ゆうちょ銀行支店名。 ゆうちょ銀行の支店名、口座番号、変換の法則|ギンコード.com

ゆうちょ銀行の記号と番号から支店名と口座番号へ変換する時のルールを覚えれば、すぐに銀行からゆうちょ銀行(郵便局)へ振込みできるよ

ゆうちょ銀行支店名

ゆうちょ銀行支店コード一覧 支店コードは、各金融機関が独自に定める店番です。 一般的には3桁でコードが割り振られています。 ゆうちょ銀行の統一金融機関コードは「9900」になります。 統一金融機関コードは、全国銀行協会内の金融機関共同コード管理委員会から付与される金融機関毎の4桁の識別番号です。 統一金融機関コードは、金融機関コード・銀行コードなどとも呼ばれており、全国の各銀行の支店にも支店コードが割り振られています。 割り振られている金融機関は、日本銀行をはじめ都市銀行・地方銀行・信託銀行・信用金庫・ゆうちょ銀行など様々で0001番~0032番は都市銀行といったように区分けされています。 金融機関コード・銀行コードは、日本国内の金融機関同士が為替取引を行う全国銀行データ通信システムで活用されており、コードから金融機関名または支店名を照合します。 これらは、銀行振り込みおよび口座振替などで利用されます。 その他にも銀行間の国際決済にも利用されるSWIFTコード(8文字あるいは11文字)の中で一部にも金融機関コードおよび支店コードが利用されています。 ゆうちょ銀行の番号について ゆうちょ銀行は、他の金融機関のような支店ごとにある支店コードというものがありません。 代わりにゆうちょ銀行の通帳 通常貯金・通常貯蓄貯金 やキャッシュカード、振替口座開設通知書に記載のある「記号 5桁 」「番号 最大8桁 」というものがあります。 また、振込時には「店名」「預金種目」「口座番号」「名義 カナ 」が利用されるなど少し複雑になっています。 ゆうちょ銀行の口座間で送金させる場合は、「記号」「番号」があれば、郵便振替で可能ですが、他の銀行口座へ送信させる場合は、「店名 3桁 」「口座番号 最大7桁 」が必要となります。 ゆうちょ銀行の番号変換法則 「記号」「番号」から振込用の「店名」「預金種目」「口座番号」への変換には法則があります。 総合口座・通常貯金・通常貯蓄貯金 総合口座・通常貯金・通常貯蓄貯金の場合は、番号が8桁あるいは7桁以下のものがあります。 番号が8桁の場合は、記号5桁のうち2~3桁の数の最後に「8」をつけると店番になります。 例えば記号が「11940」であれば、店番は19に8をくっつけた「198」が振込用の口座番号の店番になります。 更に店名は店番を漢数字に変換するだけですので、店番が「198」であれば店名が「一九八店 イチキュウハチ店 」となります。 次に口座番号については、桁数に限らず右側末尾の「1」の数字を除いた番号が口座番号となります。 こちらも例に挙げるとゆうちょ銀行の番号が「12345671」であれば振込用の口座番号は「1234567」となります。 7桁以下の場合は、店番・店名の変換は8桁と同様ですが、口座番号については、「1234561」の場合で末尾の「1」を除くと6桁になってしまいますが、6桁のまま利用できます。 ただし、受付の金融機関によっては頭に「0」をつけて「0123456」とする場合もありますので、受付の金融機関へご確認ください。 振替口座 振替口座の場合は、番号が6桁あるいは6桁以下のものがあります。 番号が6桁の場合は、下1桁の数字は一切使いません。 店番に変換する場合は2~3桁の数の最後に「9」をつけると店番になります。 例えば記号が「019401」であれば、店番は19に9をくっつけた「199」が振込用の口座番号の店番になります。 更に店名は店番を漢数字に変換するだけですので、店番が「199」であれば店名が「一九九店 イチキュウキュウ店 」となります。 次に口座番号については、そのままの番号が口座番号となります。 「123456」であればそれが口座番号です。 こちらも総合口座・通常貯金・通常貯蓄貯金の場合と同様に受付の金融機関によっては頭に「0」をつけて「0123456」とする場合もありますので、受付の金融機関へご確認ください。 5桁以下の場合は、店番・店名の変換は6桁と同様で、口座番号についてもそのままの番号が口座番号となります。 、受付の金融機関によっては頭に「0」を2つつけて「0012345」とする場合もありますので、こちらも金融機関へご確認ください。

次の

ゆうちょ銀行 口座番号 キャッシュカードの見方|支店名・支店番号

ゆうちょ銀行支店名

ゆうちょ銀行とは? ゆうちょ銀行は「郵便局」が民営化され、2007年10月に誕生した日本の民間銀行です。 元々郵便局が取り扱っていた金融業務は、民営化されてから、ゆうちょ銀行の店舗およびゆうちょ銀行が委託する郵便局の貯金窓口で行われています。 ほかの銀行とは違う、いくつかの特徴があります。 口座番号は5桁の「記号」と最大8ケタの「番号」• 支店名がよくわからない• 貯金額が上限額1300万円(旧1000万円)。 普通の銀行には、こういった限度はありません。 などが挙げられます。 ゆうちょ銀行支店名がなぜわからない? 郵便局(ぱるる)時代には、支店という概念がなかったです。 他の金融機関のように各本支店(郵便局)で口座管理をしておらず、各地域ごとに設けられた貯金事務センターで管理されていました。 なので以前から郵便局(ぱるる)の口座を持っていた方は支店名がわからないという人が多いと思います。 ゆうちょ銀行の支店名の調べ方 通帳で調べる ゆうちょ銀行の支店名は通帳に書いてあります。 店名というものが銀行の支店名に当たります。 三ケタの店番を漢数字にしたもので、普通預金なら八(ハチ)で終わり、当座預金なら九(キュウ)で終わるものです。 ただ通帳が古いと店名が書いてないことがあります。 この場合は窓口に持っていくと対応してくれます。 ゆうちょ銀行支店名をネットで検索する方法 ゆうちょ銀行のサイトで記号番号から振込用の店名・預金種目・口座番号を調べる専用ページがあります。 記号と番号を入力すると振込に必要な店名と口座番号を調べることができます。 1、にアクセス 2、記号と番号を入力するだけ 3、すると支店名と口座番号が表示されます。 この調べ方は入力ミスの可能性があるので、入力ミスをしないように注意してくださいね。 逆に店名や店番と口座番号から、記号と番号を調べることもできます。 まとめ ゆうちょ銀行の支店名の調べる方法を伝えました、いかがでしょうか。 通帳を見る• ネットで調べる この二つの方法はとても簡単なので、一度覚えたら、ゆうちょ銀行へ振り込みをする時、戸惑わずにすむのです。

次の

ゆうちょ銀行支店コード一覧

ゆうちょ銀行支店名

ゆうちょ銀行の口座に送金してほしい場合の案内文例 ゆうちょ銀行の口座に送金してほしい場合の案内文例• ゆうちょ銀行の口座に送金してほしい場合の案内文例についてです。 ゆうちょ銀行の口座は、ゆうちょ銀行内で使われている「記号・番号」というものと、振込用に使われる 「銀行名・支店名・種別・番号・名義(カナ)」があります。 郵便局内で完結する送金は簡単ですが、 他の銀行から送金してもらう場合は連絡する内容が複数有り、間違えると送金されなくなるシステムを 銀行が利用しているので丁寧に伝える必要があります。 そのため必要な事項をすべて連絡する必要があります。 「記号・番号」は通帳の表紙の次に記載してあります。 「総合口座」「貯蓄口座」「振替口座」等の種類は無関係です。 口座の種類は総合口座通帳なら「普通預金」、貯蓄貯金なら「貯蓄預金」、振替口座なら「当座預金」になります。 口座番号は、番号から最後の1を省略した7桁の数字になります。 口座名義は、口座の名義人のカタカナ読みで記載します。 間違えやすい名前の人は注意してください。 郵便局からの振込とは違い、他の銀行等の金融機関から振り込む場合、口座名義等が違っていても 銀行は振り込みを受け付けますが、間違いがあると口座に実際に入らないことになります。 ゆうちょ銀行は振込先の口座番号がゆうちょ銀行用と振込用のもので2つあること自体が複雑ですので、 理解していない人も少なからずおり、振り込みできないと思っている人も多いようです。 通帳に他の銀行等の金融機関から振込用口座番号が記載されていない人は、ゆうちょ銀行窓口か郵便局の 貯金窓口で印字してもらうことが可能です。 自分で調べる場合は で検索が可能です。 他の金融機関等から、ゆうちょ銀行の口座に振り込む場合で、記号番号しか知らされていない場合も上記で変換できます。 ただし、預金種別が「普通預金」か「貯蓄預金」かは口座番号からは判断できません。 99%が普通預金ですが ごくまれに「貯蓄預金」を利用している人がいます。 その場合は「普通預金」で振込予約するとエラーになり 振込は実施されませんので、心配なら直接口座の所有者に聞いてください。

次の