あなたのパスワードを使ってアカウントにログインしようとした人がいます。google でブロックしましたが、アクティビティをご確認ください。。 Googleからのセキュリティ関連メール

「Googleではこのログインをブロックしました」というメールが届いたら…

あなたのパスワードを使ってアカウントにログインしようとした人がいます。google でブロックしましたが、アクティビティをご確認ください。

ログインパスワードが入力されてる!! メールアドレスとパスワードを使ってログインしようとしてる人がいるよ!でもいつもと違う端末・違う場所だから大丈夫?と言っているということです。 アカウント権限の確認 Googleアカウントを使って利用しているサービスを確認できます。 改めてみるとGoogleに依存しているのがわかります、乗っ取られたら……と思うと怖いですね。 今は使っていない昔のサービスなんかと連携している事があります。 使っていないサービスはさっさと外してしまいましょう! アプリ パスワードの確認 2 段階認証プロセスを使用していないアプリのパスワードを生成します。 自分が認識、使用、信頼しているアプリのパスワードのみを保存。 特に問題なかったので次へ! Gmail の設定の確認 Gmail の設定が最新であることを確認し、見慣れない設定を削除してください。 とのこと。 こちらも特に問題なかったので次へ! 2 段階認証プロセスの設定の確認 2段階認証プロセスとは、登録している携帯端末へバックアップ コードを送信することでセキュリティを高めるというもの。 これも特に問題なし! 乗っ取られてからでは遅いのでセキュリティ強化を Google側が不正アクセスをブロックしてくれたので、今回はとりあえず事なきをえました。 ただ他のサービスにパスワードを使いまわしてしまっていたのでコチラも変更するはめに。 というかパスワードを使いまわすなんてセキュリティ上よろしくないですね…… この一件依頼、パスワード管理ソフト「PasswordBox」を導入しました。 強固なパスワードを生成でき、ブラウザプラグインで管理できるので使いやすいです。

次の

Googleからの重大なセキュリティ通知

あなたのパスワードを使ってアカウントにログインしようとした人がいます。google でブロックしましたが、アクティビティをご確認ください。

Gmailアカウント不正アクセス対策 スマホが普及したため、Googleアカウントを作ってGmailを使う人が増えました。 わたしは職業柄、パスワードの重要性をわかっているつもりです。 パスワードはランダムな文字列にして、パスワード管理ツールで管理し、パスワード管理用のランダムパスワードを3つほどソラで覚えています。 なぜそんなに気を付けているかと言うと、たまにこのようなメールが届くからです。 com)にログインしようとしました。 Google では、このアカウントへのアクセスが不正使用のおそれがあるため、このログインをブロックしました。 ログインの詳細について、以下の情報をご確認ください: 2018年7月20日 21時42分12秒 UTC IP アドレス: xx. xxx. xxx. 今すぐアカウントにログインして、パスワードを再設定してください。 このような不正アクセスの警告があるとドキッとしますね。 もちろんGmailに限らず、世界中でさまざまなアカウントに対して、このような不正なログインが試みられています。 ただ、このような通知が届くのは、不正ログインが失敗したからです。 もし不正ログインが成功していたら、知らないうちに乗っ取られたアカウントを悪用されるでしょう。 今回のテーマ 今回は、Googleアカウントの不正アクセス警告が届いて焦っている人のために、次の内容をお話します。 Googleアカウントのログイン履歴をチェックする方法• Googleアカウントのログイン端末をチェックする方法• 不正ログインの疑いがあるときの対策• Googleアカウントのパスワード変更方法 それでは早速見ていきましょう。 Googleアカウントのログイン履歴チェック まず、Gmailに不正ログインがないか、ログイン履歴をチェックしてみましょう。 PCでGmailにアクセスします。 受信メールの一番下にある、 アカウントアクティビティの詳細をクリックします。 すると、Googleにログインしているアカウントの最新10件のアクティビティが表示されます。 画面下にIPアドレスが表示されているので、自分のPCなどのIPアドレスと比較してください。 IPアドレスは、ここ「」でわかります。 詳細を表示をクリックすると、ブラウザやIPアドレスなどの詳細が表示されるので、怪しいアクセス元からのログインがないか確認しましょう。 なお、スマホからGmailにログインすると、IPアドレスが毎回変わる場合があるので注意です。 スマホブラウザで以下のURLをタップすれば、スマホからも確認できます。 Googleアカウントのログイン端末チェック 次に、Googleアカウントにログインしている端末をチェックしましょう。 PC・スマホのブラウザを開いて、「」にアクセスし、 セキュリティをタップします。 すると、現在ログインしている端末が表示されます。 さらに、 デバイスを管理をタップします。 28日以内にGoogleアカウントにログインした端末が表示されているため、心当たりがない端末がないか確認してください。 Gmail不正ログインの疑いがあるときの対策 Gmailアカウントのログイン履歴とログイン端末を確認して、もし仮に怪しいログインがあった場合は、どう対策すれば良いでしょうか。 上記Googleのメールに記載があった通り、「今すぐアカウントにログインして、パスワードを再設定してください。 」を実行するのが一番です。 ただし、現在すでに不正ログインされている場合は、パスワードの再設定の前にすることがあります。 まず念の為、現在のメールアドレスとパスワードをもう一度控えてください。 次に、先ほどのアカウントアクティビティの詳細ページで、 他のすべてのGmailのウェブセッションからログアウトするをクリックします。 これで、今ログインしている端末以外のGoogleアカウントが強制的にログアウトされます。 次に、Googleアカウントのパスワードを変更します(変更方法は次章)。 パスワードを変更したら、新しいGoogleアカウントのパスワードを使ってログインしてください。 もし本当にGoogleアカウントが乗っ取られていた場合、強制ログアウトからパスワード変更までは素早く行いましょう。 Googleアカウントのパスワード変更 では、PC、AndroidでGoogleアカウントのパスワード変更をしてきましょう。 PCブラウザのパスワード変更 PCとiPhone・iPadは、ブラウザから設定すると簡単だと思います。 こちら「」のURLを開きます。 アカウントが合っていることを確認して、現在のパスワードを入力し 次へをクリックします。 新しいパスワードと新しいパスワードの確認を入力し、 パスワードを変更をクリックします。 これでパスワード変更が完了しました。 iPhoneブラウザのパスワード変更 iPhoneもブラウザからパスワードを変更してください。 こちら「」のURLを開きます。 新しいパスワードと新しいパスワードの確認を入力し、 パスワードを変更をクリックします。 これでパスワード変更が完了しました。 Android端末のパスワード変更 AndroidはデバイスにGoogleアカウントの設定項目があります。 設定から Googleをタップし、 Googleアカウントに移動します。 セキュリティをタップします。 パスワードをタップして、ログイン画面でログインします。 新しいパスワードと新しいパスワードの確認を入力して、 パスワードを変更をタップします。 これでパスワード変更が完了しました。 Googleアカウントの不正アクセスを防ぐセキュリティ設定 Gmailアカウントにアタックをされたり、不正ログインが疑われる場合は、必ずGoogleアカウントのセキュリティを見直してください。 その際、「セキュリティの問題が見つかりました」と書かれている場合は、セキュリティに脆弱性があるということです。 もしセキュリティを高めたい場合は、「スマートフォンを使用してログイン」や「2段階認証設定」という方法を試してください。 セキュリティを高める行為とサービスの利用のしやすさは反比例します。 つまり、セキュリティが高いほど、操作が面倒になるということです。 ただ、Googleはさまざまなサービスを1つのアカウントで利用できます。 そのため、Googleの1つのサービスで不正ログインされると、他のサービスにもログインでき、悪用されるリスクが高くなります。 不正アクセスの被害者になってみないと実感はわかないと思いますが、何事も事前に防止することが大切です。 まずは高度なセキュリティ設定を試してみて、サービスの使い勝手と自分なりのセキュリティ意識を天秤にかけるなどしましょう。

次の

Google アカウントを保護する方法

あなたのパスワードを使ってアカウントにログインしようとした人がいます。google でブロックしましたが、アクティビティをご確認ください。

カテゴリー:• 私はいつもGoogleのアカウントにログインしたままブラウジングするのですが、先ほどいきなり画面上部に 警告:お使いのアカウントへの不審なログインをブロックしました。 という警告が出ました。 不審なログインをブロック? なんじゃこの警告は!? とかなりびっくりしましたが、すぐに「え?アカウントにログインされてしまったの?」とかなりの恐怖に変わりました。 このアカウントでは大事なメールを扱っているし、Googleアナリティクスやウェブマスターツール、微々たる収益ですがアドセンスもやっていたりと超重要アカウントなので乗っ取られたら大変です。 ログインされたのか?ログインしようとしていたのか? 気になったのが、以下の一文。 ログインしようとしました(ブロック) これは、2つの意味が考えられます。 アカウントとパスワードを破られてログインされたあとにブロックしたのか?• アカウントもしくはパスワードの辞書攻撃などのログイン行為をブロックしたのか? 後者だったらまぁー大丈夫っぽいですが、前者だったらかなり危機的状況です。 パスワードが破られていた 結論としては、「前者」つまりアカウントとパスワードが破られていました。 このアカウントのメールボックスを確認したところ、以下のメールがGoogleから来ていました。 com)にログインしようとしました。 このユーザーは、メール クライアントなどのアプリケーションや携帯端末を使用していました。 Google では、このアカウントへのアクセスが不正使用のおそれがあるため、このログインをブロックしました。 ログインの詳細について、以下の情報をご確認ください: (省略) このログインに心当たりがない場合は、他のユーザーがあなたのアカウントにアクセスしようとした可能性があります。 今すぐアカウントにログインして、パスワードを再設定してください。 google. また、警告ページに行くと次のような表記がありました。 このアクティビティに心当たりがありますか? 心当たりがない場合は、 第三者があなたのパスワードを不正に使用している可能性があります。 Googleの公式サイトのページ「」も確認したところ、次のような表記がありました。 通常とは異なる場所や端末からログインやパスワード変更などが行われた場合、Google アカウントを保護するため、不審なアカウント アクティビティの通知が送られます。 このアクティビティを確認すると、その操作を実際に行ったかどうかを判断できます。 ということで、「パスワードを使って」や「行われた」という言葉から、攻撃者がばっちり私のGoogleアカウントにログインしたことがわかります(「あなたのアカウント」と言わずに「あなたのパスワード」と表現していることから判断)。 幸いGoogleによってブロックされたようですが、もしブロックされなかったらどうなっていたのか?とガクブルです。 対応策 対応策ですが、次のことが最低限必要だと思います。 パスワードの変更 攻撃者は既にパスワードを把握しているので、必ずパスワードの変更は行ってください。 なお、場合によってはから2段階認証プロセスを有効にするのも良いかもしれません。 【2段階認証プロセスとは?】 2段階認証プロセスとは、あらかじめログインする端末を決めておいて、未登録の端末からログインがあった場合、確認コード(6 桁の数字)が必要になるログイン方法です。 なお確認コードは、登録された端末に送信されてきます(それを入力してログインが成功する)。 Googleサービスが乗っ取られていないか確認 Gmail、Googleカレンダー、Googleアナリティクスなどの利用しているGoogleサービスが乗っ取られていないかより確認します。 その際、登録情報、住所情報、銀行口座、登録されているサイトなどを確認するとよいと思います。 Googleアカウントと連携させているサービスもチェック Google以外にもGoogleアカウントと連携させているサービスがある場合、その確認もします。 なお、それらのサービスの有無はより確認できます。 Googleアカウントと同じパスワードを使っているサービスのパスワード変更 攻撃者は既にパスワードを把握していますので、「パスワードを使いまわす」という人間の習性をついて他社サービスにも攻撃をしかけてくるかもしれません。 そのためGoogleアカウントと同じパスワードを使用している他社サービスがある場合は、そちらのパスワードも変更したほうがよいかもしれません。 まとめ 今回、私のGoogleアカウントのパスワードを攻撃者に把握されてログインされましたが、Googleのシステムによってそのログインはブロックされました。 そして上記に示す対応策を行いました。 このアカウントは外部の者に知られるようには使っていないので、• なぜ私のアカウントを知っているのか?• なぜパスワードが破られたのか? という謎が残りますが、真相はわかりません。 攻撃者の情報 ちなみに攻撃者というか私のアカウントに不正ログインした人物の情報を情報共有ということで晒しておきたいと思います。 おおよその場所(IP アドレスから検出):アメリカ合衆国 ウィスコンシン オーク・クリーク• IP アドレス:99. 107. 184. 65(ホスト名:sbcglobal. net) あわせて読んでほしい!• 「不正なログインをブロックしました。 」というもので、パスワードの変更を勧めています。 Googleアカウントチームという所から送られてきて、返信はできません。 文面が全く同じです。 アドレスは「125. 240. 34 125-15-240-34. rev. home. jp で、最後に「c 2014. Google Inc. 1600 Amphitheatre Parkway. Mountain View. CA 94043. USA」とあります。 友人は『それは詐欺。 パスワードを手に入れるために変更させようとしている」と言います。 やっぱ、詐欺かな。

次の