ドメスト トイレ 掃除。 トイレ掃除にブラシは必要ない!そもそも便器は磨いてはいけない。

トイレ清掃剤にはドメストが効くとネットにあったので購入しま...

ドメスト トイレ 掃除

トイレ掃除に、酸性洗剤として「サンポール」を、 アルカリ性洗剤として「ドメスト」を使い、 どちらもトイレットペーパー染み込ませ、 便器に貼り付け、しばらく時間が経ってから、 スポンジで、擦り落として掃除しています。 ですが、最近サンポールには 「サピカ サンポールスプレー」というスプレータイプがあると知りました。 トイレットペーパーに染み込ませ、便器に貼り付けるのは、 結構、面倒くさいので、これを使い、数回5分每ほどにスプレーし、 最後にスポンジで、擦り落として掃除しようと思います。 通常のサンポールも、予備を含めて数本あるので、 「100円ストアのスプレーボトル」に、入れて使おうと思いましたが、 インターネットで調べてみると、以下のような書き込みがあり、 やめることにしました。 強アルカリや強酸はスプレー無理だな。 1600円程度高耐久性スプレーもダメになったよ 同じように、手持ちのドメスト数本も、 「100円ストアのスプレーボトル」に入れて使おうと思い、 入れる前に、インターネットで調べてみると、 「何倍かの水でうすめた薄め液」なら良いようですが、 原液の場合ならどうでしょうか? 100円ストアのスプレーボトルに入れても大丈夫でしょうか? ドメストも、以前には「ドメストスプレー」という製品が販売されていたようですが、 現在は販売されてないようです。 ドメストの使い方は、ドメストを何倍かの水でうすめた薄め液を作って、 スプレーの容器に入れておきます (逆さにしてもスプレーできるような物がよいです) 便器内にドメストをシュッシュして、 トイレットペーパーを湿布のようにその上から全体にのせ、 さらにその上から軽く振りかけます。 後は数十分してから水を流します。 それだけでピッカピカになります。 教えてください。 よろしく、お願いします。 ・粘度が高い商品ですから原液をスプレー容器に入れても噴射しないと思います。 この強い粘度は汚れに出来るだけ長時間付着させるのが目的でしょうね。 ペーパーと併用すると付着時間が更に増す訳です。 ・原液を直接吹きかけるなら商品容器を逆さにして絞り出す使い方しかないでしょうね。 なお、説明書をよくご覧になっているようですが念の為に ・酸性洗剤とアルカリ洗剤を混ぜると有毒な塩素ガスが発生して非常に危険です。 同じ場所 トイレ にこの2種類の洗剤を使用するのは避けた方が良いです。 参考までに ・サンポールの主成分は塩酸で酸性 ・サピカ サンポールスプレーの主成分は乳酸でこれも酸性 ・ドメストの主成分は次亜塩素酸ソーダでアルカリ性 ・サピカ サンポールスプレーは粘度を落としてスプレー噴射可能に作り上げた商品でしょう。 その為に酸を乳酸に代えて界面活性剤が強化されたものと思います。 Q お風呂に、白い石膏のようなかたまりが薄くついています。 その汚れを取る方法を教えてください。 結婚してすぐに体調を崩し、実家で一年ほど療養し、 自宅に戻りました。 すると、お風呂の扉や、イスや鏡などに、白い汚れがたまっていました。 記憶が定かではないですが。 これは、結局、何の汚れなんでしょう? ブラシなどでこするとだいぶ落ちますが、全部取り切るにはすごく大変です。 そこで、その汚れを浮かせたいと思い、 手持ちのセスキか、クエン酸は効くのかな?と、悩んでいます。 もしくは、このどちらでもなく、 この汚れに有効な成分のものがあるのでしょうか。 この汚れの正体を知っている方、 落とし方がわかる方、 セスキとクエン酸に詳しい方、 居りましたらお知恵をお貸しください。 A ベストアンサー 白い石膏のようなかたまりはカルシウム成分です。 これですとクエン酸で溶けます。 水溶液で洗うだけで落ちない場合は何回も繰り返します。 クエン酸は強い酸ではありませんから下地を冒すことはほとんどありませんので水を加えてネバネバ状にしたものを塗りつけてしばらくしてから水洗するのもよいです。 下地が心配でしたら目に付かない個所でお試しして下さい。 なお風呂ですと石鹸かすや油脂成分の汚れもあるでしょう。 これらはクエン酸とは反対のアルカリ性の薬剤で落とせます。 セスキは重曹と同じようなアルカリ薬剤です。 大ごとにはなりませんがクエン酸に重曹等を混ぜるようなことは止めましょう この場合ジュワジュワと泡が出ますがこれは炭酸ガスで危険なものではありません。 Q こんにちは。 1人暮らしをしております。 女性です。 1人暮らしということで、ついついトイレ掃除が数日に1回ペースと、サボり気味の私です。 そのせいか、水垢 さぼったリング、とも言うらしいですね?)のような跡が便器についてしまいました。 便座は洋式のウォシュレット付きです。 毎回水が溜まるあたりと、流れる部分あたりにうっすら黒いラインができてしまいました・・・ 今、トイレの洗剤は「ルック」を使っています。 安いのでこれなんですが、どうも良くないような? 汚れは落ちますが、またすぐ汚れがつきます。 市販されているトイレの洗剤でオススメを教えてください! なるべく安価&詰め替えアリのものだと有り難く思います! よろしくお願いします。 A ベストアンサー 面倒なのが嫌ならキッチン用のハイターなどの塩素系漂白剤をドバっとトイレの溜まりに注ぎ込んでやれば良いのです。 尿石の掃除にはサンポールの落ちがが良いですね。 さすが塩酸。 しかしアンモニア臭の消臭は一筋縄ではいきません。 それこそスチーム洗浄器まで駆使してアンモニア臭の撲滅に燃えました。 しかし長年使い込んだ便器さんには歯が立ちませんでした。 ueda. html アンモニア系の消臭には非常に効果があります。 スプレー用容器に入れて便器にシュシュすると乾いたら匂いません。 靴なんかの嫌な臭いも抑えれます。 htm まぁどんなにファッションを決めてもパンプスやブーツを脱いだら匂ったらね~~。 ストッキングを履く前に足の指先にシュシュします。 biglobe. html 面倒なのが嫌ならキッチン用のハイターなどの塩素系漂白剤をドバっとトイレの溜まりに注ぎ込んでやれば良いのです。 尿石の掃除にはサンポールの落ちがが良いですね。 さすが塩酸。 A ベストアンサー お話から.セメントの割れ目に存在するスラッジ(と呼んでいますけど.方言かもしれません)が存在する場合の対応と簡易しました。 スラッジは.セメントの割れ目から水が染み出すときに.できるもので.主成分は炭酸カルシウムです。 普通の水道水や風呂の水は.ほぼ中性です。 (ただし.一部洗剤では.酸性の場合とアルカリ性の場合があります。 )その為に.程度の差はあれ.セメント(溶ける成分は水酸化カルシウム)を溶かします。 溶けたセメントの成分(カルシウムイオン)と空気中の二酸化炭素が化学反応をおこして.白いもの(炭酸カルシウムが主成分.一部変な成分も含む)ができます。 中学校か高校の時の地学や地理の内容でカルスト台地での鍾乳洞の出来方を思い出して下さい。 できた.白いものですが.原料の水が風呂の水ですから.多くの場合に.たとえば.垢とか汗とかの有機物を含みます。 このような有機物があると.表面を有機物が覆って.色々な化学薬品が反応しないようになってしまいます。 こうなると.簡単には溶けません。 又.炭酸カルシウムを溶かすものとして.酸性の物.食用酢とか塩素酸系漂白剤がありますが.これを使った場合に.割れ目からセメントの中に入り.セメントの溶け出しが激しくなります。 その結果.比較的簡単に.セメントが劣化してしまいます。 つまり.風呂場の床に穴があき.水漏れの原因になります。 ですから.化学薬品は一切使えません。 (アルカリ性の(風呂用洗浄剤)ものも反応が多少違いますが.白いものの表面を保護している有機物を分解します。 その結果.白いものが溶けやすくなります。 しかし.結果的にアルカリ性のものでも.セメントを腐食することになります)。 したがって.4の方のように物理的に剥がすしか方法がありません。 あと.ドライバーの使用を薦めていますが.私の場合には.ステンレス性(食べ物の)クリープやお好み焼きをひっくり返すヘラを使いました。 お話から.セメントの割れ目に存在するスラッジ(と呼んでいますけど.方言かもしれません)が存在する場合の対応と簡易しました。 スラッジは.セメントの割れ目から水が染み出すときに.できるもので.主成分は炭酸カルシウムです。 普通の水道水や風呂の水は.ほぼ中性です。 (ただし.一部洗剤では.酸性の場合とアルカリ性の場合があります。 )その為に.程度の差はあれ.セメント(溶ける成分は水酸化カルシウム)を溶かします。 溶けたセメントの成分(カルシウムイオン)と空気中の二酸化炭素が化学反... A ベストアンサー ご自分でぜひどうぞ! そもそも、自分の家のメンテナンスは専門性の高いものとかいったものをのぞけば、昔は自分達でやっていたはずです。 法外な金額をとるなんじゃらコーティングはともかくとしてホームセンターで売っている樹脂ワックスととか水生ワックスなぞは、自分でやるのが普通です。 今の世の中は、家も家具を買うのと同じ感覚の人が多い(業界にも責任があると思うが・・・)ようにも感じますし、販売者(施工者)責任を楯に、自分で直せるものも一から十までいってくる人が本当におおくなったと思います。 素人は素人なりに自分の家は自分達で維持をするという気持ちをもって家族が生活すべきだと思います。 子供は親の背中を見て育つといいますし、お父さんの威厳もたもて、家がハッピーになるかと思いますが・・・。 A ベストアンサー 激落ちくんや汚れの消しゴム(スポンジ状)などは研磨剤をスポンジに練りこんでいるので汚れが簡単に落ちますが、見えないキズがつきす。 キズに汚れが溜り易くなるのでユニットバスやトイレの便座など少し柔らかめの素材にはお勧めできません。 画像からは湯垢だと思うのですが・・・ 浴槽の真ん中あたりが横に白く見えるのがお湯を張ったときの水面の位置と思われます。 それより上部は少し黒く、それより15cm下に向け液だれした跡と思われるような模様に見えます。 そして底の周囲が白く見えます。 すべて想像ですが、以前に使われていた方がお風呂掃除しているうちについてしまった洗剤跡の様に思いす。 洗剤を残り湯に溶かして掃除していたのでしょうか水面あたりが水平にキレイですよね。 そしてお湯を抜いてから壁面に洗剤をスプレーした液だれあと、そして底の周囲に溜った洗剤が部分的に効いて白くなってる様に思います。 だとすると湯垢ですよね。 でもその状態が長く続いているのでビクともしないのだと思います。 市販されている洗剤では濃度が低いので厳しいかもわかりません。 掃除のプロに見てもらうのが良いと思いますが・・・市販の洗剤で出来る下記の方法を紹介します。 1 厨房ブリーチ5kg((アルカリ性洗剤)ホームセンターで販売してます。 700円後半だと思います。 )をお湯(50~40リットル)を張った浴槽にブリーチを全部入れ(約10倍希釈)かき混ぜて8時間位放置します。 2 浴槽の洗剤液を抜き熱めのお湯で軽く濯ぎます。 3 熱めのお湯で温まった浴槽にマジックリンなどのアルカリ性の洗剤をスプレーし5分ほど放置し少し硬めのスポンジタワシ(オレンジや赤色まで、茶や緑色は硬すぎ)で擦り洗いします。 すべて画像からの想像で書きました。 実際にやって見ないとわからないのが汚れ落としですよね。 これでダメならプロに頼みましょう。 激落ちくんや汚れの消しゴム(スポンジ状)などは研磨剤をスポンジに練りこんでいるので汚れが簡単に落ちますが、見えないキズがつきす。 キズに汚れが溜り易くなるのでユニットバスやトイレの便座など少し柔らかめの素材にはお勧めできません。 画像からは湯垢だと思うのですが・・・ 浴槽の真ん中あたりが横に白く見えるのがお湯を張ったときの水面の位置と思われます。 それより上部は少し黒く、それより15cm下に向け液だれした跡と思われるような模様に見えます。 そして底の周囲が白く見えます。 すべて想像で...

次の

トイレ清掃剤にはドメストが効くとネットにあったので購入しま...

ドメスト トイレ 掃除

トイレの奥に トイレブラシが置いてあるのって凄くあたりまえの光景です。 だってトイレ用品の売り場には必ずトイレブラシが並んでるし。 便器が汚れてきたらトイレ用洗剤とブラシをつかって ゴシゴシ磨く。 掃除が終わったらブラシの水気を切って立てかける。 ・・・いや、待ってください。 そのブラシ菌まみれですよ! 菌の温床ですよ! と、綺麗好きというか神経質というか私もトイレブラシって 汚いイメージしかありません。 流せるトイレブラシは画期的 トイレブラシに対しての悪いイメージなどから最近は 使い捨てタイプが主流。 使い終わったらブラシの部分は流して捨てる素敵なやつです。 ・・・・・・・・・いや、違う! 今回はそんな事がいいたいんじゃない!そもそも「 便器は磨いて綺麗にする」というのが思い込みというか…  そもそも便器は磨いてはいけない 便器ってほとんどが 陶器製です。 ピカピカ光沢がある陶器製です。 この陶器製の便器を長い間こすったり磨いたりしていると 表面の皮膜というかコーティングというか光沢の部分が 剥がれ落ちます。 経験した事がある人はわかると思いますが磨き続けた部分だけ光沢のないくすんだ陶器が顔を出します。 そうなると最悪で見た目は悪いし、 汚れが非常につきやすい状態になります。 さぼり洗いするのが便器には1番いい 週に1回くらいの頻度でトイレ用洗剤を流すだけの「 さぼり洗い」で便器は充分綺麗になります。 重要なのはトイレ用洗剤の選択。 経験上、洗剤選びを間違うと全然綺麗にならないし手間も増えます。 回し者と思われるくらいのドメスト推し トイレ洗剤といったら絶対に ドメスト。 何と使い比べても今のところこいつを超える洗剤はでてきていません。 もうずいぶん長い付き合いです。 使い方はシンプルで、便器のフチ裏を一周まわすようにドメストをかければ終わり!あとは 10分ほど放置。 なにか他の家事をしているあいだに綺麗になってます。 やったことない人は騙されたと思って試してみてください。 ホントにこれだけで充分綺麗になります。 CMで「 さぼったリング」なんて呼ばれてるトイレの黒ずみもドメスト放置で真っ白ですし。

次の

ドメスト・トイレハイター・スクラビングバブルの違い 塩素系トイレクリーナーの成分比較

ドメスト トイレ 掃除

酸性・塩素系に比べて洗浄力はやや劣る• 材質にダメージを与えない フタや配管など• 頑固な汚れになる前にこまめに掃除するなら洗浄力の低さはあまり気になりません。 トイレ全体 便器の内外、ふた、床など を掃除できるのも嬉しいですね! ネット通販のレビューで「汚れが落ちない!」という評価がありますが、頑固な汚れに中性洗剤を使用しても落ちづらいのが当たり前です。 1本でトイレのおそうじも消臭もできるクリーナーです。 便座や床のふきそうじ、汚れの付着防止にも。 除菌もできます。 温水洗浄便座にも使えます。 逆さでも使えるスプレーです。 また、中性商品なので洗浄力は、他の製品と比較して 低いとは思いますが、マメに掃除している為、不便を感じません。 商品の特性(洗浄力:低い、香りの持続が長い)を理解した上で、 購入された方が良いと思います。 黄ばみ・黒ずみ・汚れをすっきり落としてピカピカに!• 洗浄・研磨の2つのはたらきでよりキレイに。 浄化槽式トイレにも使えます。 除菌成分が配合してあり、さわやかなユーカリの葉の香りです。 上向きでも、逆さにしても泡状で噴射できる、非常に使いやすいスプレーを使用• キンモクセイとミントの爽やかな香り• ちゃんとレビューで書かれてる方がいらっしゃったんですね。 全部読んでから購入すべきでした。 スプレーの出もいいし、汚れ落ちには文句ありませんが、この匂いはちょっと苦手かも・・・。 また以前のような香りに戻ったら買いたいと思います。 私の力が弱かったようです・・ 香りは持続性はありませんが、トイレ用洗剤にありがちなツンとした香りではなく自然で穏やかな爽やか系で気に入りました。 コスパも大変良いので、リピします。 トイレの目につくところに置いていてもインテリアのように馴染みます。 汚れもしっかり落ちます。 トイレに入る度にスプレーして、ブラシで掃除しています。 掃除中、良い香りに癒されます。 石鹸パワーと重曹の力でしっかり落とす重曹クリーナー• みるみるうちにキレイになって気持ちがいいです!香りもいいのでお気に入り。 重曹って粉のままだとなんとなく使いづらいのですが、こんな風にスプレータイプにしてもらうと使いやすくて助かります。 ずっと買い続けます。 石膏の様な白い線にはムリでした。 残りをどうしようかと、衣類の衣替えの時に古い汗ジミを見つけ、使ってみたところキレイに落ちたモノもあり、今後は衣類の方で使えそうです。 トイレがまるで新品に なりました。 他の有名トイレ用洗浄剤ではビクともせずもうあきらめていましたが、 サンポールであっさり解決しました。 先に書かれていたレビュアーの方々に 感謝です。 汚れの種類によってはサンポールが役に立たない。 という事が初めての使用で理解できました。 「ふちウラの奥」までかけやすい「新・ロングネックボトル」• メシル酸が尿石や黄ばみなどの汚れを瞬時に分解します。 だからこすり洗いする必要がありません。 ツンとした刺激が少なく、陶器を傷めにくいので安心です• 効果はそのままに、ジェルやクリームみたいになれば、汚れに張りついてより効果的に働く気がするし、無駄なく使えそう。 尿黄ばみに大しての除去能力の効果はホンモノだと思って大丈夫だと思います。 出典: まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は液性別に3種類のトイレ洗剤を紹介しました! 知らなかったわ。 液性によって落としやすい汚れが違うなんて。 こまめに掃除するなら中性洗剤。 カビとかの黒ずみには塩素系洗剤。 尿石とかの黄ばみには酸性洗剤。 って覚えておくわ。 そうですね。 それで間違いないでしょう。 家庭でのトイレの汚れはたかが知れているので、塩素系か酸性のどちらかの洗剤があれば大抵の汚れは落ちます。 私の経験則では『好みの中性洗剤』と『ドメスト』と『サンポール』さえあれば、こと足りる。 といっても、それなりの頻度で掃除をしていたからだとは思いますが。 あ、最後に絶対に覚えて欲しい事が一つだけあります。 それは、 塩素系と酸性は絶対に混ぜるな!!!! ドメストとサンポールはまさしく塩素系と酸性の洗剤!! 混ざると有毒の塩素ガスが発生して、最悪死にますよ。 そこまで至らないにしても、有毒には変わりありませんので、 どちらか一方の洗剤を使った後は、充分に水で洗い流して、充分換気をしてから、もう一方の洗剤を使うようにしてくださいね! スポンサーリンク.

次の