塩化 アンモニウム 化学式。 気体に関する化学変化

職場のあんぜんサイト:化学物質:塩化アンモニウム

塩化 アンモニウム 化学式

特徴 [編集 ] 無臭で、無色の 結晶または白色粉末。 舐めると塩味がする。 結晶はであり、低温では型構造、184. 866、は1. 高い吸湿性を持つ。 水溶液はほとんど中性もしくは微酸性で、味は苦い。 25である。 天然では活動及びの自然発火により生じる。 天然に産出するはと呼ばれている。 特性と用途 [編集 ] として単独に、またの原料としても広く用いられる。 工業用ではのメッキ、や染色助剤、光沢剤、等、さらには原料や皮のなめし剤、の原料にも使われる。 また、としても用いられる。 食品添加物としては、 重炭酸ソーダ と併用して膨張剤として使われることが多い。 など諸国で人気のある()というキャンディには塩化アンモニウムが使用されているため塩味とアンモニア臭がする。 天然では、など一部のの仲間がを得るために塩化アンモニウムを体内に保有している場合がある。 消石灰と混ぜ加熱しアンモニアを発生させる実験によく使われる。 ただし工業的に実施される例はほとんどない。 沈殿除去後の溶液を濃縮してを析出し、次に放冷して塩化アンモニウムを得る。 ; Mallard, W. eds. NIST Chemistry WebBook, NIST Standard Reference Database Number 69. National Institute of Standards and Technology, Gaithersburg MD. retrieved 2008-10-22• 4-87326-204-6。 『化学大辞典』 共立出版、1993年• 特徴としては、1. 無硫酸根肥料なので、作物の根腐れの原因となる硫化水素を発生させない。 ケイ酸、マグネシウム他ミネラル類の吸収を促進するため、土壌改良資材の効果を高める。 硝酸化成速度が穏やかなので高い肥効が続く。 更に、土壌の光合成細菌の増殖を促進するのでそれによる窒素肥効の緩効化がある。 光合成促進機能がある。 イネについては倒伏しにくくなる効果がある。 いくつかの作物の食味・栄養価を改善する、等がある( (から))。 ただし、と同様に、塩素を嫌う作物には適さず(塩素感受性植物やサツマイモ、タバコ等の品質に影響の出る作物など)、また作物の実等の生成や質向上に硫黄分を多く必要とする作物については硫安より有意に成績(収量及び品質)が下がる場合がある。 また塩安は硫安より土壌pHの低下が発生しやすい。 関連項目 [編集 ]• (鉱物)• 外部リンク [編集 ]• - 文部科学省 国立教育政策研究所• NH 4 3AlF 6• NH 4 3AsO 4• NH 4BF 4• NH 4BrO 3• NH 4BrO 4• NH 4 2C 2O 4• NH 4IO 4• NH 4 2MoO 4• NH 4NO 2• NH 4 2[PtCl 4]• NH 4 2RuO 4• NH 4 2SeO 4• NH 4 2SiF 6• NH 4 2SO 3• NH 4 2S 2O 3• NH 4 2S 2O 8• NH 4TcO 4• NH 4 2TeO 4• NH 4 2WO 4 四元・五元化合物.

次の

塩化アンモニウム

塩化 アンモニウム 化学式

代表的なの一つ。 工業的には塩安とよばれる。 天然には火山噴出物や温泉の中にみいだされるが、工業的には、アンモニアソーダ法(塩安ソーダ法)で炭酸ナトリウム(ソーダ灰)を製造する際の副産物として生産される。 実験室ではアンモニアと塩酸の中和、硫酸アンモニウムと塩化ナトリウムの複分解などで得られる。 熱すると昇華して気体となり、塩化水素とアンモニアとに分解する。 苦味を帯びた辛味があり、幾分吸湿性で、水によく溶ける。 水溶液はほとんど中性であるが、加熱するとアンモニアが分離するので酸性となる。 窒素肥料として大量に使用されるが、工業的にははんだづけ、めっきの際の表面清浄剤(フラックス)、乾電池の合剤、電解液の調製などに用いられる。 分析試薬、医薬(去痰 きょたん 薬、利尿薬)としての用途もある。 [鳥居泰男] NH 4Cl 53. 3866 nm.転移点は184. 強酸と強塩基との中和によりできた塩,たとえば食塩は,水に溶かすとナトリウムイオンと塩素イオンに電離するだけであるが,酢酸ナトリウムや炭酸ナトリウムのように弱酸と強塩基からできた塩,塩化アンモニウムや硫酸アルミニウムのような強酸と弱塩基からできた塩,さらに酢酸アンモニウムのように弱酸と弱塩基からできた塩は,それを水に溶かすと加水分解が起こる。 酢酸ナトリウムCH 3COONaは水溶液中で解離してCH 3COO -とNa +になり,CH 3COO -の一部は水と反応して酢酸分子CH 3COOHとOH -を生ずる。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

塩化アンモニウムの構造式

塩化 アンモニウム 化学式

塩の加水分解(水溶液の液性) 塩の水溶液の液性が,酸性塩・塩基性塩・正塩の分類で決まるわけではありません。 では,どのようにして水溶液の液性が判断できるのでしょうか。 実は, 塩をつくる酸・塩基の強弱(電離度)で塩の水溶液の液性を判断することができるのです。 強酸・強塩基は,水溶液中では電離して単独のイオンとして存在してやすく,塩として存在しやすいといえます。 一方, 弱酸・弱塩基は,水溶液中で電離しにくく,イオンや塩として存在しにくいといえます。 弱酸が電離して生じた陰イオンの一部は,水素イオンと反応して元の酸に戻ります。 このとき, 水素イオンが減少するので,塩基性へと変化します。 強酸は,ほぼすべてが電離して単独のイオンとして存在してやすいからです。 そのため,塩基性への変化はほとんど起こりません。 このとき, 水酸化物イオンが減少するので,酸性へと変化します。 強塩基は,ほぼすべてが電離して単独のイオンとして存在してやすいからです。 そのため,酸性への変化はほとんど起こりません。 酢酸ナトリウムは,次のように電離して酢酸イオンとナトリウムイオンを生じます。 この式から,酢酸ナトリウム水溶液が塩基性であることがわかります。 この式から,塩化アンモニウム水溶液が酸性であることがわかります。 「 塩の元の酸・塩基の強弱(電離度)に差がある場合,強い方の性質が表れる」というまとめ方が一般的です。 酢酸ナトリウムは酢酸(弱酸)と水酸化ナトリウム(強塩基)からなる塩で,その水溶液は塩基性です。 塩化アンモニウムは塩化水素(強酸)とアンモニア(弱塩基)からなる塩で,その水溶液は酸性です。 スポンサーリンク 強酸と強塩基の塩 塩化ナトリウムのような 強酸と強塩基の塩(塩化水素と水酸化ナトリウムの塩)は,陰イオン,陽イオンともに水素イオンや水酸化物イオンと反応せず, 加水分解しません。 ただし,電離によって液性が変化して中性でない場合があります。 例えば,硫酸水素ナトリウムNaHSO 4は硫酸(強酸)と水酸化ナトリウム(強塩基)から生じる塩です。 もちろん加水分解しません。 しかし,硫酸水素イオンHSO 4 -はさらに電離して水素イオンを生じます。 その結果,液性は酸性となります。 加水分解しませんが,電離によって水酸化物イオンを生じるため,その水溶液は塩基性です。 絶対に間違ってほしくないのですが,元の酸・塩基の強弱に差がある場合は,塩の分類(酸性塩・塩基性塩・正塩)で考える電離の影響よりも,上述の 加水分解の方が影響は大きくなります。 まずは,元の酸・塩基の強弱で判断してください。 スポンサーリンク.

次の