妊婦 鉄分。 【産婦人科医監修】妊娠中に必要な鉄分とは?おすすめメニューと摂取方法|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

医療法人双鳳会・山王クリニック

妊婦 鉄分

ほうれん草のおひたしにレモン汁• ひじきの梅ごま煮• 野菜南蛮 妊娠中、鉄分の補助食品を取り入れてもよい? 妊娠中に鉄分入りのお菓子や飲み物、サプリメントなどの補助食品で補うのはよいのでしょうか。 お菓子 かりんとうは、ミネラルが豊富で鉄分も含まれているので妊娠中にお菓子が食べたくなったときにはかりんとうを選ぶとよいでしょう。 今は、鉄分が多く含まれているクッキーやウエハースなどのお菓子も販売されています。 お菓子は糖分や脂分が多いため、食べすぎると体重が増加して妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群になるかもしれないので食べすぎないように注意が必要です。 飲み物 カカオのなかには鉄分やマグネシウムが含まれているものもあります。 純ココアは糖分が入っていなくて鉄分も多いのでココアを選ぶときは、純ココアのものを選びましょう。 鉄分入りの飲むヨーグルトは吸収率は高くないですが、手軽に鉄分を補えるのでおすすめです。 つわりがひどくて食事が摂れないときは、鉄分入りのゼリーを取り入れてもよいかもしれません。 ココアにはカフェインが含まれているため、たくさん飲むのは控えましょう。 サプリメント 妊婦さんは鉄分を積極的に摂ることが大事です。 必要な鉄分量を食事で摂取するのが難しいときはサプリメントで補うことができます。 しかし、食事とサプリメントを併用するときは、鉄分の上限摂取量が超えてしまう場合があるため、自己判断で摂取せずに医師に相談することが大事です。 またサプリメントは人によって便秘や下痢を引き起こす場合があるので身体に合わないときには飲むのをやめましょう。 妊娠中は鉄分補給の仕方が重要 iStock. 鉄分にもヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があり、ヘム鉄はそのまま吸収されやすいですが、非ヘム鉄は吸収されにくいため、鉄分をビタミンCやタンパク質、クエン酸などと併せて摂取することで吸収率がアップします。 鉄分補給の仕方が重要です。 つわりの症状がひどく食事が十分に摂れないときは、鉄分が含まれているお菓子やサプリメント、飲み物などを取り入れて鉄分を補うこともできますが、鉄分を摂りすぎると下痢や嘔吐を起こしたり、さまざまな臓器に影響を及ぼすこともあるので、サプリメントなどを飲むときは医師に相談しましょう。 監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック).

次の

妊娠中の貧血の原因と対策は?胎児への影響はある?

妊婦 鉄分

妊娠すると、循環血液量が非妊娠時に比べ増加します。 赤血球などの血球成分がそのままの状態で血液中の水分が増え、血が薄まった状態になる「水血症」になることがあります。 水血症は妊娠を維持するために必要な身体の変化ですが、貧血の症状を引き起こす場合があります。 水血症や胎児に送る栄養が増えることなどが引き金となり、鉄が不足して貧血になることを「鉄欠乏症貧血」と言います。 3割から5割にあたる妊婦が経験するといわれており、妊娠中の貧血のほとんどを占めます。 貧血の代表的な症状としては、立ちくらみ・めまい・動悸・息苦しさを感じるなどがあります。 立ち上がるのが困難になる・倒れるといった入院が必要になるケースもあれば、なかには症状がない人もいます。 妊娠すれば症状や程度は人それぞれでも、貧血の症状に悩むといっても過言ではないかもしれません。 上手に対処していきたいですね。 なお、妊娠中の貧血は「鉄欠乏症貧血」が多いですが、鉄不足以外の原因で貧血になる人もいます。 原因に応じた対応が必要になるので、病院で診断してもらうと安心ですよ。 一般的な貧血検査では、血液を調べることでヘモグロビン濃度を確認し、貧血の有無を判断します。 ただし、妊娠性貧血の場合には、鉄分の欠乏による貧血症状ではない場合もあるため、ヘモグロビンとヘマトクリットの数値を確認します。 妊娠性貧血の診断基準は、Hb(ヘモグロビン値)が11. 0未満、またはHt(ヘマトクリット値)33%未満が目安となります。 健常な一般女性のHb値は、12~15ほどで、13前後が一般的です。 重症度の分類としては、軽症はHb11. 0未満~10. 0、中等度がHb10. 0未満~9. 0、重症がHb9. 0未満となります。 鉄分不足による貧血の場合には、鉄分を含んだ注射や点滴を用いた治療が行われることもあります。 レバーやひじき、ホウレンソウなど、鉄分を多く含むものを食べることも大切ですが、人間の身体への吸収率は10%程度です。 1日に身体からおよそ1mgの鉄が排出されるため、これを補うためには毎日10mgの鉄分を摂取する必要があります。 さらに妊娠時は倍以上の鉄分が必要となります。 鉄分だけではなく、鉄分の吸収を促進する食材も摂る必要があります。 血液を作るために必要な栄養素にはビタミンB12・葉酸・ビタミンB6があります。 ビタミンB12は「赤いビタミン」とも呼ばれ、レバー・肉類・卵・牛乳などに多く含まれています。 これらの食品を日常的に摂取していれば不足することはないでしょう。 ビタミンB群のひとつである葉酸は、レバー・貝類・キャベツ・パセリ・ニンジン・トマトなどの野菜類、バナナやメロンなどの果物類に多く含まれています。 ヘモグロビン生成に欠かせないビタミンB6は、ホウレンソウ・ピーナッツ・大豆・バナナなどに含まれています。

次の

妊婦が鉄分を摂取できる飲み物・食べ物。妊娠貧血の予防と対策

妊婦 鉄分

1993年東邦大学医学部卒業。 2001年同大学院医学研究科卒業後、東邦大学医学部助手、東邦大学医療センター大橋病院講師を経て、2010年より医療法人晧慈会浅川産婦人科へ。 東邦大学医療センター大橋病院客... 多くの妊婦さんを悩ませる貧血。 妊婦健診で貧血と診断されると、症状によっては鉄剤という薬が処方されることがあります。 貧血は悪化してしまうと、妊婦さんだけでなく赤ちゃんにも影響が出ることがあるので、早めに治したいと思う一方で、妊娠中の薬の服用に抵抗を感じる人もいるのではないでしょうか。 今回は妊娠中に服用する鉄剤の効果や副作用、鉄剤以外での鉄分補給方法などをご紹介します。 妊婦は貧血になりやすいの? 妊娠すると、摂取した栄養素はお腹の中の赤ちゃんに送られ、発育のために使われます。 妊娠初期はつわりで食べ物が食べられなくなることが多く、栄養が不足して貧血になりやすい時期なので注意が必要です。 関連記事 妊婦の貧血に使われる鉄剤の効果は?副作用は? 厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、1日に推奨されている鉄の摂取量は18〜29歳の女性で6. 0g、30〜49歳の女性で6. 5gです。 0gの摂取が推奨されています。 普段の食事では必要な分の鉄分が不足していると医師が判断した場合、鉄剤が処方されることがあります。 鉄剤は、貧血などに用いられる鉄分を補給するための薬です。 鉄剤を服用すると、体で吸収しきれなかった鉄分が便として排出されるため、便が黒く固くなり、便秘になることがあるのです。 鉄剤の服用により便秘が起こった場合は、しっかり水分補給を行うか、医師に下剤を処方してもらい対処します。 嘔吐は、鉄剤の種類を変えると治まることがあるので、医師に相談してみましょう。 その場合、定期的に病院に通って注射を打ってもらう必要があります。 関連記事 妊婦が鉄剤を服用すると問題があるの? 赤ちゃんへの影響を心配して、妊娠中に薬を飲むことに抵抗を感じる人もいるかもしれません。 しかし、産婦人科の医師が鉄剤を処方したということは、「鉄剤を使用した方がリスクを減らせる」と判断したということなので、自己判断で鉄剤の服用を中止するのは控えるようにしましょう。 処方された鉄剤の服用を勝手にやめて、貧血がひどくなってしまうと、赤ちゃんに十分な酸素や鉄分を届けられず、早産や胎児発育不全になる恐れがあります。 妊娠中に薬を服用することに不安や疑問を感じるときは、遠慮せず医師に相談してみましょう。 自分が納得できる形で妊娠中の貧血対策法を見つけることが大切です。 妊婦が鉄剤の使用以外でできる貧血対策は? 妊娠中の貧血対策法として、鉄剤の使用以外にも、食べ物を通しての鉄分補給があります。 鉄分が不足しがちな妊娠中は、鉄分を豊富に含んだ食べ物を積極的に摂取していきましょう。 ビタミンCを豊富に含んだレモンやピーマン、たんぱく質を豊富に含んだ乳製品や卵、銅を豊富に含んだしゃこや桜エビを意識的に食べるようにするのもいいですね。 豚レバーや鶏レバーも鉄分を多く含む代表的な食品ですが、妊娠中は控えるようにしましょう。 胎児の成長をサポートする葉酸も貧血対策に効果的です。 また、睡眠をしっかりとって、規則正しい生活を送ることも貧血予防につながるので、生活習慣を見直すことも大切ですよ。 関連記事 鉄剤と上手に付き合って妊娠中の貧血を乗り越えよう 妊娠中の貧血を防ぐためには、しっかりと鉄分を摂ることが大切ですが、食べ物だけで推奨量を摂取するのは難しいかもしれません。 また、偏った食事になってしまっても、体重が増えてしまったり、栄養が偏ったりする恐れもあります。 医師から鉄剤を処方されたときは、用法・用量を守って正しく飲むようにしてください。 胎児への鉄剤の影響が心配なときは、医師や薬剤師に相談し、薬の効果やリスクについてきちんと説明してもらいましょう。 また、副作用が強いときも医師にきちんと伝え、対処してもらうことが大切です。 妊娠中の貧血対策のために、赤ちゃんと自分のためにできることを実践して、健康的なマタニティライフを送れるといいですね。

次の