狙え タイトル ホルダー。 【狙え!タイトルホルダー本塁打編 3日目】

【狙え!タイトルホルダー本塁打編 最終日】

狙え タイトル ホルダー

詳細は表の通り。 特効キャラは計3人おり、それぞれボーナスがかなり強力なため、入れられるのであれば必ず入れよう。 全てPSRで借りられれば理想。 上限突破時もボーナスが適用される ミート・パワー・走力を上限突破して101以上にした場合、 特効ボーナスは101を超えて適用される。 ミート・パワー・走力が120前後となれば出塁率をかなり高められるため、この3つは上限突破しておきたいところ。 打順は8番にするのがオススメ デッキの特徴・ポイント 経験点をバランスよく大量に稼げる VR生成と超特訓により経験点を多く稼げるため、打撃能力を全般に上げやすい。 をする余裕も十分ある。 また、各キャラが持つ基礎ボナ・得意練習のバランスも良いため、経験点バランスが整いやすい。 キャラ金特が全て打撃系能力 デッキキャラで取れる金特全てが打撃操作に役立つ能力のため、全取得できれば打撃操作がかなりしやすくなる。 照守は社長でも可 照守は彼女1人の純愛編成ではイベントがかなり弱体化してしまうが、 パワー上限UPと強力なタッグセルを排出可能なため採用。 同じくパワー上限UP持ちのでも良いが、タッグセルがなくなってしまう点に注意。 できればまねき猫を持ち込みたい 前2後4編成であり、 後イベ数の合計が15と重いため、できればまねき猫を持ち込んで後イベが安定して全完走するようにしたい。

次の

【パワプロアプリ】狙え!タイトルホルダー7打率編の特効育成解説【パワプロ】

狙え タイトル ホルダー

6試合目まで 7月1日 水 14:00~ 12試合目まで 7月2日 木 14:00~ 18試合目まで 7月3日 金 14:00~ 24試合目まで 7月4 土 14:00~ 30試合目まで 7月5 日 14:00~ 特殊ルールについて• すべての「スタジアムアイテム」を使用する事ができません• 選手の調子はふつう ボーナスで変動• リーグレベルに応じてCPUレベルが変化• 操作するのはプレイ選手1人です。 試合数は毎日6試合ずつプレイ可能です。 1試合の打席数は2打席 プレイ選手の打席は1試合最大2打席まで回ってきます。 3打席目以降は出番操作が発生しないので、成績にも反映されません。 プレイ選手が二塁打、三塁打になるような打球でも一塁までしか出塁しないので注意しましょう。 12選手で競う 12チームで1つのグループが組まれます。 グループの構成は通常スタジアムで同じリーグ、戦力の近いプレイヤーでグループが構成されます。 マッチングにもガチマッチングと疑似マッチングの二種類があり、エントリーするタイミングに応じて適切なグループマッチングが行われます。 ガチマッチングと疑似マッチングとは?• ガチマッチング グループ内の全プレイヤーがライバル関係に互いに一致するマッチングです。 事前エントリー期間中にエントリーしたプレイヤーは基本的にガチマッチングで結成されます。 疑似マッチング 各プレイヤーごとに専用のグループが疑似的に結成されます。 盗塁数だけが連動し、互いにライバル関係は必ずしも一致しません。 狙え!タイトルホルダー安打編の攻略方法 ボーナスキャラを使って育成しよう ボーナスキャラを使って育成すると試合ですごく有利に試合を運ぶことができます。 PSR、SRの能力が非常に高いです。 特に【沖野海里】は 相手の守備を大きく下げることができるので、おすすめします。 打撃のしやすいコツを取得しよう サクセス時にヒット性の当たりが出やすいコツと盗塁成功率を上げるコツを取得しましょう。 ボーナスキャラを所持していない場合はコツを重点的に取得しましょう。 報酬内容は称号、ガチャ券、ストアメダルがもらえます。 リーグレベル1~4はPRガチャ券がもらえます。 リーグレベル5~7はSRガチャ券がもらえます。 ランキング上位を目指して頑張りましょう! 日間MVP報酬 日間MVP報酬はストアメダルです。 こちらも順位、リーグレベルが高いほど枚数が増えます。 たくさんメダルを集めてSRガチャ券やサクセスのアイテムを手に入れましょう!.

次の

狙えタイトルホルダー本塁打編!結果は……

狙え タイトル ホルダー

この選手でパワプロのタイトルホルダーに臨んでみた。 今回のイベントに合わせて、作成した選手。 こいつで今回はタイトルホルダーのイベントに臨みます。 彼の名は 「松林」 本塁打の本数を競うということで、打撃に特化した選手です。 弾道は 4、ミートは A、パワーは Sとかなり攻撃的な彼。 金特にアーチストを入れることができなかったのが残念ですが、それでも活躍してくれそうなやつです。 打って打って打ちまくってくれ。 実際にタイトルホルダーのラスト3試合をプレイしている画面。 そんな松林君でラスト3試合に臨んでみました。 ホームランを打つか、フォアボールで本塁打数がカウントされます。 では、実際のプレイ画面をご覧ください。 こんな感じで最後まで進めてみました。 最終結果がこちら。 30試合でホームラン105本。 1試合平均3本くらいのペースで打ったはずなのに、まさかの4位。 1試合で5本のアベレージだと150本計算になるけど、僕には無理です。 上位陣はホームラン打ちすぎな。 これだったら1位を取れるとか夢見た自分が恥ずかしい。 今回のパワプロのイベントで改めて上位陣との力の差を感じたという話。 今回のイベントはホームランをひたすら打つだけというシンプルな競争。 終わってみれば、上位3位にすら入れないという現実。 課金してる、してないとか関係ないレベル。 どんだけ強い選手を使っても、操作に問題があれば勝てないなと。 松林君は頑張ってくれたと思う。 ごめんよ、松林君。 今回の敗因は僕のバッティングの技術不足だ。 でも、課金組を見返すという野望は消さないよ。 操作技術もあげて、絶対に無課金で勝ってみせるから。 その時は松林君も胸を張って喜んでくれ。 ということで引き続き無課金で頑張ろうと思います。 今までのパワプロの記事はこちら。

次の