海釣り ルアー。 初心者必見!海釣りをより自分らしく楽しむためのおすすめルアー10選

初心者必見!海釣りをより自分らしく楽しむためのおすすめルアー10選

海釣り ルアー

シーバスタックル 対象魚は、 スズキ(シーバス)、 ヒラメ、 ワカシ・イナダ、 サバなどの小型青物。 ロッド シーバスロッドなど。 パワーはライト~ミディアムライトクラス。 長さは8~9ft程度。 メインラインが100~150m巻けるもの。 またはPE0. 8~1. 長さ1m程度。 ルアー ミノープラグ、バイブレーションプラグ、メタルジグなど。 ロッド メバルロッドなど。 ロッドパワーはウルトラライト~ライトクラス。 長さは6~7ft程度。 メインラインが100m巻けるもの。 ルアー ソフトルアーなど。

次の

ロッド1本&ルアー1個から始める『海釣りルアー入門』|TSURI HACK[釣りハック]

海釣り ルアー

釣りの楽しさを知れば、誰もが徐々にレベルアップしたくなったり大物を狙いたくなります。 そこで、おすすめなのが海釣りです。 海釣りなら魚も種類が豊富で、大物や運が良ければ高級魚だって狙えます。 そんな欲張りな釣りを満喫するには、海釣りしかありません! その海釣りの中でもルアーを使った楽しみ方がオススメです。 最近のルアーは非常によくできており、中には見ているだけでも美しい芸術的なルアーも数多くあります。 また、美しいだけでなく魚が食いつきやすいような、本物の動きに近づけたものまであります。 もちろん、動かすタイミングなどロッドアクションも多少必要ですが、少し技を習得するだけでかなり楽しめます。 そんな海釣りの楽しさやオススメルアーを紹介していきましょう。 自分好みのルアーとロッドアクションで楽しさ倍増です。 海釣りルアーが好まれる理由 ルアー(疑似餌)を使った釣りは、非常に本格的な釣りのイメージがあります。 もちろん、ルアーの大きさによっては、かなりの大物も狙え本格的にもなります。 しかし、単に海釣りを自分らしく楽しむこともできます。 そのためには、ロッドアクションやキャスティング技術も重要ですが、ロッドやリール、ライン選びも大事になってきます。 また、ルアーをチョイスするところから、すでに海釣りは始まっているのです。 まず、自分が狙いたい魚好みのルアーを選びます。 金属製、木製、プラスチック、合成樹脂など素材種類も様々です。 この自分が選んだルアーが海を泳ぎまわるのです。 その姿を見た獲物が、自分のルアーを追いかけ、ついには食らいつく瞬間がたまらないのです。 単なる疑似餌ではなく、ルアーに命が宿るかどうかはあなた次第なのです。 そのスリルと熱意が、ヒットした瞬間に爆発するような気持ちになります。 これがルアーの醍醐味でしょう。 もちろん、中には虫など生きている生の餌が受け付けない方にとって、ワームやルアーは釣りを楽しむうえでは欠かせない仕掛けでもあります。 これらのルアーによる海釣りには、このような好まれる理由があるのです。 海釣りのスポットは大きく分けて4つ 海釣りと一言で言っても、スポットによって大きく異なります。 海釣りは初心者には難しいと考えている方でも堤防などでは簡単にできます。 また、船での海釣りなどは大物も狙え、運が良ければ高級魚もゲットできる可能性があります。 このように、同じ海でもスポットにより全く違った釣りができるのも海釣りの楽しさでもあります。 そんなスポットごとの海釣りについて紹介していきましょう。 堤防や防波堤での釣りは気軽で初心者の方にも楽しみやすいと言えます。 ただ、堤防などで本当に釣れるの?そんな疑問もあるかもしれませんが、大物狙いとはなかなか言えませんが、釣りを楽しむことはできます。 また、堤防での釣りでも、釣れやすいポイントもあるようです。 例えば、魚だってちょっと休憩したいんです。 そんな休憩できる場所を探せばいいんです。 それが、堤防の角や継ぎ目など凸凹やクボミのような場所です。 こういう場所を探してみると意外と大物も釣れる可能性があります。 また、遠投・キャスティングなども行うことが出来ます。 アジ、サバ、メバル、キス、ベラ、タチウオ、スズキなど季節によって色々な魚が狙えます。 サーフは海岸や岸の事を言います。 海岸の波打ち際から釣りってできる?そんな方もいるかもしれませんが、サーフにはサーフでの魚が釣れるのです。 もちろん、人がいる場合には危ないですから、いないことを確認する必要があります。 そのうえで、基本的に狙うはヒラメと言えるでしょう。 もちろん、全ての方ではありませんが、サーフでのヒラメは代表格です。 キャスティングを利かして少し遠投できるように練習する必要がありそうです。 また、ただやみくもにと言うわけではありません。 サーフでは、離岸流を見極めキャスティングします。 離岸流とは、なかなか素人目には難しいかもしれませんが、波が岸に押し寄せてきます。 その波が沖へ急激に引き寄せられているところを見つけ出します。 じっくり見ていると波が途切れて変化のある部分があります。 これが離岸流です。 ここに餌となる小魚が集まり、それを目当てにヒラメがやってきます。 他にも、少し岩が頭だけ出しているポイントは小魚が隠れやすいので、そこにヒラメも現れると言うわけです。 意外に大物が釣れるので、びっくりしますよ。 しかし、サーフは安全ではありません。 しっかり、ライフジャケットなど着用しましょう。 意外にも波が強く足がとられてしまうことも多々あります。 十分安全を確保して釣りに集中できるようにしてください。 磯での釣りは、ルアーの釣り練習にもおすすめです。 磯には地磯、沖磯があります。 地磯は、一般的な磯釣りです。 それに対して、沖磯は船で離れた磯に渡ると言うものです。 地磯は、簡単に歩いてスポットに行けるので気軽で時間のあまりない方にも人気があります。 また、沖磯は水深も流れも十分あり大物が狙えます。 しかし、地磯も場所や地形によっては流れが速く大物に出会える事があります。 特に磯でのルアー釣りは、サラシが狙い目です。 このサラシは岩場に波が当たり白くなるところを言います。 ここにシーバスやブリ、ヒラマサ、アオリイカ、メバルが潜んでいることがあります。 そこを狙えば自ずとヒットが期待できます。 ただし、磯も気軽だからと言って安全と言うわけではありません。 足元も悪く、風の向きによっては大きな波が岩場をたたきつけることもあります。 しっかり安全面を確保したうえで行う必要があります。 海釣りと言って外せないのが、船での海釣りです。 今までの堤防やサーフ、そして磯も海釣りです。 しかし、船に乗っての海での釣りは楽しさ倍増です。 やはり、船で大物が釣れる沖スポットに行けば、ヒット率もグンと上がります。 これがやはり大きな魅力です。 もちろん、それに伴いルアーなどの仕掛けも大きく強いものにチェンジする必要があり、レベルも上がります。 しかし、ゲットした時の達成感は最高です。 ただ、船での釣りとなれば費用も掛かり、長いものでは7時間船に乗ってると言う事もあり、時間と費用が大きな負担になることは間違いありません。 この船での大物を引き上げると言う事は、釣り師にとって最高の贅沢とも言えるかもしれません。 時には、珍しい高級魚を味わえるという最高の至福にも巡り上げる可能性もあります。 ルアーの種類はどう選んだらいいの? ルアーの種類はかなり多くあります。 このルアーの選び方次第で、あなたの釣りのレベルも格段にアップする可能性があります。 選び方が分かれば、次はその扱い方も習得しましょう。 その効果は、きっとあなたの手ごたえとして釣りを通して感じることが出来るはずです。 それでは、そんな大事なルアー選びについて詳しく紹介していきましょう。 海釣りは狙うターゲットのいるポイントに行く必要があります。 それと同時に、ターゲットのいる深度を知らなくてはいけません。 なぜなら、その深度によって使うルアータイプが違うからです。 実は、ルアーには浮力があるプラグ系と言われるタイプやリップが大きめの潜水タイプなどがあります。 当然、深いところにいる魚をターゲットにしたい場合なら、浮力がある沈まないルアーではチョイスが間違っていますよね。 そうならないためにも狙う深度を事前に確認する必要があります。 因みにリップとは、ルアーの口元近くにある突起物のようなものです。 この突起物であるリップは、大きければ大きいほど水圧を受け潜水しやすくなります。 中には、リップが小さいタイプやないタイプもあり浮かびやすいタイプになります。 また、スプーンやジグは浮力がありません。 このように、ルアーと言えども様々な種類があります。 ルアーの重量は、基本的に使用するロッドに合わせる必要があります。 ロッドには適正重量が表示されています。 それがロッドの機能性を最大限に生かせる重量範囲となります。 そのため、ロッドのしなやかさをキャスティングを生かすには、この重量を守るのが良いでしょう。 あまりに錘が重いとしなるため、ロッド本来の反発力がいかせません。 遠投なども上手く飛んでくれなくなります。 つまり、重量オーバーだとロッド操作が上手くできなくなります。 ルアーを狙っているポイントへ飛ばせるか、いかに生きているように見せるかと言う点でロッド本来の適正重量を重視しましょう。 その点でも、ルアーだけでなく仕掛けや道具に合ったトータルの相性をセットで考えて選ぶのが良いかもしれません。 このルアーのサイズは、狙う魚の種類によって大きく変わってきます。 例えば、ターゲットの口の大きさを考えるのも良いかもしれません。 基本的には3㎝位のルアーは、アジなどの小型の魚用に、中型のメバルなどであれば5~10㎝がオススメです。 それ以上の多きな魚には10㎝以上のルアーが良いでしょう。 しかし、中には大きめのルアーに飛びついてくるケースもありますので、色々のサイズを常備しておくのも良いでしょう。 サイズももちろんですが、スプーンなど金属性ならキャスティングなどで遠くまで飛ばせます。 また、キャスティング必要なければワームなどもなかなかオススメです。 海釣りにオススメのルアー10選 海釣りについて詳しく紹介してきましたが、そんな海釣りを楽しむための仕掛けであるルアー10選を紹介していきましょう。 釣るポイント、深度そしてルアー重量やサイズ、狙う魚によって、また、自分のロッドとの相性も合わせてセットで判断していきましょう。 一種類ではなく少し変化をつけたルアーをいくつか揃えていくことでヒットの確率上げていきましょう。 全長は50mm、ウェイトは13gと19gがあります。 種類によってはダブルフックとトリプルフックがあります。 ターゲットは、マルアジ、マアジ、シーバス、チヌ、ヒラメ、マゴチ、サバ、ハマチなど幅広く狙えるのも魅力の1つでしょう。 カラーバリエーションが豊富ですが、人気のためカラーによってはウェイト種類が無いものもあります。 また、最近は新しいカラーも増えて色々選べるようにもなっています。 確かに、少し錆びに弱くウレタンコートを施す方が良いなどのデメリットはありそうですが、釣れると言う大きなメリットがありそうです。 一度試してみても良いかもしれません。 シマノ SHIMANO メタルジグ オシア スティンガーバタフライ フラットライト サイズが58㎜、ウェイトが30gのスーパーライトジギングのイサキやイナダ、ブリ、カンパチ、マダイ狙いにオススメです。 フラッシャーをフロントにすることで吸い込みと誘いを両立させています。 また、フッキング機能を充実させるために針はあえてむき出しにしています。 他にも、フックのかかりやすさを非常に重視した針形状になっています。 また、少し後方にルアーの重心をおき、ジャークで横に倒れフォールで食わせやすくなっています。 このルアーは、自重が30、40、50、60、80gと展開しているので、自分の好きなタイプをチョイスすることが出来ます。 カラーバリエーションも豊富なので色々なサイズとカラーを揃えてみるのもオススメです。 ボディに内蔵されているホログラムシートはどんなに傷ついても、ほとんど剥がれることがありません。 そのため、歯が鋭い魚に対して圧倒的なアドバンテージを持っています。 因みに、ホログラムシートは、光の角度により7色に反射するシートの事を言います。 また、固定重心仕様により着水後の泳ぎ出しが速いため無駄なく攻めることが出来ると言う大きなメリットがあります。 非常に早巻きでフラフラさせることで、魚へのアピール度抜群です。 シマノ SHIMANO ミノー エクスセンス サイレントアサシン XM ルアー やはり釣具においてシマノは外せません。 そんなシマノのミノーは非常に安定した人気があります。 ルアーサイズ99mmでウェイトは14gになっています。 シーバスやヒラメ、マゴチなどが狙えます。 リップを強化し、またアサシン99も強化され一層使いやすく飛距離も出ます。 ルアーの着水後すぐに立ち上がりが良く、しっかりアプローチしてくれます。 実際に、利用者の声にも動きが良く、よく飛ぶという声が多く見受けられます。 初心者にも使いやすい点ではかなりオススメです。 実にその滑らかな動きは本物のように見えるはずです。 舌板餌なしタイプはウェイトが15. 3g、サイズ10㎝、舌板付き釣り餌タイプは、ウェイトが15g、サイズが13㎝となっています。 こちらのルアーは、高品質のABS素材で作られていて、魚の群れを引き寄せるためにノイズを発生させ、よりヒットの機会を増やしてくれます。 水深も様々な深さに対応できます。 また、釣り竿が水に落ちる際に仕掛けやアクセサリーなどを紛失予防するためにも伸縮留め金を腰に直接留めることができます。 因みに、このルアーの狙い目は、スズキ、イエローバス、マス、黒魚、ナマズです。 3Dで描かれているかなり本格的なメタルジグでより魚のリアルな動きでおびき寄せてくれるので、よりヒットの確立も上がるかもしれません。 Nuguri メタルバイブレーション ルアー 6個セット 低重心設計で初心者にも遠投しやすい設計になっています。 そんなメタルバイブレーションルアー6個セットです。 サイズは、4. 5㎝で8g、5. 5㎝で13g、6㎝で17gと3パターンのセットがあります。 サイズはミックスされていませんのでお間違いのないように願います。 比較的小さめのルアーセットですが、水の中でスイスイと生きているかのように泳ぐ姿はスズキ、シーバス、ヒラメ、カツオ、タチウオ、サバ、マダイなど幅広く狙えます。 3つのフックがフック強度を強化しています。 また、そのフック先にはニッケルメッキが施されており錆びにくくなっています。 スプーンルアーの様な尾の部分が一層魚の誘惑を満たしてくれるのかもしれません。 ColorGo ルアー ミノー セット フローティングミノー 10g 海水 淡水対応 5個セット やはりミノーは定番中の定番です。 そんな必需品とでもいうべきルアーですから、セットをオススメします。 10gで全長は約11㎝サイズになっています。 海水から淡水まで幅広く使えるタイプなので重宝します。 遠投もしやすく、水中で船腹も出来るので実用性が高いと言えます。 表面には光沢のあるミラーコーティングを施し反射度を高め、魚の攻撃率をアップさせます。 また、遠投した際にも、大きく重心を移動させる設計になっており、騒音も大きくなります。 その結果、魚が引き寄せられヒット率も上がると言うわけです。 狙うは、シーバス、バス、カツオ、ブリ、マグロ、ヒラマサ、タチウオなど大物だって夢ではありません。

次の

ルアーフィッシングで使うフックの種類と使い方

海釣り ルアー

ルアー(疑似餌)を使って釣りをします。 対象となる魚は小魚などを主食とするフィッシュイーター系の魚です。 スズキ(シーバス)、アオリイカ、ハマチやシオ(カンパチの若魚)などの青物、メバルやガシラ(カサゴ)などの根魚などです。 <釣れる時期> 地域によっても違いますが、スズキは水温が下がる春以外、アオリイカは春と秋、青物は高水温期(初夏~晩秋)、メバルは冬~春の夜がベストシーズンです。 <釣れる場所> スズキは汽水域(大きな川の河口)や工場の排水が流れ出るような場所、アオリイカやメバル、ガシラは海底が岩礁帯になっている場所、青物は回遊するコース(例年ほぼ決まっている)に入っている場所、タチウオは回遊コースになっている防波堤が主な釣り場です。 <必要な道具>• ルアー用の竿 小物用のルアー竿から長尺の大物用ルアー竿、アオリイカ(餌木)専用の竿などがあります。 いろいろなルアー釣りを楽しもうと思うなら、ある程度の種類の竿が必要になります。 シーバスやアオリイカをねらうなら、6フィート~8フィート、青物なら7フィート以上のものが良いのではないでしょうか。 リール こちらも小物用と大物用があります。 初心者でも使いやすいのはスピニングリールです。 しかし、スピニングリールはキャストするときにベールを起こす動作が必要で、何度も繰り返しているとわずらわしく感じることがあります。 そこで、上級者になってくると、ワンクリックでキャストできるベイトリール(両軸リール)を使う人も多くなってきます。 PEライン(ナイロンやフロロカーボンでも可) 道糸にはPEラインを使用することが多くなりました。 というのも、PEラインの一番の特徴である伸びのなさが、ルアーをアクションさせるために適しているからです。 また、ナイロンやフロロカーボンのラインよりも強く、細い糸が使用できるというメリットもあります。 しかし、コシがないためトラブルが多かったり、こすれに弱かったりするデメリットもあります。 玉網、またはギャフ 大きな魚を掛けた時には、無理をして海面から引き抜くと、竿が折れたり糸が切れたりすることがあるので、玉網を使います。 5m程度の長さがあれば十分でしょう。 (場所によっては5mでは届かない場合もあります。 ) また、ルアー釣りでは、移動しながら釣ることが多いので、玉の柄が短いものを選ぶのも良いでしょう。 ルアーやワーム、餌木など ルアーにはいろいろな種類があります。 代表的なものとして、魚の形をしたプラグ、オモリにメッキを塗ったメタルジグ、軟質プラスティック製のソフトルアー、イカ用の餌木、ブルブルと小刻みに震えて泳ぐバイブレーション キラキラ光るブレードのついたテイルスピンジグなどがあります。 その他 8lb~16lb程度のリーダー(ハリス)、スナップ、プライヤー(ペンチ)、はさみ、フィッシングナイフなど <仕掛け> PEラインの先にフロロカーボンのリーダーを直結し、ルアーを結ぶ仕掛けが標準的です。 ルアーを結ぶときは直結でも良いのですが、最近はルアーのアクションを妨げないスナップも出ています。 <釣り方> スズキ(シーバス)の場合、使用するルアーによって違いますが、基本はスローリトリーブ(ゆっくり巻く)です。 青物ねらいで使うメタルジグの場合、竿をしゃくったり、リールをジャカジャカ巻いたり、道糸にテンションをかけたまま沈めたりします。 イカを釣る時の餌木の場合、竿をしゃくる動作が基本です。 とにかく、ルアーや餌木を本物の魚のように見せたり、魚が反射的に食いつきたくなるような動きをさせたりすることが大切です。 具体的な釣り方やアクションのさせ方などは、ここでは挙げきれないので、いろいろな本を参考にしてみてください。 管理人おすすめは、初夏から秋にかけて釣れる太刀魚のワインドです。 『タチウオ、ワインド』と検索してみてください。

次の