中外 製薬 株価。 中外製薬 (4519) : 株価/予想・目標株価 [CPCO]

個人投資家の意見「売り」に賛成

中外 製薬 株価

次に岡野将士氏の株価予想を確認してみましょう。 株価予想期間は、下記紺色枠の5日間です。 こちらも過去の検証結果で勝率が53%と少し有利だった事から「買」推奨のようです。 今回は見通しが当たったから良かったのですが、53%の勝率は低いと感じます。 勝率50%に非常に近いですから、ほとんどギャンブル的な売買になりそうなイメージです。 2回資金を投じて1回は外れる確率が近い訳ですからね。 参考: 株価予想を単純に信じてしまうと、リスクをかなり取る割にリターンを見込めない場面も多数存在します。 自分自身で投資判断を下せないという事は、チャンスが分からないという事ですから非常に危険な事ですよね。 もちろん相場の値動きを完全に把握する事は不可能です。 ですがリターンが大きく見込める場面というのは確かに存在します。 そのような投資手法を学ぶべきですね。 値動きの再現性を利用するような、などを参考にしてみて下さい。 管理人が感じた中外製薬の株価見通し 項目 内容 コメント 企業名(銘柄コード) 中外製薬 (4519) 上場市場 東証1部 株価 4,570円 単元株数と最低購入単価 100株:45万7,000円 高いです 時価総額 2兆5,577億円 資本金 729億円 発行済株式数 5億5,968万株 大型株 浮動株数 約1455万株 利益剰余金 4,513億円 有利子負債 2億円 保有者比率 外国 75. 余剰金が4500億円近くあり、有利子負債が2億円である事を考えると無借金経営をしていると考えて良いでしょう。 下記のように業績、利益共に右肩上がりで上昇しており経営の安定感を感じます。 更に営業利益率が15%を超えています。 ここ3年程で低下傾向である事が気になりますが、 製造業と比べものにならないくらい高い営業利益率で、高収益体質である事が良く分かるかと思います。 アベノミクス以降のパフォーマンスを日経平均株価指数と比較してみた結果が下記のようになっています。 過去3年程で3倍近くの上昇をしており、勢いを感じる企業です。 紺色線:中外製薬 ピンク色線:日経平均株価指数 ただしリーマンショック以降の4年間を見ると、長期的な下落トレンドであり、この時に資金を投じていると儲からなかったであろうと感じます。 値動きに特徴がありそうな気もしますが、下落トレンドの銘柄は扱いが難しいですね。 2015年12月時点で管理人がチェックした医薬品 銘柄.

次の

株主還元|株主・投資家の皆さま|中外製薬

中外 製薬 株価

「ちゅうがい」って読むんだにゃ 中外製薬株式会社は、日本の大手医薬品メーカーです。 中外は「ちゅうがい」と読みます。 2002年にスイスの大手医薬品メーカー、エフ・ホフマン・ラ・ロシュ(Fritz Hoffmann-La Roche)との「戦略的アライアンス」により、「Roche(ロシュ)」の傘下となりました。 1925年3月に中外新藥商會として創業。 創業者は上野十蔵。 1943年3月8日、中外新藥商會が株式会社に組織変更し、中外製薬株式会社に商号変更。 設立日はこの日となっています。 1955年には株式を店頭公開、翌1956年に東京証券取引所に上場します。 現在も「Roche(ロシュ)」傘下にありながら、東証1部に上場していて証券コードは「4519」です。 この記事では、中外製薬の株について詳しく紹介していきます。 (単位:百万円) 決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 2016. 12 491,780 76,884 74,448 53,592 2017. 12 534,199 98,934 97,031 72,713 2018. 12 579,787 124,323 121,449 92,488 2019. 12 686,184 210,597 207,893 157,560 予 2020. 12 740,000 - - - 業績は絶好調ですね。 2019年12月期は売上から最終益まで全て過去最高となっています。 Coreベースでは、2020年12月期も引き続き過去最高を予想しています。 業績が好調な一番大きい要因は、ロシュグループに属していることで、ロシュ導入品を国内で独占販売できるという安定収益基盤と、自社開発薬をロシュ販売網に乗せてグローバルでの売上を拡大できているという点でしょう。 また、国内ガン領域でトップシェアを誇る製品群も、ロシュ導入品と合わせると豊富なラインナップを誇り、また新薬開発においても国内屈指のパイプライン数を誇ります。 ロシュとの提携は業績だけではなく、株価も押し上げてきました。 株価はここ5年だけ見ても右肩上がりで、約3倍になっています。 業績もこのまま好調を維持できれば、株価も上がっていくと考えられますが、少し注意が必要です。 好業績に支えられ、株価は高値を更新し続けてきました。 若干過熱気味とも取れる状況ではあるので、どこかのタイミングで調整が入るのが自然です。 チャートをチェックして、調整タイミングで入るのが無難でしょう。 中長期的に保有を考えている場合も同様です。 中外製薬の株価が上昇するのはどんな時? ここでは、中外製薬の株価が上昇するのはどんな時なのか?について考えていきましょう。 株価が上がる要因として一番大きいものは、上場企業なのでもちろん業績に直結することです。 現在の中外製薬の株価上昇に大きな影響を及ぼしそうなものをピックアップすると、以下の2つが挙げられます。 そのフェーズごとに当局の承認を得たりするのですが、どこかの段階で承認を得られたり、販売承認を得られると株価に大きな影響を与える可能性もあります。 ロシュの新薬開発は中外製薬の業績に直結するのです。 中外製薬の株を購入するのにおすすめの証券会社 ここでは、中外製薬の株を購入するために、当サイトがおすすめするネット証券会社を紹介します。

次の

中外製薬 ADR株価:MONEY BOX

中外 製薬 株価

みんかぶリサーチによる株価診断。 現在は【割高】 理論株価 9,942円 と判断されており、結論に至った経緯と要因を、過去比較、相対比較、業績推移の視点から説明しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の