すんき漬け サプリ。 木曽伝統漬物すんき凄い効果の秘密は乳酸菌!?食べ方と購入方法

日本のふしぎ発見!?すんき漬けで花粉症が軽減?

すんき漬け サプリ

乳酸菌TUA4408L ここでは、マルサンアイ株式会社が商品化に成功した乳酸菌TUA4408Lをピックアップ。 同乳酸菌に期待される効果や、これまでの研究報告、乳酸菌TUA4408L開発の歴史、配合している商品などについて詳しくご紹介します。 乳酸菌TUA4408Lは、古くから長野に伝わる「すんき漬け」から発見された乳酸菌です。 生活習慣病の予防効果が期待できる乳酸菌TUA4408L 乳酸菌TUA4408Lは、豆乳食品や味噌の製造・販売で知られる大手食品会社「マルサンアイ株式会社」が商品化した乳酸菌。 植物性乳酸菌の研究で知られる岡田早苗氏(東京農業大学教授)が、長野に伝わる伝統的な漬物「すんき漬け」から発見した乳酸菌です。 「マルサンアイ株式会社」は、スーパーでよく目にする「調整豆乳」や「無調整豆乳」などを製造・販売している会社。 自社が得意とする豆乳食品に、乳酸菌TUA4408Lを配合し、「豆乳グルト」という名の食品を開発しました。 ここでは、乳酸菌TUA4408Lが持つとされる作用を簡単にまとめてみました。 血中コレステロール値を低下させる働き ラットの研究を通じ、乳酸菌TUA4408Lには血中コレステロール値を低下させる働きがあることが分かりました。 ヒトに対する臨床試験が行われたかどうかは不明ですが、仮にヒトにも同じ作用が見られると考えた場合、生活習慣病やメタボリック症候群の予防・改善効果が期待できるでしょう。 肝臓への脂質蓄積を抑制する働き 同じくラットの研究を通じ、乳酸菌TUA4408Lには肝臓における脂質蓄積を抑える働きがあることが分かりました。 血中コレステロール抑制効果と合わせて、こちらも生活習慣病等の予防・改善効果が期待されます。 便秘を解消させる働き 便秘傾向のある女性に対し、「豆乳グルト」を2週間にわたって摂取してもらったところ、排便回数・排便量が改善したというデータが報告されています。 乳酸菌TUA4408Lの詳細な研究 乳酸菌TUA4408Lの研究については、現・神戸学院大学栄養学部助教(2019年4月現在)の小林麻貴氏が、神戸大学大学院時代に著した博士論文で詳しく紹介しています。 小林氏の博士論文は、その実験内容の趣旨に応じ第一章から第六章までの構成。 以下、同氏の博士論文を引用しながら、乳酸菌TUA4408L配合食品に期待される作用について解説しています。 引用元: この研究に登場する「コントロール群」とは、乳酸発酵豆乳を含まない通常食を与えたラット群を指します。 この後で紹介する研究での「コントロール群」という言葉も、同じ内容を指しています。 コントロール群のラットに比べ、乳酸菌TUA4408Lによって発酵した豆乳を食したラット群には、脂質代謝の改善が見られました。 豆乳群および乳酸発酵豆乳群において肝臓の TG 量、コレステロール量は、5 週間投与後に低値を示した。 血中 TC 濃度は豆乳群、乳酸発酵豆乳群とも投与 1 週後より 5 週後まで低値を示した。 その効果は豆乳群より乳酸発酵豆乳群に強く現れた。 肝臓の遺伝子発現量を調べると、脂肪酸合成関連遺伝子の発現量は豆乳群、乳酸発酵豆乳群で著しく抑制された。 この傾向は豆乳群よりも乳酸発酵豆乳群で顕著であった。 そのため Cyp7a1 遺伝子の発現を誘導する生理活性物質が乳- 3 -酸発酵により新たに生成、あるいは増量し、血中 TC 濃度を低下させたと推定した。 引用元: ラットの肝臓における脂質代謝への影響について、コントロール群よりも豆乳群・乳酸発酵豆乳群のほうが著しい改善が見られました。 また、豆乳群に比べると、乳酸発酵豆乳群のほうが改善の傾向は顕著でした。 その結果、大豆タンパク質が共存する豆乳+乳酸発酵豆乳イソフラボン抽出物群で血中 TG 濃度と肝臓の脂質量の両者に低下を認めた。 引用元: コントロール群、および、イソフラボン抽出物を交えた6種類の組み合わせからなる飼料を与えたところ、「豆乳+乳酸発酵豆乳のイソフラボン抽出物」において、血中TG濃度と肝臓の脂質量の低下が見られました。 血中TG濃度とは、血液中における中性脂肪の比率です。 高コレステロール食投与ラットにおいて飼料中の大豆タンパク質濃度 5%、10%を含む乳酸発酵豆乳投与により、濃度依存的に肝臓脂質蓄積抑制効果が認められた。 また、血中 TC 濃度および non-HDL-C 濃度は飼料中大豆タンパク質濃度 10%の乳酸発酵豆乳でさらに低値を示した。 引用元: コレステロール食のみのラット群と、コレステロール食+乳酸菌発酵豆乳のラット群を比較すると、後者には肝臓脂質の蓄積を抑制する働きが確認されました。 その抑制効果は、乳酸発酵豆乳の配合率に比例することも分かりました。 高コレステロール食群と比較して豆乳を含む高コレステロール食群、4404 菌乳酸菌乳酸発酵豆乳を含む高コレステロール食群はいずれも同様の肝臓脂質蓄積抑制効果を示した。 また血中 TC 濃度および non-HDL-C 濃度の上昇抑制作用は、高コレステロール群に対して他の 3群いずれにも認められ、特に 4408 菌乳酸発酵豆乳を含む高コレステロール食群が最も強い上昇抑制効果を示した。 引用元: 血中TC濃度(血中の中性脂肪の比率)と、循環器疾患に関与するとされるnon-HDL-C濃度において、乳酸発酵豆乳による上昇抑制効果が確認されました。 乳酸発酵豆乳の中でも、特に乳酸菌TUA4408Lの効果に有意性が見られました。 脂質負荷食群と比較して 4404 菌乳酸発酵豆乳を含む脂質負荷食群、4408 菌乳酸発酵豆乳食を含む脂質負荷食群のどちらも血中脂質濃度上昇抑制作用と肝臓脂質蓄積抑制作用を示した。 また、その作用は 4404 菌乳酸発酵豆乳を含む脂質負荷食群よりも 4408 菌乳酸発酵豆乳を含む脂質負荷食群の方が強く現れた。 肝臓のイソフラボンアグリコン濃度は4404 菌乳酸発酵豆乳を含む脂質負荷食群に比較して 4408 菌若干高値を示した。 (中略) 以上の結果から、脂質代謝改善作用は TUA4404L 株乳酸発酵豆乳よりも、TUA4408L 株乳酸発酵豆乳の方が強いことが明らかになった。 引用元: 脂質の多い食事を与えたラット群において、特に、乳酸菌TUA4408L発酵豆乳が高い脂質代謝の改善作用を持つことが分かりました。 小林麻貴氏の研究論文のほかに、乳酸菌TUA4408Lの研究を行っているマルサンアイ株式会社の公式HPには、次のような試験結果が掲載されています。 ヒトを対象にした試験では、「豆乳グルト」90gを一日2回、14日間継続摂取させたところ、便秘傾向の女性の便通を改善することが明らかになった。 引用元: この研究データにより、2週間にわたる「豆乳グルト」の摂取により、便秘症状が著しく改善していることが分かります。 自分と乳酸菌TUA4408Lとの相性は? どんなに素晴らしい効果が報告されている菌であっても、それが 誰にでも効くというわけではありません。 菌と腸内環境には相性があり、自分の腸に合っていない菌を摂取しても、あまり意味がないのです。 もちろん、ここで紹介した乳酸菌TUA4408Lについても同様で、この菌が合うかどうかは、 実際に摂取してみて、自分の体調の変化を確認してみるしかないのが現状です。 世の中に存在する乳酸菌・ビフィズス菌には数えきれないほどの種類があり、商品化されているものだけでも膨大な数があります。 そのため、自分と相性の良い菌を見付けるためには、それなりの覚悟をもって、根気よく挑まなくてはなりません。 しかし、自分にピッタリの菌を見付けるのは、それだけの価値があること。 一生をかけて、理想の乳酸菌を追求し続けるくらいの気持ちで挑むことが大切です。 摂取せずにどんな菌が合いそうか、なんて考えても意味はないので、まずはどんな菌があるのかを知り、興味のあるものから順にかたっぱしから試していきましょう。 手っ取り早く乳酸菌の効果を実感したい人には ただし、一部には例外といえる成分もあります。 たとえば「乳酸菌生成エキス」という成分は、 最初から自分が持っている乳酸菌を育てるためのものです。 そもそも乳酸菌を摂取するのは、自分の腸内で善玉菌を増やして腸内環境を整えることが目的。 つまりこの成分を摂れば、 自分にピッタリの乳酸菌を摂取するのと同様の効果が得られるというわけです。 菌との相性を気にする必要がないため、手っ取り早く健康になりたいという方は、こういった成分を探した方が良いかもしれません。 乳酸菌TUA4408Lの歴史 乳酸菌TUA4408Lは、現・東京農業大学教授(2019年4月現在)の岡田早苗教授の指導のもとで開発された乳酸菌です。 岡田教授は、国内における植物性乳酸菌研究の第一人者。 昨今話題の「植物性乳酸菌飲料」を開発・商品化の指導をしたのも、岡田教授です。 多彩な植物性乳酸菌の研究を行っている岡田教授。 研究の過程で、長野県木曽地方に伝わる伝統的な漬物「すんき漬け」から、乳酸菌TUA4408Lを発見しました。 「すんき漬け」とは? 「すんき漬け」とは、古くから長野県に伝わる伝統的な漬物。 地域土着の赤カブを使った無塩の漬物です。 独特の風味と酸味が特徴で、現在でも地域では一般的な漬物として食されています。 なお、京都に伝わる「すぐき漬け」は、名前は似ているものの「すんき漬け」とは全く異なる漬物です。 「すんき漬け」から乳酸菌TUA4408Lを発見した岡田教授は、その後テレビ番組に出演するなどし、国内に広く乳酸菌TUA4408Lを啓蒙。 あるテレビ番組に出演した際には、乳酸菌TUA4408Lについて「免疫調節作用があるため、感染症の予防やアレルギー症状を緩和させる効果が期待できる」と紹介しています。 乳酸菌TUA4408Lを配合した商品 乳酸菌TUA4408Lを配合した商品は、マルサンアイから1商品のみが販売されています。 大手スーパーの中にも取り扱っている店舗があるので、「見たことがある」という方もいるのではないでしょうか。 豆乳グルト 商品名のとおり、牛乳ではなく豆乳を原料にして作られた発酵食品。 見た目は普通のヨーグルトとよく似ています。 一般的なヨーグルトの場合、通常は複数の乳酸菌を配合して作られていますが、豆乳グルトに配合されている乳酸菌はTUA4408Lのみ。 シンプルな味なので、料理に使っても違和感がありません。 価格:250円• 内容量:400g• 販売元:マルサンアイ株式会社 なお、その見た目からヨーグルト味を前提に「豆乳グルト」を食べると、まったく違う味であることに驚くかも知れません。 よって「豆乳グルト」を食べる際には、味に驚かないためにも、まずは「ヨーグルトではなく豆乳を食べる」というイメージを持ちましょう。 豆腐の原料にもなる豆乳なので、冷ややっこのように醤油をかけて食べる方もいるようです。 「豆乳グルト」には果汁や香料などが一切配合されていないので、醤油をかけて食べても違和感なく食べられそうです。 参照元• マルサンアイ株式会社「豆乳グルトは、乳酸菌プラスで、豆乳力アップ。 マルサンアイオンラインショップ「ヨーグルトじゃない、豆乳グルト。 マルサンアイ株式会社「発酵豆乳のお話」:.

次の

おなかちゅあぶるの効果でこどものおなかスッキリ!体験口コミ・効能まとめ

すんき漬け サプリ

Sponsored Link 植物性乳酸菌ですんき漬けを作ろう すんき漬けは、赤かぶの葉を漬物にしたものです。 長野県では有名な漬物で、 すんき漬け1gに乳酸菌がヨーグルトとほぼ同じ量含まれています。 しかも、含まれているのは最近注目されている身体に良いと言われる 植物性乳酸菌! そんな、すんき漬けですが家庭で作れます。 用意するのは乳酸菌培養液です。 これを使えば家庭で簡単にすんき漬けができるんです。 しかもこの培養液の作り方も難しくありません。 赤かぶの葉を細かく刻む。 55度のお湯で10秒程湯通しする。 (殺菌)• 乳酸菌培養液を葉が浸るくらい入れる。 約28度くらいで半日発酵をさせる。 赤かぶの葉を水でよく洗い水気を切る。 かぶの葉を食べやすい大きさにする。 乳酸菌培養液を皿に移しかぶの葉を浸す。 ポリ袋にかぶの葉を入れる。 よく揉んで空気を抜きポリ袋が平たくする。 動物性のものにくらべて糖質が低い。 野菜の繊維も摂取できる。 では次に、植物性乳酸菌培養液の作り方に触れてみます。 植物性乳酸菌培養液の作り方 これさえあれば、漬物はすぐです。 米のとぎ汁 1㍑(一番汁の濃いやつ)• 黒砂糖 30g(とぎ汁の3%)• 天然塩 10g(とぎ汁の1%)ミネラルが豊富なもの• 米のとぎ汁を作る。 とぎ汁と黒糖と塩をペットボトルに入れる。 最低1日2~3回は、揺すったりして馴染ませる。 夏場は、直射日光をさけ日陰に置く。 冬場は暖かい部屋に置く。 これで4~5日すれば完成! Sponsored Link キャップを開けると発酵したガスが抜けるので、臭いをかいでみましょう。 りんごジュースのようないい匂いがしたら成功です。 腸内環境を良好に保つために貢献してくれるのが乳酸菌です。 そんな乳酸菌ですが、乳製品からできる?と思ってるひとは多くないですか? 実は乳酸菌には、 動物性と植物性の2つあるんです。 乳製品に含まれる乳頭をエサにする乳酸菌。 野菜や米などの植物性の素材に含まれる乳酸菌。 見てのとおり、乳製品からできるのが動物性乳酸菌で野菜や米などからできるのが植物性乳酸菌になります。 日本では、千年以上前から植物性乳酸菌を食文化に取り入れてるの知ってます? それが各地でつくられているご当地の漬物や味噌です。 胃や腸の中に入っても胃酸などで死滅しないで多くが腸まで届きます。 そうなんです!ダイレクトに腸まで届き働いてくれるということです。 ひとの 免疫機能の6割をまかされている腸は大事な内臓なので、できれば植物性乳酸菌を摂りましょう。 厳密に言うと乳製品が合わないからあまり良くないと言ったほうがいいかもしれません。 カルシウムとマグネシウムのバランスが悪い• 日本人は牛乳の乳糖を消化する酵素が無いから などと言われています。 なので、日本人の体質に合ってるのは 植物性乳酸菌なんです。 便秘改善• ダイエット効果• アンチエイジング効果• 免疫力の向上• アトピー性皮膚炎の改善• 花粉症の予防や改善• 肌荒れの改善•

次の

乳酸菌TUA4408Lの効果・特徴|乳酸菌大辞典

すんき漬け サプリ

Contents• 塩使わず漬物?すんきってどんな漬物なの? すんき漬けとは長野県木曽地方に伝わる伝統的な発酵食品で、材料は 赤カブのカブ菜を使っています。 すんき漬けはいつでも食べられる漬物ではありません。 カブ菜が旬の時期に漬けて 冬に頂く期間限定の美味しい漬物です。 作り方は、前年度のすんき漬けを種にして、新しく採れたカブ菜を湯通ししたものと交互に積み重石を乗せて数日発酵させます。 独特な酸味と歯切れの良い食感を持つ漬物です。 木曽地方は海から遠い産地にあった為、野菜は豊富に栽培できても保存に塩を使うのは贅沢なことであり、野菜を保存するのに通常の漬物を作るのが難しくありました。 木曽地方の昔の言葉に「米は貸しても塩はかせるな」などの言葉があるように 塩は貴重な物だったんですね。 その為昔の人は知恵を絞り、 無塩発酵の漬物「すんき」を生み出したと言われています。 化学が進み、添加物が入っている物が多い中、昔の知恵で生み出したものが、今また見直されて注目を浴びているのはすごいことですね。 実績として、2007年3月には絶滅の危機にある優良な食の遺産に与えられる「味の箱舟」に赤カブとすんきが共に認定されました。 これから先の未来にもすんき漬けを守っていきたいと世界が認めたという事ですね。 乳酸菌の力!すんきの健康効果とは? すんき漬けは無塩で作られていることだけが売りではありません。 すんき漬けに含まれる 乳酸菌の量も特徴の一つです。 乳酸菌といえばヨーグルトが代表的ですが、このヨーグルトと同等の乳酸菌が配合されています。 またヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌は生きたまま腸に届きづらいですが、漬物・味噌・納豆などの植物性乳酸菌は生きたまま腸に届きやすい特徴を持っています。 植物性乳酸菌の方が過酷な状況で乳酸菌が発酵していくので、菌自体が強いんですね。 そしてこの 乳酸菌を20種類以上含むすんき漬けには、すんき漬けだけに含まれる乳酸菌も4種類発見されています。 この特有な乳酸菌には アトピーや花粉症などのアレルギー対策に効果があります。 そして乳酸菌や豊富に含まれる食物繊維の働きによって お腹の調子を整える効果もあります。 腸内環境が良くなることで免疫力もアップする上、さらに美肌効果にも繋がります。 そして死因の原因一位のガンにも発ガン性物質の除去作用があるので、対策が取れます。 塩分が入っていないので高血圧の人でもすんき漬けで健康な体へ向けた食事が取れますね。 地元の味すんき オススメの食べ方は? 木曽の人々はすんき漬けを作り上げるのに知恵を出しましたが、食べるときにもちょっとの工夫で更に美味しく食べています。 ・すんき漬けに醤油と鰹節をかけて食べる。 そのままだったらお酒のおつまみに、ご飯に乗せて食べるのも美味しいです。 すんき漬け自体には塩分が含まれていないので醤油をかけても安心ですね。 ・味噌汁の具にする。 独特の酸味が効いてまた違った味噌汁を楽しめます。 ・そばに乗せる。 すんき蕎麦は木曽地方の名物です。 お店でも食べることが出来ます。 ・炒め物。 油で炒めて砂糖・醤油・削り節などの調味料で味付けしたすんき炒め。 さらにご飯が進みそうなおかずですね。 すんき漬け以外にもすんき漬けの加工品が多く商品化されていて、 すんきカレー・すんき粥・すんきドレッシングなどがあります。 常温での保存も可能で日持ちもするので、お土産にも、すんき漬けを知ってもらう一歩としても面白いですね。 まとめ~人気爆発で売り切れ状態!冬に発売開始されるので今が予約のチャンス!~ すんき漬けはテレビなどで健康効果が紹介されてから、現在売り切れ状態で手に入ることが難しくなっています。 赤かぶの旬を迎えてから収穫・作るまでの行程に入るので、 11月下旬頃に毎年発売されています。 食べたいなぁと思っても期間限定なので、時期を逃したら次の年まで待つことになってしまいます。 美味しく食べて健康になれるすんき漬けをこの冬ぜひ食べてみませんか?.

次の