トイレ 重曹 酢。 トイレつまりは『重曹とお湯で溶かして直す』誰でもできる簡単な修理方法!

トイレつまりを重曹で解消する方法

トイレ 重曹 酢

トイレのつまりは重曹とクエン酸で解消されるのか? 重曹は洗剤変わりなどで使うというお話をよく聞くと思います。 また消臭剤としても効果が高いというお話を聞いたことがあると思います。 しかし、トイレのつまりというと、汚れではありませんよね。 なのになぜ重曹がトイレの詰まりを解消できると言われているのでしょうか? 実は、重曹だけではトイレのつまりを直すことはできません。 重曹に加えてクエン酸が必要になります。 重曹はもともと弱アルカリ性の性質です。 そして、クエン酸は弱酸性の性質を持っています。 実は、この2つの成分を混ぜると二酸化炭素の泡が発生します。 この二酸化炭素がトイレのつまりの原因を分解して、溶けやすくし、詰まりを解消するという作用があります。 そのような事から、重曹にクエン酸を加えることで、トイレの詰まりが解消できるという訳です。 しかし、全てのトイレの詰まりに重曹とクエン酸が有効なわけではありません。 ではどんなトイレのつまりに、重曹が有効なのか?また、重曹がでは効かないつまりは何なのか?についてお伝えします。 トイレのつまりを重曹とクエン酸を使って解消する方法 まず次の動画をご覧ください。 重曹とお酢(クエン酸の変わり)を使ったトイレのつまりの解消法についてお伝えされています。 結果どうなったかまでは解説されていないものの、作業方法が分かるので参考までにご覧ください。 【用意するもの】• 重曹 150グラム(約計量カップ4分の1)• お湯 50度程度、便器の半分ほどの量• クエン酸• 灯油ポンプ• バケツ(あると便利です) ここで注意することは、お湯の温度です。 熱湯にすると、便器にヒビ割れが発生する可能性があるからです。 また、作業中に二酸化炭素が発生するため、換気扇をつけたり窓を開けるなど、換気の良い状態で作業してください。 【作業1 便器内の水を少なくする】 よくあるのは、便器の3分の1くらいまで水が埋まっている便器がありますよね。 そのタイプの便器の場合は、灯油ポンプなどを使って、ある程度水を取り除きましょう。 なぜかというと、水の量が多いと、つまっている物体の位置まで、重曹+お酢の成分を行きわたらせにくいからです。 【作業2 重曹とお酢を入れる】 最初に重曹を入れてから、お酢をいれます。 重曹が先でないと、十分な効果が得られない可能性があるので、先に重曹を入れるようにしましょう。 【作業3 ぬるま湯を入れる】 重曹とお酢を入れた後に、ぬるま湯を入れます。 すると泡立ってきます。 ぬるま湯は便器の半分ぐらいまで入れるとよいでしょう。 【作業4 約60分間放置する】 作業3が終わったら、60分ほど待ちましょう。 【作業5 水をゆくっ繰り入れてみる】 60分まったら、バケツに水を入れます。 水を入れたバケツをトイレに持っていき、便器の中にゆーっくりと注ぎます。 これで、水が流れ、元の状態まで戻ると便器のつまりは解消されています。 どんなトイレのつまりに重曹とクエン酸が有効なのか? 重曹+クエン酸が有効のつまり 先ほどお伝えしたように、重曹とクエン酸を混ぜ合わせると、二酸化炭素が発生します。 つまり、二酸化炭素が発生する事で溶ける詰まりに対して有効であるというわけです。 具体的にどんなつまりに有効なのかというと、主に次の2つです。 トイレットペーパー• 排泄物 この2つのつまりに対しては、比較的有効です。 そのことから、詰まりの原因が、トイレットペーパーやティッシュペーパーとわかっている場合や、原因が分からないけど急に詰まった場合には試してみる価値があると思います。 パターン2:重曹とクエン酸では解決しないつまり 重曹では解決しないつまりというは、具体的には固形物などには効果が得られません。 例えば、• スマートフォン• 腕時計• 掃除用具• 消臭剤・芳香剤• オムツ• 生理用品• ペットシーツ 上記のようなものに対しては、重曹とお酢では効果が得られません。 オムツや生理用品などは、トイレットペーパーに近いので、溶けるのでは?と思われがちです。 しかし、オムツや生理用品は水を含むと膨らむ性質を思っています。 そのため、重曹とクエン酸を使ったぐらいでは溶けてはくれません。 重曹を使ってトイレの詰まりを解消できるのは、トイレットペーパーと排泄物の2点ほどだという事を念頭に置いておくと良いでしょう。 ちなみに、固形物を落としてしまって、自分ではどうしようもない位置で詰まらせてしまった場合、すぐさま業者さんを呼ぶようにしましょう。 オムツや生理用品など、溶かしにくい詰まりを解消するには、薬品を使うと効果的です。 そんな時は、次の記事を参考にしてみてください。 トイレの詰まりがどうしても直らない場合 上記のト解消法を試しても、トイレの詰まりが解消されない場合は、プロに依頼する事をお勧めします。 無理やり詰まりを直そうとしてしまって、更に悪化させてしまったという事例も少なくありません。 プロに依頼する場合は、無料で見積もりが取れて、出張費が掛からない業者さんに依頼するのが良いでしょう。 こちらの業者さんは、見積もりも出張費も無料で、土日祝日も対応しており、全国対応しているので、おススメです。 直してもらうかどうかは別として、ひとまず相談だけしてみるというのも一つの手ですよ。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回、トイレが詰まってしまって困っている人の為に、重曹でトイレのつまりを直す方法 という事についてお話しました。 トイレのつまりを解決するには、まずは、重曹とおクエン酸を用意して、二酸化炭素ガスの泡でつまりの原因を溶かしましょう! ただし水に溶ける性質のものにしか効果はありません!そして、固形物の場合は業者さんにお願いすることをお勧めします。 また、この方法は日頃のお掃除にも使えるのでつまりの予防にもなりますよ。 トイレが詰まってしまった方は、是非試してみて下さいね。 今回の記事を参考にしてみて下さい。

次の

トイレの匂いは重曹でとれ!!安くて簡単に匂いをなくす方法とは? | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

トイレ 重曹 酢

毎日のように利用しているトイレがつまりを起こしてしまったら、はやく解決しなければ日常生活を送ることもままなりません。 そんなときは、多くのご家庭にある重曹とクエン酸を活用して、迅速につまりを解消しましょう。 どちらも体に優しい物質なので、お子さんやペットのいるご家庭でも安心して使用できますね。 重曹とクエン酸を合わせて、お湯で反応させると炭酸ガスが発生します。 トイレのつまりの原因が、たとえば大量に流したトイレットペーパーであるなら、この泡によってほぐされて溶けやすくなり、つまりが解消されるのです。 一方で、つまりの原因によっては自力での解決が困難なケースもあります。 もし自力では解決できなさそうだと感じたら、トイレつまり解消のプロに力を貸してもらいましょう。 無理に自力で修理しようとすると、別の場所まで故障させてしまうかもしれませんよ。 トイレつまりに重曹とクエン酸が効果的な理由 そもそもなぜ重曹とクエン酸の組み合わせが、トイレのつまり解消に効果的であるといわれているのでしょうか。 簡単にいえば、アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸を混ぜ合わせて発生する炭酸ガス(二酸化炭素)が、つまりの原因を解きほぐしてくれるためです。 弱アルカリ性の重曹は、トイレに発生しやすい黒ずみやぬめりなど酸性の汚れを中和して落とす効果があります。 また、消臭効果もあるため、トイレのアンモニア臭を取り除く消臭剤としても利用されているのです。 一方のクエン酸は名前の通り酸性で、水あかや尿石などアルカリ性の汚れを落としてくれます。 そのため、このふたつを混ぜ合わせることで、トイレのさまざまな汚れに効力を発揮する、オリジナルの洗剤を作ることもできるのです。 さらに、このふたつの物質が活躍するのは、日常的な掃除の場面に限りません。 トイレがつまったときには両方を便器に投入し、さらにお湯を加えることで、つまりを取り除く炭酸ガスの泡が発生するのです。 炭酸ガスは、一度に大量に流したトイレットペーパー、排水管に蓄積した排せつ物や尿石など、つまりの原因となる物質の分解を助けてくれます。 泡立ってからしばらく放置することで、つまりの原因が徐々に解きほぐされ、流れやすくなるのです。 重曹とクエン酸(お酢)を使った解消方法 ここからは、重曹とクエン酸を使ったつまり解消の手順を説明していきます。 なお、クエン酸が手元にない場合は、同じく酸性であるお酢で代用することも可能です。 事前準備 作業をおこなう前に、まずはトイレの給水管の止水栓を締めておきましょう。 つまっている状態のトイレでうっかり水を流してしまうと、あふれ出してきて状況が悪化してしまいます。 また、作業のなかで便器にお湯を加えることになるので、たまっている水は灯油ポンプとバケツなどでくみ出しておきましょう。 ふだん温水洗浄便座を利用しているという方は、コンセントから電源コードを抜いておいてください。 うっかり濡れてしまったときの感電や、便座からの漏水による漏電といったトラブルを予防することができます。 つまり解消の手順 準備が済んだらさっそく作業をはじめましょう。 必要なのは以下の道具です。 あまりに高温だと便器が割れてしまうこともあり、最悪の場合には便器の交換という事態にもなりかねません。 必ず40~50度ほどであることを確認してください。 つまりの解消は以下の手順でおこないます。 炭酸ガスの洗浄効果を長持ちさせるために、必ず「1:重曹・2:クエン酸(お酢)・3:お湯」という順番で投入してください。 手順1. 重曹を入れる 手順2. クエン酸(お酢)を入れる 手順3. お湯を入れる 手順4. つまりが溶けるまで待ち、水を流す 重曹とクエン酸が反応し、便器のなかで泡立ちはじめたらお湯を注ぎ入れていきます。 その後、つまりの原因が溶けるまでそのまま1時間ほど放置してください。 泡が落ち着いたところで、止水栓を開けて軽く水を流してみましょう。 溢れることなく、水がスムーズに流れてくれれば成功です。 仕上げにラバーカップを使おう! スッポンと呼ばれることも多い掃除道具のラバーカップも、トイレのつまり解消に使うアイテムです。 もしラバーカップをお持ちなら、つまり解消の仕上げとして使ってみることをおすすめします。 重曹とクエン酸を投入して1時間ほどたったあと、水を流さずにラバーカップを数回使ってみましょう。 つまりの原因がさらに解きほぐされ、よりスムーズに水が流れるようになるはずです。 ラバーカップの特徴や正しい使用方法については、以下の記事で詳しくまとめています。 毎日のように手にする道具ではないので使い方を忘れがちですが、いざというときに正しく活用するためにも、ぜひ一度ご覧ください。 突然トイレがつまってしまったら、とても困ってしまいますよね。 そんな厄介なトイレつまりは、できるだけ早く解消したいものです。 しかし、突然起こってしまうトイレつまりは、... トイレつまりに重曹を使う前に知っておきたい!トイレつまりの原因 トイレットペーパーのような水に溶けるものが原因でつまっている場合は、重曹とクエン酸の力で解消することもできます。 しかし、トイレつまりの原因によっては、解消できないこともあるのです。 そこで、正しい方法でトイレつまりを解消するためにも、重曹を使う前にトイレがつまる原因として多い4つを知っておきましょう。 つまりの原因によっては、自力での解決は難しく、業者の力が必要なケースもあります。 トイレに流せない異物を流したこと トイレに流せるものは、基本的に水に溶けるものに限られます。 そのため、水に溶けるトイレットペーパー以外の異物を流してしまうと、トイレつまりの原因となりやすいようです。 以下のような「流しても問題なさそうなもの」であっても、流さないようにしましょう。 ・ティッシュ ・ペットのトイレ用の砂 ・紙おむつ ・小さな固形物(スマホなど) もしこれらのものが原因でトイレがつまった場合、重曹とクエン酸での解消は難しいです。 無理に自分で解決しようとはせず、一度業者に確認してもらうことをおすすめします。 異物がトイレの奥まで入ってしまえば、便器を取り外しての大掛かりな工事が必要になることもあるようです。 トイレットペーパーを大量に流すこと 水に溶けるトイレットペーパーであっても、一度に大量に流してしまえば、つまりの原因となります。 トイレで一度に流せる量には限界があるため、あまりにも多い場合は、数回に別けて流すようにしてください。 一回に流す量の目安としては、ご自身の拳よりも小さい量と考えておくとよいでしょう。 大便 まれなケースではありますが、大便が原因でトイレがつまることもあります。 便が大きすぎたり、硬すぎたりすることで、トイレがつまってしまうようです。 この原因に関して対策をすることはできませんが、重曹とクエン酸でつまりを解消することができます。 もし大便によってトイレがつまってしまったときは、慌てずに重曹やクエン酸を使って解消していきましょう。 もしそれでもトイレつまりが解消されない場合は、ラバーカップ(すっぽん)を使ってみると解決できるかもしれません。 紙おむつなど水を吸収するもの トイレに流さないほうがよいものとして、もっとも注意が必要なのが「紙おむつなど水を吸収するもの」です。 紙おむつなど水を吸収するものは、水を吸収することで膨張していきます。 そんなものをトイレに流してしまえば、ずっと水に浸かったままとなり、どんどん大きくなってしまいます。 結果トイレはつまり、異物を押し出すことだけじゃなく、取り出すことも難しくなってしまうでしょう。 もし手の届かない奥でつまってしまえば、自力で解決することは難しいです。 紙おむつなど水を吸収するものが原因でトイレがつまった場合は、業者を呼ぶのが賢明でしょう。 トイレつまりに重曹を使用する際の注意点 トイレットペーパーや汚れといった軽度の原因であれば、重曹とクエン酸を使ってトイレつまりを自力で解消することもできます。 しかし、トイレつまりに重曹を使用する際には、3つのことに注意しなければなりません。 安全に確実につまりを解消するためにも、3つの注意点を確認しておきましょう。 換気が大事 トイレで重曹を使用する場合は、必ず換気をするようにしましょう。 重曹とクエン酸を混ぜてお湯をかけることで、二酸化炭素の炭酸ガスが発生します。 この炭酸ガスによってつまりの原因が解消されますが、二酸化炭素であるため密室での使用は危険です。 この炭酸ガスを大量に吸い込んでしまうことで気分が悪くなることもあるため、必ず換気扇を回したり、窓を開けたりするようにしてください。 もしどちらの換気方法もない場合は、トイレの扉を開けた状態で作業していきましょう。 重曹を使う際は水を汲み取ることを忘れないのが大事 重曹を使う際は、クエン酸を入れたあとお湯を流し込むため、事前に便器内の水を汲み取っておく必要があります。 もし汲み取り忘れてしまうとお湯を入れた際に、便器内の水が溢れてしまうかもしれません。 また、十分な量のお湯を流し込めないことで、重曹の効果が弱まることにもつながります。 そのため、しっかりと重曹の効力を発揮し、溢れた水の掃除といった手間をかけないためにも、必ず事前に水を汲み取っておきましょう。 濡れた手で電源プラグを触らないこと 重曹を使うかどうかに限らず、トイレつまりを自力で解決しようとするときは、濡れた手で電源プラグを触らないように注意しましょう。 濡れた手で電源プラグを触ってしまうと、感電する危険性があります。 もし住宅の電流で感電してしまえば、死亡事故にもつながりかねません。 トイレの電源プラグに触るときは、必ず乾燥した状態で触るようにしてください。 重曹がない場合のトイレつまり解消法 トイレつまりを自力で解消するには、重曹とクエン酸を使用するのが手軽で簡単な方法です。 しかし、必ずしも重曹とクエン酸があるとは限りません。 そこで、重曹がない場合に使える、ほかのトイレつまり解消法を4つご紹介していきます。 ワイヤーブラシ ワイヤーブラシは、トイレの排水管を掃除するための道具で、長いワイヤーがブラシ状になっていて、奥まで届くようになっています。 そのため、排水管の掃除だけでなく、つまり解消にも便利な道具なのです。 使い方は簡単で、便器内からワイヤーブラシを入れていき、つまりの原因に当たったらグリグリと回してみてください。 よほど大きな異物が原因でなければ、それで簡単につまりが解消されることでしょう。 ついでに掃除もしておくと、つまり予防にもなります。 流水 つまりの原因が軽度なものであれば、水を流し込むだけで解消することもできます。 トイレの水が流れる原理は水位を利用したもので、便器内の水が増えることで排水管に溜まっている水が押し出され、排せつ物と一緒に流れるようになっています。 そのため、トイレットペーパーや付着した汚れといった軽度の原因でトイレがつまっている場合、水が押し出される勢いで解消できることもあるのです。 ただ、水を流し込んでもつまりが解消されない場合、水が溢れ出てくることもある点には注意しましょう。 パイプクリーナー さまざまな場所の掃除に使われるパイプクリーナーでも、トイレつまりを解消することができます。 使い方も重曹同様に簡単で、トイレの便器内に流し入れるだけです。 パイプクリーナーを便器に入れたら、しばらく放置してお湯を流し入れてみましょう。 つまりの原因となっていたトイレットペーパーや汚れが落ちて、いつも通りに流すことができるかもしれません。 一回の使用量や置いておく時間については、お手元の商品に適した用法用量を守ってください。 ベーキングパウダーでも代用可能 お菓子作りが好きな方なら持っているかもしれませんが、ベーキングパウダーを重曹の代用として使用することも可能です。 ベーキングパウダーには、重曹とクエン酸が含まれているため、お湯をかけるだけで炭酸ガスを発生させることができます。 ただ、重曹ほどの洗浄効果は望めないことを覚えておきましょう。 確かにベーキングパウダーには重曹とクエン酸が含まれていますが、酸性剤や遮断剤といったほかの成分も含まれています。 そのため、重曹を使った方法よりも、つまりを解消する効果が弱まってしまうようです。 重曹とクエン酸を使った方法に比べて、ベーキングパウダーを使った方法の効果は、2分の1ほどになってしまうようです。 つまり解消の方法としてよりも、つまりそうなときに利用してみるとよいでしょう。 重曹ではどうしようもないトイレつまりを解消する修理業者の選び方 重曹やほかの方法を試してもトイレつまりが解消されない場合、自力での対処は難しいため、業者に依頼する必要があります。 しかし、業者を利用したことのない方にとっては、どこに依頼したらよいのかわからず、悩んでしまうことでしょう。 そこで、安心して業者に依頼できるよう、トイレつまりを解消する修理業者の選び方について解説していきます。 トイレつまりが解消されるだけでなく、満足のゆくサービスを受けるためには、はじめの業者選びが大切です。 業者のスキルが高いかどうか トイレつまりを修理してもらう以上は、業者のスキルが高いかどうかは大切なポイントです。 不十分なスキルの業者に依頼してしまえば、余分な費用を取られてしまうことも考えられます。 修理業者を利用する際には、スキルが高いどうかを確認しておきましょう。 スキルか高いかどうかを確認するときは、業者の「実績」や「リピート率」をチェックしてみてください。 実績が多くリピート率が高いということは、スキルが高い証明にもなります。 ユーザーからの評判が高いかどうか 依頼予定の業者を利用したユーザーの声を、業者選びのひとつの判断材料にすることもできます。 ユーザーからの評判が高いということは、スキルが高かったり、満足のゆくサービスを受けられたりといった理由が考えられるためです。 ユーザーの評判を確認するのなら「口コミ」を参考にするとよいでしょう。 業者の公式HPや口コミサイトから確認してみてください。 ただ、口コミの情報の扱いには注意が必要です。 口コミは、不特定多数の人が自由に書き込めるため、すべてが真実であるとは限りません。 そのため、すべてを真実であると判断するのではなく、あくまでも参考程度に考えておきましょう。 トイレつまりに関する疑問を解消してくれるかどうか 業者に依頼する際、トイレつまりや料金に関する部分で、しっかりと疑問を解消してくれるかどうかも、業者選びには大切なポイントです。 疑問が解消されず不明瞭なまま依頼してしまうと、知らぬ間に追加料金が発生しており、トラブルに発展するケースもあります。 このようなトラブルを回避するためにも、疑問点は質問するようにして、それに対する業者の対応も確認しておきましょう。 不明瞭な部分がなくなるまで親切に対応してくれるようであれば、信頼できる業者と判断することもできます。 保証内容が充実しているかどうか トイレのつまり修理を業者に依頼する際は、修理後の保証内容も確認しておきましょう。 保証のある業者に依頼することで、万が一つまりの症状が改善されなかった場合でも安心です。 また、業者が保証を付けているということは、それだけ技術に自信があるとも考えることができます。 これは、保証期間が長くなればなるほど、それだけ自信を持って修理をおこなっていると判断することもできるのです。 対応エリアの範囲内かどうか 修理業者を探すとき対応エリアには注意が必要です。 対応エリアの範囲は業者によって異なっており、全国対応や地域密着型などがあります。 そのため、依頼先が業者の対応エリア外であれば、修理に来てもらうことはできません。 また、地域密着型の業者のなかには、隣の県まで来てくれる場合もあります。 しかしこの場合、長距離移動のための出張費がかかってしまうこともあるので、「知らぬ間に追加請求さられた」とならないよう事前に確認が必要です。 業者を探すときは、まず対応エリアの範囲を確認していきましょう。 重曹でトイレつまりを解消して終わりではなくつまりにくいトイレ選びも重要 トイレつまりというのは、気を付けていても少なからず起きてしまうものです。 そのたびに重曹を使ったり、業者を呼んでいたりしては、手間もお金もかかり面倒に感じることでしょう。 そのような面倒を少しでも減らすために、トイレのつまり対策をご紹介していきます。 場合によってはトイレ自体を交換してしまうのも対策のひとつです。 性能の高い便器を使うのが大事 基本的にすべての人が毎日使うことになるトイレは、常に進化を続けて、どんどん高性能な商品が開発されています。 例をあげると、タンクレストイレやウォシュレット、節水機能など、さまざまな機能が普及していっています。 そのため、つまりといったトイレトラブルを少しでも減らすために、より性能の高い便器へと交換してしまうのもおすすめです。 高性能のトイレへと交換することで、トラブル減少だけでなく節約にもつながり、大きなメリットを感じることができるでしょう。 配管の状態を把握するのもポイント トイレがつまらないようにするためには、配管の状態を把握しておくのもひとつのポイントです。 定期的にトイレの配管の状態を確認しておくことで、なにか異常があればすぐに気づくことができるため、早期発見・早期対応することができます。 DIYで配管の状態を確認するのであれば、ワイヤーブラシなどで掃除をする際に、「違和感のある引っ掛かりがないか」をチェックしてみてください。 もし本格的に配管の状態を確認するのであれば、DIYでの作業はやめておきましょう。 配管内を細かく確認するためには、専用の道具や知識が必要になってきます。 そのため、無理にDIYしようとすると配管を傷つけてしまうことにもなりかねないので、プロである業者に点検を依頼するのが安心でしょう。 水に溶けやすいトイレットペーパーに切り替えるのも対策の1つ トイレがつまる原因として多いトイレットペーパーを、より水に溶けやすいものに切り替えるのも対策のひとつです。 トイレットペーパーにもJIS規格が設定されており、この記載があるものであれば、水に溶けやすいと判断することができます。 このJIS規格は、設定された一定の基準をクリアしなければ記載することはできません。 そのため、JIS規格のトイレットペーパーを使用することで、記載のないものよりもトイレをつまりにくくすることができるしょう。 また、料金は高くなりますが、さらに水に溶けやすいトイレットペーパーの使用もおすすめです。 トイレのトラブル解決は生活110番におまかせ! 原因次第では、トイレのつまりは重曹とクエン酸の組み合わせで解消できる場合があります。 どちらもスーパーや100円均一などで販売しているので、常備していないご家庭でも手軽に入手でき費用もお手頃です。 トイレがつまると誰でも焦ってしまうものですが、まずは落ち着いてこのふたつを用意しましょう。 便器に投入するときは「重曹・クエン酸(お酢)・お湯」の順番を必ず守ってください。 また、お湯の温度の調節や1時間の待機なども忘れないよう注意しましょう。 重曹とクエン酸でつまりが解消されなかった場合は、なんらかの固形物が原因であると考えられます。 無理な対処をして状況を悪化させる前に、プロの業者に解決してもらいましょう。 生活110番にご相談いただければ、お住まいの地域の加盟店スタッフを迅速に派遣し、スピード解決を手助けいたします。 24時間365日【無料】で受け付け対応していますので、まずはお気軽にお電話ください。 (この記事は2020年3月13日に加筆・修正しています).

次の

トイレつまりを重曹とクエン酸やお酢で解消するコツとは?

トイレ 重曹 酢

トイレのつまりを解消するには様々な方法がありますが、詰まった物を溶かして解消することもできます。 その代表的な方法が重曹とお酢をお湯で流す方法です! 単純にお湯をバケツで流したり、ラバーカップで解決する方法もありますが、 それでも直らないとき、またはラバーカップがないとき、あるいは最初に重曹とお酢で詰まりを溶かしてから、 仕上げにラバーカップでスッポンすることでより完璧に直すことができます。 あくまでも重曹単体では意味が無いことを最初に覚えておいてください。 もし、おもちゃ・スマホ・おむつなどの水に溶けない固形物を詰まらせてしまった場合は溶かすことができないので、この方法は使えません。 水を流してしまうと排水管の奥に流れて詰まってしまうので、下記ページの針金ハンガーを使った方法で引っ掛けて取り出しましょう。 重曹 150g(計量カップ4分の1程度)• お酢 100ml(計量カップ2分の1程度)• お湯 50度程度で1. 5ml (排水口まで水を抜いた状態で便器の半分ほどの量) 分量の割合は、重曹1に対してお酢2です。 少なすぎると効果がないので、大体の目安で大丈夫なので多めに用意しましょう。 お酢が無いときはクエン酸でも代用できます。 その場合の分量も同じです。 ちなみにクエン酸があるならお酢を使う必要はありません。 効果としてはクエン酸のほうが大きいと思いますので、その理由も後で説明します。 お湯は排水口の水を抜いてから入れますので、50度前後で1~1. 5ml程度の便器の半分程度になる量を用意しておけば大丈夫です。 また接続部のパッキンなどを痛める原因にもなります。 ぬるすぎても効果がないので必ず50度前後のお湯にするように注意してください。 重曹とクエン酸が含まれているベーキングパウダーで代用できるのか? 便器に水が溜まっているならある程度取り除いておきます。 便器内の水の量が多いと重曹とお酢の効果を奥まで浸透させることが難しく、またお湯の温度も下がってしまうため、できるだけ排水口に水がない状態まで汲み取りましょう。 灯油ポンプを使ってバケツに汲み取る、または牛乳パックなどでバケツに汲み取る、ペットボトルを杓子のように加工してバケツに汲み取るようにしましょう。 便器内に溜まった水をできるだけ汲み取る• 最初に重曹をふりかける!(計量カップ4分の1程度)• 次にお酢(クエン酸)をふりかける!(計量カップ2分の1程度)• 炭酸ガスが発生してシュワシュワと泡立つことを確認• 高い位置からお湯を排水口めがけて流す(50度のお湯1~1. 5ml程度、便器の半分の水位)• そのまま便座のフタをして1時間ほど放置• 1時間後、もしラバーカップ(すっぽん)があれば仕上げにおこなう• 詰まりが解消できたかの確認はレバーではなくバケツで流して確認する まずは便器内の水をできるだけ少なくすることが重要です。 次につまりの解消に重曹を使う正しい順番です。 必ず重曹から先にふりかけ、次にお酢(クエン酸)を入れて、最後にお湯を排水口めがけて注ぎましょう。 順番がバラバラだと、発泡する時間が短くなり洗浄効果が落ちてしまいます。 もう一つ重要なポイントは、重曹とお酢で発生した炭酸ガスの泡が詰まりを分解します。 まずはこの泡を十分に発生させてからお湯を流すこと。 そして、この泡をできるだけ排水口の奥に届けること。 バケツ・ヤカン・ペットボトルなどを使って、排水口から40~60センチ程(腰のあたり)のある程度の高さから勢いがつくように流します。 滝のようにお湯をジョロジョロ落として詰まりの原因まで届けるイメージでやってみましょう。 ネットでもよく間違った情報が書かれていますが、勢いよく一気にお湯を流すのではないので注意してください。 お湯を入れすぎると薄まりますので、排水口の穴が浸かる程度にしましょう。 詰まりが解消されたか確認するときは、レバーを引いて水を流すのではなく、バケツなどで少しずつ流して確認することで、便器から水が溢れること防ぎます。 詰まりが解消されない場合は、原因となる箇所に圧をかける、水流をおこす、突っつくなど直接の刺激が必要かもしれません。 下記のページを参考に他の方法を組み合わせてみましょう。 重曹とお酢(クエン酸)は紙類や便など水に溶けやすいつまりに効果的! 重曹とお酢を使って解消できるつまりの原因は、主に トイレットペーパー・テッシュなどの紙類、便や尿石などの汚れ類です。 これらが詰まるのは、何らかの理由で水に溶けにくくなっているため。 それを分解しやすくし、溶けやすくするのが 重曹とお酢からできる炭酸ガスです。 アルカリ性の重曹に酸性のお酢を加えることで炭酸ガス(二酸化炭素)を発生させ詰まりの原因を溶けやすくします。 そこへお湯を流し込むことで熱を加えさらに発泡させて、また流す勢いで詰まりの原因まで浸透させて分解しやすくします。 逆に、おもちゃ・スマホ・おむつなど、水に溶けない固形物にはまったく効果はなく、さらにお湯を流すことで詰まりの原因が奥へと流れてしまい状況を悪化させてしまいます。 アルカリ性:酸性の物質を中和して分解、油汚れ浮き上がらせる• 発泡・膨張作用:酸性と合わせる、熱を加えることで発泡、この泡が汚れを剥離する• 乳化作用:水と油を混ぜ合わせる作用があり、油汚れタンパク質を分解する• 軟水作用:カルシウム、マグネシウムなど金属イオンをなくし汚れを落としやすい軟水にする• 酸性:アルカリ性の物質を中和して分解、水垢や黒ずみなど汚れを浮き上がらせる• 発砲作用:アルカリ性の重曹に合わせること勢いよく発泡する• 溶解作用:カルシウムなど頑固なこびりつきを溶かす• 柔軟作用:洗濯物を柔らかく仕上げる柔軟剤の効果など• 工業用 掃除などに使用するのは工業用。 人間の体内に取り入れても良いものが薬用と食用です。 純度が高いものは薬用と食用で99. 5%など工業用に比べて不純物が少なくなっています。 購入する際は、トイレの詰まりを解消しても余るので、用途に合わせて選びましょう。 お酢とクエン酸があるならクエン酸を選ぶ 自宅にお酢があってクエン酸がない場合は、わざわざ買いに行くほどではありませんが、 もし料理やお掃除などで使うクエン酸があるならお酢ではなくクエン酸を使いましょう。 その理由は、 重曹にクエン酸を入れたときの発泡持続時間がお酢と比べると長いためです。 シュワシュワ、ブクブクと発泡するこの泡(炭酸ガス)が詰まりの原因を分解します。 できるだけ長くたくさん発泡させるためにはクエン酸を使うことがおすすめです。 仕上げにラバーカップでよりスッキリ 洗剤とお湯を流す 重曹やお酢が自宅にない場合は、洗剤を確認してください。 トイレ用・食器用・お風呂用・洗濯洗剤など何でも大丈夫です。 アルカリ性洗剤または塩素系洗剤でお湯に溶けやすい液体タイプが良いです。 また成分に「次亜塩素酸塩」「水酸化ナトリウム」「界面活性剤」などの表示があるものでも良いです。 使い方は、重曹とお酢の代わりに洗剤を入れてお湯を流すだけです。 先に紹介した手順で洗剤を使って試してみてください。 有毒ガスの塩素ガスが発生します。 パイプクリーナーとお湯を流す 排水管洗浄などのパイプクリーナーはどこでも簡単に使えるでしょう。 もともとつまりを分解させる成分で作られている専用の洗浄剤なので、重曹がない場合は十分使えます。 使い方も流すだけなので、非常に簡単。 パイプクリーナーの洗浄効果をより上げるなら、一緒にお湯を流してあげましょう。 軽く水が引くくらいの軽い症状によりますが、塩をかけると猫砂が流れやすくなります。 トイレに流せる猫砂は吸水性があるので、塩でそれを和らげる効果があるのです。 しかし、家庭にあるもので重曹以外でトイレのつまりを溶かせるような道具はおそらくあまりないと思います。 もしパイプクリーナーがあるなら先に使用してみて、効果が無いようなら重曹を使ってみてください。 修理の種類 WEB限定料金 通常料金 トイレの詰まり 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ トイレの水が溢れる、止まらない 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ チョロチョロ水が漏れている 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ タンクに水がたまらない 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ 異臭、悪臭がする 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ ウォシュレット、温水便座の水漏れ不具合 故障 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ ウォシュレット、温水便座の取り付け(交換) 11,880円(税込み)~ 19,440円(税込み)~.

次の