デスノート その後。 【デスノート】ニア6つの魅力!本名に隠された意味や能力を紹介!【DEATH NOTE(デスノート)】

デスノートの数が合わない?

デスノート その後

ご存知主人公にしてキラ。 相変わらず顔芸には定評がある。 文武両道の天才でエリート志向だった原作の月とは大きく違い、ごく普通の家庭で暮らす平々凡々な一般人。 その辺りから視聴者には月じゃなくて一画抜いて夜神凡だとか呼ばれたりする。 普段は気弱そうな優男だが、父親譲りの強い正義感を持ち、 いざという時には毅然として悪に立ち向かえる肝の強さも持つ。 煽り耐性は原作同様やっぱり低いが、原作の月が「自分に自信がありすぎるため、自分に異を唱える者が現れるとついカッとなり感情的になってしまう」のに対し、 本作の月は「自分に自信がないため、煽られると取り乱してしまい我慢ができない」と煽り耐性が低い理由が真逆になっている。 頭は一般人レベルでこそあるが悪いわけではなく、学業の成績はそこそこ優秀で、窮地に際すればそれなりに冴える。 友人である鴨田からは、頭いいんだから本気出せばもっと上に行けそうなのに、と言われているが、 本人は毎日が平和で安定していればそれでいい、と語っている。 翌日、佐古田が死亡した事を知ってショックを受けるが、その死は只の事故だろうと自分に言い聞かせて大学に向かう。 しかしその直後、10年前に父が捕まえた男、音原田九郎が警官から奪った拳銃を持って立てこもる事件が発生、 更に父がその人質となっている事を知ってしまう。 このままでは父が死ぬ、と考えた月は、急いで帰宅して縋るような思いでノートを使用、音原田を殺害する。 これでノートの力が本物だと確信するが、悪人であっても2人もの命を奪ってしまった事実に耐えきれず、 ノートを捨てて自らも命を絶とうとする。 だが、そこに現れたリュークに脅されるような形でノートを押しつけられて使用を強要され、 その後の世論も受けて半ば自棄っぱち気味に、犯罪者を裁く「キラ」となった。 このような経緯があるためか、キラの行う殺人は正義では無いと理解しており、 その存在を自身と同一視してもおらず、ましてや新世界の神になるなんて考えてもいない。 また何より大きいのが、「凡人であるが故に他者を見下していない」という点。 キラとして戦う理由も、自分の為でなく皆が平和に暮らせる世界にしたいと願ってのもので、 他者の為が故にその信念は原作の月とは比べ物にならない程強い。 このいかなる犠牲を払ってでも理想を実現しようとする強い精神力と、その強い精神からくる人徳が、 月にとって最大の長所であり、それを武器として月はLと戦っていくことになる。 最もその強い意志こそが、後に月に数々の悲劇を招くことにも繋がってしまうのだが。 拾ったデスノートを開いてみたはいいが、英語が読めず危うく本編終了しかける• ノートの効力を信用せず、普通の家庭ゴミとして捨てようとする• しかしその日は燃えないゴミの日であり、近所の人に怒られた為断念• 拳銃だああああああああ!!!• レイ・ペンバーに詰まされる。 アイドルファンじゃなければ即死だった• でもその後海砂が監視カメラの仕掛けられた自宅にやって来て大パニック• 月が勝ったら名前を教えるとLにテニス勝負を持ちかけられ、勝った方がいいのか悩むが熱中しすぎていつの間にか勝っちゃう• 渾身のポテチ作戦、普通にバレる• ヨツバ本社潜入作戦の際、Lのイタズラにより扉に思いっきり頭をぶつける• 海砂と魅上との作戦会議に近所のビルの屋上を使っていたが、そこもバレる キラを信奉する世論の後押しも受けながら、以前にも増して加速していくキラの裁き。 だがそんな矢先、妹の粧裕がノートを求める何者かに誘拐される事件が発生。 ニアを乗っ取ったメロが首謀者だとわかると、そのドサクサを利用してノートを取り戻し、 理想実現の最後の障害であるメロを殺害する計画を立てる。 名前を知る寸前で逃亡された為にメロ殺害には至らなかったが、ノートの奪還には成功し、勝利を確信する月。 しかし、その場にLからのメッセージを受けた総一郎が現れ、ノートを持っている姿を見られてしまう。 「メロに嵌められた」「これはデスノートじゃない」等と苦し紛れの言い訳を放つが、 それも通じないと見るや、今度は平和の為だから理解してほしいと説得しようとする。 だが当然その説得も跳ね除けられ、総一郎は月を止めようとノートを使い自殺。 ショックを受けたのも束の間、全ての犠牲を背負う覚悟を決めた月は、メロとの最後の決戦へと向かっていく。 その内容は、月がキラである可能性を断定する物であった。 薄々感付いていながらもはっきり示されてしまった可能性を前に心を痛めつつも、親として、月を止める為に彼を説得しようとする。 しかし、友人を殺してしまいもう後戻りが出来なくなっていた月を説得することは叶わず、逆にその変貌を直視させられる事となってしまう。 その致命的な不和を抱えたまま、それでも親として出来る最後の行為として、 ノートに自らの名前を書いた上でライターで火を付け全てを終わらせようとするが、奪い返そうとした月と揉み合いになり、その内に40秒が経過。 ノートを強く握りしめたまま、月の目の前で心臓麻痺によって死亡した。

次の

DEATH NOTEの年表

デスノート その後

その為、はじめに見ても最後に見ても問題ありません。 Sponsored Link 【DEATH NOTE デスノート 実写映画シリーズ無料視聴方法】 「実写版デスノート」を配信しているサービスは色々とありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス 「U-NEXT」です! なぜ、 「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。 31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 amazon. そのノートは、ノートに名前を書くと、書かれた人物は亡くなってしまうというものだった。 法で裁けない犯罪者に対して悶々としていた、正義感の強い月はそのノートを使って次々と犯罪者を葬っていくのだった。 Lはこれは他殺であること、犯人が1人であること、その犯人は日本の関東にいること、さらに学生であることなど次々と言い当て、次第に月を追い込んでいく。 1度は月がキラであると疑われるもどうにか切り抜けた月は、父がキラに関する捜査本部の本部長であることを利用し、自身も捜査本部に入り込むことに成功。 そしてついに月とLは、初めて接触することになるのだった。 一方、アイドルの弥海砂(ミサ)はテレビ局のADであるストーカーに追われていた。 心中しようというADにナイフで刺されそうになったその瞬間、突如としてADが心臓発作で亡くなってしまうのだった。 amazon. そして、キラのことを崇拝しているミサは、キラを否定する者を葬っていくのだった。 ミサは月の力になりたいと申し出て、それを受け入れた月は死神の目を持つミサが、Lと接触すればLを倒すことができると目論むも、疑い深いLは捜査本部でミサを監禁する。 この事態を危ぶんだ月は、自身も監禁するように頼み、デスノートの所有権を一時的に手放すことに。 同じくミサもデスノートの所有権を放棄するのだった。 月もミサもデスノートの所有権を放棄し、キラはいなくなったと思いきや、新たに第3のキラが登場。 第3のキラとなったのは、さくらテレビのキャスター・高田清美。 月も捜査本部の一員として第3のキラを追い詰め、清美がキラであると突き止める。 そこでデスノートに触れた月は、これまでのデスノートの記憶を思い出し、再びキラとして動き出す。 月はついにLとの戦いに勝利できると思った矢先、Lの策略によって自分がキラであることがバレてしまうのだった。 さらにデスノートの死神・リュークは月を見放し、リューク自身によって月はデスノートに名前を書かれてしまう。 そして月は命を落とすのだった。 その一方、キラとの対決に備えたLは自分の名前をデスノートに書くことによって、先に書いた方が有効になるというルールを利用し、キラに殺されないように対策をしていたのだった。 amazon. そんな中、人為的に作られたウイルスによって、タイの村で次々と人が亡くなっていたのだった。 どうにか生き残っていた少年を助け出したLの知人・Fは、少年の身代わりとなり、この世を去る。 残ってしまったその少年は、Lが預かることになった。 そしてLはタイでのウイルス感染について調べ始めるのだった。 一方、ウイルスを作り出してしまったアジア感染センターの所長である二階堂公彦は、ワクチンを作ろうとするも、うまくいかない。 ウイルスの危険性や九條の計画を察知した二階堂は、娘である真希に注射器とSDカードを託し、自らウイルスに感染して亡くなってしまうのだった。 真希はLに頼るよう父にいわれLの元を訪れるも、真希を追う九條たちにも追い詰められてしまう。 真希は父から受け取った注射器で自身もウイルスに感染し、九條にも伝染させようとするが、失敗に終わってしまうのだった。 ウイルスに感染してしまった真希のためにも、一刻も早くワクチンを作らなければいけない状況の中、数学に関して天才的な頭脳を持っていた少年が、解決の糸口をつかんだ。 これでワクチンを作れるのではないかと希望が見え始めていた。 しかし、真希が九條に誘拐されてしまい、Lたちは真希を救いに行く。 ワクチンもどうにか作り出すことに成功し、Lたちはアメリカへ向かおうとしていた九條たちを追い詰める。 そこで真希も見つけ、事件は解決。 amazon. 青井のデスノートはキラ対策本部が保管することになった。 そんな中、世界中のパソコンやスマホに夜神月の映像が流れるサイバーテロが発生。 そして、「デスノートを手に入れろ」と呼びかけ、キラの復活を予見した人々は、大混乱に陥ることになった。 どうにかリアルタイムチャットへと持ち込んだキラ対策本部は逆探知を試み、とあるマンションの1室へと絞り込が、そこには誰もいなかった。 一方で、紫苑は別のデスノート所有者からデスノートを奪い、着々とデスノートを集めており、ついに4冊も手にしていたのだった。 それを知った竜崎は、自身の持っていたデスノートとキラ対策本部によって回収されたデスノート2冊をエサに、紫苑との接触を図る。 そして、その場所に、三島、竜崎も現れるのだった。 竜崎は「新生キラは三島」だと告げ、所有権を失って記憶をなくしてた三島にデスノートを触らせ、記憶を戻させる。 三島は、アメリカで夜神月とミサが残した遺伝子であり、正統な後継者であった。 三島が新生キラという事実にショックを受けた紫苑は、三島の名前をデスノートに書き込もうとするも、デスノートを回収しに来た警官隊に撃たれてしまう。 そして、竜崎と三島は警官隊に確保されてしまう。 拘置所にいた三島の元へやってきた竜崎は、デスノートの自分の名前を書いていたこともあり、そろそろ命を落とすと告げる。 そして次のLは三島がやるべきだと伝えるのだった。 竜崎は三島として拘置所に残り、三島は竜崎として拘置所を後にするのだった。 amazon. 世の中の理不尽さを憎んでいた月は、そのノートを使い、次々と犯罪者の名前をデスノートへ書き込んでいくのだった。 月がデスノートを手に入れた後から、心臓麻痺によって亡くなる謎の事件が次々と発生。 この事件を追うため、名探偵のLが事件について追い始める。 Lは犯人が月ではないかと推測し、月をマークするようになっていく。 一方、アイドル・弥海砂(ミサ)がもうすぐ命を落とすとリュークより知らせを受け、なんとか助けた月。 さらにミサは赤いデスノートを拾うことになるのだった。 しかし、ミサを救う際に月はLに正体を知られてしまうことになる。 このままでは、自分たちが助からないと悟った二人は、ミサも月もデスノートの所有権を放棄する。 そんな中、ヨツバグループの人物に新たなキラがいると知るL。 月とミサの潜入捜査により、火口卿介が第3のキラであると判明した。 火口を追い詰めていく中、デスノートに触れた月は記憶を取り戻す。 そして、月は火口の名前をデスノートに書き込むのだった。 再びキラとして始動した月はミサに隠しておいたデスノートを探しに行かせるも、魅上照に奪われる。 魅上はキラ信者であり、キラのように活動を始める。 その後、魅上によってLが心臓発作で亡くなってしまう。 Lがいなくなり、捜査本部に混乱を招くことになったが、その後継にニアが捜査メンバーとして参加し、さらにキラを逮捕すべく動き出す。 その一方、月の妹である夜神粧裕が誘拐される事態に。 粧裕と引き換えにデスノートを持ってくるように言われ、総一郎は本物のデスノートを持って行く。 月たちはデスノートを取り返すために、粧裕を誘拐した日村章子を追い詰める。 そして、日村とニアの別人格となって現れたメロ以外の人物を亡き者にし、事なきを得ようとした。 しかし、「月が本当はキラなのではないか?」と総一郎に疑われることになり、総一郎は月に真偽を問う。 自分はキラではないと答える月。 それを聞いた総一郎は今持っているデスノートが本物ではないと信じ、そのノートへ自分の名前を書くが、心臓麻痺によって自ら命を絶ってしまう。 月は自分の理想の世界を作る為に、メロを亡き者にしようと企てるが、一方でメロは月がキラだと断定し、行動に移す。 メロを追い詰めようとするも、逆に追い詰められた月は、自分がキラであると自分の口から明かすのだった。 そして捜査員の名前をデスノートに書き込もうとするも、魅上の放った火によって月たちのいた場所で爆破が発生。 捜査員やメロたちは逃げ出すことに成功するも、月は燃えかけているデスノートに手を伸ばしたことで自らの体に引火してしまい、命を落とすのだった。 テレビアニメ化や舞台化もされるほどの人気を誇るコミック『デスノート』 その実写版であるテレビドラマや劇場作品は、原作やアニメとは異なる魅力を発見できると思うので、ぜひチェックしてみてください。

次の

デスノート最終回漫画の結末ネタバレ!その後はどうなる?

デスノート その後

5億円 次作 デスノート the Last name 公開時はタイトルは『デスノート』のみであったが、のちのテレビ放送時などは『デスノート 前編』とされる場合もある。 ストーリー [ ] 夜神 月(やがみ ライト)はある日、奇妙な黒いノートを拾う。 それは死神・ リュークが落とした、ノートに名前を書かれた人間が死ぬ「 デスノート」だった。 犯罪者を裁く法律に限界を感じていた月は、世の中を変えるため、ノートの力で者を次々と葬り始める。 やがて犯罪者を葬る者の存在に気付いた人々は(=Killer)の意味から「キラ」と呼び始め、キラを神と崇め崇拝する者まで現れた。 一方、組織はキラの行為はあくまでもであるとし、その調査・解決のためにある人物を送り込んだ。 警察を裏から指揮し、数々の難事件を解決してきた世界的名探偵 L(エル)である。 天才同士の戦い、求めるの違いから起こったこの闘いに勝つのは死神の力を持つキラか、それとも警察を動かすLか。 キャスト [ ] 登場人物については、を参照。 南空ナオミ -• 秋野詩織 -• レイ・イワマツ -• 夜神幸子 -• 夜神粧裕 -• 宇生田 -• 松田 -• 模木 -• 相沢 -• 佐波 -• 松原 -• 佐伯警察庁長官 -• バス運転手・佐々木 -• 恐田奇一郎 -• 渋井丸拓男 -• 日比沢有介 -• (声) - (特別出演)• ワタリ -• 夜神総一郎 - スタッフ [ ]• 原作 - 、『』(刊)• 監督 -• 脚本 -• 音楽 -• 製作指揮 -• 製作 - 、、西垣慎一郎、平井文宏、北上一三、松本輝起、大澤茂樹• エグゼクティブ・プロデューサー -• プロデューサー - 佐藤貴博、福田豊治、小橋孝裕• 企画 - 髙橋雅奈、• 撮影 -• 照明 - 渡邊孝一• 美術 - 及川一• 装飾 -• 録音 - 岩倉雅之• 編集 -• 助監督 - 、井原眞治、大津是• 監督補 -• キャスティング - 吉川威史• ラインプロデューサー -• CGプロデューサー -• CG -• オリジナル・サウンドトラック - 「SOUND of DEATH NOTE」()• 配給・宣伝統括 -• 制作プロダクション -• 企画・製作 -• 製作 - 「DEATH NOTE」FILM PARTNERS(日本テレビ放送網、、、、、、、、、、、、) ロケ地 [ ] 本編における該当シーン 撮影された実際のロケ地 夜神月がバスケの試合をし、賭けをして金銭を得た場所 欧名美術館(外観のみ) 欧名美術館(館内全シーン) 大学キャンパスのシーン 多摩キャンパス リュークと公園を歩くシーン 京王井の頭線井の頭公園駅付近 夜神月が渋井丸拓男を殺した 月、詩織、レイの乗るバスがジャックされるシーン JR 〜間の高架脇や周辺地域 レイが乗った駅 赤坂橋駅 入り口、改札付近 ホームへ続く階段、駅ホーム 月、レイが乗った電車 レイを乗せた車両が停車する国会議事堂駅 レイ及びFBIがデスノートで殺された地下鉄環状線品川公園駅 赤坂駅 ニュース映像の中にあった裁判所のシーン 本部 海外配給 [ ] 北米 [ ] 2008年5月20日と21日の平日2日間、吹き替え版が全米で300を超える劇場で公開され、観客動員数は6万5,000人を記録した。 開始時間はそれぞれの州の現地時間19時30分より。 主要登場人物はアニメ版と同じ声優が吹き替えを務めた。 特に視聴制限は設けられなかったが、と同等の扱いを受けた。 は2008年9月15日の一晩だけ公開された。 その後、2008年9月16日にDVDが発売された。 テレビ放送 [ ] 回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 備考 1 21:00 - 23:24 144分 24. DVD発売前の地上波放映は異例である。 海賊版対策として番組放送中常に画面右上に「金曜ロードショー」のロゴが挿入された。 2 21:03 -23:24 141分 19. 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 『デスノート the Last name』 [ ] デスノート the Last name DEATH NOTE the Last name 監督 脚本 金子修介 原作 、 「」 製作 堀義貴 西垣慎一郎 平井文宏 北上一三 松本輝起 大澤茂樹 製作総指揮 三浦姫(製作指揮) (エグゼクティブ・プロデューサー) 出演者 (声の出演) (声の出演) 音楽 主題歌 「」 撮影 (撮影監督) 石山稔 編集 制作会社 製作会社 「DEATH NOTE」FILM PARTNERS 配給 公開 2006年11月3日 上映時間 140分 製作国 言語 製作費 20億円(2作合計) 興行収入 52. 0億円 前作 デスノート 次作 ストーリー(後編) [ ] 月はキラ対策本部に参入することに成功し、月とLの壮絶な頭脳戦が始まった。 一方、別の死神 レムのデスノートを手に入れた少女・ 弥海砂(あまね ミサ)が現れる。 海砂は、自らの寿命の半分と引き換えに、顔を見るだけで相手の名前と寿命が見える 死神の目を得て、自身を「 第2のキラ」と称してキラを否定する者を消し去っていく。 キャスト(後編) [ ]• 高田清美 -• 出目川裕志 -• 西山冴子 -• 夜神幸子 -• 夜神粧裕 -• 宇生田 -• 松田 -• 模木 -• 相沢 -• 佐波 -• 吉野綾子 -• 日々間数彦 -• 佐伯警察庁長官 -• (声) - (特別出演)• (声) -• ワタリ -• 夜神総一郎 -• さくらTV音頭を歌っている歌手 -• 役名無し - () スタッフ(後編) [ ]• 原作 - 、『』(刊)• 監督 -• 脚本 - 、金子修介• 音楽 -• 製作指揮 - 三浦姫• 製作 - 、、西垣慎一郎、平井文宏、北上一三、松本輝起、大澤茂樹• エグゼクティブ・プロデューサー -• プロデューサー - 佐藤貴博、福田豊治、小橋孝裕• 企画 - 、• パートナーズプロデューサー - 神蔵克、、鈴木基之• 企画協力 - 髙橋雅奈、吉田幸司• 撮影監督 -• 美術 - 及川一• 録音 - 岩倉雅之• 編集 -• 撮影 - 石山稔• 助監督 - 、井原眞治、大津是• 脚本協力 -• キャスティング - 吉川威史• ラインプロデューサー -• CGプロデューサー -• CG -• オリジナル・サウンドトラック - 「SOUND of DEATH NOTE the Last name」()• 配給・宣伝統括 -• 制作プロダクション -• 企画・製作 -• 製作 - 「DEATH NOTE」FILM PARTNERS(日本テレビ放送網、、、、、、、、、、、、) ロケ地(後編) [ ]• さくらTV - 社屋• さくらTV内の特別報道番組のスタジオセット - 関西ローカルネットニュース番組『』のセット• 東応大学 - 月の通う大学 - (多摩キャンパス)• 太陽テレビ - 報道スタジオ - 全国ネットニュース番組『』のセット• 最終場面、夜神総一郎を迎えた、粧裕がいた駅 - テレビ放送 [ ] 回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 備考 1 21:03 - 23:39 156分 23. 6 映画天国 25:59 - 27:58 119分 1. 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 『デスノート Light up the NEW world』 [ ] デスノート Light up the NEW world DEATH NOTE Light up the NEW world 監督 脚本 原作 、 「」 製作 木下暢起 福田太一 大角正 藪下維也 沢桂一 永山雅也 永井聖士 長澤一史 熊谷宜和 製作総指揮 (ゼネラルプロデューサー) 門屋大輔(エグゼクティブ・プロデューサー) 出演者 (声の出演) (声の出演) (声の出演) 音楽 主題歌 「」 撮影 (撮影監督) 編集 制作会社 ジャンゴフィルム 製作会社 2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS 配給 公開 2016年10月29日 上映時間 135分 製作国 言語 興行収入 22億円 前作 2016年10月29日公開。 監督は。 主演は・・。 、最終回終了後に『デスノート 2016』というタイトルで製作・公開が発表された。 なお同作はテレビドラマ版とはリンクしない。 『〜the Last name』から約10年後(『L change the WorLd』を含めると8年ぶりに製作)の世界を描く、実写映画版3作の正当な続編となる。 原作ではルールのみ示されてはいたが、各メディア作品では踏み込んで描かれることのなかった「人間界で同時に存在していいデスノートは6冊まで」という、いわゆる「 6冊ルール」が初めて本作で適用される。 ストーリーには原作者・大場によるアイデアも組み込まれ、サイバーテロが世界規模で頻発する超高度情報化社会となった時代に現れた「3人の天才」たちが中心となり、デスノート6冊の熾烈な争奪戦が繰り広げられる。 過去2作に登場した人物・死神も何人か登場(演者は基本的に全員続投している)。 当初は「松田」のみ公表されていたが段階的に「弥海砂」や「」の登場が発表(リュークについては10年間の3DCGの技術的進歩がフィードバック、代表例としては演者であるのフェイシャルキャプチャーによる「演技」データもCGに盛り込まれている )。 そして「L」と「夜神月」(を演じた松山ケンイチと藤原竜也)も本作に何らかの形で登場する事が公開の数週間前に明かされた。 今作ではデスノートのデザインが大幅に刷新され、表紙は前作と比べより本革に近い素材に変わり柔軟度が増した。 また表紙の『DEATH NOTE』という文字はプリントではなく実際に刻印されている。 さらに内部のページも罫線が無くなり紙質も変更され、若干黄ばんだ見た目となった。 公開前夜となる2016年10月28日には『』で特別編『デスノート 逆襲の天才』が放送された(詳細はを参照)。 ストーリー(Light up the NEW world) [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2019年6月)() 「デスノート」を使い、"キラ"として多くの犯罪者を「粛清」した夜神月と、彼の「暴走」を止めるべく自らの命を懸けて立ち向かった世界的探偵"L"(エル)。 二人の天才による壮絶な頭脳戦が繰り広げられた「キラ事件」から10年後の、2016年。 ロシア、ウォール街、日本の渋谷など、世界各地でデスノートによるものと見られる変死事件が同時多発。 さらに、パソコンやスマートフォンなどのあらゆるデジタルデバイスに、"キラ"を名乗る人物から「デスノートを手に入れろ」と呼び掛ける謎のメッセージが配信される。 「キラは復活したのか?」かつての恐怖を思い出した人々は大混乱に陥る。 日本のキラ対策本部は「デスノート対策本部」と名を変えて存続しており、「 三島創(みしま つくる)」を筆頭とした新メンバーたちがデスノートを発見・確保するために奔走する。 そして、ネットワークを通し世界の行く末を眺めている若者・「 紫苑優輝(しえん ゆうき)」も、自らが「神」と信奉するキラのために行動を開始した。 今度のデスノート所有者は誰なのか。 「死神」は所有者とともにいるのか。 6冊のデスノートがすべて一つに集まったとき、何が起きるのか。 謎に包まれた混迷の時代、三人の天才たちは知力と死力を尽くし、熾烈なノート争奪戦に身を投じていく。 キャスト(Light up the NEW world) [ ]• 三島創(みしま つくる)/中上亮(なかがみ りょう)〈本名〉 - デスノート対策本部特別チーム特別捜査官。 総一郎にリクルートされ、配属された。 デスノート事件に精通しており、10年前のキラ事件を元にデスノートを研究したノートを何冊も作っており、七瀬からは"デスノートオタク"と度々からかわれている。 「三島創」は、「キラ対策」の為に用いている偽名。 実は1年前に魅上が月の子供を殺害した場面を目撃していた。 それに気づいた魅上にデスノートで殺されそうになり魅上を正当防衛で殺害。 しかし彼はその事件を握り潰したうえでリュークに煽られ新生キラとしてデスノートを使い始める。 そしてリュークと「死神の目」の契約をし、新生キラ事件の捜査で来日した竜崎の名前を書いたあとに所有権を放棄して紫苑にそのノートを渡していた。 そして自分が指定した竜崎が死亡する日に、竜崎による超法規的措置で釈放された。 その時竜崎にこれまでの事を謝罪し、死亡する彼に代わる新たな竜崎として新たに発生したデスノート事件を解決することとなる。 体外受精によって生み出されたが、彼の子どもというわけではなく、複数作られたLのコピーとしての一人。 Lのコピー体ゆえに、白髪交じりの頭髪となっているほか、目も白濁しており、薬を定期的に投与する必要がある。 外出する際は、L同様、禍々しいひょっとこのお面をつけている。 デスノートによる新たな殺人には当初興味を持っていなかったが、ノートが複数あると知るや犯罪者や国家が私利私欲のために使うことへの危惧や死神たちの意図への興味から、デスノート対策本部特別チームに協力する。 また彼も地上に落とされた6冊のデスノートのうちの1冊の所有者であるが、亡きLとの「デスノートは決して使わない」という約束を守っている。 彼をキラの後継者にしようとしていたノートの落とし主の死神・アーマと互いに心を通わせる。 2016年12月25日午後1時、拘留されていた新生キラである三島のもとを訪れ、新たなデスノート事件が発生したこと、そして新たな竜崎として捜査をしてほしいことを伝え、三島を釈放したのち独房で心臓麻痺により息絶えた。 紫苑優輝(しえん ゆうき) - サイバーテロリストの青年。 幼少期に家族を惨殺された過去を持つ。 なお犯人は心身喪失状態にあったため、無罪となった。 また自らも、夢の中で当時の記憶がフラッシュバックし情緒不安定に陥るなどの精神的苦痛に襲われる日々を過ごすことになるが、2006年にキラによってその犯人が裁かれた。 そのためキラを神として信奉するうちにサイバーテロリストとなり、紛争地域へのサイバーテロなどを行っていた。 ある日、リュークの落としたデスノートを拾い地上に落とされた6冊のデスノートをすべて集め、「キラの復活」を目論む。 デスノートの保持者のひとりで、リュークのノートを持つ。 複雑かつ精巧に作られた折り紙細工をテーブルに飾っている。 そして、ノートを所有していた3人をデスノートで操り殺すことで、4冊のデスノートを手に入れる。 そして、残りの2冊のノートを手に入れるため、Lの後継者である竜崎を誘き出し、ミサの協力を得て彼の持つ2冊のノートを手に入れる。 6冊のノートを手に入れ、ミサから月が死んでいる事、そして月の後を継いでほしいと託され、指定された約束の場所へと向かい三島らと対峙。 「死神の目」の契約をし、ミサの遺言通りに月の名を騙った新生キラである三島をデスノートで殺害しようとするも、名前を書き終える直前で特殊部隊の襲撃を受ける。 リュークの協力を請けて隊員の名前を書き込んでいくが、反撃を受け重傷を負う。 自分はここに残ると三島らにデスノートを託し、最後まで特殊部隊の名前をデスノートに書いていくが、最終的には隊員らが発砲した大量の銃弾を浴び息絶える。 (あまね みさ) - 10年前のデスノート所有者。 一連のキラ事件において "第2のキラ" として活動していた。 月が死神リュークによってデスノートに名前を書かれ死亡したあと、Lがノートを2冊とも焼却処分したことでノートに関する記憶を失った。 現在はアイドルから女優へと転身して活躍しているが、警察による監視は続いている。 紫苑からリュークのデスノートを譲渡され記憶を取り戻し、紫苑から「夜神月」は生きていると告げられ協力を求められるが一旦は断る。 しかし月が生きているという願望にすがってしまい「死神の目」の契約を行うが、月が死んでいる事実を知り絶望。 紫苑を支援するためデスノートに自身の死亡日時を設定し無敵になったうえで捜査官たちをデスノートで殺害。 紫苑に月の後を継いでほしいとデスノートを託した後、2016年12月18日 14時40分、「夜神月の腕の中で死ぬ」とデスノートに書いた通り月との回想の中で静かに笑みを浮かべながら息を引き取る。 七瀬聖(ななせ しょう)/白戶彩奈(しらと あやな)〈本名〉 - デスノート対策本部特別チームの紅一点の捜査官であり三島の片腕的存在。 デスノート事件に精通している三島を「デスノートオタク」とからかう。 罪を犯した唯一の肉親である兄を新生キラに殺された過去を持ち、キラに対し敵対心を強く抱いている。 物語終盤、特殊部隊の攻撃から逃げ延びた三島・竜崎と合流し、兄を殺された復讐のために三島を拳銃で殺害しようとするも、その間際にアーマによってデスノートに名前を書かれ死亡した。 松田桃太(まつだ とうた) - デスノート対策本部特別チーム主任。 対策本部のメンバー中、唯一10年前のキラ事件を経験した人物。 紫苑によって拡散されたキラ動画を見て「月くんは生きている」という可能性を見出し喜びを露わにするが、竜崎から「喜ぶなバーカ」と罵倒される。 本作中盤に紫苑によってデスノートに名前を書かれ、2016年12月17日 午後4時00分、自らの拳銃で三島たちに向けて満面の笑みを浮かべながら自殺するという非業の最期を迎えた。 黒元晋/明山友樹(あきやま ともき)〈本名〉 - デスノート対策本部特別チーム捜査官。 常にを携帯し、捜査中にたびたび口にしている。 物語中盤、デスノートを所持していた海砂を射殺しようとするも、紫苑によって顔の覆面を解かれ、さらにデスノートに自身の死亡日時を設定した海砂を殺すことができず「死神の目」を持つ彼女に名前を書かれ、死亡。 浦上衛/高端公(たかはた こう)〈本名〉 - デスノート対策本部特別チーム捜査官。 黒元と行動をともにしている。 黒元同様、海砂を射殺しようとするが名前を書かれ死亡した。 須加原順郎 - デスノート対策本部責任者。 松田の死後、デスノート対策本部を解散・閉鎖させ、国策としてデスノートを回収しようとする。 (声) - 10年前、デスノートを人間界に落とした死神。 現在はサイバーテロリストの紫苑に憑いている。 10年経った現在でも相変わらずリンゴが大好物であり、紫苑の自宅にはリンゴが大量に置かれている。 アーマ(声) - 白を基調とした装いの雌の死神。 マスカットが好物。 死神の友達はおらず孤独だったが、竜崎と心を通わせていくうちに次第に心を開いていく。 本作終盤、自らデスノートを使い七瀬を殺害し三島らを助けたものの、それは人間の寿命を延ばした行為にあたったため、砂となって消滅した。 ベポ(声) - 青井さくらに憑いていた死神。 黄金の仮面に6本の指を持つ。 竜崎らにデスノートが6つ地上にもたらされたこと、および "6冊ルール" について教える。 青井さくら(あおい さくら) - 無職で貧困層。 デスノートの保持者のひとりで、ベポのノートを持つ。 思想はなく、自分の気の向くままに人を殺すことが信条。 顔を合わせた相手の名前と寿命が見える「死神の目」とデスノートを使い、渋谷にて大量無差別殺人を行うが、紫苑によってデスノートで殺害される。 死亡日時は2016年12月10日 19時50分。 御厨賢一(みくりや けんいち) - デスノートの保持者のひとり。 法律を無視して犯罪者に「裁き」を下すキラ、およびキラを信仰する「キラ信者」に強い憤りを抱き、大勢の人を殺害していた。 紫苑によってデスノートに名前を書かれ、警視庁のエントランスにてナイフを片手に竜崎を呼び出す。 その後、警官達の眼前で「Lの後継者に告ぐ。 キラはすでに3人の所有者を処刑した。 これより4人目の処刑を行う。 キラは神。 人間は神には勝てない」と宣言し、手にしたナイフを自らの喉元に突き刺し、死亡。 アレクセイ・イヴァノフ - セルゲイ・ゴンチャノフ デスノートの保持者のひとり。 ロシアの医師。 担当患者やインターネットで見つけた自殺志願者たちをデスノートで殺害していた。 紫苑によってデスノートに名前を書かれ、薬物を大量投与し自殺。 ロジャー・アーヴィング - デスノートの保持者のひとり。 「ウォール街の悪魔」と呼ばれる投資家。 彼のビジネスに邪魔するものをデスノートで殺害していたことにより、彼の株価は高騰した。 紫苑によってデスノートに名前を書かれ、自社ビルから飛び降りて自殺。 魅上照(みかみ てる) - 10年前に海砂を取り調べた検事。 キラ=夜神月を信奉している。 本作の1年前に消息を絶つが、実際はデスノート事件を捜査していた三島により殺害されていた。 夜神月が生前遺した子どもの後見人になるも、デスノートの重圧で疑心暗鬼に陥り子どもをデスノートで殺害する。 当時その一部始終を三島が目撃しており、魅上は三島に気づきデスノートで殺害しようとするも三島に射殺され、その後三島の隠蔽工作によって『失踪』という扱いになる。 貴世河春奈(きよかわ はるな) - コメンテーター。 キラ支持者で、貧困層の犯罪を防ぐためにキラが必要という持論を説いた。 10年前にもキラに対して肯定的な発言をしており、それに憤りを感じた御厨によりデスノートに名前を書かれ、友人との食事の席で「キラ、お前にノートは渡さない」と言い残し心臓麻痺で死亡する。 - 10年前、一連のキラ事件を捜査した世界的探偵。 キラを追い詰めるために自らの名前をデスノートに書くという命がけの行動に出た。 本作では竜崎が作成したCG映像、竜崎の回想の中で登場。 (やがみ ライト) - 前作の主人公であり元祖キラ。 10年前にデスノートを使い多くの犯罪者を殺害し、多くの人間から "神" と崇められたが、リュークによってデスノートに名前を書かれ死亡した。 本作では紫苑が世界中に拡散した動画、ならびに紫苑が作成した月の声を忠実に再現したコンピューター音声として登場。 スタッフ(Light up the NEW world) [ ]• 「DEATH NOTE」原作 - 、(集英社ジャンプコミックス刊)• 監督 -• 脚本 -• 音楽 -• 主題歌 - 「」 ()• 劇中歌 - 安室奈美恵「」 (Dimension Point)• 企画・プロデュース - 佐藤貴博• 製作 - 、木下暢起、、福田太一、大角正、藪下維也、沢桂一、永山雅也、永井聖士、長澤一史、熊谷宜和• ゼネラルプロデューサー -• エグゼクティブ・プロデューサー - 門屋大輔• プロデューサー - 田中正、飯塚信弘、佐藤譲• 撮影監督 -• 美術 - 斎藤岩男• 録音 - 横野一氏工• GAFFER - 小林仁• 編集 -• 装飾 - 西尾共未• 衣装 -• ヘアメイク - 本田真理子• スクリプター - 田口良子• 特撮監督 -• VFX -• CGプロデューサー - 、鈴木伸広• CGディレクター - 土井淳• 音楽プロデューサー -• テクニカルプロデューサー -• 助監督 -• 製作担当 - 中山泰彰、竹上俊一、大谷弘• 企画協力 -• 配給 -• 制作プロダクション - 、ジャンゴフィルム• 企画・製作幹事 -• 製作 - 2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS(日本テレビ放送網、、、ワーナー・ブラザース映画、、、、日活、、、、、、、、、、) テレビ放送 [ ] 回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 備考 1 21:00 - 22:54 114分 8. 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 関連作品(Light up the NEW world) [ ] Huluオリジナルドラマ『デスノート NEW GENERATION』のタイトルで、映画公開に合わせたスピンオフドラマが、2016年9月16日より順次に配信されることが決定した。 全3話。 主題歌は映画の劇中歌として使用されているの「」。 キャスト(NEW GENERATION) [ ] 三島篇・新生• 三島創 -• 七瀬聖 -• 松田桃太 - 青山草太• 黒元晋 - 竹井亮介• 浦上衛 - 大迫一平• 夏河六郎 -• 西村博人 - 大塚ヒロタ• 五頭慎弥 -• 神田 -• 花岡翔太• 木佐課長 - 竜崎篇・遺志• 竜崎 -• N(ニア) - (声)• J -• 金友果林 -• ケネス - James Sutherland• ウー - Rex Kwok• チャン - Aaron Chow• レスター - Oscar• ピアーズ教授 - Michael Claxton• 青井さくら -• 紫苑優輝 - 紫苑篇・狂信• 紫苑優輝 -• 椚田太一(雨澤) -• 飯窪彩花 -• 滑川竜平 -• 生木一寿 - 大友律• 鹿間里奈 - 曽我夏美• 紫苑 (12歳) - 春名柊也• 四條海璃亜• 友倉由美子• 花岡翔太• (日本テレビアナウンサー)• 鹿間和代 -• リューク(声) - スタッフ(NEW GENERATION) [ ]• 「DEATH NOTE」原作 - 大場つぐみ、小畑健(集英社ジャンプコミックス刊)• 監督 - 佐藤信介• 脚本 - 真野勝成• 音楽 - やまだ豊• 主題歌 - 安室奈美恵「Fighter」(Dimension Point)• 製作 - 長澤一史、中山良夫、沢桂一、木下暢起、堀義貴、福田太一、大角正、藪下維也、永山雅也、永井聖士、熊谷宜和• エグゼクティブプロデューサー - 門屋大輔• 企画・プロデュース - 佐藤貴博• プロデューサー - 田中正、飯塚信弘、佐藤譲• プロデュース協力 - 奥田誠治• 撮影監督 - 河津太郎• 装飾 - 西尾共未• 録音 - 大塚学• 編集 - 今井剛• 音楽プロデューサー - 志田博英• 衣装 - 宮本まさ江• GAFFER - 小林仁• スクリプター - 田口良子• ヘアメイク - 楮山理恵• VFXスーパーバイザー -• キャスティング - 南谷夢• 助監督 - 是安祐• 製作担当 - 中山泰彰• 企画協力 - 週刊少年ジャンプ編集部(、相田聡一、片山達彦)• VFX - デジタル・フロンティア• CGプロデューサー - 豊嶋勇作、鈴木伸広• CGディレクター - 土井淳• 劇中使用映像 - 『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』(監督:金子修介、脚本:大石哲也)• 制作プロダクション - 日活、ジャンゴフィルム• 企画 - 日本テレビ放送網• 製作 - 2016「DEATH NOTE」HOD PARTNERS(Hulu 、バップ、2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS) デスノート 逆襲の天才 本編公開前夜となる2016年10月28日に『』放送。 過去の映画2部作を約2時間(CMを除いて94分程度)に再構成し、新規撮影された「3人の天才」たちの視点も交え「月」と「L」の戦いの軌跡を振り返る。 なお、2時間枠かつ新撮パートがある分、映画2部作の一部シーンがカットされている。 人気・評価 [ ] 特記なき場合は2部作および『L change the WorLd』に対してのもの。 前編は観客動員数223万人、28億円を記録し、2週連続で国内映画興行ランキング1位。 後編は観客動員数430万人、興行収入52億円を記録し、国内映画興行ランキング4週連続で1位となった。 興行収入100億円の当初目標には届かなかったものの前後編合わせ80億円を獲得している。 DVD『DEATH NOTE デスノート complete set』もDVDチャート2週連続1位となり、売上は22万本を記録した。 DVD発売前の地上波放映は異例である。 海賊版対策として番組放送中常に画面右上に「金曜ロードショー」のロゴが挿入された。 から提供された主題歌「 Dani California」は4冠を果たしている。 受賞歴 [ ] デスノート the Last name• なお、前編・後編のDVDはレンタル版とセル版で隠し映像がそれぞれ異なる。 ナビゲートDVD [ ]• デスノート 証言〜Beginning of the Movie〜(1枚組・前編のナビゲートDVD。 レンタル専用)• ミニメイキング• HOW TO USE IT• 「デスノート 前編」特報・劇場予告編• インタビュー• キャラクタープロフィール• 隠し映像• デスノート the Last name profile report from L(1枚組・後編のナビゲートDVD。 レンタル専用・マルチアングル機能 3ストリーム 搭載)• ミニメイキング• インタビュー• アニメ版「デスノート」先出し映像• オリジナルコミック宣伝• レッド・ホット・チリ・ペッパーズ「ステイディアム・アーケイディアム」宣伝• HOW TO USE IT• 「デスノート the Last name」特報• キャラクタープロフィール• 隠し映像• デスノート DEAD OR ALIVE Assist DVD(1枚組・再編集されたTV特番などを収録したDVD。 2006年11月22日発売)• カウントダウン・クライマックス「DEATH NOTE DEAD OR ALIVE」• 「デスノート the Last name」劇場予告編• 香港ワールドプレミア(2006年10月28日)潜入映像• 3 「デスノート the Last name」初日舞台挨拶ドキュメント 前編 [ ]• デスノート 前編(レンタル版・DVD1枚組)• 映像特典• 新作案内• 劇場予告編• キャンペーン映像• 隠し映像• リバーシブル・ジャケット仕様• デスノート 前編(セル版・DVD1枚組、2007年3月14日発売) VPBT-12686• 映像特典• 特報集• 劇場予告編• TVスポット集• 隠し映像• デスノート 前編 Blu-ray(1枚組、2009年2月25日発売)• 映像特典• 藤原竜也(夜神月)メッセージ• 戸田恵梨香(弥海砂)メッセージ• 特報集• 劇場予告編• 音声特典• デスノート the Last name(レンタル版・DVD1枚組)• 映像特典• 新作案内• 劇場予告編• 「L change the WorLd」特報• 隠し映像• リバーシブル・ジャケット仕様• デスノート the Last name(セル版・DVD1枚組、2007年3月14日発売) VPBT-12687• 映像特典• 劇場予告編• TVスポット集• 「L change the WorLd」特報• 隠し映像• デスノート the Last name Blu-ray(1枚組、2009年2月25日発売)• 映像特典• 藤原竜也(夜神月)メッセージ• 戸田恵梨香(弥海砂)メッセージ• 劇場予告編• 音声特典• ディスク1:「デスノート 前編」(セル単品版と同様)• ディスク2:「デスノート the Last name」(セル単品版と同様)• ディスク3:特典DVD(デスノート・デザイン・ジャケット 月ver. と海砂ver. のいずれか に収納)• 2006年カレンダー方式で綴る前後編メイキング映像• 15秒メニュームービー集• 隠し映像• MUSIC VIDEO「HAKAI Deathtroy 」• KONAMIトレーディングカードギャラリー• DEAD OR ALIVEクイズキャンペーン:デスノート・サポーターズクレジット• 封入特典• 32ページオールカラーブックレット• デスノートSPECIAL CD(ブックレット封入特典)• ディスク1:「デスノート 前編」BD(単品版と同様)• ディスク2:「デスノート the Last name」BD(単品版と同様)• ディスク3:特典DVD(DVD版「complete set」特典DVDと同様)• 封入特典:ブックレット(6P) Light up the NEW world [ ]• デスノート Light up the NEW world 通常版(1枚組、2017年4月19日発売)• 映像特典• 特報・劇場予告編・TVスポット集• デスノート Light up the NEW world complete set(3枚組、2017年4月19日発売)• ディスク1:本編ディスク• 映像特典• 特報・劇場予告編・TVスポット集• complete set限定音声特典• ディスク2:特典ディスク1(Blu-ray版はBlu-ray、DVD版はDVDで収録)• メイキング• Huluオリジナルドラマ『デスノート NEW GENERATION』(全3話)• ディスク3:特典ディスク2(Blu-ray版はBlu-ray、DVD版はDVDで収録)• 舞台挨拶集• ジャパンプレミア舞台挨拶• 初日舞台挨拶• 大ヒットファン感謝祭in佐野• 香港プレミア• 座談会集• スペシャル座談会• 豪華キャストスペシャル座談会• 戸田恵梨香スペシャルインタビュー• デスノート大好き芸人トーク• 封入特典• ブックレット• 特製スリーブケース付きデジパック仕様 トリビュートアルバム [ ]• (2006年6月21日) - 前編のトリビュートアルバム• (2006年12月20日) - 後編のトリビュートアルバム 注釈 [ ]• コミックナタリー ナターシャ. 2016年4月22日. 2016年4月22日閲覧。 一般社団法人 日本映画製作者連盟. 2011年8月25日閲覧。 リュークのモーションキャプチャーパフォーマーも担当(DVD「complete set」及び「5th Anniversary Blu-ray BOX」特典DVDより)。 表示機は無表示の状態であった。 2008年4月17日閲覧。 Viz Media. 2007年4月14日. の2008年4月20日時点におけるアーカイブ。 2007年4月17日閲覧。 『YEAR BOOK 2007』〈ソノラマMOOK〉、2007年4月20日、52、70。 2017年1月30日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年9月13日. 2015年9月14日閲覧。 映画ナタリー. 2016年4月15日. 2016年4月15日閲覧。 オリコン 2016年3月9日. 2016年3月9日閲覧。 映画ナタリー. 2016年10月26日. 2016年10月26日閲覧。 映画ナタリー 2016年2月24日. 2016年2月24日閲覧。 シネマカフェ イード. 2016年6月6日. 2016年6月6日閲覧。 映画ナタリー. 2016年10月7日. 2016年10月7日閲覧。 映画ナタリー. 2016年8月25日. 2016年8月25日閲覧。 cinemacafe. net 2017年11月17日• ORICON STYLE. 2016年8月10日. 2016年8月11日閲覧。 『YEAR BOOK 2007』〈ソノラマMOOK〉、2007年4月20日、52、70。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 劇場版2部作関連• - (英語)• - (英語)• Light up the NEW world関連• - プレイリスト.

次の