ワノ国 ヤマト。 ヤマトはおでんの大ファン?服装やルフィを待っていた理由から考察してみた!

ヤマトはおでんの大ファン?服装やルフィを待っていた理由から考察してみた!

ワノ国 ヤマト

ワンピースのヤマト正体は誰? 【ワンピース】979話 カイドウの息子「ヤマト」って何者だろう?ワノ国っぽい名前だけど、、もしかしてビッグマムとの子どもなのかな? — ケロスケ ker0suk3 突如として明らかとなったカイドウの息子であるヤマトの存在。 まさかカイドウに息子がいるなんて想像すらしなかったですし、大きなサプライズとなりましたよね。 ヤマトという名前は判明していますが、すでに登場しているキャラなのか、新しいキャラなのかどうかはまだわかっていません。 既存キャラである場合、カタクリやウィーブルなのではないかといった予想もされていましたが、果たしてどうなんでしょうか? さっそくヤマトの正体について考察していきたいと思います。 ヤマト=カタクリ? ネットではヤマトがカタクリなのではないかという声が一番多く挙がっていました。 その理由については下記のとおりです。 カイドウの息子ということはかなりの実力者である• 片栗粉は昔ヤマト粉と呼ばれていた• どちらも白い粉末という共通点はありますが、ヤマト=カタクリと結びつけるには無理がある気がします。 またヤマトが失踪したのは本日というセリフから考えると、普段はカイドウの近くいたと推測できますよね。 それにカタクリが失踪なんかしてしまったら、カイドウの前にマムが黙ってないのではないでしょうか・・ ヤマトがカタクリである可能性は0だと思います。 ヤマトはカイドウとビックマムの子供? そして次に囁かれていたのは、ビックマムとカイドウの子供がヤマトだという噂。 ビックマムとカイドウは昔ロックス海賊団に共に属しており、カイドウはビックマムのことをリンリンと呼んでいます。 また、「仲良くいこうぜ、昔見たいに」、「でかい借りがあるだろう、カイドウ」とビックマムからカイドウとのなんらかの関係をほのめかすような発言が出ているのです。 このことから、以前から二人には夫婦説がありました。 そして、今回息子の存在が明らかになったことで、この二人の子供なのではないかという噂が広まったようです。 もしヤマトが四皇2人の子供だとしたら、とんでもないポテンシャルを秘めていそうですよね。 ヤマトは新キャラでまだ幼い? カイドウはヤマト捜索を飛び六胞に依頼していました。 その依頼を聞いた際、マリアは「それは手強い」と語っていましたし、おそらく下っ端たちでは連れ戻せないと判断したんでしょう。 つまりヤマトはそれなりの実力者なのではないかという事がまず考えられます。 またヤマトのことを「ぼっちゃん」と呼んでいたので、まだ年齢的にかなり幼いのではということも予想できますよね。 さすがに20歳くらいになっていたらぼっちゃん呼ばわりはしないと思います。 20年前の過去のシーンにはカイドウの息子は出ていなかったため、モモの助と同じくらいの年齢なのではないでしょうか? 実力者というより子供ですばしっこいため、探すの難しいのかもしれません。 ヤマトは新キャラである可能性が非常に高いと思われます。 そしてこの重大発表にはヤマトが関係していると、カイドウの口から語られていました。 ということはヤマトが逃げてしまった理由はこの重大発表にあると考えて、間違いないでしょう。 いったいこの重大発表とは何なんでしょうか? ヤマトはマムの政略結婚を拒否して逃げた? ビックマムは自分の娘たちを力のある家系の者たちと結婚させるという政略結婚を行って勢力を伸ばしてきました。 ホールケーキアイランド編ではヴィンスモーク家のサンジとプリンを結婚させようとしていましたしね。 カイドウと同盟を結ぶ上で、ヤマトとマムの娘を結婚させるという条件を出していてもおかしくないですよね。 ヤマトは勝手に結婚させられるのが嫌で行方をくらましたのかもしれません。 ヤマトは百獣海賊団の総督を拒否して逃げた? カイドウは重大発表について「じらすなんてカイドウ様らしくない」と言われたのに対して、「先に言うと混乱を招く」と言いました。 これは海賊団のメンバーが混乱するという意味にも考えられますよね。 メンバーを混乱させるような重大発表として思いつくのは、総督を息子に引き継ぐということかもしれません。 これを発表するのであれば、本人がいなければ締まりませんよね。 いきなり百獣海賊団をお前が指揮しろなんていわれたら、誰も逃げたくなると思います。 ただカイドウも身を引くほど老いているわけでもありませんし、いきなり総督の座を譲るというのはさすがに無理があるかな・・ 可能性として何か特別な地位や役職を与えるくらいであればあるかもしれませんね。 ヤマトがワノ国の将軍になるのを拒否して逃げた? ワノ国では現在、黒炭オロチが将軍の地位についていますよね。 オロチは実力があるわけではないですし、カイドウの協力やひぐらし・せみ丸の後ろ立てがあって将軍に上り詰めることができました。 ひぐらし、せみ丸はもういないですし、カイドウがオロチと手を組んでいるメリットももはやあまりない気がします。 もしかすると自分の息子であるヤマトがある程度の歳に成長したら、オロチに変わって将軍の座につかせようとしていたとも考えられますよね。 ヤマトは将軍になるのを拒否して失踪したという可能性は十分ありえると思います。 20年以上もワノ国でともにやってきたオロチをカイドウが裏切るのか注目ですね。 キングが[飛六胞]を集めた理由は カイドウの息子[ヤマト]の件で集めたと言う。 そして失踪した息子を連れ帰った暁には。 指名制で、[大看板への挑戦権]を 獲得出来ると言う。 カイドウの 構わねぇよな?に対し、ジャックと キングは、ええ全くと。 飛六胞VS 大看板。 燃える展開ですね — 天夜叉・ドフラミンゴ kurohige2507 今回はワンピースのヤマト正体は誰?ビックマムの娘との結婚が嫌で逃げた?と題して考察してきました。 ヤマトがワノ国でルフィ達とどのように関係してくることは気になりますよね。 既出の人物かもしれないという予想も挙がっていましたが、おそらく新キャラになると思われます。 もし、ビックマムの娘と本当に結婚することになれば、この海賊同盟のつながりもより強固なものになるでしょうし、真相が早く知りたいですよね。 とにかく彼の存在が明らかになってくるのは、重大発表のときでしょうから、その回が楽しみです。 ワンピースのヤマト正体は誰?ビックマムの娘との結婚が嫌で逃げた?.

次の

ワンピースのヤマトのモデルはヤマトタケル?ルフィ達の仲間になるのなるのか考察

ワノ国 ヤマト

984話 僕の聖書(バイブル)速報 前回のラストはルフィとヤマトの2ショット 今週のスタートは? 速報 🔥🔥 ONE PIECE CHAPTER 983 SPOILERS - THE COVER PAGE AND OTHER TWO PAGES 🔥🔥 -Follow this Account for more spoilers — Freddie-San🎯 FreddieSan2 最近気になる扉絵はローラ、シフォン姉妹と父パウンド うぬはお前達の父なのよ 解って貰えるのか? 984話 僕の聖書(バイブル) ページワンとうるティ ルフィと遭遇し戦いに発展 その後突如乱入したヤマトも加わり不覚をとった2人 先に起き上がったのはページワン どうやら顎が外れる程度で済んだ模様 そしてうるティの方も駆けつけた医療班を突き飛ばす程元気。 カイドウの部下達の話す通り 恐竜の能力者のタフネスは凄まじい。 ビジュアル以外は差別化が難しい能力ですが他のメンバーも手強そうですね。 そして2人の怒りの矛先はやはりヤマトとルフィ 一丁前にカイドウ様の雷鳴八卦を使いやがって お前のなんか雷鳴四卦だよ!! とは言いつつもなかなか被害甚大のうるティでした。 新鬼ヶ島計画 こちら ドクロドーム ライブフロア 磔台に固定されたボロボロのモモの助 いつまでこの酷い描写は続くのでしょうか? そんなモモをよそにオロチは光月家の真相を暴露。 死んだあの日!! 燃えるおでん城の中から!! 消えたのがコイツらだ!! どこに逃げた!? 未来だ!! 20年の時を越えあの日の姿のままコイツらは現代のワノ国に現れた!! おでんの妻トキは恨みを未来へ飛ばす魔女だったのだ!! それでもカイドウの部下達は信じられない様子 これが普通の反応? そして城内オロチのもとに集まってきたのはカイドウ以下大看板の キング、クイーン、ジャック 遅れているビッグマムの到着を待たずしてモモの助の処刑に加えて重大発表 聞け!! 新鬼ヶ島計画!!! ジンベエとロビン こちらすっかりカイドウ軍に溶け込んでいる2人 らしくない言動にコスチュームですが心配なのは囚われのモモの助 いつもは冷静なロビンも我慢出来ずに救出に向かおうとしますがこれを制するジンベエでした。 ヒョウ五郎らも上手く宴に溶け込んでいますが事態は一刻を争います。 ロー到着 こちらハート海賊団の潜水艇ポーラータング号 赤鞘の侍達とともに予定通り屋敷の裏口へと到着しました。 ここまでは順調。 鬼ヶ島周囲の潮流に苦戦し、浮上も難しそうですが打開したのはローお得意のジャンブルズ。 本当に使い勝手が良すぎる技! 浮上するや否や赤鞘達を連れて一気に屋敷の裏門へと侵入しました。 目の前には2つの入り口 どちらへ行くか迷っているとカットインしてきたのは マルコ、ネコマムシ そしてイゾウ イゾウお菊対面 元は花柳流家元。 舞踊の家元の兄弟として育った2人 菊の丞、イゾウ 父が罪人として捕まった為に一家離散 兄弟2人で踊って金を稼ぎ食を得ていましたがやはり厳しい。 そんな中、おでんのおでんを勝手に食べた事がきっかけで拾われおでんの家来となりました。 その後一悶着あり、イゾウは白ひげの船に乗船。 当初は白ひげを憎んでいましたが隊長を任される程に。 一方で菊はワノ国に残りおでんに仕える道を。 タイムスリップでとんだ事もあり年齢こそ違えど再び2人の対面 菊!立派な侍になったな 感動の対面 お兄様〜と感極まる菊でした。 イゾウの方が凛々しいですがやはり似ていますね! ヤマトとルフィ 前回はルフィを援護する一面を見せ、自身がカイドウの息子だと明かしたヤマト ルフィを抱えて退避するヤマトですがじっとしていられないのがルフィ。 人目を気にして場所を変えたがるヤマト 5秒で話せと急ぐルフィ どこまで行く気だ 知らねぇ奴にそんなに付き合ってられっか! 遂にはヤマトに対して大技を仕掛けます。 そんなルフィを見て 思い出すよ あいつとの戦いを と意味深なヤマトでした。 ヤマトとおでん 似てる?おでんが生きている? そんな声もありましたが、、 やはり関係が? こちら屋根裏へと移動し話すヤマトとルフィ 過去編の中でも盛り上がったおでんの処刑シーン 光月家を慕う者の間では伝説の1時間 そんな一面を見ていたのが当時のヤマトでした。 エースの面影 開幕当初はお玉との出会いの中でエースの名が出て来ました。 そしてヤマトにもエースに所縁が だから僕はこの国を開国するんだ!! 一緒に戦わせて欲しい!! 光月おでんは男だろ!? だから僕は男になった!! キミは本当に強いな!! 重大発表。 般若面の下は女の風貌ながらも自称男。 紹介でもカイドウの娘 自称光月おでんと書いてありました。 そしてルフィの兄エースの名 いろいろと面白くなりそう!! 次号休載です。 スポンサーリンク おさらいと展開予想 984話までのおさらいと展開予想。 間が空くのでゆっくりと更新していきます。 ヤマト問題 おでん回想編終了。 現代編開始となってから判明したカイドウの息子ヤマトぼっちゃん問題。 カイドウが飛び六胞を動員してまでもヤマト捜索を行なっていた事からも重要人物であることは言うまでもありません。 その前に嫁って誰?ってツッコミたいのはさて置き。 カイドウの考えとは裏腹に息子のヤマトは逃げたがっているのでは?と予想していました。 そして前回いきなりの登場! 仲間であるはずのうるティに攻撃を加え 部下から必死に逃げ回る姿からもカイドウの意に反する存在だと言えましょう。 では注目を掻っ攫ったヤマトの特徴を 臆病? まず違和感があったのが一人称 カイドウ実子ともあらば俺、俺様なんかがしっくりきますが、ヤマトは"僕"と呼んでいました。 気が弱い、臆病、控えめといったイメージを持ちます。 技 こちらは父カイドウと同じく金棒を振り回す戦闘スタイル 十八番である雷鳴八卦もしっかりと継承しており親子であることをより納得させるシーンでした。 大きさ ルフィ、うるティ、他の部下と対比すると明らかにデカいその体格 巨人族とまではいかないまでも父カイドウの特徴を引き継いでいますね。 それ故に単純に力が強そう。 般若の面 これが素顔?では無さそうな気がします。 おそらく面でしょうか? インパクトある般若、夜叉の面を被っている理由はやはり正体を隠す為? 余計目立っているような ルフィを待ってた? これからの展開をさらに面白くしそうなヤマトの重大発言。 ただ単にカイドウから逃げ出したいが為に争いの機会を作ったルフィを待ってたってパターンもありますが、、 その正体がすでに登場しているキャラなんかでしたら驚きですね! 舞台がワノ国なだけに核心に迫る様なサプライズを期待しましょう。 ヤマトからの不意の一撃で一旦は退場という形にはなりましたがルフィともある程度渡り合っていたところを見ると流石は飛び六胞。 なかなかの実力の持ち主。 しかしこれで終わりとなっては勿体ないですね。 ドンキホーテファミリーなどと比べると特色が薄い様に感じる百獣海賊団のメンバーの中でようやくヒットしそうなキャラとなっているだけにまだまだ引っ張れそう! ルフィと再戦が実現するかは怪しいですが個人的にはサンジなんかとの絡みも見てみたいです。

次の

【ワンピース】ヤマトとエースの関係を考察!友達って噂は本当?

ワノ国 ヤマト

Contents• ヤマト登場で速報!ルフィの前に現れる! の速報です! 遂にカイドウの息子ヤマトが登場するとのこと! ヤマトはどんな人物なのか、色々とお伝えしていきますね! まずヤマトがどういう状況で現れたかというと、ウルティとページワンVSルフィの現場になんと自ら姿を現すというのです! ただ、その顔は般若の面で隠しているということ…。 ではなぜヤマトだと判別できるのかというと、ヤマト自身の身長がカイドウ並みに大きいからでした! 5mほどはあるとのことで、それじゃどこにいてもわかっちゃいますね! でも『ワンピース』の世界は様々な身長のキャラがいるから一概にそうとも言えないか…。 それはともかく、別で判明しているのは、特殊な方法で会話することができると。 もしかしたらナンバーズのように人語を話すことができず、逆に心に語り掛けるような言葉を身につけているのかもしれません! そしてルフィは、モモの助や光月おでん、ロジャーと同様に不思議な声を聴く力に長けていますね。 今までルフィが聞いた声は相手が巨大すぎるが故に声が大きすぎて聞き取ることすらできませんでしたが、巨人族以下のサイズであるヤマトならば、コミュニケーションが取れる、あるいはこれまでの修行で話ができるようになっているのかも?? 素顔が気になりますが、何故般若の面をしているのか、いろんな気になる点ばかりのヤマトです! スポンサードリンク ヤマト登場で速報!ルフィを待っていた理由がヤバい! カイドウのもとから何らかの理由で失踪中だったヤマト。 しかしルフィの前には自ら姿を現すのでした。 その理由としてにて言葉を告げたのが下記の内容!• 自身がカイドウの息子であること• ルフィを待っていたこと• 一緒に脱出するという意思 なんと敵側のキャラからこんな意外な提案をルフィはされることに! 疾走するくらいですからカイドウ側に何らかの問題があったとしか思えないのですが、その理由の一つがルフィを待っていたとは…。 ただ、何故ルフィを待っていたのかはまだ不明。 ヤマトはもしかして、ジョイボーイなどの存在を知っていて、そして理解していて、これまでのルフィの活動なども把握しているかもしれません。 そしてルフィをジョイボーイの再来だと思っているのかも??? コビーやバルトロメオのようにルフィに憧れていたのかもしれませんしね。 そういえばこのワノ国の過去編には元バリバリの実の能力者「黒炭せみ丸」が居ましたね、すでにバルトロメオに能力が渡っていることから亡くなっているのは確実なのですが、バルトロメオ自身はワノ国には来れないため、代わりのルフィを慕うキャラを新たに出した?? なんてことではないとは思うのですが…。 スポンサードリンク ヤマト登場で速報!ヤマトはおでんを尊敬している? ヤマトが登場したことで非常に面白い点が一つ。 それは、ヤマトの服装がどうもおでんをシンパシーしているというかモチーフにしているというか、非常に似ている部分が多いんですね。 おでんが着ていたような着物の服装• おでんが身に付けていたような仁王襷 これだけでも十分、ヤマトが光月おでんに何か憧れを抱いているのかとも感じるのですが、もう一つ。 それは、手に手錠をしているのです。 もし、20年前の光月おでん伝説の一時間の際に幼いヤマトがあの場にいたとして、光月おでんの最期の生き様を目に焼き付け、こんなに人々のことを想う将軍がいたとは…!!と心底惚れ込んでしまったとしたら! その人のようになりたくて、同じような髪形をしたり、同じような服装をしたり、というのは誰もがやったことがあるのではないでしょうか。 もしかしたらヤマトも幼いながらにあの日のことを鮮明に覚えていて、光月おでんのようになりたいと思い、せめて服装を真似しているのかもしれません! スポンサードリンク ヤマト登場で速報!ルフィと共闘しカイドウを倒す展開か? ヤマトがルフィを待っていたという事実、非常に気になりますね。 ヤマトが光月おでんをリスペクトしているのではという考察を先にしましたが、もしヤマトが光月おでんの生まれ変わりだったとしたらどうでしょうか。 生まれ変わりではなかったとしても突然光月おでんの魂が乗り移ったとか…。 ワノ国をどうしても開国したいという願いを叶えるために、光月おでんの魂を受け継ぎ、生まれ変わりとして生まれたヤマトが、このワノ国決戦でルフィと共闘する、という背景がもしあるならば可能性はなくはありません! もし光月おでんの生まれ変わりなら、ジョイボーイの再来を待っているという展開もありですよね。 光月おでんはロジャーとの冒険を共に旅した仲間なのですから。 そして、カイドウやオロチを倒したいという思いもあるはずですから、もし生まれ変わりなら、カイドウへ反抗したいというのもうなずけます。 ほぼほぼ妄想ベースですが、こんな展開はどうかというものをまとめました! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の