ザ チェイン スモーカー ズ。 【洋楽】チェインスモーカーズの魅力!おすすめ人気曲ランキング

THE CHAINSMOKERS(ザ・チェインスモーカーズ)の人気曲ランキングTOP10

ザ チェイン スモーカー ズ

『ENGLISH BELOW』 今回のカバー曲はザ・チェインスモーカーズの『Something Just Like This』です。 We'd love to hear from our friends around the world! ホームセッションズへの参加、コラボに興味がある方はコチラのフォームから応募してください。 com 【プロフィール】ケイラーサムエル 日本とアメリカのハーフである、ケイラーサムエル Samuel Kaylor による、アーティスト支援を兼ねた音楽番組。 アメリカのレーベルに勤めた経験もあり、マネージメントに 所属しなければ、アーティストが陽の目を浴びる事が困難で ある日本の現状に矛盾を感じ、音楽活動の新たな形を提示 し、環境に左右されないアーティスト活動を支援する番組と して2013年からチャンネルをスタート。 音楽の根幹である、人々が集えば音楽が奏でられるセッショ ンを番組にテーマに置き、オリジナル曲、カバー曲の演奏を 毎週土曜日に公開している。 現在では、メジャー、アマチュア問わず、様々な形で活躍す るアーティストが集うチャンネルとして注目を集めている。 現在は関東を拠点に活動し2015年から、サム自身もプロ デューサー兼シンガーとしてHome Sessionsに登場。 11月に 行われたYouTube FanFestでは、Home Sessionsのメンバー の一員として、その歌声を披露した。 【Profile】Home Sessions ・Samuel Kaylor Home Sessions is a musical program that supports talented Singer Song Writers and Artists run by Samuel Kaylor, who is half American and half Japanese. Samuel Sam has a history of working at an American record company. Home Sessions was launched with the vision and goal to help singer-songwriters, and artists, find an outlet for their creative ideas, and passion for music. To help create a community of people who love music, support each other, and always pursue the best. Now it is becoming more and more popular as a channel that features both major and amateur artists who express music in different categories. As of right now, the channel is based in Kanto area. Sam is the founder of Home Sessions as well as a producer, and artist. in 2015, Home Sessions performed In the YouTube FanFest Japan 2015 and captivated many audiences. Home Sessions hope is to continue to grow, and share love and music to the people around the world.

次の

【ザ・チェインスモーカーズ】Who Do You Loveの和訳|歌詞の意味が悩ましい!

ザ チェイン スモーカー ズ

同曲の大ヒットで一躍トップアーティストの仲間入りを果たしたのが、今回紹介するアメリカのDJデュオ、 ザ・チェインスモーカーズです。 彼らは アンドリュー・タガートと アレックス・ポールの2人によるユニットで、結成は2012年。 サウンド面ではEDM〜キレイめのプログレッシブ路線を基調としながら、最近ではトラップ系のディープなトラックもリリースするなど音楽性が広がっています。 DJとしては「Tomorrowland」や「Ultra Music Festival」「Electric Daisy Carnival」「Coachella」といった大型フェスに軒並み出演。 またラスベガスの超人気クラブHakkasanのレジデントに選ばれるなど、世界中で大活躍。 今年は8月20日&21日に東京&大阪で開催される「SUMMER SONIC 2016」に出演が決定しており、さらに来日直前の8月10日には日本限定盤『ザ・チェインスモーカーズージャパン・スペシャル・エディション』をリリース。 Daya 1998年生まれのフィメールシンガー、ダヤをフィーチャーし今年2月にリリースされたシングル。 これまでの彼らにはないトラップ路線のサウンドで、サビが中毒性たっぷりです。 世界各国のダンス系チャートでトップ10入りはもちろん、7月に入りついにBillboardの総合チャートの3位に上り詰めるなど、現在進行形で世界を席巻中。 The Chainsmokers — SELFIE エレクトロ・ハウスサウンドにセルフィー(=自撮り)を楽しむ女性2人の会話を乗せたおバカな楽曲で、2014年の一大アンセムに。 無料公開された後スティーヴ・アオキのレーベルDim Makからリリースされたこともあってか、ミュージックビデオにはアオキをはじめAトラックやスヌープ・ドッグといった大物アーティストがカメオ出演。 YouTubeでの再生回数は4億回を超えるなど、彼らを象徴する大ヒット曲です。 The Chainsmokers — Roses ft. Rozes 歌手のロゼスをフィーチャーしたバラード路線のEDM。 スローテンポなトラックがロゼスの歌声を引き立てていて哀愁たっぷり、ドリーミーでアンニュイな仕上がりです。 2015年にリリースされ世界中でヒットし、とりわけアメリカではトリプルプラチナを達成。 今年発表された『Billboard Music Awards』のトップ・ダンス・ソング賞にノミネートされました。 「Coachella」の自身のステージではロゼスが登場したことも大きな話題に。 チェインスモーカーズの2人がティエストを拉致・殺害し、復讐されるという過激な内容のミュージックビデオも必見です。 The Chainsmokers — Kanye ft. SirenXXのキュートな歌声が際立つ、ヴィヴィッドでアップリフティングなプログレッシブハウスです。 この曲はBillboardのダンス/エレクトロニックチャートで14位にランクイン。 今年の「EDC」や「Ultra Music Festival」のステージでもプレイしていましたね。 The Chainsmokers — Let You Go ft. Great Good Fine Ok NYのブルックリン出身のシンセポップユニット:グレート・グッド・ファイン・オーケーとコラボした美メロ系プログレッシブハウス。 彼らの創作活動の原点が味わえる一曲です。 The Chainsmokers, Tritonal — Until You Were Gone ft. Emily Warren アメリカはテキサスのDJデュオ:トリトナールとNYの歌手エミリー・ウォーレンとコラボした楽曲がこちら。 美メロで有名なトリトナールとのコラボということもあり、キレイめで高揚感に満ちたプログレッシブハウスに仕上がっています。 チェインスモーカーズ自身のセットでもヘヴィプレイしていて野外フェスとの相性もバッチリです。 The Chainsmokers — Waterbed ファーストEP「Bouquet」に収録された歌モノトラックで、LAで活動するインディー・ポップデュオ:ウォーターベッドが参加。 フューチャーベースっぽいキラキラしたシンセリフが癖になるエレクトロ・ポップです。 フィルター加工されたボーカルは浮遊感たっぷりで中毒性アリ。 2015年にリリースされBillboardのダンス/エレクトロニックチャートでは36位になりました。 The Chainsmokers — Inside Out ft. 6月に開催された「EDC」のメインステージでもスピンしていましたが、サビの高揚感はフェス映え確実なので来日時もぜひプレイしてほしい一曲です。 The Chainsmokers — New York City 最後に紹介するのは、2015年にリリースされた5曲入りファーストEP「Bouquet」に収録された一曲。 facebook. php on line 6 0.

次の

【Closerの和訳・解説】ザ・チェインスモーカーズ:オントマ

ザ チェイン スモーカー ズ

『ENGLISH BELOW』 今回のカバー曲はザ・チェインスモーカーズの『Something Just Like This』です。 We'd love to hear from our friends around the world! ホームセッションズへの参加、コラボに興味がある方はコチラのフォームから応募してください。 com 【プロフィール】ケイラーサムエル 日本とアメリカのハーフである、ケイラーサムエル Samuel Kaylor による、アーティスト支援を兼ねた音楽番組。 アメリカのレーベルに勤めた経験もあり、マネージメントに 所属しなければ、アーティストが陽の目を浴びる事が困難で ある日本の現状に矛盾を感じ、音楽活動の新たな形を提示 し、環境に左右されないアーティスト活動を支援する番組と して2013年からチャンネルをスタート。 音楽の根幹である、人々が集えば音楽が奏でられるセッショ ンを番組にテーマに置き、オリジナル曲、カバー曲の演奏を 毎週土曜日に公開している。 現在では、メジャー、アマチュア問わず、様々な形で活躍す るアーティストが集うチャンネルとして注目を集めている。 現在は関東を拠点に活動し2015年から、サム自身もプロ デューサー兼シンガーとしてHome Sessionsに登場。 11月に 行われたYouTube FanFestでは、Home Sessionsのメンバー の一員として、その歌声を披露した。 【Profile】Home Sessions ・Samuel Kaylor Home Sessions is a musical program that supports talented Singer Song Writers and Artists run by Samuel Kaylor, who is half American and half Japanese. Samuel Sam has a history of working at an American record company. Home Sessions was launched with the vision and goal to help singer-songwriters, and artists, find an outlet for their creative ideas, and passion for music. To help create a community of people who love music, support each other, and always pursue the best. Now it is becoming more and more popular as a channel that features both major and amateur artists who express music in different categories. As of right now, the channel is based in Kanto area. Sam is the founder of Home Sessions as well as a producer, and artist. in 2015, Home Sessions performed In the YouTube FanFest Japan 2015 and captivated many audiences. Home Sessions hope is to continue to grow, and share love and music to the people around the world.

次の