ベスト ナイン 2019 発表。 プロ野球ベストナイン発表 セバッテリーは巨人山口-広島会沢 パは西武から5選手/野球/デイリースポーツ online

2019年のベストナイン発表 セ・リーグ得票数は巨人が圧倒的

ベスト ナイン 2019 発表

ピッチング内容はまさにドラマティックで、決勝こそ履正社打線に打たれたものの、準決勝までは防御率0. 00と圧巻の成績を残し、今大会の主役となった。 捕手はのを選出。 今大会は多くの好捕手がいたが、準決勝まで打率5割を残した打撃内容と、守備内容含めて今大会一の捕手として評価したい。 一塁手ののは、2回戦、3回戦と2試合連続本塁打。 さらに14打数9安打。 2本塁打7打点、打率. 643と、青森大会6本塁打の打撃は本物だった。 泥臭い一塁守備も光り、文句なしの選手である。 二塁手の・は、二桁安打到達した巧打のセカンドだ。 思い切りのよい打撃スタイルに加え、バッティングのメカニズムを見ても手打ちではなく、腰を使ってしっかりと振り切ったスイングで高レベル。 さらに、走塁、守備のレベルも高い。 今大会、二塁守備が上手い選手が多かったが、打撃、守備、走塁の総合力の高さから中里を選出した。 三塁は、投手を兼任するの。 三塁守備はスピーディで、打撃も15打数10安打6打点と毎試合安打を記録。 打撃のレベルが非常に高く、投手としても143キロの速球と、高速変化球を武器にする好投手だった。 遊撃手で選出したのは、初戦敗退となったが、遊撃守備という点では今大会のショートではナンバーワンだった。 一歩目の速さ、深い位置からダイレクトでも刺せる強肩、ポジショニングの良さ、周りへの声掛け。 すべてがほかの遊撃手と比べても抜きん出ていた。 そして、走塁技術も高く、敦賀気比戦では鮮やかなホームスチールを決め、観衆を沸かせた。 前評判以上のパフォーマンスを発揮してくれた。 外野手では、・は1番打者として、戦で初球安打など、相手投手の出鼻をくじく打撃に加え、3盗塁を記録した積極的な走塁は見事だった。 さらにレフトからの返球を見るとなかなかの強肩。 ああいう1番打者がいたら、嫌だよねと思わせる選手だった。 ・は打率. 429を記録。 から安打を放ったように、どの投手でもフォームを崩さず打てる強さがある選手で、バッティングのメカニズムの良さ、反応力という点では、()を上回っている。 センターの守備、走塁も高レベルで、選出に至った。 来田と競いながら伸びていってほしい。 ・は、今大会14打点を記録。 187センチ94キロと日本人離れした体格を生かした修正力が高い強打はほかのスラッガーもぜひ参考にしてほしい打撃スタイル。 強肩でもあり、文句なしの選出だ。 文= 組み合わせ日程はこちら.

次の

プロ野球ベストナイン、なぜか巨人大竹に1票 「投票のあり方」野球ファンは疑問視: J

ベスト ナイン 2019 発表

投手、捕手、内野4ポジション、外野3人、DH(パリーグのみ)が対象• プロ野球を5年以上担当している、新聞社、通信社、放送局で投票権がある記者投票で決まる。 基本的には、各ポジション1人の選出(得票数が同じの場合複数人になることもあり。 全ポジションにおいて、得票数の多い選手を最優優秀選手として選出• 同じく、新人でもっとも得票した選手を最優秀新人として表彰• 出場試合数や規定打席など明確な基準はない 出場試合数や、規定打席などの基準はないようです。 各メディア記者の考えが、反映されるので 成績だけがすべてとは言えないですね。 ちなみにですが、過去に大谷(現エンゼルス)は2016年に投手と指名打者(DH)で ベストナインをダブル受賞しています。 投手としても、打者としても活躍が目立ったということですね。 2019年プロ野球ベストナインの発表日程は? 2019年 ベストナイン表彰については下記です。 日時 種類 放送局 第一部(ファーム表彰) 11月26日 12時25分~14時10分 生放送 第一部(ファーム表彰) 11月26日 14時40分~16時15分 録画 J SPORTS 1 第二部(一軍表彰) 11月26日 16時15分~19時00分 生放送 J SPORTS 1 第一部・第二部 11月27日 9時~13時00分 録画 J SPORTS 1 第一部・第二部? 11月26日 21時~22時54分 録画 第一部・第二部 11月30日 17時30分~21時30分 録画 J SPORTS 1 放送はCSのJ SPORTS、BS-TBSにて放送があります。 地上波やネットでの放送は無いようです。 名前 試合数 打率 HR 打点 四死球 出塁率 OPS 會澤 翼 126. 277 12 63 58. 387. 826 梅野 隆太郎 129. 266 9 59 34. 326. 718 中村 悠平 126. 269 5 36 53. 373. 757 打撃成績では曾澤が優位でしょう。 守備面ではゴールデングラブを獲得した梅野が優位ですね。 難しい選択です 笑 個人的には初の規定打席で、打撃成績の抜けている曾澤を推したいと思います。 捕手でOPS0. 8超えは優秀です。 得点圏打率も高く、勝負強いバッティングも印象的でしたね。 2019年ベストナインのセ・リーグ一塁手は? 2019年 セ・リーグ一塁手のベストナイン候補を3名挙げてみました。 名前 試合数 打率 HR 打点 四死球 出塁率 OPS 岡本 和真 143. 265 31 94 62. 343. 828 ビシエド 143. 315 18 93 41. 374. 870 村上 宗隆 143. 231 36 96 74. 332. 814 岡本とビシエドの二択でしょう。 岡本の場合、昨年よりも成績を落としていますが、それでも31本塁打と4番として結果を残しました。 ビシエドはホームランこそ少ないものの、リーグ二位の打率をマークしています。 こちらも難しい選択です 笑 打撃成績的にはビシエドが優位に思えますが、印象度は岡本でしょう。 優勝した巨人の四番ですし、何といってもプレーオフで素晴らしい活躍をしました。 印象度を優先し、 岡本がベストナインと予想します! 2019年ベストナインのセ・リーグ二塁手は? 2019年 セ・リーグ二塁手のベストナイン候補を3名挙げてみました。 名前 試合数 打率 HR 打点 四死球 出塁率 OPS 山田 哲人 142. 271 35 98 110. 401. 961 菊池 涼介 138. 261 13 48 41. 313. 719 阿部 寿樹 129. 291 7 59 31. 337. 742 セカンドは 圧倒的に山田でしょう。 打撃成績を落としているといっても、素晴らしい成績です。 守備面では菊池が評価されていますが、では今シーズンは阿部の方が上というデータもあります。 阿部もいい線行っていますが、さすがに山田には及ばないでしょう。 2019年ベストナインのセ・リーグ三塁手は? 2019年 セ・リーグ三塁手のベストナイン候補を3名挙げてみました。 名前 試合数 打率 HR 打点 四死球 出塁率 OPS 高橋 周平 117. 293 7 59 32. 345. 776 宮﨑 敏郎 114. 284 15 49 32. 334. 777 大山 悠輔 143. 258 14 76 39. 312. 714 今シーズンは高橋周平が頑張りましたね。 宮崎も成績を落としてはいるものの、まずまずの結果を残しています。 打撃成績的にはどちらも甲乙つけがたいですね。 守備面ではゴールデングラブ賞を受賞した高橋周平に分があるでしょう。 では大山に負けてはいるものの、それに近い数字となっています。 攻守で頑張った高橋周平がベストナインになるでしょう。 2019年ベストナインのセ・リーグ遊撃手は? 2019年 セ・リーグ遊撃手のベストナイン候補を3名挙げてみました。 名前 試合数 打率 HR 打点 四死球 出塁率 OPS 坂本 勇人 143. 312 40 94 77. 396. 971 京田 陽太 140. 249 3 40 37. 302. 615 大和 137. 237 0 37 34. 300. 585 遊撃手では 坂本が群を抜いていますね。 全試合出場で打率はリーグ5位、ホームランは40本です! では今シーズンは数値を落としましたが、ゴールデングラブを受賞しているので、守備面でも印象度は高いと言えるでしょう。 文句なしのベストナインです。 2019年ベストナインのセ・リーグ外野手は? 2019年 セ・リーグ外野手のベストナイン候補ですが、好成績な選手が多いので9名挙げてみました。 名前 試合数 打率 HR 打点 四死球 出塁率 OPS 鈴木 誠也 140. 335 28 87 103. 453 1. 018 丸 佳浩 143. 291 27 89 86. 388. 884 ソト 141. 269 43 108 59. 348. 902 大島 洋平 143. 312 3 45 50. 376. 756 西川 龍馬 138. 297 16 64 32. 336. 777 青木 宣親 134. 297 16 58 61. 385. 826 バレンティン 120. 280 33 93 54. 363. 917 筒香 嘉智 131. 272 29 79 88. 388. 899 近本 光司 142. 271 9 42 31. 313. 689 今年のセ・リーグは外野手で好成績を残した選手が多いですよね~ その中でも 鈴木 の成績は驚異的です。 首位打者を獲得し、ホームランも28本と素晴らしい成績でした。 それ以上に評価したいのが出塁率です。 4割5分を超える出塁率は素晴らしいですね。 また、 ホームラン王のソトも、昨年よりも打撃成績を落としたとはいえ、43本塁打という素晴らしい数字です。 この二人は確実と言っていいでしょう。 3人目は悩みどころです 笑 おそらく、 丸、大島、バレンティンといったところになると思います。 打撃成績ではどの選手も甲乙つけがたいですが、優勝チームということと、守備や走塁での 貢献度というトータルで丸が優位といった感じでしょうか? 以上から、外野手のベストナインは 鈴木誠也・ソト・丸と予想します。 合せて読みたい! 名前 試合数 打率 HR 打点 四死球 出塁率 OPS 浅村 栄斗 143. 263 33 92 93. 372. 878 外崎 修汰 143. 274 26 90 63. 353. 846 中村 奨吾 143. 232 17 59 53. 317. 692 打撃成績では浅村ですね。 昨年よりも成績を落としていますが、十分素晴らしい成績です。 また、浅村が抜けた穴を感じさせなかった外崎の活躍も素晴らしいものがありましたね。 守備面では、で外崎が素晴らしい数値を記録していますが、ゴールデングラブは浅村でした。 世間の評価的には守備も浅村ということなのでしょう。 なので、今シーズンも浅村がベストナインで決まりですね。 2019年ベストナインのパ・リーグ三塁手は? 2019年 パ・リーグ三塁手のベストナイン候補を3名挙げてみました。 名前 試合数 打率 HR 打点 四死球 出塁率 OPS 中村 剛也 135. 286 30 123 54. 359. 887 松田 宣浩 143. 260 30 76 33. 305. 788 レアード 139. 248 32 89 55. 333. 815 打撃成績的には中村でしょう。 守備面ではゴールデングラブを獲得した松田です。 それでもでは中村の方が上ですし、なんといっても打点王です。 タイトルを獲得したということはインパクトが大きいでしょうね。 なので、ベストナインは中村の可能性が高そうです。 2019年ベストナインのパ・リーグ遊撃手は? 2019年 パ・リーグ遊撃手のベストナイン候補を3名挙げてみました。 名前 試合数 打率 HR 打点 四死球 出塁率 OPS 源田 壮亮 135. 274 2 41 40. 324. 674 茂木 栄五郎 141. 282 13 55 66. 358. 779 今宮 健太 106. 256 14 41 32. 317. 722 打撃成績で言ったら茂木でしょう。 守備面ではゴールデングラブを獲得した源田ですね。 どちらが総合的に評価されているか?は源田でしょう。 今シーズンは怪我もありましたが、では 12球団の全ポジションの中でもNo. 1の数字を残しています。 守備面での評価が非常に高いので、ベストナインは今年も源田でしょう。 2019年ベストナインのパ・リーグ外野手は? 2019年 パ・リーグ外野手のベストナイン候補を6名挙げてみました。 名前 試合数 打率 HR 打点 四死球 出塁率 OPS 吉田 正尚 143. 322 29 85 79. 413. 956 秋山 翔吾 143. 303 20 62 78. 392. 864 大田 泰示 132. 289 20 77 27. 325. 776 荻野 貴司 125. 315 10 46 40. 371. 842 西川 遥輝 142. 288 5 41 93. 393. 779 近藤 健介 138. 302 2 59 103. 422. 822 グラシアル 103. 319 28 68 22. 365. 960 打撃成績から、 吉田と、秋山は決定でしょう。 もう一人は、荻野と予想しました。 実力がありながら怪我が多く、これまで結果を残せませんでしたが、自身初の規定打席到達で素晴らしい成績を残しました。 盗塁も多く、は高い数字ではありませんが、ゴールデングラブを獲得していることから守備面でも評価されています。 なので攻守で評価が高い荻野が選ばれる可能性が高そうです。 以上から、 吉田、秋山、荻野がベストナインと予想します! 2019年ベストナインのパ・リーグDHは? 2019年 パ・リーグDHのベストナイン候補を3名挙げてみました。 名前 試合数 打率 HR 打点 四死球 出塁率 OPS デスパイネ 130. 259 36 88 63. 355. 875 ブラッシュ 128. 261 33 95 81. 397. 936 ロメロ 81. 305 18 63 25. 363. 902 デスパイネかブラッシュというところでしょうか。 打撃成績的にはどちらも甲乙つけがたいですね・・・ 日本一に貢献したということもありますんので、デスパイネが選出されそうな気がします。 ただ、油断はできません。 昨年は外野メインだった近藤がなぜかDHで選出されたました 笑 今シーズンは昨年以上にDHでの出場は少なかったので、今年は近藤DHはないでしょう! なので、デスパイネがベストナインと予想します。

次の

ゴールデングラブ賞の決め方おかしい!? ベストナイン発表はいつ!?

ベスト ナイン 2019 発表

プロ野球のセ・パ両リーグのベストナインが2019年11月25日、発表された。 5年ぶりにセ・リーグを制した巨人からは山口俊投手(32)、坂本勇人内野手(30)、丸佳浩外野手(30)の3人が選ばれ、パ・リーグでは連覇を果たした西武から最多となる5人の選手が選出された。 ベストナインに選出された選手は、26日に行われる「NPBアワーズ」で表彰される。 シーズンオフ恒例となっているベストナインの発表を楽しみにしているプロ野球ファンは多いだろう。 ベストナインは、全国の新聞、通信、放送各社に所属し、プロ野球取材経験5年以上の記者投票によって選出される。 今年の有効投票数は、セが297票、パが253票となっており、セ・リーグでは遊撃手部門で坂本が獲得した294票が最多となった。 そのシーズンに活躍した最高の選手を選出する賞だけに、受賞者はセ・パ両リーグを代表する選手が顔を揃えた。 ただその一方で、プロ野球ファンが首をかしげるような選手に票が投じられ、ネット上では投票のあり方を問う声もみられる。 4勝8ホールドなのに... セ・リーグの投手部門では、山口が最多の274票を獲得し、これにDeNA今永昇太、中日・大野雄大の10票が続く。 さらにその下を見てみると、巨人の大竹、阪神ピアース・ジョンソン、広島クリス・ジョンソンが1票を獲得。 今シーズン、4勝8ホールドの大竹に票が投じられた事実に首をかしげるファンもおり、大竹以外にも少数ながら票を獲得した選手に対して疑問視するファンもいる。 同じく記者による投票によって選出されるゴールデングラブ賞においても、今回と同様の声が上がっていた。 同賞もまた、5年以上の取材経験を持つ各メディアの記者による投票が行われ、10月31日に守備のベストナインが選出された。 今年の投票では、ドーピング違反で6カ月の出場停止処分を受けた広島のサビエル・バティスタ(27)に1票が投じられ、波紋を広げた。 プロ野球のゴールデングラブ、ベストナインは歴史ある賞で、受賞する選手にとっては大きな勲章となる。 今年のゴールデングラブ賞におけるバティスタへの投票で、ファンの失望の声は多く、これがまた繰り返されることになった。

次の