テセウスの船 ドラマ 感想。 【テセウスの船】最終回|ネタバレ*結末*感想【黒幕はあの芸人】|Lyfe8

テセウスの船9話ネタバレあらすじ&感想 黒幕は村人全員?事件にすずが関係?

テセウスの船 ドラマ 感想

3月22日に最終回終了しました。 大満足の幕引きでした。 父親が逮捕された殺人事件の謎を追う心。 父親の逮捕後に世間から身を隠すように生きてきたが31年前にタイムスリップして事件の真相を追っていた心に父親の大きな真実が判明して終わりました。 愁いをおびた心の表情がグッと胸をしめつけられました。 素敵な連続ドラマが多いですが新型コロナの広がりと猛威は凄いので早めに過去の連続ドラマやバラエティー番組に切り替えた方がいいです。 スタッフや出演者の方もよく寝てマスクは必ずして下さい。 危機感がなく緩く 遅い対応とどこからか来たか分からないですけどウイルスの勢いが凄く世界人口のほぼ全員が人口滅没と言われ亡くなる現実の中でワクチンもなく日本は検査をさせないのはオリンピックしたいからとか世界より3か月も日本は対応遅れていて手遅れと世界的に批判されていると専門家も言っています。 税金による桜を見る会令和2年も開催や森友問題改ざんやIRカジノ汚職問題や 日本の税金を世界にバラマキ続けて外交は名ばかりの遊び外遊で夫婦2人の私物化した 8年間で日本は世界1位の借金大国になったと評論家も言っています。 テレビ見る余裕も時間もお金もないのでテレビ離れ加速していますが良いドラマ作品は心に刻まれ心と記憶に残ります。 永遠に。 徹頭徹尾、視聴率稼ぎのためだけに注力し、それ以外は軽視して作られたドラマでしたね。 俳優の皆さんは熱演でした! ですが、ストーリー展開は視聴率を稼ぐのためのミスリード量産でぐだぐだ、それでも途中まではどういう結末になるかが気になって楽しめはしたけど、犯人判明の結末にかけては、およそ現実性からはかけ離れた無理ありまくりの展開。 最終話があれだけ叩かれるのはさもありなん。 別に黒幕が原作と違ってもいいんですよ。 芸人でもいいんですよ。 けど、あんな陳腐でリアリティのない動機や、主要人物たちの不自然すぎる行動はない。 視聴率に稼ぎをするにしても、もう少し後から突っ込まれないやり方はあったはず。 制作陣の手抜きによって名作に成り損ねた残念作品です。 2020年冬の連続ドラマは6作品が医療系医者ドラマでしたが 新型コロナの猛威拡と院内感染で今後は病院内の撮影が出来ないそうです。 テセウスの船は最終回まで目が離せない展開のドラマで来週はどうなるんだろうっと思わせてくれるスリル感があり32年前に起こった毒殺事件の犯人にされた父親の無実を信じながら犯罪者の子供として身を隠しながら生きて過去にタイムスリップして真相を 掴もうとする心の影のある表情が印象的で最終回びっくりするような終わり方で幕を閉じました。 人気漫画を実写化したドラマで漫画を購入して一緒に連続ドラマを見る楽しみ方が出来たのも大満足でしたが新型コロナの感染で連続ドラマやバラエティー番組は早めに 再放送に切り替えた方がいいです。 ニュース情報番組もリモート出演にした方がいいですがこれも、電波が悪くて長く続かないと言われています。 マスク必ずして自宅でテイクアウトやバランスの取れた食事をとって下さい。 新型コロナはどこの国から来たか分からないですが第一波第二派が来て感染力も強くウイルスに人間は勝てなく世界滅亡とも言われ保健所とも電話が通じなく検査もなく感染人数も定かじゃない事とWHOのパンデミック宣言も遅かったのですが日本の新型コロナの対応も世界より3か月も遅く逃げ腰の責任逃れとの指摘も世界メディアから非難されていると専門家も言っています。 税金による2020年も行われた桜を見る会やIRカジノ汚職問題や外交は名ばかりの世界遺産巡りの外遊で世界に日本の税金をバラマキ続けて私物化され続けお小遣いがわりに使われ日本は世界1位の借金大国になってしまったと評論家も言います。 テレビ離れですがテレビ見る余裕も時間もお金もないのが現状ですが、良いドラマ作品は心に刻まれ心に残ります。 死刑囚、毒殺で冤罪に奔走といろいろいやな予感はしていたが、やはり問題の多い作品だった。 序盤でどうにも違和感が抜けず、原因を考えると、主人公が死刑囚の息子で施設育ちなのにまったく陰のない竹内というミスキャスティングに大映の過剰な演出などが原因かと思っていたけど、話が進むと設定やプロットの雑さが現れてくる。 まあ、30年前のど田舎という感じがまったくしないし、あんなど田舎に子供が多すぎで、演出の問題なのかなあ。 小道具はおいていてもほとんど生かされないし。 まず、タイムスリップが重要な要素なのに、タイムパラドックスなどの設定が無茶苦茶。 過去の胎児と未来の大人が同時にいるのはどうやっても無理があるだろう。 胎児は母親の中なら存在、成長していないとでもいうのだろうか。 タイムスリップも何の因果関係もなく突然でちょっと虫がよすぎだろう。 過去を変えたのに記憶が保全されたり、未来の記事がそのままとか設定があやふやすぎて混乱する。 いろいろ行動の動機が不明すぎる。 さつきがみきおをあれほど養子に執着するのもよくわからないし、加害者娘と被害者が結婚とかみきおはどもかくすずの方は望んで地獄選択とかちょっとありえない。 車いすが毒の後遺症かと思ったら、突然歩き出すし、30年も何のために演技をしていたんだろう。 30年も車椅子演技なんてやれるか、普通。 さつき殺害にしても監視カメラにせいやというが、心も映っていたのに警察は調べなかったのか。 長谷川はなぜ犯罪に関与したのか動機が乏しいし、すずの弟が松尾訪問を邪魔する行動もかなり異常。 青酸カリで21人殺害と中盤まで盛り上げていたのに、総じて毒の扱いが軽い。 村人にしても毒キノコで祭りが廃止になった過去があるのに、青酸カリの所在が不明の事件があり、警察官が警告するなか子供たちの催しを強行するが、子供はともかく大人がやりたがるなんて普通ない。 序盤の子供やみきおが21人事件でも変更後の事件でも青酸カリを飲んでも死なないし、未遂が自由自在なんてそんな気楽なもんじゃないだろう、青酸カリは。 一応物語としては大量殺人事件で盛り上げるのに、計画変更で大量殺人は中止で、連続事件は死刑のための布石というのもなあ。 毒は単なる他と並列な小道具にすぎず、なんとも軽い。 後の刃物との絡みにしても毒殺事件はそういう強行犯は普通絡まないからね。 毒物か刃物かなんて現実には並列に扱うようなものじゃない。 あんな田舎で青酸カリ事件が続くとかちょっと無理がありすぎでしょ。 それが狙いとかもうね。 パラコート事件や青酸コーラ事件、グリコ森永事件などは広範囲な都会で匿名性が高いからありえたのだろうし。 最後に刃物なんてでてくる自体、作者は毒殺事件の特異性を何も理解していないとしか思えず、何とも白けてしまう。 大量毒殺事件という要素が何も生かせず、途中で放棄とか作者の逃げにしか思えないんだけど、普通、視聴者はそのまま受け入れられるんだろうか。 確定死刑囚は原則月1で確定前に定めた人間しか会えないんだけど、一度も面会も信書もない住所不確定でも可能なんだろうかと思ったが、松尾が来たり、頻繁に面会からしても、そんな現実なんかどうでもいいんだろう。 ほぼ外界から断絶される確定死刑囚の重みはここにはない。 みきおもあんなに簡単に変節するならどうせ批判されるような身内もなく、匿名報道で刑事責任もないのだから、あんな凝ったことをやる必要もないだろうと思うが。 結局、心は過去で死んで腹の中で成長して未来にいるのか、また突然のタイムスリップで未来で助かったのか知らんけど、なんともお気楽でそんな詳細はどうでもいいんだろう。 結局、家族愛を描きたかったということになるのか。 所詮、原作は漫画だから、こんなもんか。 いろいろ脇役の演者も生かせずに終わったなあ。 本放送にはないシーンがあったんですか?再放送は見てないので本放送の感想になりますが… この長文を要約すると、既に2020-04-06 09:16:10で書いた 子供だろうがなんだろうが「子供は単純でいい。 大人と違って扱いやすい」の一言で殺人鬼を放置とかあり得ない。 テレビ制作者はそんなドラマを本格ミステリーとか言うな。 最低でもみきおが警察と一緒に歩くなど、視聴者がはっきり捕まったとわかるシーンを入れろ。 千夏を殺したあとに犯人が書き込みした文章 「パラコートは予想外に時間がかかった。 やはり『本番』は、あの薬でいこう。 計画通り、次はもっと大きい人間で試してみる」 パラコートを飲むとどうなるか調べると痙攣嘔吐呼吸不全になるとある。 新聞配達員もさつきも目と口を開き、苦しんで死んでる。 本来は千夏もそのように死んでるはず。 ワープロには「時間がかかった」とある。 それは「ずっと見ていた」ということ。 もがき苦しみ死んでいく千夏の姿を「ずっと見ている子供」が「扱いやすい」?この時点で「犯人は残虐なサイコパス」だとわからないでドラマ作ってましたとかじゃないよね? 「普段ミステリー系を読まない」このドラマを「家族愛がメイン」だと思って見てる「視聴者」なら気づかないこともあるだろう。 けど「本格」ミステリーの「制作者が気づかない」のはありえない。 「テレビ内で千夏が静かに目をつぶってる姿は視聴者に配慮した映像」だということくらい、脚本、監督、プロデューサー、テレビ制作関係者なら当然知ってるよね?このドラマは「本格ミステリー」だよね?「そんな知識では本格ミステリーは無理」ということすら知らないで作ってたとか?コナンや金田一少年など漫画レベルの知識の人だって毒物飲んだら苦しんで死ぬことくらい知っている。 私には毒物の苦しみはわからない。 けど洗面器に水いれて顔突っ込めば疑似体験できるということくらいは知っている。 テレビ制作者は全員大人だよね。 とりあえず風呂場で洗面器に水を入れてしばらく顔を突っ込め。 少しくらい苦しくても顔出すなよ。 我慢できなくなって顔を出したらすぐ鏡を見ろ。 千夏はその苦しみから「解放されなかった」ことを想像しろ。 動揺するでもなく救急車を呼ぶでもなく「いつ死ぬんだろう」と思いながら自分を見つめる少年を想像しろ。 そしてワープロの文章を思い出せ。 それでもみきおを放置していいと思うのならもうドラマを作るな。 テレビ制作者は「子供は単純でいい。 大人と違って扱いやすい」の言葉の意味を本当に理解しているのか? 本番前に毒の効き目を確認する。 単純な子供なら信用してそのまま使うのでは? 千夏が苦しんで死ぬのをずっと見ていた。 子供なら驚いて大騒ぎするのでは? 毒入りスープを飲ませようとしたが鈴が来たからやめた。 単純な子供ならそのまま飲ませるのでは? 大人に胸ぐら摑まれて恫喝されて冷静。 普通の子供なら泣き出すのでは? 21人毒殺と見せかけ、いいように大人を翻弄。 扱いやすい子供が大人を翻弄できるのか? みきおは明らかに単純な扱いやすい子供ではない。 みきおは頭がいい。 だからみきおから正志を誘って共犯はありえない。 正志みたいな素人が誘拐事件を起こしたら証拠を残しまくってすぐ捕まり、警察に追求されて自白すると思うのでは?小学校ではドッジボールとか全員参加の授業があるから、仲間にそういう人がいると足を引っ張るということを知っている。 ドッジボールで作戦たてても、いじめられっ子の意見なんていじめっ子は聞かない。 かといっていじめっ子が考える小学生レベルの作戦なんて頭がいいみきおには聞いてられないだろう。 みきおをいじめから助けてくれたのは大人ではなく鈴。 祖母ともうまくいってない。 みきおは大人は信用しないと思う。 ちなみに鈴がいじめをやめろと言ってやめる程度のいじめなら大人が出る必要はない。 やめろと言った鈴をいじめたのなら別だけど 通常なら一般的な大人が子供を利用することもない。 学校の兎が死んだ時、子供達が騒いで心の立場が悪くなった。 もし目の前で死んだのが兎ではなく千夏だったら?兎が死んで大騒ぎするような子供に千夏を殺させたら、苦しむ姿を見たショックで泣き叫びながら先生や警察に訴えるのでは?その時、誰に指示されたのかを話し、そこから指示した大人に事情聴取するだろう。 だからもしもテレビ製作者の意図が「子供は単純でいい。 大人と違って扱いやすい」=「大人 正志 に操られただけのただの子供 みきお 」にしたいのだとしたら、なぜ無関係な千夏や兎を殺させたのか?正志が主犯なら毒の効き目など確認する必要性がない。 地元出身の大人ならパラコートを飲んだら死ぬことくらい知ってるだろう。 最初からみきおに毒入りスープを渡し「佐野文吾に飲ませろ。 子供相手なら油断するだろう」と言えばいい。 共通の目的は佐野文吾なのだから。 逆にドラマ制作者に聞きたい。 なぜ大人が自分の手を汚さず子供を利用するのか? みきおがサイコパスではなく普通の子供だったとしたら。 目の前で悶え苦しみ死んでいく人の姿が目に焼き付き毎日悪夢にうなされるだろう。 徴収され戦争に行かされた兵士が殺さなければ殺される状況に追い込まれ、平和な祖国に帰っても悲惨な戦場を思い出し悪夢にうなされアルコール中毒になったとか。 本格ミステリーを手掛ける人ならPTSD 心的外傷後ストレス障害 は知っている。 子供はリセットコンティニューできるゲームのキャラクター感覚で「死ねばいい」と言う場合がある。 本来なら「そんなことを言ってはいけない」とたしなめるべき大人が、知識がないことを利用し人を殺させる。 殺す側も殺された側も、大人だろうが子供だろうが未来を奪う。 PTSDも前科がつくことも、それがどういうことかも「本格ミステリーを制作する人間」なら「当然知っている」。 知ってて大人が子供を利用するドラマを制作する。 最低だ。 原作のみきおは捕まってる。 私の原作知識はネットのネタバレレベルだから詳しいことは知らないけど、年齢から考えて捕まったあとは指導を受けるはず。 コナンや金田一少年など少年向けの漫画は直接逮捕されるシーンがない場合も、大勢の前で謎解きしたり警察関係者がその場にいたりして、後で逮捕されただろうことが想像できるようになっている。 戦争など理不尽な環境では戦争そのものが酷いという方向性。 戦争で家族と家を失い飢え死にしそうな子供が、同じような境遇で小さな魚を釣った子供を見かける。 お互いにその小さな魚を食べなければ飢え死にそうな状態。 争い誤って殺してしまう。 魚を奪ったり相手を殺したりしていいわけがない。 では魚を奪おうとした子供が悪いのか?そもそも戦争がなければそのような状況に追い込まれることはなかったのでは?「戦争そのものが理不尽で酷い」。 または家族や家をなくしたわけでもない。 私有地でもなく誰でも釣りOKな場所で釣られた魚。 その小さな魚を食べなければ飢え死にしそうな状況でもない。 なのに魚を奪う。 それは奪う子供が悪い。 読者や視聴者が子供でも、「同じ奪う行為でも状況や環境により何が悪いのかは違う」ときちんと説明すれば理解できる。 それを「死にそうな状況 環境 に追い込まれたわけでもないのに、自分勝手な理由」で奪う。 場合によっては殺してしまう。 そして誰もそれを咎めない。 「奪ってもいいんだ。 殺してもいい」。 そう理解した子供はどうなるか。 まるで昔の貴族と平民、領主と農民のようだ。 フランス革命が起きた時代の貴族は平民に重税を課し、それが原因で平民が死んでも気にしなかった。 貴族の子供は気にしない親を見て育った。 罪悪感を感じる必要がないことを親を見て学んだ。 みきおは遺族が悲しんでる姿を見ても何とも思わない。 他の人が冤罪で死刑判決が出ても自首しようとは思わない。 平民が死んでも気にしない罪悪感を感じない貴族と同じ。 それは「子供は単純でいい。 大人と違って扱いやすい」。 正志のせいだから。 さつきと正志を殺して「心先生のせいで死んじゃった」。 悪いのは犯人探しをする心先生。 「冤罪を被せたみきおが悪い」という考えがない。 平民に重税を課す「貴族が悪い」という考えがない。 当時は広場にギロチンがあり子供が見てる前で公開処刑。 日本にも晒し首があったし公開処刑は世界中の歴史を見ればどこにでもある。 本格ミステリーの作家は作品のヒントを得るため色々な本を読むから当然知っている。 当時の子供は日常的に公開処刑を見ていた。 それは苦しむ千夏や兎を平然と見つめるみきおのような存在を作り出す光景だったのかもしれない。 フランス革命が起きた理由のうち一つは「飢え死にする子供が日常的に見れる」悲惨な環境だったから。 ある意味当時の貴族や領主、平民や農民は全員がサイコパスとPTSDの時代とも言えるのかもしれない。 何年たっても貴族の性格が変わることはなかった。 だから革命が起きたのでは?同様にみきおを逮捕 更生 せず放置しても当時の貴族達のように変わらないのでは?「正志に指示された」と言えば逮捕されないのか?貴族が「親に教わった」と言えば処罰されないのか?革命後はたくさん処刑されてるが。 世の中には他人のせいにする人がたくさんいる。 ドラマ制作者の常識基準はフランス革命が起こる直前の時代のものなのか? 子供の時から「何でも人のせいにするな。 よく考えろ。 大人に指示されてもやっていい時とやってはいけない時がある。 」その習慣が身についていれば。 もしみきおが正志によって作られたサイコパスならば、子供時代に逮捕されて適切な指導を受けていればさつきや正志は殺されなかったのでは? みきおは正志を殺す時、罪悪感も何も感じることはなかっただろう。 みきおのような「扱いやすかった子供」に、ある日突然殺された正志はどう思っただろう。 他人のせいにすれば何でもOKだと教えたのだから自分も殺されて当然と思ったのか。 それとも「なぜ殺されるんだ?」と思ったのか。 もし殺される理由がわからないまま死んでいったとしたなら本当に馬鹿だな。 それとも正志はみきおを扱ってると「思い込んでる」設定なのかな? テレビ製作者がこの設定で視聴者が納得すると「思い込んでる」のと同じなのかな? 正志の行動はあり得ないとここで書き込みしたけど、正志はテレビ製作者を反映してるのかな? 子供 サイコパスor普通 、大人 サイコパスor普通 の場合、組み合わせは以下の通り。 原作パターン。 逮捕されてる。 本物のサイコパスだと逮捕しても更生しないかもしれない。 また自分の都合で人殺していい、そんなわけない。 逮捕は当然。 千夏がパラコートを飲み苦しみ始めた時点で普通の子供なら驚き騒ぐはず。 死ぬまでに時間がかかったということはすぐ手当てすれば助かったかもしれない。 みきおは殺人 または未遂 で警察へ。 指示した正志もみきおの証言により逮捕。 大人が子供の未来を奪う。 または「大人のせいにすればいい。 自分は悪くない」普通の子供をサイコパスにしたまま放置。 これがドラマのパターン。 最低だ。 子供が見る時間帯のドラマで子供に何を伝えるべきか。 それは「行動する前によく考えろ」だ。 大人だろうが子供だろうが悪いことをしたら捕まる。 振り込め詐欺でお金を受け取る人が「指示されただけです」と言ったところで捕まる。 空港で品物渡されて、これ持って外に出てと言われて出ようとしたら捕まった。 「品物が麻薬だと知らなかった」「指示されただけ」と言ったところで捕まる。 振り込め詐欺も麻薬の密輸も下っ端をいくら捕まえたところで黒幕を捕まえないと犯罪はなくならない。 一番悪いのは黒幕だ。 黒幕を捕まえるのが一番だけど現実問題としてすぐには捕まらない。 ではどうすればいいのか? 大人に指示されてもやっていい時とやってはいけない時がある。 「知らなかった」では取り返しのつかないことが世の中にはたくさんある。 子供にそう教えて自衛させることだ。 たとえ金丸刑事を崖から突き落とせと大人に言われても「崖から落ちたら死んじゃうよ」と、しっかり「考えろ。 それから行動しろ」と子供に教えるのがこの時間帯のドラマ。 新型コロナの感染者数が海外に比べ日本が少ない理由の一つはマスクをしてるから。 唾の中には病原菌がある。 仮に感染したことに気づかずマスクもせず過ごしたら20人以上に飛沫感染させる可能性がある。 みきおは一人で20人以上殺した。 たくさんの人に被害を出すという意味ではどちらも同じ。 国民全員に知識がある場合は全員で考えて提案して検討して全員で実行すればいい。 既にマスク、手洗いうがい3密回避で感染拡大は防げると知っている。 知識をもとに分散、消毒、完全予約制、定期的な換気などできるところから対応している。 コロナの場合の黒幕退治はワクチン開発になるのかもしれない。 が、開発まで手をこまねいて待ってられるか。 感染拡大を抑える実績と方法を知ってるのなら。 皆で協力して対応して経済をまわす。 考えればできるのにしないのが悪い。 ただし政治家にしかできないことはしっかり政治家にやらせる。 強いリーダーシップと時には強制が必要なのは、国民に疫病の知識がない場合。 「リーダーの指示待ち、失敗したらリーダーが悪い」「子供は単純でいい。 大人と違って扱いやすい」は「国民 子供 が戦い方を知らない場合の話」だ。 ここで長々と書き込みしてるのは 「知識のない人を一人ほっておくと20人以上に被害を出す」 からだ。 2020-04-06に書き込みしてからの視聴者の反応を見れば、ほとんどの視聴者が「みきおは逮捕されるべき行動をしてる」ことを理解している。 でもテレビ制作者が気づかないといつまでも改悪はなくならない。 原作改悪し時代錯誤の頭で本格ミステリーを騙る。 そんな思考回路で現代の疫病と戦ってられるか。 「テレビ制作者には知識がない。 本格ミステリーは制作できない」という自覚はあるのか?なければまずは自覚しろ。 上記は子供が見る時間帯での放送の話。 下記は子供が見ない深夜放送2~4時間くらいで制作した場合。 明らかにみきおが犯人だとわかる 自白や心を刺す シーン等、色々変更。 佐野親子は最初からポンコツ設定なので犯人は正志、心は死亡で事件終了。 約30年後。 みきおとお腹の大きな鈴が歩いてる。 2人とも笑顔。 イヤホンしながらスマホながら歩きの人が鈴にぶつかり鈴がよろける。 支えるみきお。 「殺すぞ」と小さくつぶやく。 相手はイヤホンしてるので気づかず謝りもせず立ち去る。 鈴が「あなたとおしゃべりしてて前を見てなかった私も不注意だったのよ。 そんなことを言ってはだめ。 それがたとえ私のためだとしても。 家族が犯罪者になるのは嫌」 「わかってる。 鈴と一緒にいたい。 だから鈴が望まないことは『もうしない』よ。 」 「なに言ってるの、もう『しない』じゃなくて、もう『言わない』でしょ? 笑 」 「そうだね 笑 」 妊娠した由紀や佐野一家が集まる食事会に参加する2人。 これが最終回。 エピローグとしてみきおの回想。 心のタイムスリップにより火事が防がれ、それをきっかけにタイムスリップ前には聞くことがなかった正志の昔話を聞くみきお。 犯罪者の子供は酷いめにあい、妺は死んだという話を聞き鈴も同様になるかもと思ったみきおは計画を変更。 佐野が大事にしてる家族を誘拐して同じ思いを味わわせてやれと正志をけしかける。 素人が誘拐事件を起こしたらあちこち証拠を残す。 警察の捜査で捕まる正志。 みきおが正志の自宅に毒物の容器を置き祖父の毒殺犯に仕立てる。 「正志は音臼村祭事件担当の佐野文吾と金丸刑事 設定追加 と祖父を恨んでた」「新聞配達員が千夏と明音をずっと見ていた。 千夏を殺し明音を誘拐したのは新聞配達員かも。 警察に捕まるのを恐れ自殺したのかも」と警察に証言するみきお。 「正志に冤罪被せてよかった。 正志には母も妹もいない。 心先生みたいにタイムスリップして正志を助けに来ないよう念のため祖父も毒殺した。 覆ることはないだろう。 鈴を手に入れるためにこれまで色々したけど鈴は全然気づいてない。 ポンコツなのは血筋なんだな。 佐野家は全員、家族思いだ。 子供の頃に両親をなくし欲しかった家族愛をここなら安心して求めることができる。 だからもう犯罪はしない。 自首もしない。 この幸せは絶対手放さない。 テセウスの船って知ってるかい? 父が死刑囚でタイムスリップした心先生も、父が死刑囚ではない今の心も、家族思いなのは変わらない。 だからどちらも同じ心。 もし今の笑顔の鈴が、正志の妹のように笑顔のない鈴だったら。 それは自分の好きな鈴じゃない。 世間一般というのは「これがテセウスの船だ」と言えばそのまま信じる。 中身が実際に使われた木材なのかどうか。 こだわるのは一部の人だけ。 世間一般というのは「〇〇が犯人だ」と言えばそのまま信じる。 実際に犯行を行ったかどうか。 こだわるのは一部の人だけ。 テセウスの船とは一人一人が何を基準にどう捉えるか」 みきおの回想終了。 佐野一家の明るい笑顔で幕。 心は一般人。 だから家族の冤罪が晴れて終了。 本物のテセウスの船。 佐野文吾は警察。 一般人のように冤罪が晴れて終了ではない。 真犯人逮捕。 そこまでが本物のテセウスの船。 自分さえよければそれでいい。 その考え方では真実は見えない。 ………これならみきおが捕まらなくても『ミステリー』と認めたかも。 結局子供には見せられないバッドエンドではあるが 本格ミステリーはセリフに意味を持たせる。 「なに言ってるの、もう『しない』じゃなくて、もう『言わない』でしょ? 笑 」みたいに。 「テセウスの船とは?一人一人が何を基準にどう捉えるか」。 冤罪になったのが自分の家族なら必死 船の材料にこだわる けど家族以外なら無関心 船の材料は何でもいい みたいに。 佐野文吾は警官なんだから心みたいな一般人じゃないんだからみきおは千夏や金丸刑事を殺してるんだから逮捕は当然。 日本の警察は馬鹿じゃない だから「本格ミステリー」と言われればセリフを深読みする。 「子供は単純でいい。 大人と違って扱いやすい」のセリフに持たせた意味とは? 映像関係のプロならワンシーンに意味を持たせる。 ドラマ内でみきおが警察と一緒に歩く。 たかだかワンシーンと思うかもしれない。 でも、そこに償い、更生、悪いことをしたら捕まる。 その行動をしたらどうなるかよく考える。 場合によってはサイコパスやPTSDのケアなどを視聴者に想像させる。 捕まるのと放置とでは意味が違う。 みきおの表情、暗い顔、うすら笑いなど今後の未来を予想させてもいい。 ドラマにはそのワンシーンがない。 自分は悪くない。 他人のせいにすればいい。 原作通りと思われる前半は星4をつけていた。 ドラマの2020-04-06 09:16:10の星評価は最終回。 今回の星評価は総合評価で。

次の

【テセウスの船最終回】ネタバレと感想!犯人がついに明らかに!

テセウスの船 ドラマ 感想

しまった!見逃してしまった!という方もご安心下さい。 人目を気にして笑うことも許されなかった人生。 しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀(上野樹里)から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。 そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。 そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会うのだった。 過去で出会った家族は優しさと笑顔が溢れる愛すべき者たちだった。 父・文吾はなぜ殺人犯になったのか? 本当に事件の犯人なのか? 心は過去の世界で、父・文吾の起こす事件の謎を解明し、事件を阻止して過去を変えようと立ち向かう。 テセウスの船 1話の感想やネタバレ テセウスの船が面白い人の感想• ツッコミどころは多々あるけれど、そんなことどうでも良くなるくらい面白かった。 スピーディーなストーリー展開と、演者たちの巧みな芝居にグッと引き込まれた。 そうそう、メイクが酷評されてるけど、平成パートの榮倉奈々はとても素晴らしい。 キュートでチャーミングな肝っ玉母ちゃん。 母としてのDNAが無自覚に反応するのか、竹内涼真相手になぜか母性本能全開で接していて、なんだか微笑ましい。 次が楽しみだと思えるドラマは久しぶり。 来週が待ち遠しい!• 田村心は過去へタイムスリップして大量殺人を未然に止める。 殺人事件が発生しなければ父親は逮捕され死刑判決を受けることはない。 父親が死刑にならなければ田村心は過去へタイムスリップしようと思わない。 タイムスリップしなければ大量殺人を止められない。 大量殺人が発生したら父親が逮捕され死刑判決を受ける。 田村心は事件の真相を知る為に過去へタイムスリップし大量殺人を未然に止める。 父親は逮捕されない・・・ つまり、このパラドックスを解くためには、父親が殺人鬼である田村心と父親が殺人鬼でない田村心の2つのパラレルワールドが必要となる。 結局過去を変えちゃいけないんだよ。 平成元年は今のお札じゃなかったんだとビックリしました。 あんな環境だと財布じゃなくスクラップに興味がいくんでは?いや、やっぱ財布か。 多少演出に違和感ありますが、役者良いし面白いし3ヶ月この船に酔ってみようと思います。 鈴木亮平さんが好きなので観ましたけど、凄く良かった!誰が真犯人なのか知りたいし、過去がどうなるのか気になるので毎週視聴決定!こういうドラマがあると、毎週楽しみが増えて嬉しい。 突っ込み所は多すぎますが 笑 まず、奥様産後すぐ亡くなりましたが、子供のいない方が書いたのですかね? 産んですぐ「ああ、自分はどうやら助からないようだ」と悟ったら、旦那のお父さん所ではないですよ!自分の産んだ子供にもう一目会いたい、自分の亡き後この子のことをなんとか頼む、側にいて成長するところがみたかったのに、こんな母ですまない……と、とにかく今産んだばかりの赤ちゃんのことが気がかりで仕方がないはず!! うわぁ、フィクションだなぁと。 タイムスリップシーンも安っぽかったし。 小さい子供がいてしかも妊娠中の母親って警戒心高めなはずなのですが、会ったばかりの旅人を家に泊めるか……?未来の息子だから何か感じたのかも知れませんが、ちょっと信じられない。 などなど突っ込み所はあれど、このドラマは面白いからいい。 そもそもつまらないドラマは突っ込み所云々の前に観たくもないから 笑• わたくし、彼のドラマは初めて見ました。 今までは食わず嫌いな感じで見てなかったです(笑)。 でもそれを今すごく後悔してます。 すごくいいですね!普通ぽくて、とてもいい! 話はタイムスリップで現実離れしているけれど、不思議と役者さん達の演技力で入り込めます。 あと、上野樹里ちゃんは特別出演だったんですね。 それだけが、とても残念…• やりすぎでしょ。 あれじゃコントになっちゃうよ。 榮倉奈々ちゃんの50代、60代ならもっときれいだよ。 今期は期待していたドラマがことごとく外れだったが、やはり日曜劇場だけは期待を裏切らなかった。 キャストも良かったし、ストーリーも良かった。 ただ一つ不満をあげるとするなら、なぜ榮倉奈々をキャスティングしたのか。 彼女だけ悪い意味で浮いていたし、他の出演者が芸達者なこともあって演技が下手に見えた。 出来れば演技派の鈴木亮平と渡り合える井上真央あたりの女優を持ってきて欲しかった。 彼女なら演技力は申し分ないし、歳をとった役も上手く出来るだろう。 NHKの『少年寅次郎』での母親役は素晴らしかった。 マジ面白い。 榮倉奈々の老けメイク。 車に乗ってるシーンが合成。 崖のシーン。 色々無理があるけど、ワクワクしながら見てた。 竹内涼真、めちゃくちゃいい! 露天風呂のシーンは泣けた。 これからの展開、楽しみで来週が待ちきれない! 個人的に、 竹内涼真のアップは美しい!• さすが日曜日。 凄いの来ましたね。 泣きの竹内涼真、タフな鈴木亮平、後半一気にねじ伏せられました。 ドラマはたくさんあれど、ここまで差があるものか、と感心します。 榮倉奈々ちゃん率いる家族、31歳の主人公の彼からすれば、言葉には出来ないけど、どんなものより憧れ焦がれた恋しいものなんだろうなと涙がじんわり。 父親の文吾をお父さんとは呼べなくても、未来から来たという事は理解して貰えた、でいいのかな?過去の事実が心の行動によって変わった時に、嫁の書いたオレンジのノートの内容も変化するのかな。 時空を飛ぶストーリー、そこに愛に基づく強い信念が描かれたりすると、心を持って行かれます。 今期ドラマのランキングがあっという間に変わってしまったな。 当分、待ち遠しい日曜日となりました。 テセウスの船がつまらない人の感想• 色々と登場人物の言動に違和感が…… まず主人公が過去にタイムスリップした現実をあっさり受け入れてしまうこと もう少し色々と疑問をもたないかな? 後、農薬を拾っておいたと息子に告げた時のリアクション。 安心するのではなく、「では真犯人はだれなんだ?」と考えるのが普通では? 最後に父親に未来から来たと伝える場面も違和感。 普通そう聞いたらまずかなり疑うでしょう。 なのに疑いもせず、さらに「未来では車はとんでるのか?」と。 例え未来から来たことを信じたとしても「どうやって未来から来れたのか?」「未来からやってたお前が何をしにこの村にきたのか?」と聞くのが自然では? 色々と登場人物の言動に違和感があり、話に入っていけません……。 子供達ばかりで残念です。 なぜ、ジジイは助かる?• やはり最初の榮倉奈々さんのメイクが減点ポイント。 上手い女優さんだと思うから姿勢や声、多少の白髪ぐらいで60代に見せられなかったのだろうか。 あのメイクで冷めてしまうので、現代に戻らないで、と願ってしまう。 皆さん、良いドラマとの感想が多いのですが、私はどうみても主演の方が苦手の様です。 ナルシストがナルシストを演じてる感…すみません。 テセウスの船 榮倉奈々の特殊メイクがひどい? コメントでも散々な言われようでしたが、榮倉奈々さんの特殊メイクがひどいと話題になってます。 実際に見てみましょうー!! 序盤から榮倉奈々さんの特殊メイクに笑いそうになってしまった。 父親役の鈴木亮平氏といい、何故両親として適齢期の方にしなかったのかな。 若い時の回想シーンなら解るけれど何故…🌀TBSはJINといい、タイムスリップが好きなのかな。 さんの特殊メイクはいま直ぐ止めた方が良い。 これじゃコントだよ。 原作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で連載されていた東元俊哉による人気の同名漫画。 二転三転し謎が謎を呼ぶ緻密なストーリーが多くのファンに支持されている本格ミステリーだ。 主演は竹内涼真。 殺人犯として逮捕された父親の事件の謎を追う主人公・田村心(たむら・しん)を演じる。 また、心の父親・佐野文吾(さの・ぶんご)役には鈴木亮平、母親・佐野和子(さの・かずこ)役に榮倉奈々、心の妻・田村由紀(たむら・ゆき)役は上野樹里がすでに決定しているが、このたび、事件の真相の鍵を握る重要な役どころで、豪華なキャスト陣の出演が決定した。 平成元年にタイムスリップして父が逮捕された殺人事件の謎を追う心を怪しんで正体を暴こうとする辣腕刑事・金丸茂雄(かねまる・しげお)役にユースケ・サンタマリア、殺人事件のあった小学校の教員・木村さつき(きむら・さつき)役には麻生祐未が決定。 また、事件の行方を左右する村人役で芦名星と竜星涼が出演。 その他、怪しい村人役で笹野高史、六平直政、今野浩喜が出演する。 さらに、同じく村人役で昨年のM-1王者である霜降り明星・せいやのドラマ初出演も決定した。 そして、令和の時代で登場するミステリアスな役どころで安藤政信と貫地谷しほりが出演する。 二人が事件とどう関係してくるのかがミステリーの行方を左右していく。 人気の本格ミステリーに多彩で本格派のキャスト陣がどう真相に絡んでいくのかが見どころだ。 テセウスの船の出演者 田村 心…竹内涼真 佐野 和子…榮倉奈々 車椅子の男…安藤政信 田村 鈴…貫地谷しほり 佐々木 紀子…芦名 星 長谷川 翼…竜星 涼 田中 正志…せいや(霜降り明星) 徳本 卓也…今野浩喜 佐野 鈴…白鳥玉季 佐野 慎吾…番家天嵩 田村 由紀…上野樹里(特別出演) 金丸 茂雄…ユースケ・サンタマリア 石坂 秀夫…笹野高史 井沢 健次…六平直政 木村 さつき…麻生祐未 佐野 文吾…鈴木亮平 テセウスの船はDailymotion,Pandoraで見れる? ・・・たしかに、今までは YoutubeやDailymotion、miomioなどで違法に見ている人も多かったですが、 パソコンがウイルスに感染したり、 法律違反をするのはちょっと・・・という方も多かったと思います。 その点FODは心配ありせん! 安心・安全に動画視聴を楽しみましょう! この FOD フジテレビオンデマンド は 月額888円(税別)で登録出来ます。

次の

テセウスの船面白い?ドラマ化を忖度なしに評価「あな番みたいなとこも」「引き込まれた。次回見るの確定」

テセウスの船 ドラマ 感想

もくじ• テセウスの船伏線未回収の一覧 「テセウスの船」最終回は、1時間25分でしたが、時間があっという間! 黒幕は田中正志だったということで、正志の不幸な過去がわかりました。 文吾さんに言われた一言が発端になったということでした。 いろいろな伏線未回収部分ががありましたのでまとめてみました。 ヒーローになるのは自分だけ、鈴の好きなタイプの正義の味方である父の文吾が邪魔だった。 しかし、その理由だけでいろいろな殺人を犯すのでしょうか。 みきおはどんな 生い立ちだったのか気になりますね。 4歳で母親が亡くなる• その後医者である父が死亡• 音臼村の祖母に引き取られる それ以上はわかっていません。 不幸であることは確かですね。 みきおと鈴の現代の関係• 殺人を犯したのにもう更生しているのか。 カフェでバイトが怖すぎ• サイコパス?であるのは直っているのか• さつきは母親代わり? みきおの現代の様子は、次のParaviでわかるかもしれません。 誰の子だったのかは不明) この時、校長先生に相談しておろしたのだが、後悔をしていたのでは。 子供の子の未来を奪ってしまったということで、「子供」に対する執着が強いのではないでしょうか。 「子供」を絶対守る!という強い思い。 さつきは、父親も母親もいないみきおに自分の子供を重ね合わせたんでしょう。 — Iku* IkuPrecious 金丸刑事を崖から突き落としたのは最終回ではわからずじまいでした。 目線からして大人だと思っていましたが。。 Paraviのほうで、 犯人はみきおだということがわかりました。 それを理由に脅迫し、明音ちゃんを誘拐させた。 しかし、翼は明音ちゃんを殺すことはできなかった。 結局、 明音ちゃんを殺したのはみきお。 翼は、自殺。 これが心先生がポンコツ主人公と呼ばれる原因になったのは間違いないだろう。 最終回で、校長先生と息子の関係性がわかりました。 1話目で校長先生の息子が心と同い年。 森昌子が好きだったことは分かっています。 校長先生と息子は本当に仲直りしたのか• 正志が絡んでいるということが分かっていたのか• 絵を、なぜ黒く塗ってしまっていたのか• 校長先生のナイフは? 結局、校長先生は犯人も分かっていて冷静に事を見ていただけなんでしょうか。 そして、心と文吾の親子関係を見て自分の悪い点を思い直し、息子に会いに行きいい関係に戻ったという話だったようです。 このあたりは、次週のParaviでわかるかもしれません。 テセウスの船最終回みんなのもやもやは? モヤモヤ感は残るけどドラマとしてはホントに面白かったという感想が多いですね。 駐在所勤務は長くて10年位だそうです。 佐野文吾は12年前の村祭りから30年後のタイムカプセルまで長期勤務するつもりだったのかな。 1977年にはまだ警察学校だったとか、逮捕されたら家族は駐在所に住み続けられないとか矛盾、伏線未回収を山ほど残して終わってしまった。 — 山猫80 yamaneko804x4 終わるには終わったけど。 確かにハッピーエンドー! でも何?このモヤモヤ感。 未回収な伏線を含めてサブストーリー的な事、テレビで特別編やってもらいたいのですが! — アンミD v1vh3XEyIoqc6be 面白かったけど、いろいろ未回収の伏線があってモヤる。 竹内涼真さんはじめ、全力の演技は本当に素晴らしかったです! テセウスの船のインスタなどを見ると現場のほっこり感も伝わってきて、楽しい3か月でした。 またParaviで続きを見て少しすっきりできると思います。 気になる方はで見るといいですよ!.

次の