コロナ ウイルス 収束 終息。 【新型コロナウイルス】ニュースで使われる終息と収束正しいのは?意味や使い分けについても

しゅうそくは「終息」「収束」どっち?違いと正しい使い方

コロナ ウイルス 収束 終息

何をもって新型コロナは「終息した」と言えるのか。 過去のパンデミックの場合は(写真:issei Kato/ロイター) 新型コロナウイルスのパンデミックは、いつ、どのようにして終わるのだろうか。 歴史学者によると、パンデミックの終わり方には2通りあるという。 1つは医学的な終息で、罹患率と死亡率が大きく減少して終わる。 もう1つは社会的な終息で、病気に対する恐怖心が薄れてきて終わる。 「感染症の終息はとても混沌としている」 「『いつ終わるんだろう』と人々が言う場合、それは社会的な終息を指している」と、ジョンズ・ホプキンス大学の医学史学者、ジェレミー・グリーンは言う。 つまり、病気を抑え込むことによって終わりが訪れるのではなく、人々がパニック状態に疲れて、病気とともに生きるようになることによっても、パンデミックは終わるということだ。 ハーバード大学の歴史学者、アラン・ブラントは、新型コロナウイルスでも同様のことが起こっているという。 「経済再開の議論を見る中で、いわゆる『終わり』は医学的なデータによって決まるのではなく、社会政治的なプロセスによって決まるのではないかと、多くの人が思っている」。 エクセター大学の歴史学者、ドラ・バーガは言う。 「(感染症の終息は)とても混沌としている。 過去の例でも、終息の理由がなかなか明確には説明できない。 流行の終息は誰のためなのか、誰が終わりを宣言できるのか、なかなか見えてこない」。 2014年、アイルランド王立外科学院のスーザン・マリーは、アイルランド農村部の病院のフェローだったときに、その状況を目の当たりにした。 その頃までに、西アフリカでは1万1000人以上がエボラ出血熱で死亡していた。 エボラ出血熱は感染力が強く、致死率も高いおそろしい病気だ。 流行は収まりつつあり、アイルランドで患者は確認されていなかった。 しかし、人々の恐怖は明らかだった。 「街中でも病院でも、みな不安に駆られていた」と、マリーは近ごろ『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』誌に発表した論文で述べた。 「肌の色がそういう色であるだけで、バスや電車のほかの乗客から、怪しまれるような視線を向けられた。 咳を1度でもしようものなら、周りから人が遠ざかっていった」。 アイルランドで恐怖だけが続く中、WHO(世界保健機関)はエボラ出血熱の流行は終わったと宣言した。

次の

新型コロナウイルス収束後、私たちの生活はどのように変化するのか?

コロナ ウイルス 収束 終息

新型コロナウイルスの感染拡大に関連してよく使われる、ともに「しゅうそく」と読む「収束」「終息」の2語。 いずれを使うか、あるいは使い分けるかはほぼ三分されました。 どちらも正しいが、意味には違いも 結論から言うと、例文のような「ウイルス流行の『しゅうそく』を目指す」という形であれば、いずれかを使うことで間違いになるということはまずありません。 個人の判断で、使いたい方を選んで構わないと考えます。 毎日新聞用語集は「悪疫が終息」という用例を載せています。 この例を採用している新聞社・通信社の用語集は多く、「新型肺炎の終息を宣言」のような形で載せている社もあります。 この伝でいくと「終息」が正しいように見えるかもしれませんが、話はそう簡単でもありません。 結局のところ「収束」と「終息」は意味の異なる言葉であって、使い分けが可能だからです。 例えば大辞泉(2版)は「収束」について「分裂・混乱していたものが、まとまって収まりがつくこと。 また、収まりをつけること」と言い、「終息」は「物事が終わって、やむこと」と説明します。 ウイルス流行の「収束」と言った場合には、事態は終わらないまでも混乱に収拾がつき、制御可能な状態になることを指すでしょう。 最終的な目標が「終息」であることは当然です。 従って、当座の目標として「収束」を目指し、究極的には「終息」を目指す、という使い方が考えられます。 「意図しておさめる感じを出したい場合」は「収束」、ブームは「終息」ではないか、とも。 「終息する」は自然に下火になって消えてしまう感じでしょうか。 一方で「収束する」は、自動詞・他動詞の両方として使われます。 「事態が収束する」だけでなく「(人が)事態を収束する」という形も取り得るということです。 自動詞のみの「終息する」に比べると、「収束」の方が人為的なニュアンスを帯びます。 政策や指導によって事態をおさめる、おさめよう、という場合には「収束」が選ばれることになるでしょう。 「終息」しても再発することも… 新型コロナウイルスの感染拡大は、東京オリンピックの1年延期を強いるなど、私たちの身の回りにも大きな影響を及ぼしています。 とにかくまずは爆発的な感染を防いで、事態を「収束」に向かわせることが望まれます。 そのうえで患者のいない状態に至り、感染症が「終息」してほしい。 ただし、回答から見られる解説でも触れましたが、コンゴ民主共和国のエボラ出血熱は、2018年7月に同国北西部の赤道州で5月に発生、7月に終息を宣言したものの、8月には同国東部の北キブ州で流行が宣言されています。 「終息」しても再発するというのであれば、それは「終息」なのかどうか。 コロナウイルスの場合も世界中に感染が拡大してしまっている以上、こちらで「終息」したつもりでもあちらでは流行中ということが起きうるでしょう。 3月28日の安倍晋三首相の記者会見でも「感染終息」についての見通しは語られませんでした。 当面はやはり、国内での「収束」を目指す、というのが表現としても中心的なものになりそうです。 (2020年03月31日) 新型コロナウイルスの感染拡大が続きます。 流行のやむことを願うばかりです。 感染症の流行があると、新聞は事態が解決することについて「収束」ないし「終息」の語をよく使います。 毎日新聞の記事データベースを検索すると、今年1月1日~3月7日の記事において、「コロナウイルス」と「収束」が同時に出てきた記事は57件、「コロナウイルス」と「終息」では32件がヒットします。 「収束」は、例えば政府の専門家会議が2月下旬に出した「これから1~2週間が拡大か収束かの瀬戸際となる」とする見解などに出てきます。 「終息」の例は「ワクチンが完成した頃には流行が終息している場合もある」のようなものです。 辞書の説明によると「収束」は「おさまりがつくこと。 おさまりをつけること」(岩波国語辞典8版)で、「終息」は「やむこと。 終わること。 絶えること」(同)。 最終的な解決は「終息」のはずですが、「収束」もよく使われるのは、差し当たり事態を制御可能な状態におさめることが現実的な目標だからでしょう。 新聞・通信社の用語集には「悪疫が終息」といった例を載せているものがありますが、エボラ出血熱のように当局が「終息宣言」を出すはしから流行が再燃するものもあり、簡単に「終息」を使えるものでもないように思います。 状況によって使い分ける言葉だと思いますが、いかがでしょうか。 (2020年03月12日).

次の

ウイルス流行の「収束」と「終息」 使い分けは?

コロナ ウイルス 収束 終息

日本人は楽観しすぎていないか? みなさんはこの「新型コロナウイルス肺炎」がいつ終息するとお考えだろうか。 オーストラリアに住みながら、海外在住日本人ライターの集まりである「海外書き人クラブ」のお世話係を務める私は、日々世界中の彼らと情報を交換している。 そこで最近頻繁に話題になるのが、「日本に住む人たちは楽観しすぎているように見える」ということだ。 世界中の人たちが認識している「この闘いが長く厳しいものである」という現実を、理解していない日本人も多いようにも思える。 今、直視しなければ、日本は破滅に向かうのではないか。 そんな心配さえしている。 そんな彼我の差を知ってもらいたくて、私は簡単なアンケートを取ることにした。 協力してもらったのは、もちろん「海外書き人クラブ」のメンバーたちだ。 アンケートは以下のような設問にした。 【設問1】 在住している国が「ほぼ正常」(映画館や飲食店に行けたり、国内旅行が普通にできたりする状態)に戻るのは「何カ月後」と予想しますか? 【設問2】 在住している国と日本との渡航が「ほぼ」自由および正常にできるようになるのは、「何カ月後」と予想しますか?(「コロナ以前」より減便になったとしても定期便が飛び、かつてと同様の価格で飛行機に乗れる状態になるのはいつか) アンケートを回収したのは日本時間の2020年4月18日夜から4月23日の早朝にかけて。 また回答は疫学の専門家などではない素人の予想であることはご理解いただきたい。 さて、各国の回答を紹介する前に、日本にお住まいのみなさんにお願いがある。 まずご自身なりの【設問1】と【設問2】の「答え」を考えていただきたい。 現在の日本は、感染がそれなりに広がっているのに店内での飲食ができる稀有の国である(私が住むオーストラリアもそうだが、多くの国々では「店内飲食」は禁止で、テークアウトやデリバリーのみで営業可となっている)し、国内旅行もできないことはない。 よって【設問1】は「なんの気兼ねもなく店内飲食やレジャーや観光旅行が楽しめるようになるのは何カ月後と予想しますか?」と考えていただこう。 【設問2】はどこか行きたいと思う国をひとつ想定して、「日本とその国との渡航が『ほぼ』自由および正常にできるようになるのは、何カ月後と予想しますか?」としてもらいたい。 みなさん、それぞれの回答を頭の中に浮かべていただけただろうか。

次の