨーグルトは、便秘にならないように、またトマトはむくみ防止のため、小松菜はカルシウムを摂取するために食べました。 (33歳) バナナ、きゅうりは、むくみがひどかったため食べました。 (32歳) バナナは、むくみを改善したかったので食べました。 (22歳) すいかは、むくみに利くと聞きました。 (27歳) 妊婦の時、自分では足のむくみがすごくて大変だったが、医師からは特に異常数値ではないので特に薬を出されることもなく、自分で対処しなくてはならないのですごく困りました。 何を試してもむくみが解消されることはありませんでした。 7ヶ月半くらいから安定してきたので、運動も兼ねて床拭きでカラ拭きから水拭きを一日一部屋ずつ順番でしています。 一気に全部の部屋をするのはしんどいので順番にしています。 前期は気持ち悪くなってお風呂に浸かれなかったけど、7ヶ月後半からむくみ対策も兼ねてお風呂に浸かってつぼ押しなどして温まります。 入れないときは足湯だけでも入るようにしています。 髪の毛を洗うのが面倒になり、短くした。 今まで2プッシュ使っていたシャンプーが1プッシュで充分になった上に、洗ってそのままでもいいので楽ちん。 自炊することが多くなった。 それまでは外食が惣菜購入が多かった。 むくみ防止に簡単なストレッチをするようになった。 仕事をする際、意識的に気持ちにゆとりを持つようになった。 便秘対策ヨーグルトや食物繊維摂取をするようになった。 安定期は毎日寝る前にむくみ対策の足マッサージをしました。 妊娠後期は切迫気味だったため、足と二の腕のマッサージのみにしました。 正期産1日数回、スクワットと股関節、肩のストレッチ、足マッサージ、息をゆっくり吐く練習も行いました。 足浴を冷え・むくみ対策として7か月頃からやりました。

次の

妊婦のむくみ解消法!妊娠後期に足がむくみやすい原因まとめ

妊婦 足 の むくみ マッサージ

妊婦のむくみ解消法!妊娠後期に足がむくみやすい原因まとめ 2018年7月18日 こそだてハック 「むくみ(浮腫)」は妊娠中にほとんどの妊婦さんが感じるトラブルの1つです。 特に妊娠後期に多いのですが、デスクワークや立ち仕事など、同じ姿勢をとりつづけることの多い妊婦さんを中心に、妊娠中期からむくみに悩まされる人も少なくありません。 今回は妊娠中にむくみやすくなってしまう原因と、むくみを解消する5つの方法をご紹介します。 むくみ(浮腫)とは? むくみは、体の皮下組織などに水分がたまって腫れる現象です。 基本的に痛みはないことが多いのですが、顔や手足がパンパンに腫れて指で押すと跡が残ります。 妊娠中期・後期になると、赤ちゃんも大きくなってきて、妊婦さん自身の体重増加も気になる頃です。 顔や足が丸くなり「もしかして食べ過ぎたかも?」と思う妊婦さんも多いのですが、実際にはむくみのせいで太ったように感じることもあるようです。 ただし、むくみがひどいときには妊娠高血圧症候群などの病気も疑われるので、かかりつけの産婦人科医に相談しましょう。 関連記事 妊娠中にむくみやすい原因は?妊娠後期・妊娠中期で違う? むくみは、塩分のとり過ぎや運動不足が主な原因ですが、妊娠中は赤ちゃんに届ける血液量が増えて体内の水分量が増えているので、妊娠前に比べてむくみやすい状態です。 妊娠6週目あたりから血液のなかの血漿の量が増加しはじめ、妊娠20週後半には妊娠前の約1. それ以外にも、妊娠中期・後期で次のような原因があります。 妊娠中期のむくみ つわりも終わり、安定期に入って健康な日々を送れていると、ついつい家事や仕事などで活発に動いてしまいがちです。 特に血液量が増加していく時期ですが、体内が変化していることに気づかず、妊娠前と同じように体を動かしているとむくんでしまいます。 妊娠後期のむくみ 妊娠後期になると、お腹の中の赤ちゃんが大きくなって重みが増してきます。 そのため、お腹の周りの血管が圧迫され、足のむくみがより顕著に。 あまりにむくみがひどいときには、妊娠高血圧症候群のリスクもあるので、産婦人科医の診察を受けましょう。 妊娠中は赤ちゃんの分の血液や水分も体に抱えることになるので、ある程度むくんでしまうのは仕方がありません。 しかし、できるだけ不快感は解消したいところですよね。 妊婦さんにおすすめの解消法を紹介しますので、ぜひ試してみてください。 関連記事 妊婦のむくみ解消法2. 足を冷やさない 体が冷えると、血管が収縮して血液が循環しにくくなり、むくみが現れやすくなります。 特に下半身は、冬はもちろん、夏の冷房でもあっという間に冷えてしまうので、靴下やレッグウォーマーで体温調節をしましょう。 また、足先の冷えにはフットバスがおすすめです。 ただし、足が水で濡れたままになっていると余計に冷えてしまうので、タオルで指の間までしっかり拭き取り、すぐに靴下を履くようにしましょう。 妊娠後期は歩くだけでも疲れてしまうので、パートナーにマッサージしてもらうようにお願いしてみてはいかがでしょうか? 妊婦のむくみ解消法3. マッサージをする マッサージで足の血液循環をよくすると、むくみの解消につながります。 ただ、お腹が大きくなってくると、自分で足をマッサージするのは難しいものです。 そんなときはパートナーの出番です。 足の裏をギュッギュッと押してもらうと、気持ちがいいのはもちろんですが、夫婦間のコミュニケーションにも効果を発揮しそうですね。 関連記事 妊婦のむくみ対策は「無理をしない」 積極的にむくみを解消するのも大切ですが、なによりも無理をしないことが一番のむくみ対策になります。 疲れを感じたらこまめに休憩をとるなど、できるだけリラックスして日々を過ごしていきましょう。 また、妊娠中のむくみは、出産とともに自然に解消されるので、あまり心配しすぎないでくださいね。

次の