ベツレヘム ボタン。 小坂直子(ボタン専門店主)プロフやお店はどこ?商品や評判は?【世界は欲しいモノにあふれている】

小坂直子(ボタン専門店主)プロフやお店はどこ?商品や評判は?【世界は欲しいモノにあふれている】

ベツレヘム ボタン

こんにちは、マリンです! 2020年4月9日のNHK 【世界はほしいモノにあふれてる】に ボタン専門店「CO-」の店主でバイヤーの、 小坂直子(こさかなおこ)さんが登場します! 今回の 「世界はほしいモノにあふれてる」では 心ときめくボタンを求めて、フランスと中東 ベツレヘムを旅するという 小坂直子さん。 国宝級のボタンや、伝説のデザイナーの オートクチュールや祈りのボタンを 見つけて来るそう。 小坂直子さんの店、 ボタン専門店「CO-」では ボタンは新品ではない古いものを置いています。 欧米のマーケットや蚤の市でボタンを買い付け、 数十年前から100年以上前のものまで 取り扱っているんですよ! 芸術品や宝石のように、かわいいボタンは 大人気で、多くのお客さんが 小坂直子さんの ボタンの店を訪れています。 そんな、 小坂直子さんのボタン専門店「CO-」の 店の場所や値段、通販や指輪など 気になる事を調べてみました! 是非、ご確認くださいませ。 スポンサードリンク ボタン専門店「CO-」の場所 店名:「CO-」 コー(ボタン専門店) 住所:東京都千代田区東神田1-8-11 1F 電話:03-5821-0170 営業時間:12:00 — 19:00 休業日:日曜・祝日 アクセス:JR馬喰町駅西口出口2 地下 より 徒歩3分 都営新宿線 馬喰横山駅(出口2) 徒歩3分 都営浅草線 東日本橋駅(出口A1 徒歩5分 地下鉄日比谷線小伝馬町駅(出口2) 徒歩6分 小坂直子さんの ボタン専門店「CO-」は 2010年、東京東神田にオープンしました。 個性的なお店が並ぶイーストエリアにある 「CO-」は小さいお店ですが、いつもお客さんが 入っている人気店。 店内には、数多くのアンティークのボタンが とても丁寧に、大切に並べられています。 ボタン専門店「CO-」には「モノを共有する 一緒に何かをする」という意味があるそう。 アンティークの長年大切にされてきたモノや 作り手のこだわりを表す言葉として、英語の 接頭語「CO-」という店名にされたそうで、 なんだか奥が深いですね^^ 小坂直子さんの店 ボタン専門店「CO-」は ボタン以外にも、アンティーク雑貨も取り扱って いて、店内で「おでかけ着展」など毎回違った 展示会も開催しています。 また、 大阪梅田の阪急百貨店で行われている 「英国フェア」や 伊勢丹に出店されていたり 京都の雑貨屋 「TOBICHI京都」や 広島の雑貨屋 「広島スーリヴェール」など でも期間限定でボタンを販売。 また、各地で開催される「布博 in 名古屋」の ような イベント や ポップアップショップにも 出店されています。 NHKの「世界はほしいモノにあふれてる」 でも紹介されましたが そのお 値段がとっても気になります! 小坂直子さんが、アメリカやフランス、イギリス などの蚤の市や、コレクターから買い付けて 来るボタンは、一つ一つに物語があるそうで なんだかロマンティック。 私はアンティークのボタンは買った事が 無いので、 値段も想像がつかないので 調べてみました! こちらは、 「プリント貝ボタン」で 1個378円です。 かわいい~!これで 378円は安いのでは ないでしょうか! なんと、 小坂直子さんの店「CO-」では 小袋に何個もボタンが入っているものが 100円から売られているんですよ! これは、その辺りの手芸屋さんに行くよりも ずっと楽しいですよね~ そしてこちらは プレッツエルの形のボタンが 1200円 イチゴのボタンが 1400円 「CO-」では 1つ 2000円~4000円 くらいのアンティークボタンが多いそうです。 続いてお 値段上がって、高級品! 花のメタルボタン 3200円 なんだか芸術品のようですね。 さらに、もっと高級品になると例えばこちらの ユニオンジャックのボタンは、 1個6000円もするそう! さらにさらに、こちらのガーベラのような 花のボタンが 10000円。 下の 楕円のボタンが、なんと 18000円! 小坂直子さんの買い付けるボタンは、もう製造 されていないものばかりなので、中には これだけ希少価値の高いものがあるんですね! スポンサードリンク 3.小坂直子さんのボタンの指輪の値段は?(世界はほしいモノ) アンティークボタンのバイヤー 小坂直子さんのボタンがとってもステキ なのがよくわかりましたね! ところで、こんなに高いボタンを購入して 洋服などにつけても、 落として無くして しまいそうで怖いですよね~。 ただ眺めておくだけではもったいない、 という事で、 小坂直子さんは ボタンを着けられる 指輪まで作ってしまった のです! それがこちら ボタンが着けられる 指輪は 「SWITCHI」 という商品名で、 銀製が16000円。 真鍮製が13000円です! 全てのボタンが着けられるわけではない のですが、もしお気に入りのボタンが 着けられたら嬉しいですよね! 毎回、ファッションに合わせることも できますし、このアイディアは本当に素敵だと 思いませんか!? 私も家に、昔着ていた洋服に付いていた かわいいボタンや、親からもらったボタン などが使い道が無く、置いてあるんですよね。 私もこの指輪が欲しくなってきました! スポンサードリンク 4.小坂直子さんのボタンの通販は? NHKの「世界はほしいモノであふれてる」 に出演した、 小坂直子さんのボタンが欲しいなぁ と思われた方も多いと思います。 そこで、 小坂直子さんのボタンの 通販が ないか調べてみました。 小坂直子さんは、現在の実店舗 「CO-」を オープンされる前から、 オンライン ショップを運営されていたようですね。 現在は ボタン専門店「CO-」の 通販サイトは リニューアルのため閉店されているようです。 小坂直子さんのアンティークやヴィンテージ物 のボタンはとてもかわいくて、市販の手芸店 には置いていないようなものばかり。 プラスチック製の普通に量産されている ボタンって、味気ないですよね。 でも、洋服のボタンをかわいいものに 付け替えるだけで、びっくりするほど おしゃれで、高級な洋服に見えたりするんです。 陶器製や貝やパールなどのボタンは なかなか売ってないので、 小坂直子さんの ボタン専門店「CO-」はとっても貴重だと 思います! 是非、近くでワークショップが開催されたら 行ってみようと思います。 最後までお読みいただき ありがとうございました!.

次の

小坂直子のボタン専門店【CO

ベツレヘム ボタン

小坂直子のプロフィール 氏名:小坂直子(こさかなおこ) 出身地:不明 出身校:不明 生年月日:不明 一般人という事もあり ほとんどの情報が公開されておりませんでした。 ただ結婚に関しては判明しています。 小坂直子さんがバイヤーを勤める CO-(コー)のウェブ制作や デザイン全般を担当している 小坂健次さんと言う名前です。 小坂直子さんは10歳の頃から アンティーク家具や雑貨に 興味を持った女の子でした。 そしてその気持ちは成長と共に大きくなり 18歳の時になんと イギリスは ロンドンに短期留学しています。 そこで出会ったアンティークに心を奪われ 留学以降も 度々ヨーロッパを訪れては アンティーク商品を購入していたようです。 好きな気持ちを大人になっても 変わらず持ち続けれるのはスゴイです! スポンサーリンク CO-(コー)の店舗の場所は? 住所:東京都千代田区東神田1-8-11森波ビル1F 電話:03-5821-0170 営業時間:12:00~19:00 定休日:日・祝 JR、地下鉄ともに駅から 5分程度の場所にあるので とてもアクセスしやすい立地となっています。 気を付けなければいけないのは 2020年4月5日~4月30日まで 自粛による臨時休業となっていることです。 あわせて CO-の通販サイトも リニューアル中により閉鎖されています。 店内には様々なアンティークのボタンが インテリアのように飾られています。 お店の評判も良く 珍しい、貴重といった価値のわかる人には とても素敵なお店だそうです。 ただ値段もやっぱりそれなりにする ということが書かれていました。 スポンサーリンク 店名のCO- ってどんな意味がある? 小坂直子さんが勤める CO-というお店の名前って ちょっと変わっていると思いませんか? どうやら、ある意味が込められているようです。 CO- は英語の接頭語のことです。 接頭語である「CO-」には モノを共有する 一緒に何かをする という意味があります。 「CO-」のあとに 単語を入れる事で はじめて一つの言葉となります。 例えば coexist(共に共存する)は co- :共に ex :外へ sist :立つ といった言葉に分解することが出来て 文字が集まることで一つの単語 一つの意味になります。 スポンサーリンク CO-で取り扱うボタンの値段は? 価値のあるボタンがあるけど 値段がそれなりにする そういわれると 具体的な値段が知りたいですよね? なので調べてみました! 店舗、通販サイトは閉鎖されているので 過去の販売実績による 参考価格となっています。 世界初の人工プラスティックベークライトのボタン 1930年代 5,400円 ジョージ6世体幹の年に作られたボタン 1930年代 6,000円 蹄鉄のデザインをあしらった貝ボタン 年代不明 6,800円 花とトカゲのメタルボタン 年代不明 8,000円 デザインはとても素敵なのは この画像からよく伝わってきますが 値段も口コミにあったように いい値段がしますね。 複数個でこの値段なら分かりますが 1個でこの値段だと・・ お財布に物凄いダメージです。 ただアンティークボタンには その時代の物語が刻まれているのは ボタンの説明を見ればわかると思います。 ボタンがどのように誕生したのか 想像しながら購入するのも アンティークボタンの 魅力だと思います。 スポンサーリンク せかほしで紹介されたボタンの販売は? ボタンの販売に関しては 残念ながら執筆時点では 一切情報がありませんでした。 というのも実店舗は自粛休業で オンラインショップは リニューアル中でアクセス不可となっていて 情報が確認できなかったためです。 もちろんCO-の公式 TwitterやInstagramも確認しましたが 情報がありませんでした。 イロイロとドキドキです。 一体どんな商品が紹介されるのか しっかり番組をチェックしたいと思います。 スポンサーリンク 放送後の加筆 honey lemon spice 小坂直子さんは年に1度 買い付けのためにヨーロッパの蚤の市や コレクターを訪ねるそうです。 せかほしで訪れたのもフランス・パリの ヴァンヴ蚤の市でした。 ここで10年来の友人である エリックエベールさんと再会し 彼のコレクションからボタンを探します。 何万点にも及ぶエリックエベールさんが 保有するボタンの映像は圧巻でした。 ちなみにエリックエベールさんには 常設店はなく蚤の市やイベントで HE! COLLECTIONS という名称で出店しています。 今回の買い付けの目玉である 祈りのボタンはイスラエルのベツヘルムで 発見出来ました。 出典: 真珠の貝殻を削った透かし彫りのボタンで ようやくお目にかかれるも非売品で 手に入れることができませんでした。 けれどここまで来てただでは帰れない! 方々探して 祈りのボタンを作ってくれる職人を発見し 小坂直子さんのために制作してくれ せかほしのスタジオで披露となりました。 出典: 制作された祈りのボタンは 白蝶貝の貝殻をボタンの形に加工し 下穴をあけてから糸鋸で削り出すという とても高度な技術を要するものです。 パレスチナとイスラエルの領土問題で 多くの職人がいなくなってしまい 10~15年で祈りのボタンを作れる人間が いなくなってしまう 職人が寂しそうに語っていたのが印象的でした。

次の

ボタン/服飾パーツの株式会社アイリス|お知らせ

ベツレヘム ボタン

スポンサードリンク こんにちは。 今回は「世界はほしいモノでものにあふれてる」で紹介される「小さな宝物・ボタン」を探す旅に注目していきます。 ボタン専門店バイヤーは小坂直子さん。 ボタンを求めてフランスと中東を旅するなかで出会った「祈りのボタン」が登場します。 「世界はほしいモノでものにあふれてる」で紹介される「祈りのボタン」とは一体どんなボタンなのでしょう? 小坂直子さんのボタン専門店や書籍「ボタン938」についても情報をご紹介しますので、ぜひお読みください。 小坂直子ボタン専門店バイヤーが世界はほしいモノにあふれてるに登場 木曜日の夜に放送されている「世界はほしいモノにあふれてる」 とっても素敵なモノを探す旅で、あまり自分が関わったことのない世界も見られるので大好きな番組です。 次回9日の世界はほしいモノにあふれてるの放送は小坂直子ボタン専門店バイヤーが小さなボタンを探す旅、パリ・ベツレヘム。 国宝級という希少なボタンや伝説のデザイナーの一点物。 スパイが愛した危険なボタンも登場するとか! さらに、ベツレヘムってどこなのかと言いますと、パレスチナの町キリスト生誕の地であり、歴史ある「祈りのボタン」の名産地なのだそうです。 地図でベツレヘムの場所を確認してみるとこのあたり 世界はほしいモノにあふれてるではいったいどんな美しいボタンが登場するのでしょうか。 ボタン専門店バイヤーとして活躍する小坂直子さんのお店はどこにあるのか、場所をチェックです! 小坂直子さんのお店の名前は「CO-」 コ-)。 アンティークボタン・ヴィンテージボタンを中心とした専門店として人気を集めています。 「CO-」には「モノを共有する・一緒に何かをする」という意味があり、言葉では表現できない気持ちを表しているのだそうです。 小さなボタン一つに込められた気持ちが感じられるのですね。 小坂直子さんのお店「CO-」 コ-)の公式ホームページ、住所、電話番号、営業時間、定休日、地図はこちらです。 住所 東京都千代田区東神田1-8-11森波ビル1F• 電話 03-5812-0170• 営業時間 12:00~19:00• 定休日 日・祝 場所は地図ではこちらになります。 残念ながらコロナの感染防止のため、4月中は臨時休業となっています。 また毎月第4日曜日には赤坂蚤の市に出店されています。 これも5月以降での開催となりますが、個性豊かな出店者が揃うので足を運んでみるのも楽しそうですね。 詳しい情報は公式サイトをご覧ください。 小坂直子ベツレヘムで祈りのボタンとは何?アンティークボタンの魅力 「世界はほしいモノにあふれてる」ボタン専門店バイヤーの小坂直子さんが出会うという「祈りのボタン」とても気になりますね。 ベツレヘムはパレスチナの町で、キリストが産まれた場所に立つ教会等があり、キリスト教の聖地として、世界中から巡礼者が訪れます。 クリスマスにはミサが行われ、世界の平和を祈るのです。 ちなみにクリスマスツリーの一番上の大きな星のことを「ベツレヘムの星」と言うそうですよ。 ベツレヘムには昔から様々な祈りがあったことでしょう。 その一つが「祈りのボタン」なのでしょうか。 調べてみましたが、祈りのボタンについては詳しいことはわかりませんでした。 放送を楽しみに待ちましょう! そして、小坂さんがハマったアンティークボタン、もともと古いものが好きでアンティークの世界に興味がありました。 30歳の時、イギリスでアンティークの缶を買い、その中にボタンが入っていたのですが、2日後知らない人からもらったボタンが同じものだったのです。 びっくりした小坂さんはその日からアンティークボタンについて調べ、時代の最先端素材や手仕事のこだわりが込められている小さなボタンに魅力を感じたそうです。 昔のヨーロッパではボタンは楽しいもの、生活を豊かにするもの。 ジュエリーのような存在だったと小坂直子さんは言っています。 小坂直子の書籍「ボタン938」の口コミ評判!世界はほしいモノにあふれてる 小坂直子さんがボタン専門店バイヤーとしていろいろと語ってくれる番組「せかほし」。 先程紹介した専門店も人気ですが、小坂直子さんの書籍「ボタン938」もおもしろそうな本ですよ。 イギリスを中心に海外で買い集めたボタンを紹介するビジュアルブック。 ボタンの世界は奥が深く、ヨーロッパのファッション文化との関係や歴史、ボアン穴の解説など豆知識が盛り沢山に詰まっている一冊だそうです。 口コミは次のとおり。 宝石のようなものから素朴な可愛らしいものまで、一口にボタンといってもいろいろあるんだなと実感。 今すぐに骨董市に駆けつけたくなる!コレクター気質には危険もの、眺めているだけでわくわくしてくる。 小さな世界の芸術品。 紋様は日本にもつながるものがあり、デザイン、カラーが素敵!どのページも目に楽しい一冊。 洋裁や手芸が趣味の人にはぜひ手にとってみたい永久保存版の本でしょうね。 小坂直子ボタン専門店バイヤーについてのまとめ いかがでしたか? 「世界はほしいモノにあふれてる」での放送が待ち遠しい素敵なボタンの世界。 小坂直子さんが探すベツレヘムの祈りのボタン、どんなボタンでしょうね。 東京にあるボタン専門店「CO-」や小坂直子さんの書籍「ボタン938」などについてご紹介しました。 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の