ペイペイ ボーナス ライト 使い方。 【PayPay】ペイペイ残高の換金・出金方法は?貯まったボーナスの現金化は可能?

PayPay(ペイペイ)マネーライトやボーナスライトの違いを解説!PayPay残高の変更点の最新情報も

ペイペイ ボーナス ライト 使い方

もくじ• PayPayマネーとは? 2019年9月30日から創設される新規の名称でPayPayアプリ内でも長らく予告されていた 『出金可能な電子マネー』とのこと。 この画面にて表示されている銀行口座を選択すると、その口座に対し、PayPayマネーから出金することができます。 PayPayマネーライトとは? 『PayPayマネーライト』とは、かつて存在していた 「PayPayライト」にあたるもので、銀行口座からチャージした金額がPayPay残高になったものを指します。 いや、でもそれって、「PayPayマネー」と一緒では? と思われるかもしれませんので、分けて記載すると、• 「所定の条件」とは? 上記の「所定の条件」とは 「本人確認」です。 PayPayにて本人確認済みのユーザーはチャージすると自動的に出金可能な「PayPayマネー」へのチャージになり、本人確認が未完了のユーザーがチャージを行うと、自動的に「PayPayマネーライト」へのチャージになります。 「本人確認」を行う方法は? PayPay上で本人確認を行う方法は2通りあり、• 銀行口座の認証を利用する• かんたん確認を利用する が利用できます。 難易度としては銀行口座を使って認証するほうが数倍楽です。 「かんたん確認」は本人確認書類(免許証など)の撮影・送付をしなくてはならず、かつ確認完了まで5日前後の日数がかかります。 ですので、「本人確認」の素早い完了したい方で連携できる銀行口座を持たれている方は圧倒的に「銀行口座の認証」を利用することをおすすめいたします。 PayPayマネーとPayPayマネーライト。 その違いは? ここまでのご説明で、単純にユーザーのステータス(本人確認済み/未完了)によってマネーかマネーライトか変わるかのように思いますが、残高としての機能でも違いがいくつかあります。 名称 有効期限 機能 チャージ・付与方法 PayPayマネー 無期限 出金・譲渡・送金 本人確認済みユーザーがチャージ PayPayマネーライト 無期限 譲渡・送金 上記以外のユーザーがチャージ PayPayボーナス 無期限 — キャンペーンなどで付与 PayPayボーナスライト 60日 — キャンペーンなどで付与 合わせて「PayPayボーナス」「PayPayボーナスライト」も併記してみました。 PayPayマネーは、PayPayからすると「誰」が「いくら」持っているのかが明確なお金ですので、実際の現金のように引き出したり、送金できたりします。 PayPayマネーライトもほぼ現金と同様ですが、本人確認が未完了ユーザーということで、「出金だけできない」というルールが敷かれています。 ただし、通常のコード支払い用アプリとして使用する形では特段気にする必要がない、ということも言えますね。 ユーザーのメリットは? かつては「PayPayライト」と呼ばれていた「PayPayマネー」「PayPayマネーライト」ですが、名称変更などによってユーザーのメリットはどのように変わったのでしょうか? 有効期限が撤廃される まずひとつ目は 「銀行口座からチャージした残高の有効期限がなくなる」という点です。 そもそも、PayPayがスタートしたタイミングから1年も経過していないこのタイミングで無期限に変更されますので、 有効期限を恐れる必要もありませんでしたが、「いつか使用できなくなる」という不安感が払拭されただけでも大きな仕様変更ですね。 【PayPayマネー】払い出し(出金)が可能になる また、「PayPayマネー」に限定されますが、 チャージした金額の払い出し(出金)が可能になります。 今までチャージした金額は一方通行で戻らない・戻せない金額でしたが、9月30日のPayPayマネー実装後はお金を引き出せるようになります。 PayPay以外で急に現金が必要になったタイミングに一度引き戻すことができる点ではメリットがあります。 PayPayマネー・マネーライトの貯め方 PayPayマネーは銀行口座からのチャージと送金受け取りが入り口 「PayPayマネー」はその残高に入金する手段が• 銀行口座等からのチャージ• 他ユーザーからの「送る」による入金• 「わりかん機能」を使った他ユーザーからの入金 のみになっていますので、それ以外の方法で何かしら作業を行い「効率的に貯める」ということは出来ないようです。 PayPayマネーライトはチャージやキャンペーン、「送る」「わりかん」が入り口 一方、PayPayマネーライトは、本人確認などPayPay側が用意した本人確認など「一定の条件」をクリアしていない人が チャージした場合に入金される、というルートの他、• ヤフオク!の売上金チャージによる入金• 他ユーザーからの「送る機能」による入金• 「わりかん機能」を使った他ユーザーからの入金 が一般的な「貯め方」に該当します。 PayPayマネー・マネーライトの使い方 【PayPayマネー】払い出し(出金)機能をどう活かすか 「PayPayマネー」の独自性は上記でも触れている通り「払い出し(出金)」ができることです。 この使い方としては、 一度入金した金額を別の箇所で使用したい場合や、飲み会などで「わりかん」機能を利用した場合は、 費用回収をPayPay上で行い、その費用を別の箇所で使える、というメリットがあります。 PayPay側としてはできるだけ多くのユーザーに「本人確認」を行なってもらい、精密な消費者データの収集を行いたいはずですので、本人確認を行うことでポイント付与をするキャンペーンを開催する、などの可能性があります。 それらキャンペーン次第ではPayPayマネーの残高を持つメリットが発生するかもしれませんね。 【PayPayマネーライト】「送る」「わりかん」を積極的に受け取り 「PayPayマネーライト」の使い方としては、従来どおり実店舗での買い物に使用できたり、「送る」や「わりかん」機能を利用して他ユーザーとの送金決済を行うために使用できます。 「PayPayマネーライト」にチャージする時の注意点 ただし、1点気をつけなければならないのが、1度でも「PayPayマネーライト」になってしまうと、 払い出し可能な「PayPayマネー」に変換することは出来ない、ということ。 ですので、他の「ペイ」系アプリも積極的に使用していて、流動的にお金を様々なサービスの残高と行き来させたい時は、積極的に「PayPayマネーライト」にチャージすると後々少し不便になります。 まとめ いかがでしたでしょうか? PayPayで発表された各残高の「名称変更」ですが、PayPay以外でも通常の残高とポイントバックやキャッシュバックされて戻ってきたお金との扱い・名称が違っていたりで混乱するばかりです…。 もちろん、それぞれの機能や前提条件はマイナーチェンジ程度で今回も「払い出し可能」と「有効期限の撤廃」ということのみですが、名称の変更から仕様の変更が繰り返されると、正直ついていけなくなりますね。 本記事を参考により便利にPayPay、並びにPay系アプリをご利用いただけると幸いです!.

次の

PayPayボーナスライトとは?有効期限・使える場所などを解説

ペイペイ ボーナス ライト 使い方

コロナ禍を機に電子マネー決済を選ぶ個人や事業所が多くなってきました。 私が通う病院も以前非対応でしたが、前回行ってみると対応していました。 そんなオンライン決済サービスの中でも最大手の「PayPay(ペイペイ)」についてのお話です。 クレジットカード会社も同じですが、電子マネーのメリットは使いやすさに加えポイントの還元にあります。 100円の消費に1%~2%、キャンペーン時には20%つくなんていうこともありますね。 消費者にとってはありがたく、魅力的なサービスですが、一つ注意したいのが還元ポイントの有効期限です。 有効期限のないものもありますが、ペイペイの場合でも多くの場合、進呈されるポイントは有効期限のある「ペイペイボーナスライト」というものです。 期限内に使い切らないとポイントはもちろん失効してしまうのですが、その期限がまた復活するある種の裏技が存在したということでご紹介します。 ただし、これからご紹介する方法は 故意に行うと倫理違反ともなる方法です。 偶発的な場合を除いてはおすすめしません。 あくまでもこんなことがあるというご紹介としてご覧いただければと思います。 PayPayマネー• PayPayマネーライト• PayPayボーナス• PayPayボーナスライト 以上の4つにわかれるのですが、獲得の方法や使いみちに違いがあります。 使いみちの違いとしてはペイペイの「残高送金機能」、「割り勘機能」、「出金の可否」があります。 こちらは表にして比較してみたいと思います。 では、それぞれのポイント獲得の区別はどこでされるのでしょうか。 やなどでの購入の際に付与されるポイントの一部が「ボーナス」多くは「ボーナスライト」になります。 種類が4種類もあり、少しややこしいのですが、ポイント利用の支払い時には特に気にすることなく支払いできます。 というのも下位のボーナスライトから順に使われるようになっているためです。 有効期限の日数は 先程も図で示しましたが、4種の中で有効期限があるのは、特典やキャンペーンで付与される「PayPayボーナスライト」のみです。 ポイントの種類 有効期限 PayPayマネー 無制限 PayPayマネーライト 無制限 PayPayボーナス 無制限 PayPayボーナスライト 60日間 参照:PayPay公式サイトよくある質問 付与された日から数えて60日後まで利用が可能となります。 この期間内にポイントを消費しないと失効してしまいます。 付与されるポイントまでを含めて買い物をされる方も多いと思うので、そのポイントを使わないで失効させてしまうのは非常にもったいないです。 そうかと言って、要らないものや高いものを買うのは嫌ですよね。 では、どうすればよいのでしょうか。 期間限定ポイントが延長になる方法 「方法」というと語弊があるのですが、結果的に延長となる情況があります。 以下はポイントが延長されたことに気がつくまでの道のりです。 6月末期限切れの『PayPayボーナスライト』を利用 実は先日、父に新しいスマホ(シャオミ「Note 10 lite」)を23,980円で購入したのですが、その際にポイントを利用しました。 その多くが当月末に期限を迎える「PayPayボーナスライト」です。 手持ちのポイントを20,941円分全て使いました。 これで欲しい物を安く買えたし、ポイントも有効的に使えたと一安心でした・・・が。 購入キャンセルで伸びた有効期限 SIMカードの手続きを始めていた時にあることに気が付きました。 なんとこのgoo Simsellerの 自社サイトでMNP契約で端末代「5,000円」割引をしているのです。 これは損した気分になりますよね。 慌てて販売店舗に電話をすると、「店舗によってキャンペーンも違うので、購入店舗の金額が支払い額になる」との回答でした。 ではキャンセルし、再購入はできるか聞くと、それも問題ないということなので、注文の取り消しと自社サイトでの再購入を行ったのです。 おかげで結果的に5,000円安く買えました。 しかし、ここで心配が再燃します。 ポイントは戻ってくるけど6月末でポイントが切れてしまう!早く新たな使いみちを考えなければ!・・・そう考えながらポイントが返還されたかチェックと具体的な期限切れを確認したのです。 お店にとってはいい迷惑ですからね。 真っ当な方法でポイントを無駄にしないように考えてみましょう。 ギフトカードを購入する ヤフーショッピングで「ギフトカード」と検索すると、「JCBギフトカード」や「ジェフグルメカード」、「クオ・カード」「図書カード」など様々ヒットします。 もちろん、ギフトカード等の額面より売値は高いのですが、良心的なところであれば数%割高くらいで購入できるところもあります。 ヤフオクなどフリマで転売する ヤフーショッピングやペイペイモールで商品を購入してヤフオクやペイペイフリマ、メルカリなどで転売するのも一つの手です。 コロナ禍の状況下でマスクやアルコールなどを転売するようなことは避けたほうがよいですが、通常の物を転売することはなんら問題がないでしょう。 転売時に気をつけたいことは以下の4つです。 販売禁止ではないもの• よく売れるもの• 小さいもの• キャンペーン中のアプリ これで買値と売値が変わらなければほとんど損をすることなくポイント分のお金が回収できるでしょう。 なかなかこの商材を見つけるのが大変なんですけどね。 ギフトカード要らないし、転売も面倒だという方も多いと思います。 その時はやはり今後必要そうな日用品を買ってストックしておくというのがよいかもしれませんね。 お読み頂きありがとうございました。

次の

PayPay(ペイペイ)ボーナス運用でポイント投資!資産を増やそう

ペイペイ ボーナス ライト 使い方

高還元率で人気のスマートフォン決済サービス、 PayPay(ペイペイ)の残高には、銀行口座などからチャージされた PayPayマネー、PayPayマネーライトと、ポイント還元やキャンペーンで付与される PayPayボーナス、 そして Yahoo! JAPANの各種サービスなどを利用すると付与される有効期限つきのPayPayボーナスライトの4種類があります。 本記事ではこの4種類のPayPay残高のうち、 特にPayPayボーナスライトについて詳しくお伝えします。 もちろんその 対比として、PayPayボーナスやPayPayマネー、それにPayPayマネーライトとの違いについても触れますので、そちらに興味がある方もしっかりと読み込んでください。 PayPay(ペイペイ)ボーナスライトは、当初はPayPayボーナスミニという名称で発表されました。 しかし、2019年8月からの 使用開始直前にあたる7月29日に、 PayPayボーナスミニからPayPayボーナスライトへと改称されました。 PayPayボーナスミニからの改称の理由は明らかになっていませんが、「ミニ」という名称には不都合があったと思われます。 なによりも同時にPayPayライトから改称された、PayPayマネーライトと歩調をあわせるためにミニをやめたのは間違いありません。 PayPayマネーに対応するのがPayPayマネーライトで、PayPayボーナスに対応するのがPayPayボーナスミニではバランスが悪いのは明白です。 むしろ先にPayPayライトがあったのに、PayPayボーナスミニと名づけたほうが間違いだったと言えるでしょう。 あるいはPayPayライトをPayPayマネーミニとする案があったのかもしれませんが、真相は薮の中です。 PayPay(ペイペイ)ボーナスライトが登場し、PayPayライトがPayPayマネーライトと改称されたことで、これまで利用すると自動延長される、 2年間の有効期限が設けられていたPayPayライトとPayPayボーナスの有効期限が、無期限に変更されました。 そして、 あらたに自動延長機能のない、有効期限付きのPayPayボーナスライトが登場しました。 こう記すとなかなか複雑に感じられますが、この リニューアルの背景にはYahoo! マネーの終了とSoftBank・Yahoo! JAPANのTポイント離れがあります。 これまでは無期限のYahoo! マネーを2年間の有効期限付きのPayPayライトへチャージする、という形だったのが、今後はYahoo! マネーを経由せずに直接PayPayマネーへのチャージとなります。 そしてYahoo! ショッピングなどで付与されていた有効期限付きのTポイントは、PayPayボーナスライトという形に変更されました。 すべてはSoftBank・Yahoo! JAPANの中でのポイントを、PayPayマネー・PayPayボーナスという形で回そうという方向です。 楽天経済圏に匹敵する、 PayPay経済圏を目指すリニューアルと見ていいでしょう。 PayPay(ペイペイ)ボーナスライトを含む PayPay残高より高額の買い物を、PayPay残高で 購入するとエラーが表示されます。 そのときには、PayPay残高にチャージをするか、PayPayと組み合わせているクレジットカード支払いをするかする必要があります。 注意すべきは クレジットカードを選んだ場合で、この場合 使うはずだったPayPayボーナスライトが使われずに残ってしまいます。 そのため、つい有効期限内に使ったつもりになったPayPayボーナスライトが、いつまでも使われずにPayPay残高に残ってしまい、 最悪の場合には使わず仕舞いのまま無効になってしまう可能性があります。 PayPay残高より高い買い物をしたあとには、 PayPayアプリの「残高」タブを選び、 「内訳を見る」をタップして、 PayPayボーナスライトがどのくらい残っているかを確認してください。 まずは4種類のPayPay(ペイペイ)残高の違いと特徴を簡単に表で示します。 種類\違い 付与条件 支払い 優先順位 有効期限 送金・わりかん 出金 PayPayボーナス ライト Yahoo!

次の