シャイニング 感想。 【ネタバレ解説】映画『シャイニング』主人公ジャックの正体、ラストシーンの意味を徹底考察

シャイニング (映画)

シャイニング 感想

シャイニングのあらすじやネタバレ紹介 それでは早速、シャイニングのあらすじネタバレを紹介したいと思います。 この小説の粗筋は、多くの方がご存知かもしれません。 スタンリー・キューブリックが映画化したことによるものが大きいでしょう。 冬の間は閉鎖されるリゾートホテル。 そのホテルの管理人として住むことになった三人家族。 やがて始まる怪奇現象・・・次第にホテルの悪霊に取り込まれる父親・・・と、物語は展開していきます。 キューブリックの作品を原作と比較して貶める方もいるのは承知ですが、原作と切り離してみれば、また評価が違ってくるのではないでしょうか。 キングの人物描写は圧巻です。 父親が酒をのんではたらいてしまった数々の失敗を思い出しては、それを悔やむシーンなどは人情深く、リアリティがあります。 映画を観ていても、下巻に入ってからの圧倒的迫力はページを捲る手が止まらなかったです。 シャイニングの続きを読む場合はこちらの記事を参考にしていただければ無料で読むことが出来ます。 是非チェックしてください。 電子書籍だと、自分の持ってるスマホやタブレットで見れますし本屋や図書館に行く手間もいりません。 文庫本で気にしてしまう、何の本を読んでるのか周りの人に知られることもありません。 そんなあなたのために今すぐ電子書籍で読める方法をお教えしましょう! それが、 「AmazonのKindle」 です。 電子書籍で小説を読むことになると、通信料金や料金・安全面なんかも気になってきますよね。 今回紹介するサービスは安心安全です。 読みたい本をその場ですぐに購入することが出来るので、どこでも読書が楽しめますね。 Amazon Unlimited Amazonの電子書籍のKindleは一度会員登録すれば、欲しい本を検索してワンクリックで購入可能です。 これは余計な手間なく、便利ですよね。 実は月額料金で月10冊分の本が読み放題のKindle Unlimitedというサービスがあります。 Amazon Unlimitedはマンガ・雑誌・小説・ハウツー本など様々なジャンルンの本を読むことが出来ます。 ダウンロード出来る本が10冊なので、ダウンロードしたものを削除すれば更に本を読むことが出来ます。 10冊という縛りがあるように見えますが、つまりは月額料金で読み放題ということです。 ただダウンロードということですが、契約を解除すれば自分のスマホには情報は一切残りません。 データ化した本を買うというよりは、本を読む権利を買うということです。 シャイニングのあらすじやネタバレ紹介• シャイニングを電子書籍で読む方法• シャイニングを実際に読んだ感想 を紹介しました。 この小説シャイニングのあらすじ、参考になったでしょうか。

次の

【ネタバレあらすじ】シャイニング|映画の見どころ・感想

シャイニング 感想

スポンサーリンク あらすじ 山奥に建つオーバールック・ホテル。 冬になると雪に閉ざされ、閉館するこのホテルでは、冬の間、住み込みの管理人を募集していた。 その募集に応募し、採用されたのが、小説家志望の男ジャック・トランス。 ジャックは「新作を書くために集中したい」という思いからこのホテルの管理人職を希望した。 採用時、ジャックはホテルの支配人から過去に起きた凄惨な事件の話を聞く。 過去に同じようにホテルの管理人をした男が、雪に閉ざされたホテルの中、一緒に住み込んでいた家族を惨殺し、自殺したというのだ。 ジャックは意に介さず、妻ウェンディと一人息子ダニーと共にオーバールック・ホテルで住み込みの管理人職に就く。 外は深い雪に閉ざされ、家族三人だけのホテル生活、のはずだった。 ある日、ダニーが首に怪我を負ってしまう。 ダニーに話を聞くと、どうやら女性に傷つけられたらしい。 ジャックたち三人以外には誰もいないはずのホテル。 雪に閉ざされた山奥のホテルに、ジャックたちの他に誰がいるのだろうか。 やがて、ジャックもホテルの中で家族以外の人間に会うようになり、次第に狂気に蝕まれていく。 ネタバレを含みます なぜ狂ってしまったのか? 映画『シャイニング』では、同じホテルの中で三人が生活を共にします。 ジャック、ウェンディ、そしてダニー。 ダニーはあらかじめ「何かがある」と知らされていたので例外かもしれませんが、同じ条件にありながら狂ってしまったジャックと、狂わなかった二人との違いは何なのでしょうか? 小説家を目指しながらもうまくいかない自分への苛立ち。 また、映画では分かりにくいのですが、原作では確か、ジャックはアルコール依存症の過去があったと思います。 つまり、ジャックはホテルの管理人になる前から、精神的に大きなストレスを抱えていた。 そこを、ホテルに住む悪霊に付け込まれた。 ストレスを溜め、精神的に爆発しそうになった人間に、悪霊が囁きかける。 私たちが住む現実世界でも、悪霊ではなくても囁きかけてくるものがいるのではないでしょうか。 誰かの何気ない一言。 ネットに書かれていた言葉。 テレビやラジオから流れてきた声。 ストレスが溜まっていると、冷静なら気にもとめない言葉に心を乱され、時には爆発してしまうこともあるでしょう。 最近では爆発寸前の人が増えているような気がします。 ネット上では、多くの人が叩く相手を探しているように思えます。 現実世界でも、凶器を持って暴れたり、配偶者(男女問わず)に暴力を振るったり。 『悪霊の囁き』に耳を貸さずにいられるように、過度なストレスにさらされるような状況からは逃げられるように。 社会全体がもっと優しさと寛容さを持って欲しい、そう願います。 シャイニングの原作版と映画版 『シャイニング』は、原作と映画とで内容が異なり、原作者であるスティーヴン・キングが映画版を批判したことでも有名です。 私としては原作版も映画版も好きなのですが、スティーヴン・キングにしてみれば、自分の大切な作品が大きく改変されてしまったのは耐えられなかったのでしょう。 さて、原作者スティーヴン・キングの思いはさておき、『シャイニング』の映画は観たけど原作は未読という方、逆に原作は読んだけど映画はまだという方、原作も映画も楽しんでみてはいかがでしょうか? 特に、映画は観たけど原作は未読という方は、『シャイニング』の世界をより深く知ることができますよ。

次の

映画「シャイニング」あらすじ、感想【続編も決定した傑作ホラー】

シャイニング 感想

この映画は、2通りの解釈ができるようになっています。 ・ホテルに憑いている悪霊に取り憑かれる男の話(オカルト) ・外界から閉ざされた土地で、孤立した男が正気を失っていく話(サイコ・サスペンス) どちらに解釈しても、成り立つような話になっているのが、この映画の特徴であり魅力です。 〔アメリカ・コロラド州〕 ロッキー山脈の上に『展望ホテル』という名の、大きなホテルがあります。 冬季は雪が多いため、『展望ホテル』は営業を中止し、閉鎖していました。 積雪がひどく屋敷が傷んではならないので、冬季のオフシーズンには、ホテルは管理人を雇います。 日によって違う場所を温めることにより、積雪による被害を防ぐというのが、管理人の仕事でした。 ホテルのオーナー、スチュアート・アルマンのところへ、中年男性ジャック・トランスが面接に来ます。 アルマンはジャックに「冬の5か月間、孤独に耐えなければならない」と言い聞かせますが、ジャックは「ちょうど新作を考えるところなので、ちょうどいい」と答えました。 それでも念のため、アルマンは1970年の冬に起きた悲劇のことを、ジャックの耳に入れます。 …それは1970年のこと。 当時はグレーディーという男が、ホテルの管理人として着任しました。 グレーディーは妻と2人の娘を連れて、ホテルで過ごします。 ところがグレーディーは、冬の間に神経が参ってしまいました。 斧で家族を惨殺し、さらに家族の遺体をバラバラにして西の部屋に隠し、自分は猟銃自殺をしたそうです。 「キャビン・フィーバー」…僻地や狭い空間で生活する時に生じる、情緒不安定が原因でした…。 それを聞いても、ジャックは笑って聞き流します。 聞き流したものの、この「グレーディー」の話は、ジャックの記憶に残ります。 こうして冬季のホテルの管理人の仕事を得たジャックは、妻のウェンディー、息子のダニーを連れて、『展望ホテル』へ向かいました。 〔ホテル閉鎖の日〕 ジャックはオーナーと会います。 妻のウェンディーは「広くて迷子になりそう」と言いながらも、豪華なホテル暮らしが嬉しそうです。 ウェンディーと息子のダニーは、料理主任の黒人男性・ハロランに、食料貯蔵庫を案内してもらいました。 その際に、ハロランはダニーを「先生」と呼びます。 ダニーを「先生」と呼ぶのは、家族の中だけでの秘密なのですが、ハロランがそれを知ることを、妻のウェンディーは驚きました。 あとで、ハロランとダニーは2人で話します。 ハロランは祖母とテレパシーで話すことができる、人物でした。 (ハロラン自身に超能力があるかは謎だが、超能力者だった祖母の言葉を受ける、アンテナの能力は持っている) ダニーが超能力者だと見抜いたハロランは、その能力を両親は知っているのかと聞きます。 ダニーは、トニーというもう1人の人格を作り上げていましたが、両親は残念ながら、ダニーの能力を知らずにいました。 ハロランはダニーに、その能力を大事にしろと言います。 ダニーは「237号室、怖いの?」と聞きますが、ハロランは否定しながらも「あそこには近づくな」と警告しました。 ダニーはホテルに入った瞬間から、超能力で「ひとには見えないもの」が見えていました。 水色のワンピースを着た少女2人の幻影や、エレベーターから血の海が湧き出る映像です。 しかしダニーはそれを、母のウェンディーには告げずにいました。 とにもかくにも、親子3人での生活が始まります。

次の