バイオリン 高いやつ。 バイオリン練習のための譜面台は何が良い?

できるだけ安くバイオリンを買いたいのですが...

バイオリン 高いやつ

バイオリンの楽器の呼び方って面白いですよね。 呼び名として、国の前に オールド(だいたい1800年まで) モダン(だいたい1800年以降) 新作(これはできたばっかりのやつ) がつきます。 古い方がバイオリンの木材のが進んで音は良くなるんでしょうが、プロでも新作弾いていたりするのでよく分かんないですよね。 よいバイオリン、音のいいバイオリンって何なんでしょうね。 私の知る限り、古いバイオリンの方が音が円やかになるがそれはどちらかというと演奏者の近くで聞いた場合、演奏会とかではホールが反響し細かな雑音要素は吸収されてしまう。 むしろ遠くの聴衆に音を届けなきゃいけないので、円やかかどうかより、遠くに届く音の方がよいということらしいです。 もちろん両方良ければそれに越したことはないんでしょうが、、、そうなるとストラド、ガルネリの世界になっちゃうんでしょうね。 また、古くて優れた楽器の音はは近くで聞くとそれほど大きくなくても、遠くにもしっかり届くように思えます。 私の師匠は大きな音を簡単に出せる楽器は、楽器を操る力が小さくて済み軽く演奏できるので上達が早いっておっしゃってました。 最近の新作は大きな音出すためだったりストラドに似せた音を出すために、極限まで板を薄く削ってるような気もして、自分のバイオリンではないですが、貧乏性の私は、これって壊れないのか心配になります。 さて、、、、 管理人の現在のメインのバイオリンは壱号器である、1923年作のモダンフレンチです。 製作家は、ルネ・ジャックマン(Rene Jacquemin)、日本ではおそらくほとんど無名な製作家だと思います。 作られた場所はフランスのミルクールという東部の小さな町。 しかしフランスのバイオリン製作のメッカで、1800年代にはバイオリンの大量生産で栄えていたようです。 バイオリンはとかくイタリアのイメージがありますが、現代のバイオリンの基礎となる製作理論を確立したのはミルクールが栄えた時代のフランスで、その製作法が今日世界中に広まっています。 そうしたミルクールが輝やいていた時代の終わり頃、ルネ・ジャックマンは、日本人にも名が知れているムジェノーの工房で働いたのち1919年に独立し自身の工房を始めます。 そして1926年にバイオリン製作コンクールで金賞を受賞しています。 (これがどのコンクールかよく分からないのですが) 彼に関するネットで分かる情報はこれくらいでして、結構謎の人。 というより、多くのバイオリン製作家の人となりは本当に知られていないですね。 私のバイオリンは工房製ですが、ちょうど彼が一旗揚げようとコンクールでの優勝目指していた時の作品だと推測されます。 弾いた時のパフォーマンスの高さにも驚かされますし、海外のサイトでもミルクールの最高の時代の優れた製作家という記述も見られます。 このバイオリンとの出会いは、約25年ほど前に、私がカに異動になった時に、いただいた餞別を元手にぎりぎりの予算で師匠に選んでいただいて買ったもの。 師匠は一番音が大きいやつを選んだと仰ってました。 それから25年、社会人人生は何かと忙しく、ほとんど弾くこともなかったんですが、一度この壱号器を自分のフルパフォーマンスで弾かせてみたいと思っていたところ、某SM芸術家の方から今参加しているアンサンブルへのお誘いをいただきました。 弾いてみて実感するのは、本当によく鳴る楽器ということ。 音量番長です。 f孔から見る表板の厚みも相当薄く、軽めの筐体から信じられないような大きな音がします。 高音はすこし派手目な音ですがよく通る音質で、中低音は柔らかな感じでビブラートも映えます。 (私はでもビブって先生に怒られちゃうほう)当然G線でのメロディー弾きも大得意。 しかし、音量が大きいっていうのはある意味カミソリみたいなもの。 アンサンブルで間違えると本当に恥ずかしい。 ファー人で弾いているときもありますから。 周りの演奏者は実は迷惑してるんだろーな。 でも一発フォルテッシモ決まった時の快感は、本当に皆様にお伝えしたい。 なのでアンサンブル練習は本当にスリリングです。 モダンフレンチ オレンジ色のニスも、フレンチっぽくっていいです。 のテニのアンの色にそっくり。 とても100年前の作とはおもえないビビッドな外見。 これぞフランスって感じです。 このバイオリンは、ばか高いわけでもなく、希少性もあるとはいえないので、イタリアのモダンの様にバブって値段が上がっていくことはないかと思います。 でも買ったときから20年以上値段が全く下がることもない安定した資産になっています。 楽器屋のオーナーにも買った時よりも楽器の値段が高騰しているから、次買うときは大変といわれています。 なんで、これからもしっかり守っていきたいですね。 また、ぎりぎりの予算の中で、1ランク上のものに負けない楽器を選んでいただいた師匠には本当に感謝の言葉しかありません。 フランスのミルクールの街には今もジャックマンの生前のアトリエがあった建物が残っていて、町のレジェンドとして彼の名前を記したプレートがかけられているそうです。 ミルクール、パリからは少し遠いですが、是非いつか訪れてみたいものです。 kamisamacool.

次の

高価なバイオリンの保存法や運搬法

バイオリン 高いやつ

入門用バイオリン選びの注意点 まず入門用バイオリンはその加工法、製法に注意する必要があります。 入門用バイオリンの製法は プレス品と 手工品に分類することができます。 プレス品のバイオリンは入門用のみの製法と考えて問題ないと思います。 プレス品の最大の利点は 低価格なことです。 バイオリン本体+弓+ケースのセットで8千円程度で売られているものもあります。 高いもので5万円程度でしょう。 とにかく 安く購入したいのであればプレス品のバイオリンですね。 デメリットとしては、時間がたつにつれ音が悪くなっていくことです。 プレス品は時間とともにプレスしていたものが元に戻ろうとしてくるため、 最適な状態を保つことができないのです。 購入時は問題ないのですが、数年後には音程が取りにくいなど問題が出てきます。 3年を目処に買換えが必要になってくるでしょう。 しかし3年もバイオリンを続けているのであれば、 もっと早い段階で 新しいバイオリンが欲しくなっていると思います。 手工品のバイオリンは機械と職人さん又は職人さんのみが彫って仕上げたものです。 実際には機械で荒彫りし仕上げを職人さんで製作したものは半手工品と呼ばれます。 半手工品のバイオリンの価格は5万円~ 手工品のバイオリンの価格は15万~数億円です。 手工品のバイオリンは 音の劣化はありません。 しかし、安い手工品のバイオリンでは、やはり数年で 新しいバイオリンが欲しくなってくると思います。 一生もののバイオリンは20万円以上が目安です。 入門用バイオリン。 プレス品、手工品どっちがいいの? バイオリンは上達とともに、より良い物が欲しくなってきます。 入門用のバイオリンであれば予算やデザインで決めて問題ないと思います。 続けていれば結局良い物が欲しくなりますから。 ですがやっぱり 手工品をオススメします。 バイオリンをメンテナンスに出す時、サブのバイオリンとして 使用することも可能になりますから。 中古のバイオリンはどうなの? 中古のバイオリンは安く手に入れることができるので魅力的です。 しかし、記事をしっかり読んでいただいた方には明白ですが、 中古のプレス品は買わないほうがいいです。 手工品の場合でもしっかりと調整してあるものを購入しましょう。 バイオリンは調整しだいで音や演奏のしやすさがまったく変わってきます。 中古のバイオリンを購入する際は注意しましょう。 バイオリンと一緒に買うべきもの 松脂 バイオリン、弓、ケース、松脂は基本的にセットに含まれているので問題ないですが、 松脂はちゃんとしたものを 別に購入した方がいいです。 私が購入したバイオリンにセットでついていた松脂は、 新品の弓毛に試しに塗ってみたところ、15分以上こすり付けても まったく 音が出ないというものでした。 後から購入した松脂は1分もかからず塗れて音もちゃんと出ました!! 初心者は音が出やすい弦への食いつきがよい物がオススメです。 初心者にとっては必要でしょう。 しかし、 肩当は人によって合う合わないがあるものなので、 とりあえずはセットについているのであれば必要はないかもしれません。 安いセットには調子笛がついていますが、初心者が音でチューニングするのは難しいです。 チューナーの方が便利で確実です。 クリップ式でメトロノーム機能がついたものが何かと便利です。 安いセット品はスチール弦がついていると思います。 スチール弦はキンキンとした音が出ます。 クラシックをやりたい方はやわらかい音の ナイロン弦をオススメします。 E線は切れることがあるので多めに必要です。 信頼できるお店で購入しましょう!! プレス加工品のオススメ 私の初めてのバイオリンもこれです。 最近のコメント• に より 最近の投稿• アーカイブ• 1 メタ情報•

次の

バイオリンのネック角度修正

バイオリン 高いやつ

大きさの違い ビオラって、膝の間に挟んで演奏するやつでしょ?と思ったそこのあなた! 違います、それはチェロです! バイオリンを弾くときもビオラを弾くときも、実は同じ構え方をします。 左肩に楽器を乗せて、右手で弓を持つというスタイルですね。 では違いは何かというと、ずばり、大きさと音程です。 バイオリンは小さくて音が高く、ビオラは大きくて音が低めです。 実際の大きさは、バイオリンは全長約60cm、それより一回り大きいビオラは約70cmです。 重さも、バイオリンは0. 5kgなのに対してビオラは0. 6kgと、ビオラの方が100gほど重いです。 とは言っても、これは遠くからだと見た目で判断しにくいと思います。 例えば小柄な人がバイオリンを持っていればビオラのように見えますし、大柄な人がビオラを持っているとバイオリンに見えます。 ですので、オーケストラのコンサートを聴きに行ったときに、バイオリンパートとビオラパートの見分けがつきにくい、なんてこともあるかもしれません。 でも演奏での役割にはちゃんと違いがあるので、後ほどご紹介しますね。 音程の違い バイオリンとビオラは大きさだけでなく音程も違うと先ほどお伝えしました。 具体的には、バイオリンの弦は低い方から「ソ・レ・ラ・ミ」となっています。 一方ビオラの弦は「ド・ソ・レ・ラ」です。 ソ・レ・ラは両方に共通していますが、バイオリンには「低いド」の弦がなくて、ビオラには「高いミ」の弦がありません。 「高いミ」の弦はとても細いので、ビオラのような大きい楽器に張ろうとしたら切れてしまいます。 反対に「低いド」の弦は長くて太く、バイオリンほどの小ささの楽器に張ってもよく響いてくれません。 また、ちょっと専門的な言い方をすると、ビオラはバイオリンよりも5度低い調弦になっています。 「度」というのは音の距離の単位で、例えばドとレの距離は2度、ドとミの距離は3度という数え方をします。 さきほど挙げた音すべてを低い方から並べると ド・ソ・レ・ラ・ミ ですよね。 ドとソ、ソとレ、レとラ… それぞれ隣り合った音が5度の距離にあることに気づきましたか? だから、音が低い左側から4つの音を取り出すと「ド・ソ・レ・ラ」というビオラの調弦になり、音が高い方から4つの音を取り出すと「ソ・レ・ラ・ミ」というバイオリンの調弦になるんです。 だからビオラとバイオリンの調弦は、弦1本分違うと同時に、それは5度違うという意味もあるのです。 ちなみにチェロの調弦はビオラと同じ「ド・ソ・レ・ラ」ですが、ビオラの方が1オクターブ高くなっています。 オクターブとは8度のことで、例えば「ドレミファソラシド」の最初の「ド」から最後の「ド」までの音の距離のことです。 楽器や音楽って意外とこういう法則に基づいていることが多いんですよ〜 ちょっと今の話は難しかったかもしれませんが、簡単に言うとバイオリンは高音域、ビオラは中低音域を担当しているんですね! そして、弓にも違いがあります。 バイオリンとビオラの弓の長さだけを比べると、ビオラの方が若干長く見えますがあまり変わりません。 でも、重さはビオラの弓の方があります。 それは「低いド」の太い弦をはっきりと鳴らすのにそれなりの重さが必要だからなんです。 実は楽譜もかなり違います。 バイオリンの楽譜はすべてこのト音記号で書かれています。 でもビオラの楽譜を見ると、だいたいこちらのハ音記号です ハ音記号は、あまり知られていませんが、高音域のト音記号と低音域のヘ音記号の間の、中低音域を楽譜に起こすのに適している記号です。 ちなみに、ヘ音記号とは、チェロやピアノの下段の楽譜に使われているこの記号のことですよ。 でも、ビオラでも高音域の部分だけはバイオリンと同じト音記号で書かれます。 高い音をハ音記号のまま書こうとすると、五線譜から上に何段も飛び出さなければならず、ぱっと見てわかりにくいのでト音記号に書き換えているんですね。 ビオラ奏者は元バイオリン奏者? バイオリン奏者のことをバイオリニスト、ビオラ奏者をビオリストといいます。 よく、有名なバイオリニストは物心ついたときからバイオリンを持たされて、ハイレベルな音楽教育を受けてきたようなイメージがありませんか? でも、あのビオリストは3歳でビオラを始めた、というような話はほとんど聞きません。 どんなに手が長い奏者がいたとしても、バイオリンにそれ以上のサイズはありません。 小さい頃から習っている人は、成長に合わせて買い換えたりしていると思います。 ビオラのサイズは、分数ではなく、本体のひょうたん型の部分の長さをとってセンチメートルかインチで表します。 だいたい39. 0cm、15. 5インチが一般的です。 バイオリンは35. 5cm、14. 0インチですので、ビオラは一回り大きいということがわかると思います。 では、小さい頃から練習できないのに一体どうやってビオリストになるのでしょうか? 実は、プロのビオラ奏者の多くは最初にバイオリンを習って、体が成長したのちに何かのきっかけでビオラに転向しています。 構え方が同じで、弦も4本中3本が同じなので比較的転向しやすいんです。 また、両方弾けるようになっておいて、声がかかったときだけオーケストラのビオラパートに加わるという人もいます。 このように普段はバイオリン奏者の人がビオラに持ち替えることを「持ち替え」といいます。 が、ビオラを構えた時に左手が届かず、最初の1年間はバイオリンにビオラの弦を張ってレッスンを受けていました。 背が伸びてからはちゃんとビオラにビオラの弦を張ったものを使うようになりましたよ〜 ビオラはあまり主役にならない ビオラというのはオーケストラやアンサンブルで、バイオリンなどの高音とチェロなどの低音の間の音域を埋める役割を担っていて、主旋律ではなくリズムをきざんだり、裏メロを担当することがほとんどです。 このように合奏での必要度が高い楽器なので、ソロの曲は少ないんです。 それに、ビオラ特有の「低いド」の弦をしっかり鳴らすには、バイオリンとは違う力のかけ方を身につけなければなりません。 これは子供にはまだ難しいですし、それなら音を鳴らしやすいバイオリンを練習しておいた方が成長も早いでしょう。 後から転向するのはいくらでも可能ですしね。 だから、ビオラを小さい頃からやる必要はないのです。 オーケストラでの役割 ここからはバイオリンとビオラの演奏上の違いについて、オーケストラの場合を例にご説明したいと思います! バイオリンは言うまでもなく花形、主役の一人です。 主要なメロディをいつも担当します。 優雅な旋律や勇ましい旋律も弾きますし、有名な曲の有名なメロディというのはだいたいバイオリンのパートです。 おいしいところを持っていくのがバイオリンなんですね! 楽器が比較的小さいので、速いパッセージに指が追いつきやすく、重音も取りやすいという利点を生かしているとも言えます。 一方、ビオラはどちらかというと裏方や隠し味的な存在です。 目に見える活躍は少ないけれど、絶対に欠かすことはできません。 楽器が大きいので大きさ・重さの面でバイオリンよりも不自由度が高いですが、縁の下の力持ちとしてオーケストラ全体を支えています。 時々、渋くてかっこいいメロディを弾いているときもあるので、ぜひ注目してみてくださいね! 人間は、高い音の方が耳に入ってきやすいと言われています。 ですのでバイオリンの音は、オーケストラに演奏者がたくさんいる中からでも突き抜けて聞こえてきて注目しやすい、メロディが追いやすいのだと思います。 でも、ビオラは人の声ほどの音域なのでも埋もれやすいのかもしれません。 作曲家も、そういう楽器の違いを踏まえてメロディを振り分けています。 このスメタナ作曲 交響詩『わが祖国』より「モルダウ」という、ブルタバ川の流れを描いた曲が良い例でしょう。 最初の部分でバイオリンがピチカート(弦を指で弾く奏法)でしずくが垂れるような音を表現しています。 ビオラにはない「高いミ」の弦を使っていますね。 途中からビオラがチェロと一緒に中低音で伴奏パートを奏で、バイオリンがそれに乗っかる形であの哀愁漂う雰囲気の有名なメロディをゆったりと弾き始めます。 この部分はいつ聴いてもうっとりしてしまいますね! でもビオラにその有名なメロディは回ってこず、ずっとメロディの後ろで川のうねりを表現するような複雑な伴奏を弾いています。 全然注目されない部分ですが、ビオラがそれを弾いていなかったら物足りない音楽になってしまうでしょう。 やっぱりビオラも必要なんですね! まとめ 以上のバイオリンとビオラの違いをまとめると… 1. 見た目は似ているがバイオリンは小さく、ビオラは大きい 2. バイオリンは高音域、ビオラは中低音域を担当 3. ビオラ奏者はバイオリンから転向した人が多い 4. オーケストラではバイオリンは花形、ビオラは縁の下の力持ち 似ているようでサイズや役割に結構違いがあるんですね。 コンサートに行ったり弦楽器を見たりする機会があれば、ぜひその違いを実感してみてくださいね!.

次の