かく て 自由 は 死 せり ある 新聞 と 戦争 へ の 道。 無料視聴あり!Nスペ 社会 「アイアンロード~知られざる古代文明の道~」『Nスペ 社会』の動画

無料視聴あり!Nスペ 社会 「アイアンロード~知られざる古代文明の道~」『Nスペ 社会』の動画

かく て 自由 は 死 せり ある 新聞 と 戦争 へ の 道

これまで"空白"だった道程を浮かび上がらせる第一級の史料を入手した。 治安維持法制定時の司法大臣・小川平吉が創刊した戦前最大の右派メディア「日本新聞」である。 1925~35年に発行された約3千日分が今回発見された。 発刊当時、言論界は大正デモクラシーの全盛期。 マイナーな存在だった"国家主義者"は、「日本新聞」を舞台に「デモクラシー=自由主義」への攻撃を開始する。 同志の名簿には、後に総理大臣となる近衛文麿、右翼の源流と言われる頭山満などの実力者が名を連ねていた。 【PR】 国内に共産主義の思想が広まることを恐れた人たちが、日本新聞を支持したのである。 さらに取材を重ねると、日本新聞は地方の読者に直接働きかける運動を展開していたことも明らかになってきた。 そして、ロンドン海軍軍縮条約、天皇機関説排撃など、日本新聞が重視した事件がことごとく、社会から自由を失わせ軍の台頭を招く契機となっていく。 小川平吉役は、伊武雅刀さん。 他に石丸幹二さん、正名僕蔵さん、小林勝也さん、高瀬哲朗さんが出演。

次の

あの時代の「なぜ」への道しるべ―日本新聞が示すもの

かく て 自由 は 死 せり ある 新聞 と 戦争 へ の 道

とても「見甲斐」のある番組でした。 見損ねた方は、是非、再放送を。 治安維持法制定時の司法大臣・小川平吉が創刊した戦前最大の右派メディア「日本新聞」である。 1925~35年に発行された約3千日分が今回発見された。 発刊当時、言論界は大正デモクラシーの全盛期。 同志の名簿には、後に総理大臣となる近衛文麿、右翼の源流と言われる頭山満などの実力者が名を連ねていた。 国内に共産主義の思想が広まることを恐れた人たちが、日本新聞を支持したのである。 さらに取材を重ねると、日本新聞は地方の読者に直接働きかける運動を展開していたことも明らかになってきた。 そして、ロンドン海軍軍縮条約、天皇機関説排撃など、日本新聞が重視した事件がことごとく、 社会から自由を失わせ軍の台頭を招く契機となっていく。 小川平吉役は、伊武雅刀さん。 他に石丸幹二さん、正名僕蔵さん、小林勝也さん、高瀬哲朗さん ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ この「企画意図」だけだと、「「たくさんの番組の中から選んで、時間を割いて視る」意味は今一つ浮かび上がりませんが、実際の番組に登場する下伊那の片隅で「子どもたちに自由のすばらしさを教えよう」と奮闘していた真面目な小学校教師の変遷がリアルに「怖かった」です。 彼は、強制されたのでもなく脅されたのでもなく、たかだか10年もない短期間のうちに「時代が変わった」という認識の下に、積極的に「日本主義/戦争賛美」の運動に身を挺していった。 今という時代だから、これはとても重い事実であり、深く考えねばならないことだと感じました。

次の

NHKスペシャル「かくて自由は死せり~ある新聞と戦争への道~」

かく て 自由 は 死 せり ある 新聞 と 戦争 へ の 道

とても「見甲斐」のある番組でした。 見損ねた方は、是非、再放送を。 治安維持法制定時の司法大臣・小川平吉が創刊した戦前最大の右派メディア「日本新聞」である。 1925~35年に発行された約3千日分が今回発見された。 発刊当時、言論界は大正デモクラシーの全盛期。 同志の名簿には、後に総理大臣となる近衛文麿、右翼の源流と言われる頭山満などの実力者が名を連ねていた。 国内に共産主義の思想が広まることを恐れた人たちが、日本新聞を支持したのである。 さらに取材を重ねると、日本新聞は地方の読者に直接働きかける運動を展開していたことも明らかになってきた。 そして、ロンドン海軍軍縮条約、天皇機関説排撃など、日本新聞が重視した事件がことごとく、 社会から自由を失わせ軍の台頭を招く契機となっていく。 小川平吉役は、伊武雅刀さん。 他に石丸幹二さん、正名僕蔵さん、小林勝也さん、高瀬哲朗さん ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ この「企画意図」だけだと、「「たくさんの番組の中から選んで、時間を割いて視る」意味は今一つ浮かび上がりませんが、実際の番組に登場する下伊那の片隅で「子どもたちに自由のすばらしさを教えよう」と奮闘していた真面目な小学校教師の変遷がリアルに「怖かった」です。 彼は、強制されたのでもなく脅されたのでもなく、たかだか10年もない短期間のうちに「時代が変わった」という認識の下に、積極的に「日本主義/戦争賛美」の運動に身を挺していった。 今という時代だから、これはとても重い事実であり、深く考えねばならないことだと感じました。

次の