あ つもり 株価。 【東海カーボン(5301)の株価分析】高配当と株主優待はお得だが、今後の業績に注意が必要

目標株価まとめ

あ つもり 株価

この記事ではこんな疑問にお答えします。 「東海カーボンに興味があるけど、業績や財務はどうなんだろう?」• 「東海カーボンの株価は割安?割高?」 東海カーボンは 国内大手の炭素素材メーカーです。 ゴム製品などに使われるカーボンブラックのほか、製鉄の電炉に使用される黒鉛電極の生産などを行っています(黒鉛電極の生産では 世界4位の大手です)。 東海カーボンは近年、 業績が急拡大しており、配当金が急増しています。 また、 株主優待利回りも比較的高いことから、個人投資家の注目度が高いです。 今の株価は割安と考えてよいでしょうか?でも株価分析希望が多かったので、調べてみました。 本記事では 東海カーボンの業績や財務内容、株価の割安さなどから、今の株価は買い時なのか?について私の考えを紹介します。 東海カーボンの売上高・営業利益• 売上高:右軸• 営業利益:左軸(0からのスタートではないことに注意してください) 東海カーボンの営業利益はリーマンショック後に長く低迷していました。 中国において製鉄の過剰生産能力が削減されていたため、電炉の需要が減少していたからです。 しかし、2017年以降、環境負荷が少ないとされる電炉の需要が高まったことで、主要部材である 黒鉛電極の需要が急増しました。 そのため、原料のひっ迫に伴い、製品の価格を大幅値上げしたことなどが理由で、 東海カーボンの業績は急拡大しました(2018年12月期の営業利益は前期比5倍以上)。 2019年12月期は市況のピークを過ぎたため、減益の見通しです。 しかし、2016年以前の水準と比べると、今期の利益も高水準です。 今後の懸念材料は、市況悪化に伴う業績低迷 東海カーボンは市況株と呼ばれ、 業績は需給関係に左右されやすい特徴があります。 実際、東海カーボンの業績は黒鉛電極の需給ひっ迫に伴って急拡大しました。 しかし、米中貿易摩擦により中国景気が悪化し、黒鉛電極の市況悪化が起きると、東海カーボンの業績もピークアウトしています。 現在の計画ではやや減益にとどまっていますが、今後の市況次第では 更なる業績悪化の可能性があります。 今後はどの水準で業績が下げ止まるかに注目する必要があります。 東海カーボンの高利益率は競争力が高いというよりも、市況の影響が大きそうです。 2019年12月期は減益の予想となっており、今後は営業利益率の低下が見込まれます。 2016年以前の水準まで戻るかはわかりませんが、少なくとも現在の高利益率は維持できなさそうです。 ただし、東海カーボンのPBRは業績が低迷していた2015~2016年は 0. 5倍前後でした。 もし今後、業績が低迷し続けたら、同水準までPBRが低下する可能性があります。 PBRは割安さの目安ではありますが、 必ずしも1倍で下げ止まるわけではないので、注意が必要です。 東海カーボンの株価は理論株価(企業価値)に対して割安 割安度の指標として有名なPER、PBRは一面的な評価であり、企業の実態がわかりにくいという弱点があります。 そのため、私が株価の割安さを判断するときは、 企業価値評価手法によって求めた理論株価を重視しています。 企業価値(理論株価)を計算する手法はいろいろありますので、自分の考え方に合った手法をとるとよいです。 私の場合は、 の財務分析ツールで使われている手法と基本的に同じ考え方であるため、前記ツールを参考値として使っています()。 東海カーボンの配当利回りは高く、株主優待はカタログギフト 6つ目の判断基準は株主還元(配当・株主優待)をする姿勢があることです。 配当や株主優待には賛否両論あり、無いほうが良いという人もいます。 しかし、 配当や株主優待がある銘柄は、市場がショックに見舞われたときの株価下落率が比較的小さいという良さがあります。 そのため、私は 業績などを最優先としたうえで、株主還元姿勢がある銘柄はなおよいと考えています。 東海カーボンの配当・株主優待について、詳しく見ていきます。 東海カーボンの配当利回りは約4. 東海カーボンの配当金の推移 業績が急拡大した2017年以降に配当金が急増しています。 2016年からの3年間で8倍の予定です。 これから業績は悪化することが予想されており、減配になる可能性もあります。 高配当利回りを理由に投資する場合は、業績の先行きに注意する必要があります。 東海カーボンの株主優待はオリジナルカタログギフト 東海カーボンの株主優待はオリジナルカタログギフトです。 内容は保有株式数と継続保有期間によって、以下のようになっています。 同社は2017年以降の需給ひっ迫に伴い、 業績の拡大と株価上昇が続きました。 また、現在のPERやPBRでみると、株価は割安な水準のため、一見、買い時のように見えます。 しかし、東海カーボンの業績は 市況に左右されやすいという特徴があります。 四半期業績の推移をみると、業績はすでにピークアウトしており、今後はどこまで悪化するかわからない状況です。 今後の業績悪化を考慮すると、現在の株価は割安とは言い切れず、さらに株価が下落する可能性があります。 投資判断をするなら、業績の下げ止まりを確認してからにするのが良さそうです。 銘柄選定の参考になれば幸いです。 会社名 おすすめの用途 当ブログの評価記事 SBI証券 何でも 楽天証券 投資信託 () マネックス証券 米国株 松井証券 ロボアドバイザー () auカブコム証券 日本株 GMOクリック証券 日本株 () 岡三オンライン証券 日本株 ライブスター証券 日本株 SBIネオモバイル証券 日本株 () ストリーム(株アプリ) 日本株 () LINE証券 日本株 () 以下では、日本株投資で特におすすめな証券会社として、以下の4つを紹介します。 :1株から少額投資できて、手数料も格安• :操作性が良くて、はじめての投資でも使いやすい(1株から少額投資可能)• :株式の取引手数料が無料(従来型の委託手数料について)• :最大手のネット証券でオールマイティーに便利 関連記事:• 格安な手数料で、1株から少額投資したいならSBIネオモバイル証券 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)です。 大金を一度に投資すると、失敗したときのダメージが大きくなりますし、そもそも投資資金が豊富でないと買えないという問題があります。 少額からリスク控えめに投資したいなら、 の単元未満株制度を使うとよいです。 なぜなら、 格安な月額手数料で、1株から何度でも売買できて便利だからです()。 SBIネオモバイル証券は2019年4月に営業開始した新興ネット証券ですが、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社なので、 信頼感もあります()。 あなたにおすすめの投資方法を診断します 長期投資にはいろいろな方法があり、 自分の性格や期待リターン、かけられる時間などによって、自分に適した投資方法は違います。 自分に合った方法がわからなくて、どうやって始めればいいかわからないという方は多いのではないでしょうか? そこで、 自分に合った投資方法を診断するツール「ロイガイド」を作りました。 最大5つの質問に答えるだけで、診断結果と今後必要なノウハウ(当サイトのコンテンツまとめ)が出るようになっています。 これから投資を始めたいという方や、投資がうまくいかなくて悩んでいるという方は、ぜひ診断してみてください()。 おすすめの投資方法診断ツール「ロイガイド」 以下の質問に順番に答えていってください。 前の質問に戻ることもできます。

次の

目標株価まとめ

あ つもり 株価

はじめに 「原弘産」はこのIRによって何を求めているのでしょうか。 それは「財務体質の改善」です。 株価は順調に資金調達が進めば上昇するはずです。 割当先である「EVO FUND」は過去多くの銘柄を上昇させた実績があります。 そのため投資対象にしました。 ただ、今後「どこまで下落するのか」「どこまで上昇するのか」もしくは「一切上昇しないのか」は分かりません。 ですがこれこそが仕手株の醍醐味だと思います。 発行 2018年9月20日に第三者割当による新株予約権の発行に関するIRがありました。 以下は発行の詳細です。 新株予約権の概要(第4回)• 発行株式数 :221,000,000株• 当初行使価額 :2円• 下限行使価額 :2円 行使中 大量行使に関するお知らせのIRや、大量保有報告書データベースにおいて行使が進んだ場合に追記しています。 2019年05月13日現在行使率は52%。 2020年04月01日現在行使率は64%。 株価動向速報1 2019年7月4日に出来高を伴った上昇がありました。 今のところ初動であるかは分かりません。 なぜなら、初動は後になって確定されるからです。 ただ、今回のような動きがあることは仕手筋の取り組み姿勢を図るうえでとても重要です。 取引については全力買、打診買、もしくは初動と確定するまで取引しないでもいいと思います。 株価動向速報2 2019年7月10日に出来高を伴った上昇がありました。 今のところ初動であるかは分かりません。 なぜなら、初動は後になって確定されるからです。 ただ、今回のような動きがあることは仕手筋の取り組み姿勢を図るうえでとても重要です。 取引については買増し、打診買、もしくは初動と確定するまで取引しないでもいいと思います。 株価動向速報3 2019年9月18日に出来高を伴った上昇がありました。 大きく買われましたが厚い買板が気になります。 これから出来高を伴って上昇していくかはまだ分かりません。 まだ調節する必要があるように思います。 株価動向速報4 2019年9月24日に出来高を伴った上昇がありました。 上昇はしたもののしっくりこない感じです。 13円の買板に見せ板がちらほらしていました。 この銘柄であまり利益を求めるつもりがないため、買増しは控えます。 株価動向速報5 2019年9月25日に出来高を伴った上昇がありました。 これほど連続で上昇するとは思ってもいませんでした。 5月13日のような下落がなければ順調に推移していくかもしれません。 株価動向速報6 2019年9月27日に出来高を伴った下落がありました。 残念ながら都合よく上昇してはくれません。 本日の動きの本当の意味は分かりません。 よって、このまま元の水準まで下落するかもしれません。 たとえそうなったとしてもただただ取引を終えるだけです。 株価動向速報7 2019年10月7日に出来高を伴った上昇がありました。 ついに15円を超えてきました。 順調に上がってはいるものの出来高がそれほど多くないのが少し引っかかります。 買板がずっと厚い状態なのもしっくりきません。 ですが、現実の株価がすべてを表しているのは確かです。 株価動向速報8 2019年10月29日に出来高を伴った上昇がありました。 大きな動きでした。 どこまで上昇するのかは分かりませんがもう一度、本日のように出来高を伴った上昇があれば利益確定するつもりです。 超低位株のため欲の出しすぎには特に気をつけたいと思います。 株価動向速報9 2019年10月30日に出来高を伴った上昇がありました。 まだまだ上昇しそうな雰囲気はありますが、半分利益確定しました。 欲張らないのが一番です。 株価動向速報10 2019年10月31日に出来高を伴った下落がありました。 さすがに下げてきました。 ですが、まだまだ高値圏です。 もう一段階の上昇があってもおかしくないと思っています。 株価動向速報11 2019年11月5日に出来高を伴った上昇がありました。 相当な出来高を伴って大きく動きました。 よって、保有株すべてを利益確定しました。 明日以降さらなる上昇があるかもしれませんが、それはそれと割り切ります。 株価動向速報12 2019年11月6日に出来高を伴った上昇がありました。 前日の高値を超えて引けました。 超低位株ならではの上昇率になってきました。 15年前くらいだったら3桁になる銘柄がありましたが、この銘柄はどこまで上昇するのでしょうか。 株価動向速報13 2019年11月7日に出来高を伴った上昇がありました。 さらに前日の高値を超えて引けました。 暴落が怖いですがどこまで上昇するのかとても興味深いです。 株価動向速報14 2019年11月8日に出来高を伴った上昇がありました。 引けにかけて一気に上げてきました。 出来高が減るまではまだまだ強いようです。 株価動向速報15 2019年11月11日に出来高を伴った上昇がありました。 上昇が加速してきました。 出来高も一番多いです。 明日が絶好の売り時だと感じます。 1桁で保有している投資家はすでに8倍です。 さすが仕手株です。 今年一番上昇した超低位株になりそうです。 株価動向速報16 2019年11月12日に出来高を伴った下落がありました。 ついに暴落しました。 ですが、最高値も同時に更新したためまだまだ上昇するようにも思います。 毎回思うのですが利益確定のタイミングは本当に難しいです。 株価動向速報17 2019年12月11日に出来高を伴った上昇がありました。 IRもありptsは上げています。 もみ合い中も出来高を伴っていたため期待できそうです。 株価動向速報18 2019年12月26日に出来高を伴った上昇がありました。 引けにかけて一気に上昇しました。 高値からだいぶ下落しましたがそろそろ反転するかもしれません。 少しだけ期待したいと思います。 株価動向速報19 2020年1月23日に出来高を伴った上昇がありました。 11月12日の高値から下落し続けましたが、ようやく反転しました。 ここからさらに上昇していくかは分かりません。 なぜなら、この銘柄はかなり上昇率が高かったからです。 仮に上昇が見込めず一時的なリバウンドであれば、保有株はすべて利益確定するつもりです。 株価動向速報20 2020年1月28日に出来高を伴った上昇がありました。 再び上昇する流れになりつつあります。 ただ、まだその判断の確定要素が少ないため様子見です。 出来高を伴っているため保有方針は変わりません。 株価動向速報21 2020年2月20日に出来高を伴った上昇がありました。 かなり長い間もみ合いが続いています。 出来高が一定以上をずっと保っているため保有しています。 ズルズルと下落している感じはしないため保有しているとも言えます。 いずれにしても今後の動きに興味があります。 株価動向速報22 2020年3月5日に出来高を伴った上昇がありました。 久しぶりの上昇でしたが大引けにかけて崩れてしまいました。 このまま30円台をキープしていくのでしょうか。 30円を割るようだと状況が良いとは言えなくなるため手放すかもしれません。 株価動向速報23 2020年3月30日に出来高を伴った下落がありました。 一気に下落してしまいました。 相場環境もあるとは思いますがこのままズルズル下落していくように思います。 1月23日の時点では上昇を期待していましたが、本日の下落で仕手戦は終了したと判断しました。

次の

【東海カーボン(5301)の株価分析】高配当と株主優待はお得だが、今後の業績に注意が必要

あ つもり 株価

日経平均株価のみんかぶ目標株価は「17,805」で【売り】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断は分析中となっており、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 17,805 と判断されています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の