メニエール 病 食事。 栄養療法から考えるメニエール病の症状を緩和する食事法

メニエールについて。

メニエール 病 食事

目がグルグル回るような、回転性のめまいを伴うことで知られる「メニエール病」。 耳が詰まるような圧迫感から始まり、難聴や耳鳴り、めまいなどの発作を繰り返す病気だ。 従来は水分を制限するのが基本だったが、近年は、「水分は多く摂取するべき」と方針が正反対に変わりつつある。 そんなメニエール病診療の現状について、水分摂取療法の先駆者、北里大学医学部教授・同大学東病院神経耳科科長の長沼英明氏に聞いた。 多くは耳の閉塞感から始まり、低音から聞こえにくくなる メニエール病はどのような仕組みで起こる病気なのでしょうか。 長沼 耳の中は、入口にあたる外耳道から、その奥に鼓膜、さらに向こうに中耳、内耳と続いています( 図1)。 内耳の内リンパ腔という場所はリンパ液で満たされているのですが、それが増えすぎて 「内リンパ水腫」を起こし、めまいや難聴などの症状を生じると考えられているのがメニエール病です。 FEATURES of THEME テーマ別特集• 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。 異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

次の

メニエール病の原因、症状、治療

メニエール 病 食事

スポンサーリンク メニエール病は突然起こる回転性のめまいや難聴、吐き気や冷汗という症状を伴う病気です。 30代後半から40代前半の女性に多く見られる病気です。 自分自身で几帳面、神経質だと感じている人が多く、精神的・肉体的な疲労を抱えている人が多く、ストレスが原因で発病すると考えられてはいますが詳しい原因は解明されていません。 めまいを軽くしたり、内耳にできた水腫を軽くするために投薬治療が行われますが、難病に指定されているほど完治が難しい病気でもあります。 症状の改善には睡眠不足や身体的・肉体的なストレスの解消や適度な運動で健康を保つことが重要になります。 それと同時に症状の緩和をはかる食生活をとりいれていくことが重要になります。 スポンサーリンク メニエール病の症状緩和をはかる食生活の基本は水分と塩分を控えめにすることです。 塩分を過剰に摂取することで、病状の悪化が報告されているそうです。 また、肉料理よりも魚料理を中心にした食生活にシフトしましょう。 他に症状の緩和をはかることができると言われている栄養素に食物繊維、ビタミン、ポリフェノール、アミノ酸などがあります。 これらを含んだ食べ物を積極的に摂取します。 病状の回復のために食べ過ぎてしまうのも良くないので、適度な量を食べるようにします。 また、内耳の中にある内リンパ液が増え水腫ができるという症状もあるため、水分は控えめにします。 多くの種類の食べ物でバランスの良い食生活を送ることで、症状の緩和や改善を目指しましょう。 スポンサーリンク.

次の

「水分摂取療法」でメニエール病のめまいは95%改善する|日刊ゲンダイヘルスケア

メニエール 病 食事

メニエール病の理想の食事治療とは? 1、日常生活で気を付けてほしいこと まず第一に気を付けてほしいことは 塩分を控えめにして頂きたいですね。 塩分を過剰に摂取しすぎてしまうと メニエール病の発作を誘発する 危険性があると報告されてるそうです。 現に治療のひとつとして塩分を控える 減塩療法という治療法があるくらいです。 簡単にまとめましたので毎日の 食事に取り入れて下さいね。 肉より魚中心の食事 魚の脂肪には動脈硬化を防ぎ、血管をつまらせない ようにしてくれる効果があります。 毎日インスタント食品を食べている方はビタミン不足に なりがちですので気を付けましょうね。 メニエール病の症状に効くビタミンが多く含まれている食材は 魚介類ですので、魚を食べる習慣を作りましょう! 食物繊維も忘れずに マメやイモ、穀類や海藻、野菜に含まれる食物繊維は 中性脂肪やコレステロールを下げる効果があります。 ですので 水分を過剰に摂取するのは やめるようにしましょう。 「水分は血液をサラサラに保つには 必要なことじゃないの?」 と思う方もいるでしょう。 しかしメニエール病は悪質な水分が 過剰で内耳だけに溜まっているんです。 改善するためには血液の循環が必要 なのですが過剰水分が邪魔をし血液を 流れにくくしてしまっているのです。 ですので 水分は極力控えめにして 生活するようにしましょうね。 食事よりも気を付けてほしいこと 今日は食事のことについて話して きましたが一番気を付けてほしいのは ストレスを溜めないという事なんです。 ストレスは血管の収縮にも関係 してきますのでストレスを抱える ことにより 血液の循環を邪魔します。 ですのでストレスをいかに感じないで 生活することがメニエール病の治療 に必要不可欠なんです。

次の